RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ディンゴの夢」




★開封

ディンゴ-o-01
▲「駿河屋」さんから届いたので、さっそく開封します!


★箱の外観

ディンゴ-o-02
日本語説明書が付属しています。

ディンゴ-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲すごくキレイなジャケットです!

ディンゴ-o-04
▲箱のウラ
▲タイルゲームということで、タイルがたくさんな感じですね。

・12歳~
・15分
・2~4人




★箱をオープン!

ディンゴ-o-05
▲一発目はルルブ

ディンゴ-o-06
▲その下に、トークンカード類

ディンゴ-o-07
▲最後がタイル台紙で、

ディンゴ-o-08
以上となります!



★タイル抜き!

ディンゴ-o-11
▲さて、さっそく7枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ディンゴ-o-13
▲はい完了!

ディンゴ-o-12j
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。
▲すごく抜きやすかったです!



★内容物

ディンゴ-o-09
ルール(英語・全8ページ)
▲日本語のものよりも少し大きめです。

ディンゴ-o-10
ルール(日本語・全8ページ)
▲「ウォークアバウト(放浪)」に「ドリームタイム(夢の時)」と、
▲ワクワクする単語が並んでいます!

ディンゴ-o-14
難所トークン×5枚
▲木製の小さなディスクです。


ディンゴ-o-15
▲ここからタイル類。サイズ感は、こんな感じ。
▲この犬っぽい動物が、タイトルの「ディンゴ」のようですね。

ディンゴ-o-16
夢の景色タイル×104枚(各プレイヤー26枚)
▲5色5種類のタイルが、4セットあります。
▲ウラ面は、各セット1種類の動物のイラストが描かれています。

ディンゴ-o-17
難所カード×1枚
▲さきほど出てきた「難所トークン」と何か関係がありそうですが…。


ディンゴ-o-20
▲ここからカード類です。

ディンゴ-o-21
▲まずはミニサイズのカード。

ディンゴ-o-22
勝利カード×5枚
▲どうやら、同時に勝利した場合に使うようです。

ディンゴ-o-23
放浪カード×25枚
▲「夢の景色タイル」と全く同じ5色5種類ですね。

ディンゴ-o-18
▲こちらは正方形のカード。

ディンゴ-o-19
夢カード×18枚
▲"各プレイヤーが導く動物の故郷への道順"が示されているという、
▲なにやら5×5のマスに蛇の目のマークがあるカードです。



★コメント

星屑パンダ、ウサギ、コアラ♪」パスッパスッ←タイル抜き中
星屑パンダ、ウサギ、コアラ♪」パスッパスッ←タイル抜き中

しーぷって、このゲームにはコアラしか出てこないじゃん

星屑そうね。そういやパンダもウサギも出てこないね

しーぷ代わりに…、カンガルーとハリネズミと…、
しーぷディンゴ?

星屑ディンゴ!

しーぷむかし、中日ドラゴンズにいたよね。ディンゴ選手

星屑このゲームのディンゴは、野球はしないみたいだけどね


星屑、例によって"タイルゲーム"に目がなく、
今月いちばん楽しみにしていたのが「ディンゴ」でした。

スライドパズルのようなゲームということで、
それにタイルを使用するようです。

迷子になった動物たちを故郷に戻すという、
なかなかに責任重大なテーマですが…、

ディンゴ-o-24
▲さっそく明日にでも、妻しーぷとプレイしてみようと思います!





記事を閉じる▲


★箱の外観

ディンゴ-o-02
日本語説明書が付属しています。

ディンゴ-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲すごくキレイなジャケットです!

ディンゴ-o-04
▲箱のウラ
▲タイルゲームということで、タイルがたくさんな感じですね。

・12歳~
・15分
・2~4人




★箱をオープン!

ディンゴ-o-05
▲一発目はルルブ

ディンゴ-o-06
▲その下に、トークンカード類

ディンゴ-o-07
▲最後がタイル台紙で、

ディンゴ-o-08
以上となります!



★タイル抜き!

ディンゴ-o-11
▲さて、さっそく7枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ディンゴ-o-13
▲はい完了!

ディンゴ-o-12j
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。
▲すごく抜きやすかったです!



★内容物

ディンゴ-o-09
ルール(英語・全8ページ)
▲日本語のものよりも少し大きめです。

ディンゴ-o-10
ルール(日本語・全8ページ)
▲「ウォークアバウト(放浪)」に「ドリームタイム(夢の時)」と、
▲ワクワクする単語が並んでいます!

ディンゴ-o-14
難所トークン×5枚
▲木製の小さなディスクです。


ディンゴ-o-15
▲ここからタイル類。サイズ感は、こんな感じ。
▲この犬っぽい動物が、タイトルの「ディンゴ」のようですね。

ディンゴ-o-16
夢の景色タイル×104枚(各プレイヤー26枚)
▲5色5種類のタイルが、4セットあります。
▲ウラ面は、各セット1種類の動物のイラストが描かれています。

ディンゴ-o-17
難所カード×1枚
▲さきほど出てきた「難所トークン」と何か関係がありそうですが…。


ディンゴ-o-20
▲ここからカード類です。

ディンゴ-o-21
▲まずはミニサイズのカード。

ディンゴ-o-22
勝利カード×5枚
▲どうやら、同時に勝利した場合に使うようです。

ディンゴ-o-23
放浪カード×25枚
▲「夢の景色タイル」と全く同じ5色5種類ですね。

ディンゴ-o-18
▲こちらは正方形のカード。

ディンゴ-o-19
夢カード×18枚
▲"各プレイヤーが導く動物の故郷への道順"が示されているという、
▲なにやら5×5のマスに蛇の目のマークがあるカードです。



★コメント

星屑パンダ、ウサギ、コアラ♪」パスッパスッ←タイル抜き中
星屑パンダ、ウサギ、コアラ♪」パスッパスッ←タイル抜き中

しーぷって、このゲームにはコアラしか出てこないじゃん

星屑そうね。そういやパンダもウサギも出てこないね

しーぷ代わりに…、カンガルーとハリネズミと…、
しーぷディンゴ?

星屑ディンゴ!

しーぷむかし、中日ドラゴンズにいたよね。ディンゴ選手

星屑このゲームのディンゴは、野球はしないみたいだけどね


星屑、例によって"タイルゲーム"に目がなく、
今月いちばん楽しみにしていたのが「ディンゴ」でした。

スライドパズルのようなゲームということで、
それにタイルを使用するようです。

迷子になった動物たちを故郷に戻すという、
なかなかに責任重大なテーマですが…、

ディンゴ-o-24
▲さっそく明日にでも、妻しーぷとプレイしてみようと思います!




【2016/04/28 00:01】 | 紹介・開封 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可