RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム

「ディンゴの夢」




☆プレイ記その1(1/2)

今回:プレイ記その1(1/2)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/2)


大分県宇佐市で「ディンゴの夢」!

夢の中で迷子になった動物たちを、
スライドパズルを解いて、
故郷へ導くゲーム「ディンゴの夢」。

どちらが早いターン数でクリアできるか、
今回も私星屑と妻しーぷの夫婦対決です!



★準備

☆夢の地

ディンゴ-p-1-a-01
▲自分が担当する動物のタイル全26枚を受け取り、

ディンゴ-p-1-a-02
▲タイルをよく混ぜてから、景色の面を向けて、
タテ5×ヨコ5となるように並べます。
▲これが自分の〈夢の地〉となります。

ディンゴ-p-1-a-03
▲このとき、1枚だけ動物の名前が書いてあるタイルは、
〈夢の地〉からあぶれます



☆夢カード

ディンゴ-p-1-a-04
▲「夢カード」をシャッフルして、山札をつくり、

ディンゴ-p-1-a-05
▲山札の上から1枚引いて、公開します
▲これが、各プレイヤーが導く動物の故郷への道順を示しています。



☆放浪カード

プレイヤーの中から、〈夢を見る人〉を1人選びます。
今回は、星屑が担当することにしました。

ディンゴ-p-1-a-06
〈夢を見る人〉は、「放浪カード」をシャッフルして山札をつくり、
▲毎ラウンドの①放浪ステップ1枚引いて公開することになります。



☆準備完了!

ディンゴ-p-1-a-07
▲こんな感じで、ゲームスタートです!



★第1ラウンド

①放浪ステップ

このステップでは、
放浪カード」を1枚公開して、
各プレイヤーは、それに対応するタイルを裏返し
自分の〈夢の地〉に動物を登場させます

ディンゴ-p-1-a-08
▲まず、〈夢を見る人〉星屑が、
▲「放浪カード」の山札から1枚引いて公開します
▲引いたカードは「金の山」でした。

ディンゴ-p-1-a-09
▲各プレイヤーは、自分の〈夢の地〉の、
▲「金の山」のタイルを…、

ディンゴ-p-1-a-10
裏返します
▲これで、自分の〈夢の地〉に動物が登場しました。



②夢の時ステップ

このステップでは、
あぶれている1枚のタイルを使って、
〈夢の地〉の中の1列をスライドさせて、
動物を故郷へ導きます。

ディンゴ-p-1-a-11
星屑は、上から2列目を、左へスライドさせることにして、
▲あぶれていたタイルを右側から押し込み…、

ディンゴ-p-1-a-12
▲このようになりました。
▲これによって〈夢の地〉からあぶれたタイルは、
次のラウンドで、また列をスライドさせるのに使います

ディンゴ-p-1-a-13
▲一方のしーぷは、この列をスライドさせたようです。



★第2ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-a-14
▲引いたカードは「赤の海」。

ディンゴ-p-1-a-15
▲このタイルが裏返り、3匹目となる動物が登場しました。


さて、このゲームの目的となる、
"動物を故郷へ導く"とは、
具体的にどういうことかといいますと…、

ディンゴ-p-1-a-16
▲「夢カード」の"蛇の目"マークによって示された位置…、

ディンゴ-p-1-a-17
▲つまり、この位置すべてに動物を配置する!
▲というのが目的となります。

そのために、
毎ラウンド増える動物を、
うまくスライドすることで動かしていきます…!



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-a-18
星屑は、上から4列目を左へスライドさせることにして、

ディンゴ-p-1-a-19
前ラウンドであぶれたタイルを、右側から押し込みました。



…てな調子で、
どちらが早く、示された5ヵ所に動物を配置できるか
競って参りたいと思います!


次回、決着です!



「ディンゴの夢」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/2)
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲


大分県宇佐市で「ディンゴの夢」!

夢の中で迷子になった動物たちを、
スライドパズルを解いて、
故郷へ導くゲーム「ディンゴの夢」。

どちらが早いターン数でクリアできるか、
今回も私星屑と妻しーぷの夫婦対決です!



★準備

☆夢の地

ディンゴ-p-1-a-01
▲自分が担当する動物のタイル全26枚を受け取り、

ディンゴ-p-1-a-02
▲タイルをよく混ぜてから、景色の面を向けて、
タテ5×ヨコ5となるように並べます。
▲これが自分の〈夢の地〉となります。

ディンゴ-p-1-a-03
▲このとき、1枚だけ動物の名前が書いてあるタイルは、
〈夢の地〉からあぶれます



☆夢カード

ディンゴ-p-1-a-04
▲「夢カード」をシャッフルして、山札をつくり、

ディンゴ-p-1-a-05
▲山札の上から1枚引いて、公開します
▲これが、各プレイヤーが導く動物の故郷への道順を示しています。



☆放浪カード

プレイヤーの中から、〈夢を見る人〉を1人選びます。
今回は、星屑が担当することにしました。

ディンゴ-p-1-a-06
〈夢を見る人〉は、「放浪カード」をシャッフルして山札をつくり、
▲毎ラウンドの①放浪ステップ1枚引いて公開することになります。



☆準備完了!

ディンゴ-p-1-a-07
▲こんな感じで、ゲームスタートです!



★第1ラウンド

①放浪ステップ

このステップでは、
放浪カード」を1枚公開して、
各プレイヤーは、それに対応するタイルを裏返し
自分の〈夢の地〉に動物を登場させます

ディンゴ-p-1-a-08
▲まず、〈夢を見る人〉星屑が、
▲「放浪カード」の山札から1枚引いて公開します
▲引いたカードは「金の山」でした。

ディンゴ-p-1-a-09
▲各プレイヤーは、自分の〈夢の地〉の、
▲「金の山」のタイルを…、

ディンゴ-p-1-a-10
裏返します
▲これで、自分の〈夢の地〉に動物が登場しました。



②夢の時ステップ

このステップでは、
あぶれている1枚のタイルを使って、
〈夢の地〉の中の1列をスライドさせて、
動物を故郷へ導きます。

ディンゴ-p-1-a-11
星屑は、上から2列目を、左へスライドさせることにして、
▲あぶれていたタイルを右側から押し込み…、

ディンゴ-p-1-a-12
▲このようになりました。
▲これによって〈夢の地〉からあぶれたタイルは、
次のラウンドで、また列をスライドさせるのに使います

ディンゴ-p-1-a-13
▲一方のしーぷは、この列をスライドさせたようです。



★第2ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-a-14
▲引いたカードは「赤の海」。

ディンゴ-p-1-a-15
▲このタイルが裏返り、3匹目となる動物が登場しました。


さて、このゲームの目的となる、
"動物を故郷へ導く"とは、
具体的にどういうことかといいますと…、

ディンゴ-p-1-a-16
▲「夢カード」の"蛇の目"マークによって示された位置…、

ディンゴ-p-1-a-17
▲つまり、この位置すべてに動物を配置する!
▲というのが目的となります。

そのために、
毎ラウンド増える動物を、
うまくスライドすることで動かしていきます…!



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-a-18
星屑は、上から4列目を左へスライドさせることにして、

ディンゴ-p-1-a-19
前ラウンドであぶれたタイルを、右側から押し込みました。



…てな調子で、
どちらが早く、示された5ヵ所に動物を配置できるか
競って参りたいと思います!


次回、決着です!



「ディンゴの夢」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/2)
開封

[ボードゲーム記事一覧]



【2016/05/02 00:01】 | プレイ記 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。