RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム

「ディンゴの夢」




☆プレイ記その1(2/2)

前回:プレイ記その1(1/2)
今回:プレイ記その1(2/2)←いまココ
次回:プレイ記その2


引き続き、私星屑と妻しーぷは、
動物を故郷へ導くべく、スライドパズルを解いて参ります



★第3ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-01
▲引いたカードは「赤の山」。

星屑は、自分の〈夢の地〉の「赤の山」を探しましたが…、


星屑「あれ、無くね…?」

しーぷ「そんなはずはないと思うけど……」
しーぷ「って、あぶれてるタイルがそれじゃん」

星屑「あ、ほんとだ!」


ディンゴ-p-1-b-02
▲5×5の〈夢の地〉ばかりに目がいっていましたが、
前ラウンドのスライドで押し出されたタイルこそが「赤の山」でした。

ディンゴ-p-1-b-03
このタイルを裏返して、動物の面にします



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-04
星屑は、動物の面になった手元のタイルを右の列に押し込み、
右上右下の、2ヵ所に動物を配置できました。
▲残るは、左上左下、そして中央の3ヵ所です。


ディンゴ-p-1-b-05
しーぷも、2ヵ所に動物を配置しています。



★第4ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-06
▲引いたカードは「赤の滝」。

ディンゴ-p-1-b-07
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-08
星屑は、この列を上側へスライドさせます。


ディンゴ-p-1-b-09
しーぷは現在3ヵ所です。



★第5ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-10
▲引いたカードは「青の山」。


星屑「楽天イーグルスの背番号41やね」

しーぷ「背番号41は…、あ、青山投手か!」


ディンゴ-p-1-b-11
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-12
▲さて星屑は、あと左下に動物を配置すれば完成となります。
この左下に、下側から動物の面のタイルを押し込めばOK
▲なんとかして、動物の面のタイルをあぶれさせたいところです。

ディンゴ-p-1-b-13
▲このラウンドは、このようにスライドさせました。


ディンゴ-p-1-b-14
しーぷは、相変わらず3ヵ所のまま。



★第6ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-15
▲引いたカードは「金の滝」。

ディンゴ-p-1-b-16
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-17
星屑は、この列をスライドさせ、狙い通り動物の面のタイルをGET!


ディンゴ-p-1-b-18
▲一方のしーぷは、3ヵ所のまま進まない様子です…!



★第7ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-19
▲引いたカードは「緑の草原」。

ディンゴ-p-1-b-20
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-21
星屑は、前ラウンドであぶれさせた動物の面のタイルを、
▲この列に下側から押し込んで…、


星屑ディンゴ!

しーぷ「あら、早い…!」


ディンゴ-p-1-b-22
▲「夢カードに示された5ヵ所に動物を配置し終えて
▲さらに、自分が担当した動物の名前を叫び…、
星屑はゲームに勝利しました!


ディンゴ-p-1-b-23
しーぷの最終的な〈夢の地〉



★コメント

はい、そんなわけで「ディンゴ」の初プレイでした。

シンプルなパズルゲームながら、
完成形に向けてのタイル移動のイメージが、
かなり頭の体操になってくれた感があります。

これ、なんとなくですが、
お子さんたちの方が上手そうな気がしますね。
頭が柔らかいですし。

アラサーの星屑としては、
こういうゲームを積極的にプレイしておいて、
ボケ予防的な何かを期待したいと思います!( ̄▽ ̄ )



「ディンゴの夢」 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲


引き続き、私星屑と妻しーぷは、
動物を故郷へ導くべく、スライドパズルを解いて参ります



★第3ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-01
▲引いたカードは「赤の山」。

星屑は、自分の〈夢の地〉の「赤の山」を探しましたが…、


星屑「あれ、無くね…?」

しーぷ「そんなはずはないと思うけど……」
しーぷ「って、あぶれてるタイルがそれじゃん」

星屑「あ、ほんとだ!」


ディンゴ-p-1-b-02
▲5×5の〈夢の地〉ばかりに目がいっていましたが、
前ラウンドのスライドで押し出されたタイルこそが「赤の山」でした。

ディンゴ-p-1-b-03
このタイルを裏返して、動物の面にします



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-04
星屑は、動物の面になった手元のタイルを右の列に押し込み、
右上右下の、2ヵ所に動物を配置できました。
▲残るは、左上左下、そして中央の3ヵ所です。


ディンゴ-p-1-b-05
しーぷも、2ヵ所に動物を配置しています。



★第4ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-06
▲引いたカードは「赤の滝」。

ディンゴ-p-1-b-07
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-08
星屑は、この列を上側へスライドさせます。


ディンゴ-p-1-b-09
しーぷは現在3ヵ所です。



★第5ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-10
▲引いたカードは「青の山」。


星屑「楽天イーグルスの背番号41やね」

しーぷ「背番号41は…、あ、青山投手か!」


ディンゴ-p-1-b-11
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-12
▲さて星屑は、あと左下に動物を配置すれば完成となります。
この左下に、下側から動物の面のタイルを押し込めばOK
▲なんとかして、動物の面のタイルをあぶれさせたいところです。

ディンゴ-p-1-b-13
▲このラウンドは、このようにスライドさせました。


ディンゴ-p-1-b-14
しーぷは、相変わらず3ヵ所のまま。



★第6ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-15
▲引いたカードは「金の滝」。

ディンゴ-p-1-b-16
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-17
星屑は、この列をスライドさせ、狙い通り動物の面のタイルをGET!


ディンゴ-p-1-b-18
▲一方のしーぷは、3ヵ所のまま進まない様子です…!



★第7ラウンド

①放浪ステップ

ディンゴ-p-1-b-19
▲引いたカードは「緑の草原」。

ディンゴ-p-1-b-20
▲このタイルが動物の面になりました。



②夢の時ステップ

ディンゴ-p-1-b-21
星屑は、前ラウンドであぶれさせた動物の面のタイルを、
▲この列に下側から押し込んで…、


星屑ディンゴ!

しーぷ「あら、早い…!」


ディンゴ-p-1-b-22
▲「夢カードに示された5ヵ所に動物を配置し終えて
▲さらに、自分が担当した動物の名前を叫び…、
星屑はゲームに勝利しました!


ディンゴ-p-1-b-23
しーぷの最終的な〈夢の地〉



★コメント

はい、そんなわけで「ディンゴ」の初プレイでした。

シンプルなパズルゲームながら、
完成形に向けてのタイル移動のイメージが、
かなり頭の体操になってくれた感があります。

これ、なんとなくですが、
お子さんたちの方が上手そうな気がしますね。
頭が柔らかいですし。

アラサーの星屑としては、
こういうゲームを積極的にプレイしておいて、
ボケ予防的な何かを期待したいと思います!( ̄▽ ̄ )



「ディンゴの夢」 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]



【2016/05/03 00:01】 | プレイ記 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可