RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
星屑楽天イーグルスの応援団活動中につき、
ガッツリとブログを書く時間がありませんので、
4日間ほどボードゲームの記事をお休みします

代わりに、日替わりで何かつらつらと…。

今日のタイトルは、

「星屑のボードゲーム趣味の原点を探してみる。その3」


前回は、星屑のボードゲーム趣味の、
間接的な原点であるところの「アバロン」の話をしましたが、

これもまた、思い返してみれば、
何の脈絡もなく「アバロン」に手を出したわけではなく、
それ以前に、あるアナログゲームに触れたことがキッカケで、
アバロンを知ったとき、入手せずにはいられなかったように思います。

その、あるアナログゲームとは…、


▲「ラッシュアワー

1人プレイ用のパズルゲーム「ラッシュアワー」。
この存在を初めて知ったのは、忘れもしない、
小学5年生のとき、学校の廊下のポスター、でした。
たしか、世界のパズルを紹介するポスターで、
その中の1つ「ラッシュアワー」に、星屑は惹きつけられたのです。

原点3-2
▲この赤い車

原点3-1
外へ出すというシンプルなゲーム。

ただ、この時点の星屑の行動範囲の中では、
ラッシュアワーはどこにも売っていなかった…!
そもそも、日本の商品ではない時点で、
入手が困難であることは想像がついていたんですが…、

それでも小学生星屑は諦められず、
いつか「ラッシュアワー」の、あの赤い車を動かす日を、
楽しみにして、楽しみにして…、
いや、むしろ恋焦がれてさえいました

そんな純情で一途な少年・星屑に、ついにチャンスが訪れます。

小学校卒業と、中学校入学の、間の春休み。
家族旅行でグァムへ行くことになったのです。

キタコレ。
日本の外に飛び出しさえすれば
ラッシュアワーが手に入るかもしれない…!

星屑テンションMAXでグァムへ行き、
(きっと両親は、そんなにグァムへの家族旅行が嬉しいのか。よしよし、かわいいヤツめ。くらいに思っていたことでしょう)
観光地には一切の興味も関心もなく、
ゲームセンターの「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」には超ドハマりし、
あとは、ひたすらショッピングセンターを、
片っ端からしらみつぶしにチェックしまくって…

見つけたんです。「ラッシュアワー」!
1年以上の片想いが成就した瞬間でした

もう嬉しいとか何とかは飛び越して、
感情が爆発してしまい、
泣き笑いの表情でおもちゃの箱を持ってきた息子を、
母はどう思ったことやら…
。( ̄▽ ̄;)

ともあれ念願かなった星屑は、その後、
夢にまで見た「ラッシュアワー」の赤い車を押して、
押して、押して、押して、押して、押して…。
思う存分、押しまくりました

こんな、いってしまえばチャチなプラスチックの車を、
カタカタと動かすことが、こんなにも幸せだなんて…!

今まで、「Aボタン」や「○ボタン」ばかり押していた星屑ですが、
ここで気付いた"アナログの幸せ"が、
このあとの「アバロン」につながったように思います。




記事を閉じる▲


前回は、星屑のボードゲーム趣味の、
間接的な原点であるところの「アバロン」の話をしましたが、

これもまた、思い返してみれば、
何の脈絡もなく「アバロン」に手を出したわけではなく、
それ以前に、あるアナログゲームに触れたことがキッカケで、
アバロンを知ったとき、入手せずにはいられなかったように思います。

その、あるアナログゲームとは…、


▲「ラッシュアワー

1人プレイ用のパズルゲーム「ラッシュアワー」。
この存在を初めて知ったのは、忘れもしない、
小学5年生のとき、学校の廊下のポスター、でした。
たしか、世界のパズルを紹介するポスターで、
その中の1つ「ラッシュアワー」に、星屑は惹きつけられたのです。

原点3-2
▲この赤い車

原点3-1
外へ出すというシンプルなゲーム。

ただ、この時点の星屑の行動範囲の中では、
ラッシュアワーはどこにも売っていなかった…!
そもそも、日本の商品ではない時点で、
入手が困難であることは想像がついていたんですが…、

それでも小学生星屑は諦められず、
いつか「ラッシュアワー」の、あの赤い車を動かす日を、
楽しみにして、楽しみにして…、
いや、むしろ恋焦がれてさえいました

そんな純情で一途な少年・星屑に、ついにチャンスが訪れます。

小学校卒業と、中学校入学の、間の春休み。
家族旅行でグァムへ行くことになったのです。

キタコレ。
日本の外に飛び出しさえすれば
ラッシュアワーが手に入るかもしれない…!

星屑テンションMAXでグァムへ行き、
(きっと両親は、そんなにグァムへの家族旅行が嬉しいのか。よしよし、かわいいヤツめ。くらいに思っていたことでしょう)
観光地には一切の興味も関心もなく、
ゲームセンターの「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」には超ドハマりし、
あとは、ひたすらショッピングセンターを、
片っ端からしらみつぶしにチェックしまくって…

見つけたんです。「ラッシュアワー」!
1年以上の片想いが成就した瞬間でした

もう嬉しいとか何とかは飛び越して、
感情が爆発してしまい、
泣き笑いの表情でおもちゃの箱を持ってきた息子を、
母はどう思ったことやら…
。( ̄▽ ̄;)

ともあれ念願かなった星屑は、その後、
夢にまで見た「ラッシュアワー」の赤い車を押して、
押して、押して、押して、押して、押して…。
思う存分、押しまくりました

こんな、いってしまえばチャチなプラスチックの車を、
カタカタと動かすことが、こんなにも幸せだなんて…!

今まで、「Aボタン」や「○ボタン」ばかり押していた星屑ですが、
ここで気付いた"アナログの幸せ"が、
このあとの「アバロン」につながったように思います。



【2016/05/09 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可