RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星屑楽天イーグルスの応援団活動中につき、
ガッツリとブログを書く時間がありませんので、
4日間ほどボードゲームの記事をお休みします

代わりに、日替わりで何かつらつらと…。

今日のタイトルは、

「星屑のボードゲーム趣味の原点を探してみる。その4」


前回は、星屑のボードゲーム趣味の、
原点の原点であるところの「ラッシュアワー」の話をしましたが、

それ以前にプレイしていたボードゲームが1つあって、
こちらはド定番ですが…、


▲「人生ゲーム

もはや説明不要のボードゲーム「人生ゲーム」です。

小学校低学年の頃の、とあるクリスマス
かねてより、お空に向かってお願いしていた「人生ゲーム」を、
本当にサンタさんが持ってきてくれました。やったぜ。
(あのサンタさん、なぜか父と同じ靴下をはいてたんだよなァ…)

こうして入手した「人生ゲーム」でしたが…、
少年星屑は、あることに気が付いてしまいます。

このときの星屑は、一人っ子で、
オヤが共働きで忙しくて、親戚関係も希薄で、
自身は学区外の私立小に通っていて、近所に友達がおらず…、

つまり、ぼっちでした。
そうです、「人生ゲーム」の対戦相手がいません…!

とはいえ、この大きな箱をムダにしたくない星屑は、
開き直って、ソロで8人プレイを決行することにしました。

8人分の車コマを操り、
8人分のルーレットを回し、
8人分のイベントを処理していって、
8人分の人生を完結させる…!


毎回、これです。
これを淡々とこなしていきます。

どんなことであれ、腕というのは熟練されていくもので、
プレイするごとに、星屑の手際はどんどん良くなっていきました。

さらには…、


▲「人生ゲーム関西版

大阪旅行で「関西版」も入手した星屑
たこ焼きからダイヤが出てきたり、
お好み焼きからタイヤが出てきたり、

かなりハチャメチャな展開が待っていましたが…、

コツコツとスキルアップした星屑にとって、
バージョンが違っても、8人プレイなど造作もないことでした。

こんな風だったので、
ラッシュアワー」を初めて知ったときは、
"ハナから1人プレイのボードゲームがあるのか!"と、
そういう意味でも衝撃を受けることになるわけですが…。


あの頃、
8人でボードゲームなんて、夢のまた夢だと思って、
延々と一人でボードゲームをしていた少年星屑

まわりの大人たちからは、
そろそろおもちゃは卒業しないと」と言われていましたが、
星屑はそれを聞き流し続けました。

そして、頑なに"おもちゃからの卒業"をしないまま、大人になり…、

結婚して、大分県に移り住んで、
現在、たくさんのいい大人たちとボードゲームをしています

20年越しの夢が、ついに叶ったんです。

卒業なんてしなくて、本当によかった…!

思えば、あの報われる気がしなかった人生ゲーム」を、
ほとんど意地のようなものだけで続けていたことも、
星屑ボードゲーム趣味の原点の一つなのかもしれません。





記事を閉じる▲


前回は、星屑のボードゲーム趣味の、
原点の原点であるところの「ラッシュアワー」の話をしましたが、

それ以前にプレイしていたボードゲームが1つあって、
こちらはド定番ですが…、


▲「人生ゲーム

もはや説明不要のボードゲーム「人生ゲーム」です。

小学校低学年の頃の、とあるクリスマス
かねてより、お空に向かってお願いしていた「人生ゲーム」を、
本当にサンタさんが持ってきてくれました。やったぜ。
(あのサンタさん、なぜか父と同じ靴下をはいてたんだよなァ…)

こうして入手した「人生ゲーム」でしたが…、
少年星屑は、あることに気が付いてしまいます。

このときの星屑は、一人っ子で、
オヤが共働きで忙しくて、親戚関係も希薄で、
自身は学区外の私立小に通っていて、近所に友達がおらず…、

つまり、ぼっちでした。
そうです、「人生ゲーム」の対戦相手がいません…!

とはいえ、この大きな箱をムダにしたくない星屑は、
開き直って、ソロで8人プレイを決行することにしました。

8人分の車コマを操り、
8人分のルーレットを回し、
8人分のイベントを処理していって、
8人分の人生を完結させる…!


毎回、これです。
これを淡々とこなしていきます。

どんなことであれ、腕というのは熟練されていくもので、
プレイするごとに、星屑の手際はどんどん良くなっていきました。

さらには…、


▲「人生ゲーム関西版

大阪旅行で「関西版」も入手した星屑
たこ焼きからダイヤが出てきたり、
お好み焼きからタイヤが出てきたり、

かなりハチャメチャな展開が待っていましたが…、

コツコツとスキルアップした星屑にとって、
バージョンが違っても、8人プレイなど造作もないことでした。

こんな風だったので、
ラッシュアワー」を初めて知ったときは、
"ハナから1人プレイのボードゲームがあるのか!"と、
そういう意味でも衝撃を受けることになるわけですが…。


あの頃、
8人でボードゲームなんて、夢のまた夢だと思って、
延々と一人でボードゲームをしていた少年星屑

まわりの大人たちからは、
そろそろおもちゃは卒業しないと」と言われていましたが、
星屑はそれを聞き流し続けました。

そして、頑なに"おもちゃからの卒業"をしないまま、大人になり…、

結婚して、大分県に移り住んで、
現在、たくさんのいい大人たちとボードゲームをしています

20年越しの夢が、ついに叶ったんです。

卒業なんてしなくて、本当によかった…!

思えば、あの報われる気がしなかった人生ゲーム」を、
ほとんど意地のようなものだけで続けていたことも、
星屑ボードゲーム趣味の原点の一つなのかもしれません。




【2016/05/10 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。