RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星屑楽天イーグルスの応援団活動中につき、
ガッツリとブログを書く時間がありませんので、
今日はボードゲームの記事をお休みします

代わりに、何かつらつらと…。

今日のタイトルは、

"住みたい場所"の決定打は「気の合う仲間」でした。
ぼくが、生まれ育った福岡県から、
新天地の大分県宇佐市に引っ越してきて、
ぼちぼち3年近くになります。

福岡にいたときは、
このまま一生ずっと福岡にいるんだろうなァ( ̄▽ ̄ )
…くらいに思っていたんですが、

結婚を機に大分に引っ越してから、
ひとつ、考えないといけないことができました。

ぼくは、いずれどこに定住すべきだろう…?

このまま、ずっと大分県宇佐市に住み続けるのか、
あるいは、故郷の福岡に再び戻った方がいいのか…。


この2つの土地は、いわゆる「都会」と「田舎」で、

片や、福岡県福岡市の人口は約146万人(全市中7位)、
片や、大分県宇佐市の人口は約6万人(全市中457位)。

福岡市は、博多に天神にとビルが立ち並び、
宇佐市は、どこまでも麦畑田んぼが広がり…。

てな感じで、
都会」に住みたければ福岡市
田舎」に住みたければ宇佐市
という分かりやすい選択肢なんですが…。

しかし、ぼくにとって、
都会」か「田舎」か、なんていうのは選択肢になりませんでした

amazonが届けば、あるいは楽天が届けば、駿河屋が届けば、
ぶっちゃけ「都会」とか「田舎」とかは無関係だったんです。


これは、ぼくのライフワークであるところの「趣味」が、
"場所を問わない"ものばかりというのが大きくて…、

ボードゲームは、テーブルがあればどこでもできますし、
テニスにしても、コートさえあればどこでもできます。

必要なアイテムは、前述のとおり通販で揃いますし、
場所なんていうのは、どこだっていいんです

それよりも問題は、
ぼくの趣味は、いずれも相手があって初めて成立するということ。

つまり重要なのは、「場所」よりも「」の方だということになります。


この「」というのも、
単純に人口が多ければいいという話ではなくて、

一緒にいて心地良い人たちというか、
相性が良い人たちというか、
なんというか"気が合う人たち"でないと意味がありません。

こういうのって、めぐり合わせの問題なんだと思います。

そう考えると、
より気の合う仲間たちとめぐり会えた土地がベストだと、
自分の中で、ひとつ結論が出ました。


そして、ぼくにとって現時点で、
そういう土地というのは大分県宇佐市に他なりません…!

ならば、ぼくは大分県宇佐市で暮らしていきたい!と、
こちらも結論が出ました。


と、こんな風に思えるくらい、
この大分県でステキな仲間たちに恵まれて、
ぼくは、とってもとっても幸せです…!
( ̄▽ ̄*)


記事を閉じる▲
ぼくが、生まれ育った福岡県から、
新天地の大分県宇佐市に引っ越してきて、
ぼちぼち3年近くになります。

福岡にいたときは、
このまま一生ずっと福岡にいるんだろうなァ( ̄▽ ̄ )
…くらいに思っていたんですが、

結婚を機に大分に引っ越してから、
ひとつ、考えないといけないことができました。

ぼくは、いずれどこに定住すべきだろう…?

このまま、ずっと大分県宇佐市に住み続けるのか、
あるいは、故郷の福岡に再び戻った方がいいのか…。


この2つの土地は、いわゆる「都会」と「田舎」で、

片や、福岡県福岡市の人口は約146万人(全市中7位)、
片や、大分県宇佐市の人口は約6万人(全市中457位)。

福岡市は、博多に天神にとビルが立ち並び、
宇佐市は、どこまでも麦畑田んぼが広がり…。

てな感じで、
都会」に住みたければ福岡市
田舎」に住みたければ宇佐市
という分かりやすい選択肢なんですが…。

しかし、ぼくにとって、
都会」か「田舎」か、なんていうのは選択肢になりませんでした

amazonが届けば、あるいは楽天が届けば、駿河屋が届けば、
ぶっちゃけ「都会」とか「田舎」とかは無関係だったんです。


これは、ぼくのライフワークであるところの「趣味」が、
"場所を問わない"ものばかりというのが大きくて…、

ボードゲームは、テーブルがあればどこでもできますし、
テニスにしても、コートさえあればどこでもできます。

必要なアイテムは、前述のとおり通販で揃いますし、
場所なんていうのは、どこだっていいんです

それよりも問題は、
ぼくの趣味は、いずれも相手があって初めて成立するということ。

つまり重要なのは、「場所」よりも「」の方だということになります。


この「」というのも、
単純に人口が多ければいいという話ではなくて、

一緒にいて心地良い人たちというか、
相性が良い人たちというか、
なんというか"気が合う人たち"でないと意味がありません。

こういうのって、めぐり合わせの問題なんだと思います。

そう考えると、
より気の合う仲間たちとめぐり会えた土地がベストだと、
自分の中で、ひとつ結論が出ました。


そして、ぼくにとって現時点で、
そういう土地というのは大分県宇佐市に他なりません…!

ならば、ぼくは大分県宇佐市で暮らしていきたい!と、
こちらも結論が出ました。


と、こんな風に思えるくらい、
この大分県でステキな仲間たちに恵まれて、
ぼくは、とってもとっても幸せです…!
( ̄▽ ̄*)

【2016/06/29 00:01】 | 人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。