RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー」




☆プレイ記その3(2/4)

前回:プレイ記その3(1/4)
今回:プレイ記その3(2/4)←いまココ
次回:プレイ記その3(3/4)


さて、始まりました!
星屑の「ナショナルエコノミーソロプレイ…!

序盤は無難な立ち上がりになりましたが、
そろそろ労働者を増やしていきたいところです。

しかし、そのタイミング、
早すぎれば、大きな負債を抱える可能性があり
遅すぎれば、ジリ貧に追い込まれかねません…。( ̄▽ ̄;)

星屑、絶好の雇用タイミングを見極めて、
企業を一段、大きくすることはできるのでしょうか…?



★第4ラウンド

160724宇佐-01
160724宇佐-02
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、第4ラウンドということで、
ついに「高等学校」が登場しました!

ここに労働者を配置すれば、
一気に労働者を2人→4人にすることができますが…、


星屑「(ここで4人にして、まかない切れるのか?)」
星屑「(このラウンド、しのぐことができるか…?)」


この第4ラウンドの賃金は、1人につき$3
労働者が4人になると、$12の支払いとなります。

ただ、幸いなことに、
前のラウンドで「化学工場」を売却した残りが、
手元に$8ありますので…、


星屑「(あと$4…。うん、)」
星屑「($4なら何とでもなるな…!)」


いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

そんな信条が、星屑の中で固まった瞬間でした!

160724宇佐-03
星屑、1人目の労働者を「高等学校」に配置します!

160724宇佐-04
労働者が2人増えて、この2人は〈研修中〉に。
▲これで、次のラウンドからは4人体制となります…!

さて、労働者も増えたことですし、
残り1アクションで、できるだけ現金を稼ぎたいところですが…、

160724宇佐-05
▲いちばん効率の良い「レストラン」を使うには、
▲残念ながら、家計の残りがあとたった$1足りず…!

こんなときに限って、
妖怪いちたりない」が舞い降りて……

いや、冷静に考えれば、
ここまで$4→$4→$6賃金を支払っている以上、
ここで「レストラン」が使えないのは、当たり前の話ッ!

こういった計算を、ちゃんとできていないと、
$100クリアへの道は遠そうですね…!( ̄▽ ̄;)ガンバラネバ!!

160724宇佐-06
▲気を取り直して、星屑は2人目の労働者を「露店」に配置。

160724宇佐-07
▲手札から1枚を捨てることで、

160724宇佐-08
家計から$6を受け取ります。
▲これで星屑の所持金は$14に!


これで、労働者を2人とも配置し終わりました。

160724宇佐-09
▲労働者4人に賃金を支払いましょう。

160724宇佐-10
▲$3×4人=$12を家計に入れました。



★第5ラウンド

160724宇佐-01
160724宇佐-11
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、このラウンドは星屑
手札0枚でのスタートとなります。

前ラウンドで、唯一の手札だった「工場」を、
露店」のコストにしちゃいましたしね…。

これは一見、苦しそうな感じですが……


星屑「(あのカードが出てるから、むしろ、)」
星屑「(手札が0枚なことをメリットにできる…!)」

160724宇佐-12
星屑は、1人目の労働者を「化学工場」に配置しました!

そう、これこそ、
ピンチチャンスに変えることができるカード…!

その名を……「化学工場」!!

160724宇佐-13
手札が0枚のときに限り
▲一気に4枚ものカードを引くことができます!

これは破格ッ!

化学工場」バンザイ!!

ただし、
問題点はあなたの家の裏に建っていることです

ともあれ、星屑の手札は急激に潤いました…!


星屑「(ああ、なんかすごい充足感…!)」


160724宇佐-14
▲続いて星屑は、2人目の労働者を「農場」に配置。

160724宇佐-15
▲その効果で、消費財2枚引きます。
▲2アクションで、星屑手札は0枚から6枚になりました…!

とはいえ、
手札は5枚までしか次のラウンドに持ち越せませんので、
ここからは使うことも考えねばなりません。

と、なると、次のアクションは……

160724宇佐-16
星屑、3人目の労働者を「大工」に配置して、

160724宇佐-17
消費財1枚をコストに、「焼畑」を作りました。

"母なる自然はプレイスレス"…ということで、
ほんとに「焼畑」の価値は$0となっています。

しかしながら、
使い捨てで消費財5枚を生み出してくれる効果は、
このカードが何枚でも欲しい今は貴重だと、星屑は考えました。

160724宇佐-18
▲そして、星屑は4人目の労働者を「レストラン」に配置。

ソロゲームのルールだと、
油断すると使用不能になりそうでコワいですね…!

160724宇佐-19
▲手札を1枚捨てて、家計から$15を受け取ります。


これで、労働者を4人とも配置し終わりました。

160724宇佐-20
▲労働者4人に賃金を支払いましょう。

160724宇佐-21
▲このラウンドも、$12を家計に入れました。



どうでもいい話ですが、
ぼくが「ナショナルエコノミー」を、
ナショエコ」と略しているのは…、

ナショナルジオグラフィックチャンネル」を、
ナショジオチャンネル」と略すのに倣ってです。

ほんとは、他に略し方があるんだと思いますが…、
ぼく、この「ナショエコ」って響き、好きなんです!

…と、ほんとにどうでもいい話でした。( ̄▽ ̄;)



さて次回は、

いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

…という信条を固めた星屑が、
攻めの姿勢でアクションを選んでいきますが、
はたして上手く回すことができるのでしょうか…?


次回も、お楽しみに!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
→次回:プレイ記その3(3/4)
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲


さて、始まりました!
星屑の「ナショナルエコノミーソロプレイ…!

序盤は無難な立ち上がりになりましたが、
そろそろ労働者を増やしていきたいところです。

しかし、そのタイミング、
早すぎれば、大きな負債を抱える可能性があり
遅すぎれば、ジリ貧に追い込まれかねません…。( ̄▽ ̄;)

星屑、絶好の雇用タイミングを見極めて、
企業を一段、大きくすることはできるのでしょうか…?



★第4ラウンド

160724宇佐-01
160724宇佐-02
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、第4ラウンドということで、
ついに「高等学校」が登場しました!

ここに労働者を配置すれば、
一気に労働者を2人→4人にすることができますが…、


星屑「(ここで4人にして、まかない切れるのか?)」
星屑「(このラウンド、しのぐことができるか…?)」


この第4ラウンドの賃金は、1人につき$3
労働者が4人になると、$12の支払いとなります。

ただ、幸いなことに、
前のラウンドで「化学工場」を売却した残りが、
手元に$8ありますので…、


星屑「(あと$4…。うん、)」
星屑「($4なら何とでもなるな…!)」


いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

そんな信条が、星屑の中で固まった瞬間でした!

160724宇佐-03
星屑、1人目の労働者を「高等学校」に配置します!

160724宇佐-04
労働者が2人増えて、この2人は〈研修中〉に。
▲これで、次のラウンドからは4人体制となります…!

さて、労働者も増えたことですし、
残り1アクションで、できるだけ現金を稼ぎたいところですが…、

160724宇佐-05
▲いちばん効率の良い「レストラン」を使うには、
▲残念ながら、家計の残りがあとたった$1足りず…!

こんなときに限って、
妖怪いちたりない」が舞い降りて……

いや、冷静に考えれば、
ここまで$4→$4→$6賃金を支払っている以上、
ここで「レストラン」が使えないのは、当たり前の話ッ!

こういった計算を、ちゃんとできていないと、
$100クリアへの道は遠そうですね…!( ̄▽ ̄;)ガンバラネバ!!

160724宇佐-06
▲気を取り直して、星屑は2人目の労働者を「露店」に配置。

160724宇佐-07
▲手札から1枚を捨てることで、

160724宇佐-08
家計から$6を受け取ります。
▲これで星屑の所持金は$14に!


これで、労働者を2人とも配置し終わりました。

160724宇佐-09
▲労働者4人に賃金を支払いましょう。

160724宇佐-10
▲$3×4人=$12を家計に入れました。



★第5ラウンド

160724宇佐-01
160724宇佐-11
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、このラウンドは星屑
手札0枚でのスタートとなります。

前ラウンドで、唯一の手札だった「工場」を、
露店」のコストにしちゃいましたしね…。

これは一見、苦しそうな感じですが……


星屑「(あのカードが出てるから、むしろ、)」
星屑「(手札が0枚なことをメリットにできる…!)」

160724宇佐-12
星屑は、1人目の労働者を「化学工場」に配置しました!

そう、これこそ、
ピンチチャンスに変えることができるカード…!

その名を……「化学工場」!!

160724宇佐-13
手札が0枚のときに限り
▲一気に4枚ものカードを引くことができます!

これは破格ッ!

化学工場」バンザイ!!

ただし、
問題点はあなたの家の裏に建っていることです

ともあれ、星屑の手札は急激に潤いました…!


星屑「(ああ、なんかすごい充足感…!)」


160724宇佐-14
▲続いて星屑は、2人目の労働者を「農場」に配置。

160724宇佐-15
▲その効果で、消費財2枚引きます。
▲2アクションで、星屑手札は0枚から6枚になりました…!

とはいえ、
手札は5枚までしか次のラウンドに持ち越せませんので、
ここからは使うことも考えねばなりません。

と、なると、次のアクションは……

160724宇佐-16
星屑、3人目の労働者を「大工」に配置して、

160724宇佐-17
消費財1枚をコストに、「焼畑」を作りました。

"母なる自然はプレイスレス"…ということで、
ほんとに「焼畑」の価値は$0となっています。

しかしながら、
使い捨てで消費財5枚を生み出してくれる効果は、
このカードが何枚でも欲しい今は貴重だと、星屑は考えました。

160724宇佐-18
▲そして、星屑は4人目の労働者を「レストラン」に配置。

ソロゲームのルールだと、
油断すると使用不能になりそうでコワいですね…!

160724宇佐-19
▲手札を1枚捨てて、家計から$15を受け取ります。


これで、労働者を4人とも配置し終わりました。

160724宇佐-20
▲労働者4人に賃金を支払いましょう。

160724宇佐-21
▲このラウンドも、$12を家計に入れました。



どうでもいい話ですが、
ぼくが「ナショナルエコノミー」を、
ナショエコ」と略しているのは…、

ナショナルジオグラフィックチャンネル」を、
ナショジオチャンネル」と略すのに倣ってです。

ほんとは、他に略し方があるんだと思いますが…、
ぼく、この「ナショエコ」って響き、好きなんです!

…と、ほんとにどうでもいい話でした。( ̄▽ ̄;)



さて次回は、

いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

…という信条を固めた星屑が、
攻めの姿勢でアクションを選んでいきますが、
はたして上手く回すことができるのでしょうか…?


次回も、お楽しみに!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
→次回:プレイ記その3(3/4)
開封

[ボードゲーム記事一覧]



【2016/07/29 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可