RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドウシシャ

「手動 ふわ雪かき氷器」



★買ってみた!

カキ氷2016-02


星屑と妻しーぷ
ちょっと前に宇佐神宮に参拝してきた来たんですが、
そのときに参道で食べたカキ氷が、美味しくて美味しくて…!

これは毎日でも食べたいなァと、
そのまま宇佐神宮の駐車場でiPadを取り出して、
amazonで"カキ氷器"と検索をかけてみたところ…、
ちょうど良さげなのがあったので、さっそくポチりました

そんなこんなで買ってみた「手動 ふわ雪カキ氷器」を、
ご紹介してみたいと思います!( ̄▽ ̄*)



★開封

カキ氷2016-01
▲注文から2日後…、
▲amazonから大きめのダンボールで届きました!

カキ氷2016-22
▲箱のオモテ
▲"ふわふわっ"と書いてありますが、どんな感じなんでしょうか…?

カキ氷2016-23
▲箱のウラ
▲各部の名称などが記されています。

カキ氷2016-24
▲箱の側面
▲こちらには使用方法が載ってますね。
▲手順8まであって大変そうですが、やることはシンプルです。

カキ氷2016-03
箱をオープン!
▲どうやら、ハンドルを外さないと箱に入りきれないっぽいですね…。

カキ氷2016-04
内容物
本体ハンドル製氷カップ取扱説明書と、
▲あとかき氷アレンジレシピも入っていました!

カキ氷2016-05
ハンドルの取り付け
▲これで、すぐにでも氷を削れます…!



★周辺アイテム

ここで、カキ氷器を購入するにあたって、
その他に準備したアイテムを紹介していきましょう!

まずは、なにはなくとも…、

カキ氷2016-14
▲「ハニー氷みつA」の「イチゴ」と「メロン」!!

いろいろ探してみた結果、
これが"いちばんお祭りの屋台の味っぽい"ということで、
決めうちして2フレーバーも注文しちゃいました!!

で、結論からいうと、
ほんとにお祭りの屋台の味そのまんまって感じ!

あの、なんというか、
わりと甘ったるくて懐かしい感じの味が好きならば、
この氷みつでよろしいかと思います。( ̄▽ ̄*)オススメ ハ メロン

(amazonリンクを、この記事の最後に貼っておきますね)


続いて、百均で購入してきたのが…、

カキ氷2016-15
マヨネーズ・ボトル

これに、さきほどの「氷みつ」を注ぎいれて…、

カキ氷2016-16
▲こんな感じで使います!

カキ氷2016-17
▲注ぎ口が小さな穴になっているので、
▲みつがドバッといかずに良い感じ…!


さらに百均で…、

カキ氷2016-18
▲軽くて割れにくい器

カキ氷2016-19
▲器を置ける場所の横幅15.6cmですので、
▲それ未満のモノを探してきました。

ただ、どうしてもカキ氷は、
同じ場所で上に上にと積もっていきますので
ちょっと油断するとこぼれてしまいます…。

これについては、
少し削るごとに、カキ氷を器の内側へ押し付けていけば、
ちゃんとカタチにすることはできるんですが、それだと、
せっかくの"ふわふわっ"が固まっちゃいますので…、

カキ氷2016-20
▲「Good pack 1450ml 角

星屑は、こちらの容器も購入しました。

カキ氷2016-21
▲ご覧の通り、スペースにピッタリ…!
▲これならば、一切こぼれる心配はありません

すべての氷を、いったんこの容器に削り出したあと、
それぞれの器に取り分けると、すごく良い感じでした!

風情はないですが。( ̄▽ ̄;)



★おいしい氷の削り方

それでは、
取説と一緒に入っていた「おいしい氷の削り方」を参考に、
カキ氷を作ってみたいと思います…!

カキ氷2016-32

手順①

製氷カップで氷を作ります。

水道水よりもミネラルウォーター(軟水)を使用すると
おいしく作ることができます。


カキ氷2016-06
星屑宅にはミネラルウォーターは常備されていませんので、
▲愛飲している「ブリタ」の水を注いでおきました。


手順②

器は冷凍庫(または冷蔵庫)で
冷やしておきます。


カキ氷2016-07
▲なんだかビールのジョッキを冷やしているような雰囲気ですね。
▲…なんて、下戸のぼくが言ってみたり。( ̄▽ ̄ )


手順③

氷を冷凍庫から出した後、しばらく
常温で置いておきます。
氷の表面が透明になり、少し溶けて
きた状態が削り時の目安です。


※冷凍庫から出してすぐの氷を削ると「ジャリジャリ」の氷に
 なってしまいます。


カキ氷2016-33
▲これくらい、かな…?
▲何度か挑戦して、慣れていきたいところです!

カキ氷2016-10
▲氷は、フタを外した本体に投入して、

カキ氷2016-11
▲フタをした後、しっかりとロックします。


手順④

②で冷やしておいた器に、ゆっくり
ハンドルを回しながら削ってください。
お好みの氷の状態になるように、
刃の調整をしてください。


カキ氷2016-08
▲刃の調整は、この調整ネジで行います。

カキ氷2016-09
左に回すと細かく右に回すと粗くなりますので、
▲削りながら調整していきましょう。


▲実際に削っている様子です。

なんとなく、ハンドルは重いものと想像していましたが、
思いのほか楽にクルクルと回すことができました

カキ氷2016-35
▲なお、これくらいは削り切れず残ってしまいます。( ̄▽ ̄ )


手順⑤

シロップは氷に細くゆっくりと
回しながらかけます。


カキ氷2016-34
この瞬間がたまらんとです…!

カキ氷2016-12
氷イチゴも…、

カキ氷2016-36
氷メロンも…、

お家で食べ放題!
これはひゃっほいって感じですね…!



★コメント

☆わりとマジで"ふわふわっ"!

"ふわふわっ"という言葉には、
ぶっちゃけ、そんなに期待していなかったんですが…、

カキ氷2016-37
▲削ってみると、ちゃんと"ふわふわっ"としていました!

カキ氷2016-38
▲なんというか、削られた氷が"きめ細かい"感じです。

感激とか感動とかまではないんですが、
記憶の中の安物のカキ氷器とは、ハッキリと違いました…!


☆氷の状態とネジによりけり

ただ、
これが毎回のように"ふわふわっ"となるわけではなく、
"ジャリジャリ"になっちゃうこともありますので、

いろいろと試してみたんですが…、

どうやら、投入する氷の状態が影響するっぽいです。

説明書にも書いてある通り、
冷凍庫から出してすぐの氷は粗くなりがちで、

かといって溶けすぎてカタチが悪くなると、
それはそれで削りにくくなってしまって
…。

調整ネジの締め具合といい、
使いこなす必要があるカキ氷器だと思いました。( ̄▽ ̄ )


☆まとめ

ぼく的に……

良いところ

・3千円台前半で"ふわふわっ"を味わえる!
・手動なので、なにかと微調整が利く!
・ハンドルが軽い!
・構造がシンプルなので、メンテナンスが楽!



悪いところ

・いろいろと慣れが必要!
・箱が大きくて保管場所を選ぶ!
・箱から出すたびにハンドルを取り付けるのが面倒!


…てな感じです!


ぼく、こういうのって、
買って一回使ったっきり…ってパターンが多いんですが、
このカキ氷器については、
買ってから毎日のように使っていているんです!

それは、今年の異常な暑さも間違いなく理由の1つなんですが、

やっぱり、なんだかんだ、
ちょっと手間だけど、うまくやれば美味しいカキ氷が食べられる!
…というのが大きいんだと思います!!


カキ氷器を買おうか迷っていらっしゃる方は、
ぜひチェックしてみてください…!







記事を閉じる▲


星屑と妻しーぷ
ちょっと前に宇佐神宮に参拝してきた来たんですが、
そのときに参道で食べたカキ氷が、美味しくて美味しくて…!

これは毎日でも食べたいなァと、
そのまま宇佐神宮の駐車場でiPadを取り出して、
amazonで"カキ氷器"と検索をかけてみたところ…、
ちょうど良さげなのがあったので、さっそくポチりました

そんなこんなで買ってみた「手動 ふわ雪カキ氷器」を、
ご紹介してみたいと思います!( ̄▽ ̄*)



★開封

カキ氷2016-01
▲注文から2日後…、
▲amazonから大きめのダンボールで届きました!

カキ氷2016-22
▲箱のオモテ
▲"ふわふわっ"と書いてありますが、どんな感じなんでしょうか…?

カキ氷2016-23
▲箱のウラ
▲各部の名称などが記されています。

カキ氷2016-24
▲箱の側面
▲こちらには使用方法が載ってますね。
▲手順8まであって大変そうですが、やることはシンプルです。

カキ氷2016-03
箱をオープン!
▲どうやら、ハンドルを外さないと箱に入りきれないっぽいですね…。

カキ氷2016-04
内容物
本体ハンドル製氷カップ取扱説明書と、
▲あとかき氷アレンジレシピも入っていました!

カキ氷2016-05
ハンドルの取り付け
▲これで、すぐにでも氷を削れます…!



★周辺アイテム

ここで、カキ氷器を購入するにあたって、
その他に準備したアイテムを紹介していきましょう!

まずは、なにはなくとも…、

カキ氷2016-14
▲「ハニー氷みつA」の「イチゴ」と「メロン」!!

いろいろ探してみた結果、
これが"いちばんお祭りの屋台の味っぽい"ということで、
決めうちして2フレーバーも注文しちゃいました!!

で、結論からいうと、
ほんとにお祭りの屋台の味そのまんまって感じ!

あの、なんというか、
わりと甘ったるくて懐かしい感じの味が好きならば、
この氷みつでよろしいかと思います。( ̄▽ ̄*)オススメ ハ メロン

(amazonリンクを、この記事の最後に貼っておきますね)


続いて、百均で購入してきたのが…、

カキ氷2016-15
マヨネーズ・ボトル

これに、さきほどの「氷みつ」を注ぎいれて…、

カキ氷2016-16
▲こんな感じで使います!

カキ氷2016-17
▲注ぎ口が小さな穴になっているので、
▲みつがドバッといかずに良い感じ…!


さらに百均で…、

カキ氷2016-18
▲軽くて割れにくい器

カキ氷2016-19
▲器を置ける場所の横幅15.6cmですので、
▲それ未満のモノを探してきました。

ただ、どうしてもカキ氷は、
同じ場所で上に上にと積もっていきますので
ちょっと油断するとこぼれてしまいます…。

これについては、
少し削るごとに、カキ氷を器の内側へ押し付けていけば、
ちゃんとカタチにすることはできるんですが、それだと、
せっかくの"ふわふわっ"が固まっちゃいますので…、

カキ氷2016-20
▲「Good pack 1450ml 角

星屑は、こちらの容器も購入しました。

カキ氷2016-21
▲ご覧の通り、スペースにピッタリ…!
▲これならば、一切こぼれる心配はありません

すべての氷を、いったんこの容器に削り出したあと、
それぞれの器に取り分けると、すごく良い感じでした!

風情はないですが。( ̄▽ ̄;)



★おいしい氷の削り方

それでは、
取説と一緒に入っていた「おいしい氷の削り方」を参考に、
カキ氷を作ってみたいと思います…!

カキ氷2016-32

手順①

製氷カップで氷を作ります。

水道水よりもミネラルウォーター(軟水)を使用すると
おいしく作ることができます。


カキ氷2016-06
星屑宅にはミネラルウォーターは常備されていませんので、
▲愛飲している「ブリタ」の水を注いでおきました。


手順②

器は冷凍庫(または冷蔵庫)で
冷やしておきます。


カキ氷2016-07
▲なんだかビールのジョッキを冷やしているような雰囲気ですね。
▲…なんて、下戸のぼくが言ってみたり。( ̄▽ ̄ )


手順③

氷を冷凍庫から出した後、しばらく
常温で置いておきます。
氷の表面が透明になり、少し溶けて
きた状態が削り時の目安です。


※冷凍庫から出してすぐの氷を削ると「ジャリジャリ」の氷に
 なってしまいます。


カキ氷2016-33
▲これくらい、かな…?
▲何度か挑戦して、慣れていきたいところです!

カキ氷2016-10
▲氷は、フタを外した本体に投入して、

カキ氷2016-11
▲フタをした後、しっかりとロックします。


手順④

②で冷やしておいた器に、ゆっくり
ハンドルを回しながら削ってください。
お好みの氷の状態になるように、
刃の調整をしてください。


カキ氷2016-08
▲刃の調整は、この調整ネジで行います。

カキ氷2016-09
左に回すと細かく右に回すと粗くなりますので、
▲削りながら調整していきましょう。


▲実際に削っている様子です。

なんとなく、ハンドルは重いものと想像していましたが、
思いのほか楽にクルクルと回すことができました

カキ氷2016-35
▲なお、これくらいは削り切れず残ってしまいます。( ̄▽ ̄ )


手順⑤

シロップは氷に細くゆっくりと
回しながらかけます。


カキ氷2016-34
この瞬間がたまらんとです…!

カキ氷2016-12
氷イチゴも…、

カキ氷2016-36
氷メロンも…、

お家で食べ放題!
これはひゃっほいって感じですね…!



★コメント

☆わりとマジで"ふわふわっ"!

"ふわふわっ"という言葉には、
ぶっちゃけ、そんなに期待していなかったんですが…、

カキ氷2016-37
▲削ってみると、ちゃんと"ふわふわっ"としていました!

カキ氷2016-38
▲なんというか、削られた氷が"きめ細かい"感じです。

感激とか感動とかまではないんですが、
記憶の中の安物のカキ氷器とは、ハッキリと違いました…!


☆氷の状態とネジによりけり

ただ、
これが毎回のように"ふわふわっ"となるわけではなく、
"ジャリジャリ"になっちゃうこともありますので、

いろいろと試してみたんですが…、

どうやら、投入する氷の状態が影響するっぽいです。

説明書にも書いてある通り、
冷凍庫から出してすぐの氷は粗くなりがちで、

かといって溶けすぎてカタチが悪くなると、
それはそれで削りにくくなってしまって
…。

調整ネジの締め具合といい、
使いこなす必要があるカキ氷器だと思いました。( ̄▽ ̄ )


☆まとめ

ぼく的に……

良いところ

・3千円台前半で"ふわふわっ"を味わえる!
・手動なので、なにかと微調整が利く!
・ハンドルが軽い!
・構造がシンプルなので、メンテナンスが楽!



悪いところ

・いろいろと慣れが必要!
・箱が大きくて保管場所を選ぶ!
・箱から出すたびにハンドルを取り付けるのが面倒!


…てな感じです!


ぼく、こういうのって、
買って一回使ったっきり…ってパターンが多いんですが、
このカキ氷器については、
買ってから毎日のように使っていているんです!

それは、今年の異常な暑さも間違いなく理由の1つなんですが、

やっぱり、なんだかんだ、
ちょっと手間だけど、うまくやれば美味しいカキ氷が食べられる!
…というのが大きいんだと思います!!


カキ氷器を買おうか迷っていらっしゃる方は、
ぜひチェックしてみてください…!






【2016/08/12 00:01】 | 買ったモノ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。