RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「路面電車」




☆プレイ記その1(4/4)

初回:プレイ記その1(1/4)

前回:プレイ記その1(3/4)
今回:プレイ記その1(4/4)←いまココ
次回:


さあ、いよいよクライマックスです!

どの路線を、もうひと延びさせるか。
どの路線に、乗客を集中させるか。


大きな点数が動く、このラスト3運行で、
すべてが決まります…!



★星屑13ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-01
星屑赤カード2枚を配置。
▲とにかく、自分の最大の強みの赤路線に乗客を集中させます!



②停留所を置く

特に置くカードがないのでパスしました。



③収入

路面電車-p-1-d-02
黄カードは全て処分!

手札を最大限、回転させて、
赤カードが来るのを期待します…!



④列車を購入して路線に割り当てる

新たな路線がありませんので、列車は購入できません。



★星屑14ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-03
星屑青カード赤カードを配置。
▲これで赤いターミナル駅にリーチがかかり、
青いターミナル駅は乗客が4枚そろいました!

青路線得点計算の時間です…!

路面電車-p-1-d-04
星屑青路線は、1×3+(1+1+2+2+2)×2=19得点

路面電車-p-1-d-05
しーぷには青路線がありません。

路面電車-p-1-d-06
▲これで残り2運行!!



②停留所を置く

このターンもパスします。



③収入

路面電車-p-1-d-07
▲もはや赤カード以外に用はありません!
▲手札をどんどん回していきます…!



④列車を購入して路線に割り当てる

新たな路線がありませんので、列車は購入できません。



★星屑15ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-08
星屑は、手札をぶん回した末に引いた赤カードを配置して…、

赤路線得点計算になだれ込みます!!

路面電車-p-1-d-09
星屑は、(1+1+1+2+2+3)×2=20得点

路面電車-p-1-d-10
しーぷは、(1+1)×3=6得点

路面電車-p-1-d-11
▲これで残り1運行まできました…!



②停留所を置く

路面電車-p-1-d-12
▲もはや延長していく時間もありませんが、
▲最後に赤路線を1本増やしてみます。



③収入

路面電車-p-1-d-13
▲手札をごっそりと現金化して…、



④列車を購入して路線に割り当てる

路面電車-p-1-d-14
▲ちょうど15,000マルクになったので、電車を購入。
▲路面鉄道の最終形態は、なんと「×4」の高倍率…!

路面電車-p-1-d-15
▲直前につくった赤路線に、そのまま割り当てます。

これが④列車の購入ステップの正しい流れですね。



⑤カードを引く

路面電車-p-1-d-16
▲引いたカードの中に、車掌カードが2枚も!!
▲でも、どうせなら、もうちょっと早く来てほしかった…( ̄▽ ̄;)



★星屑16ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-17
▲ターミナル駅ですが、黄色に乗客がいます。

この、どちらかに乗客を配置すれば、
それが最後の運行、最後の得点計算となって、
その直後にゲームが終了するわけです。

そして、星屑黄路線を持っていませんので…、

路面電車-p-1-d-18
星屑緑カード2枚を配置!!

緑のターミナル駅から終電が出て…、
緑路線得点計算となります!

路面電車-p-1-d-19
星屑緑路線は、(1+1+1+1+2+2)×2=16得点

路面電車-p-1-d-20
しーぷ緑路線は、
▲(1+1+2+3)×2+(1+2+3)×3=32得点!!

しーぷ、なにげに超高い…!

路面電車-p-1-d-21
▲10回目の得点計算を用紙に書き込んだ直後、
▲ターン途中ではありますが、ゲームは終了します!



★結果

各プレイヤーごとに、
10回の得点計算と、臨時運行を合計し……

路面電車-p-1-d-22
▲結果は13395星屑の勝利となりました!



★コメント

あのですね、ぶっちゃけて書きますと、

このゲーム、ルールブックを読み込んでる時点では、
もう色々と書き方があいまいで、ピンとこなくて、
若干イライラするほどだったんです。( ̄▽ ̄;)

なんてことのない6ページのルルブなんですが、
星屑、ここ最近でいちばん苦戦させられました…!


ところが、実際にプレイを進めていって、
一つ一つのアクションの意味が分かってくると、

ああ、これは面白いわ!

と、ガラッと評価が変わったんです。


なんというか、

ルールが分かって、やるべきことが分かったら、
ワクワクしながら路線を延ばしていけて、
ウキウキしながら得点計算できるゲーム!


って感じでしょうか。

ぼくは、このゲームのシステムが気に入って
もう、あと何回でもプレイしてみたいほどです!


ただ、やはり難点がありまして、

・タイトルのわりには"路面電車"である必然性が乏しい
(いまいち世界観のイメージが広がりません…)

・このサイズの箱から、カードと用紙しか出てこないガッカリ感
(シリーズで箱を合わせたのは、よく分かりますが…)

・このコンポーネントで参考価格3888円
(正直、箱を開けたあとに"高い!"と思いました…)

・やっぱりルールブックが不親切だと思う。


…なんか、こう、もったいないゲームな気がします。

ちょっと他の人に購入をオススメしにくいといいますか…。

せっかく良いゲームなんだから、
もうちょっとやりようがなかったのかなァ…みたいな。

とはいえ、なんやかんやで気に入っちゃいましたので、
この先もプレイを重ねて、腕を磨いていきたいと思います!



今回も、
長い記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

星屑の路線拡張は、まだまだ続きます…!



管理人・星屑トランペッター



「路面電車」 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲


さあ、いよいよクライマックスです!

どの路線を、もうひと延びさせるか。
どの路線に、乗客を集中させるか。


大きな点数が動く、このラスト3運行で、
すべてが決まります…!



★星屑13ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-01
星屑赤カード2枚を配置。
▲とにかく、自分の最大の強みの赤路線に乗客を集中させます!



②停留所を置く

特に置くカードがないのでパスしました。



③収入

路面電車-p-1-d-02
黄カードは全て処分!

手札を最大限、回転させて、
赤カードが来るのを期待します…!



④列車を購入して路線に割り当てる

新たな路線がありませんので、列車は購入できません。



★星屑14ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-03
星屑青カード赤カードを配置。
▲これで赤いターミナル駅にリーチがかかり、
青いターミナル駅は乗客が4枚そろいました!

青路線得点計算の時間です…!

路面電車-p-1-d-04
星屑青路線は、1×3+(1+1+2+2+2)×2=19得点

路面電車-p-1-d-05
しーぷには青路線がありません。

路面電車-p-1-d-06
▲これで残り2運行!!



②停留所を置く

このターンもパスします。



③収入

路面電車-p-1-d-07
▲もはや赤カード以外に用はありません!
▲手札をどんどん回していきます…!



④列車を購入して路線に割り当てる

新たな路線がありませんので、列車は購入できません。



★星屑15ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-08
星屑は、手札をぶん回した末に引いた赤カードを配置して…、

赤路線得点計算になだれ込みます!!

路面電車-p-1-d-09
星屑は、(1+1+1+2+2+3)×2=20得点

路面電車-p-1-d-10
しーぷは、(1+1)×3=6得点

路面電車-p-1-d-11
▲これで残り1運行まできました…!



②停留所を置く

路面電車-p-1-d-12
▲もはや延長していく時間もありませんが、
▲最後に赤路線を1本増やしてみます。



③収入

路面電車-p-1-d-13
▲手札をごっそりと現金化して…、



④列車を購入して路線に割り当てる

路面電車-p-1-d-14
▲ちょうど15,000マルクになったので、電車を購入。
▲路面鉄道の最終形態は、なんと「×4」の高倍率…!

路面電車-p-1-d-15
▲直前につくった赤路線に、そのまま割り当てます。

これが④列車の購入ステップの正しい流れですね。



⑤カードを引く

路面電車-p-1-d-16
▲引いたカードの中に、車掌カードが2枚も!!
▲でも、どうせなら、もうちょっと早く来てほしかった…( ̄▽ ̄;)



★星屑16ターン目

①乗客を置く

路面電車-p-1-d-17
▲ターミナル駅ですが、黄色に乗客がいます。

この、どちらかに乗客を配置すれば、
それが最後の運行、最後の得点計算となって、
その直後にゲームが終了するわけです。

そして、星屑黄路線を持っていませんので…、

路面電車-p-1-d-18
星屑緑カード2枚を配置!!

緑のターミナル駅から終電が出て…、
緑路線得点計算となります!

路面電車-p-1-d-19
星屑緑路線は、(1+1+1+1+2+2)×2=16得点

路面電車-p-1-d-20
しーぷ緑路線は、
▲(1+1+2+3)×2+(1+2+3)×3=32得点!!

しーぷ、なにげに超高い…!

路面電車-p-1-d-21
▲10回目の得点計算を用紙に書き込んだ直後、
▲ターン途中ではありますが、ゲームは終了します!



★結果

各プレイヤーごとに、
10回の得点計算と、臨時運行を合計し……

路面電車-p-1-d-22
▲結果は13395星屑の勝利となりました!



★コメント

あのですね、ぶっちゃけて書きますと、

このゲーム、ルールブックを読み込んでる時点では、
もう色々と書き方があいまいで、ピンとこなくて、
若干イライラするほどだったんです。( ̄▽ ̄;)

なんてことのない6ページのルルブなんですが、
星屑、ここ最近でいちばん苦戦させられました…!


ところが、実際にプレイを進めていって、
一つ一つのアクションの意味が分かってくると、

ああ、これは面白いわ!

と、ガラッと評価が変わったんです。


なんというか、

ルールが分かって、やるべきことが分かったら、
ワクワクしながら路線を延ばしていけて、
ウキウキしながら得点計算できるゲーム!


って感じでしょうか。

ぼくは、このゲームのシステムが気に入って
もう、あと何回でもプレイしてみたいほどです!


ただ、やはり難点がありまして、

・タイトルのわりには"路面電車"である必然性が乏しい
(いまいち世界観のイメージが広がりません…)

・このサイズの箱から、カードと用紙しか出てこないガッカリ感
(シリーズで箱を合わせたのは、よく分かりますが…)

・このコンポーネントで参考価格3888円
(正直、箱を開けたあとに"高い!"と思いました…)

・やっぱりルールブックが不親切だと思う。


…なんか、こう、もったいないゲームな気がします。

ちょっと他の人に購入をオススメしにくいといいますか…。

せっかく良いゲームなんだから、
もうちょっとやりようがなかったのかなァ…みたいな。

とはいえ、なんやかんやで気に入っちゃいましたので、
この先もプレイを重ねて、腕を磨いていきたいと思います!



今回も、
長い記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

星屑の路線拡張は、まだまだ続きます…!



管理人・星屑トランペッター



「路面電車」 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]



【2016/08/22 00:01】 | プレイ記 【タグ】 路面電車  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可