RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「モンバサ」




★開封

モンバサ-o-01
▲「駿河屋」さんから届いたので、さっそく開封します!


★箱の外観

モンバサ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲ダイヤに帳簿…このゲームのキーアイテムが描かれています。

モンバサ-o-03
▲箱のウラ
▲ゲームボードとプレイヤーボードで、わりと場所を取る感じです。

モンバサ-o-04
各種アイコン



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

モンバサ-o-05
▲一発目はルルブ

モンバサ-o-06
▲その下にタイル台紙

モンバサ-o-07
プレイヤーボードが架かっていて、

モンバサ-o-08
サマリーカード類コマ類

モンバサ-o-09
▲底にゲームボードがあって、以上です!



★タイル抜き!

モンバサ-o-10
▲それでは、の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

モンバサ-o-11
▲はい完了…!

モンバサ-o-12
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

一つ一つ見ていきます!

モンバサ-o-13
ルールブック(全12ページ)
広いページに文字がびっしり系です。心して読みましょう…!

モンバサ-o-25
サマリー×4枚
▲ルールブックが重めのゲームですので、
▲このサマリーの存在は、かなりありがたいです!

モンバサ-o-14
ゲームボード×1枚
▲アフリカ大陸を中心に、各スペースが配置されています。

モンバサ-o-15
会社ボード×8枚(4セット)
▲各会社への肩入れ具合を表示するボードです。
▲裏表で内容が異なり、様々なパターンが楽しめます。

モンバサ-o-16
プレイヤーボード×4枚
▲保有しているダイヤモンドと、書き進めた帳簿を記録するボードです。
アクションカードを配置する場所でもあります。

モンバサ-o-17
帳簿タイル×72枚(ABC各24枚)
▲プレイヤーボードの右側に配置していくタイルです。
▲帳簿処理を行うことで、勝利点が伸びていきます。

モンバサ-o-18
開始タイル×10枚
▲ゲーム開始時に受け取って、プレイヤーボードに配置するタイルです。
▲開始時のボーナスや、1冊目の帳簿が表示されています。

モンバサ-o-19
ボーナスタイル×4枚
▲アクションにより、コインを支払って獲得できるタイルです。
▲次のラウンドでの有用なアクションを予約できます。

モンバサ-o-20
第1プレイヤーマーカー×1個
▲朝焼けにラッパでしょうか。「ハトと少年」が聞こえてきそうですね。

モンバサ-o-21
コイン×60枚
1ポンド5ポンドの2種類です。

モンバサ-o-22
貿易拠点コマ×60個(各色15個)
▲各会社の開拓状況と株価を表示するコマです。

モンバサ-o-23
ボーナスマーカー×20個(各色5個)
記録マーカー×16個(各色4個)

モンバサ-o-24
インク壺マーカー×4個
ダイヤモンドマーカー×4個
▲どちらも、プレイヤーボード上を移動します。

モンバサ-o-26
▲最後にカード類です。

モンバサ-o-27
▲カードのサイズ感は、こんな感じ。

モンバサ-o-28
初期アクションカード×36枚(各色9枚)
▲各プレイヤーの、ゲーム開始時の手札となります。

モンバサ-o-29
拠点拡大[1点]カード×4枚
▲こちらはゲーム開始時に1枚ずつ手札に配られます。
▲価格が1ずつ違い、番手の有利不利が調整されます。

モンバサ-o-30
アクションカード×44枚
▲購入して手札に追加することで、アクションの幅を広げられます。
▲終盤は、各会社の株券ばかりが出てくるようになります。

モンバサ-o-31
会社ボード配置カード×4枚
▲会社ボードをランダム配置する際に使用するカードです。

そして……

あと、得点計算用紙があるはずなんですが…、
どうも見当たりませんね…。

ま、いっか。自作しよう…( ̄▽ ̄ )



★コメント

2016年8月の北九州での交流会で、
ヒロさんのインストのもとプレイして、どハマりしたのが、

この「モンバサ」です!

しかもタイムリーなことに、
ちょうど日本語版が発売されると聞いて、
(もしかしたら、だからこそ卓をお立てになったんでしょうか…?)
すぐに予約して購入しました!


テーマとしては、
アフリカを舞台とした経済面に特化した戦略ゲームで、
いちばんカネを稼いだプレイヤーが勝者となります。


ゲームの根幹部分は、
わりとシンプルなワーカープレイスメントなんですが、

そのアクションの多彩さや、ルールの細かさで、
インストにもプレイにも時間がかかり…、

コンポーネントの量からも分かる通りの"重ゲー"となっています!


それでも、他の重ゲーに比べると、
まだ引っ張り出しやすい部類のような気がしますので…、
(得点方法が限られていたり、7ラウンドでゲーム終了だったり。)

思い切ってウチのボドゲ会でも卓を立ててみようかなァと、
星屑は、これからインストの練習に励んでまいります…!


モンバサ-o-32
▲たくさんのコンポーネントですが、
▲整理するとこんな感じになりました!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

モンバサ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲ダイヤに帳簿…このゲームのキーアイテムが描かれています。

モンバサ-o-03
▲箱のウラ
▲ゲームボードとプレイヤーボードで、わりと場所を取る感じです。

モンバサ-o-04
各種アイコン



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

モンバサ-o-05
▲一発目はルルブ

モンバサ-o-06
▲その下にタイル台紙

モンバサ-o-07
プレイヤーボードが架かっていて、

モンバサ-o-08
サマリーカード類コマ類

モンバサ-o-09
▲底にゲームボードがあって、以上です!



★タイル抜き!

モンバサ-o-10
▲それでは、の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

モンバサ-o-11
▲はい完了…!

モンバサ-o-12
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

一つ一つ見ていきます!

モンバサ-o-13
ルールブック(全12ページ)
広いページに文字がびっしり系です。心して読みましょう…!

モンバサ-o-25
サマリー×4枚
▲ルールブックが重めのゲームですので、
▲このサマリーの存在は、かなりありがたいです!

モンバサ-o-14
ゲームボード×1枚
▲アフリカ大陸を中心に、各スペースが配置されています。

モンバサ-o-15
会社ボード×8枚(4セット)
▲各会社への肩入れ具合を表示するボードです。
▲裏表で内容が異なり、様々なパターンが楽しめます。

モンバサ-o-16
プレイヤーボード×4枚
▲保有しているダイヤモンドと、書き進めた帳簿を記録するボードです。
アクションカードを配置する場所でもあります。

モンバサ-o-17
帳簿タイル×72枚(ABC各24枚)
▲プレイヤーボードの右側に配置していくタイルです。
▲帳簿処理を行うことで、勝利点が伸びていきます。

モンバサ-o-18
開始タイル×10枚
▲ゲーム開始時に受け取って、プレイヤーボードに配置するタイルです。
▲開始時のボーナスや、1冊目の帳簿が表示されています。

モンバサ-o-19
ボーナスタイル×4枚
▲アクションにより、コインを支払って獲得できるタイルです。
▲次のラウンドでの有用なアクションを予約できます。

モンバサ-o-20
第1プレイヤーマーカー×1個
▲朝焼けにラッパでしょうか。「ハトと少年」が聞こえてきそうですね。

モンバサ-o-21
コイン×60枚
1ポンド5ポンドの2種類です。

モンバサ-o-22
貿易拠点コマ×60個(各色15個)
▲各会社の開拓状況と株価を表示するコマです。

モンバサ-o-23
ボーナスマーカー×20個(各色5個)
記録マーカー×16個(各色4個)

モンバサ-o-24
インク壺マーカー×4個
ダイヤモンドマーカー×4個
▲どちらも、プレイヤーボード上を移動します。

モンバサ-o-26
▲最後にカード類です。

モンバサ-o-27
▲カードのサイズ感は、こんな感じ。

モンバサ-o-28
初期アクションカード×36枚(各色9枚)
▲各プレイヤーの、ゲーム開始時の手札となります。

モンバサ-o-29
拠点拡大[1点]カード×4枚
▲こちらはゲーム開始時に1枚ずつ手札に配られます。
▲価格が1ずつ違い、番手の有利不利が調整されます。

モンバサ-o-30
アクションカード×44枚
▲購入して手札に追加することで、アクションの幅を広げられます。
▲終盤は、各会社の株券ばかりが出てくるようになります。

モンバサ-o-31
会社ボード配置カード×4枚
▲会社ボードをランダム配置する際に使用するカードです。

そして……

あと、得点計算用紙があるはずなんですが…、
どうも見当たりませんね…。

ま、いっか。自作しよう…( ̄▽ ̄ )



★コメント

2016年8月の北九州での交流会で、
ヒロさんのインストのもとプレイして、どハマりしたのが、

この「モンバサ」です!

しかもタイムリーなことに、
ちょうど日本語版が発売されると聞いて、
(もしかしたら、だからこそ卓をお立てになったんでしょうか…?)
すぐに予約して購入しました!


テーマとしては、
アフリカを舞台とした経済面に特化した戦略ゲームで、
いちばんカネを稼いだプレイヤーが勝者となります。


ゲームの根幹部分は、
わりとシンプルなワーカープレイスメントなんですが、

そのアクションの多彩さや、ルールの細かさで、
インストにもプレイにも時間がかかり…、

コンポーネントの量からも分かる通りの"重ゲー"となっています!


それでも、他の重ゲーに比べると、
まだ引っ張り出しやすい部類のような気がしますので…、
(得点方法が限られていたり、7ラウンドでゲーム終了だったり。)

思い切ってウチのボドゲ会でも卓を立ててみようかなァと、
星屑は、これからインストの練習に励んでまいります…!


モンバサ-o-32
▲たくさんのコンポーネントですが、
▲整理するとこんな感じになりました!



ボードゲーム記事一覧



【2016/09/05 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 モンバサ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可