RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「インディゴ」




★開封

インディゴo-01
▲amazonのマケプレから届いたので、さっそく開封します!


★箱の外観

インディゴo-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲作者はクニツィーア先生です。

インディゴo-03
▲箱のウラ
▲よ、読めない…!( ̄▽ ̄;)

インディゴo-04
各種アイコンその1

インディゴo-05
各種アイコンその2
運の要素戦略性が高いようですね。



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

インディゴo-06
▲一発目はルルブ

インディゴo-07
ついたてが続いて、

インディゴo-08
▲その下にタイル台紙

インディゴo-09
▲ここにゲームボードがあって、

インディゴo-10
▲底には宝石ですね。以上です!



★タイル抜き!

インディゴo-11
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

インディゴo-12
▲はい完了…!

インディゴo-22
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

一つ一つ見ていきます。

インディゴo-13
ルールブック(原文・全4ページ)
▲英語ではないので、ぼくには読めんです…( ̄▽ ̄;)

インディゴo-14
ゲームボード×1枚
▲たくさんの六角形からなるボードです。
▲大半がですが、中には紺色水色のへクスもあります。

インディゴo-15
ついたて×4枚
▲内側はサマリーになっていますね。
▲外側はプレイヤーカラー別です。

インディゴo-16
チップ×24枚(各色6枚)
▲おそらく、自分の色のチップに宝石を運ぶゲームなんだと思います。

インディゴo-17
宝石×3色
▲サマリーによると、どうやら色ごとに得点が違うみたいですね。

インディゴo-19
紺色タイル×1枚
▲ゲームボードの中央に配置するタイルのようです。
▲ここからスタートするのかな…?

インディゴo-18
水色タイル×6枚
▲ゲームボードの6つの隅に配置するようですが、
▲今のぼくには、どんな役割なのか判りません…。

インディゴo-20
白タイル×たくさん
▲これを配置して道を伸ばして、宝石を運ぶみたいですね。
▲パッと見た感じ、タイルのパターン6種類ほどありました。



★コメント

今回は、妻しーぷが大絶賛のタイトル「インディゴ」です!

星屑は未プレイなんですが、
しーぷは、ここんところボードゲーム会で立て続けにプレイして、
もう何回やっても面白い!と、お気に入りもお気に入り…!

タイルゲームが大好き星屑も、なんちゃ興味がありましたし、
善は急げと9月に入って速攻で注文してみました!

この並行輸入品には日本語説明書がありませんが、
ルールについては妻しーぷが把握しているようですので…、

とりあえず2人でプレイしてみて、
ルール説明がてらのプレイ記を書いてみようと思っています。
(更新は来月上旬くらいになるかも…)

インディゴo-21

初心者にもやさしいルールと聞きましたので、
ウチのボドゲ会のレギュラータイトルになるかもしれんですね!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

インディゴo-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲作者はクニツィーア先生です。

インディゴo-03
▲箱のウラ
▲よ、読めない…!( ̄▽ ̄;)

インディゴo-04
各種アイコンその1

インディゴo-05
各種アイコンその2
運の要素戦略性が高いようですね。



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

インディゴo-06
▲一発目はルルブ

インディゴo-07
ついたてが続いて、

インディゴo-08
▲その下にタイル台紙

インディゴo-09
▲ここにゲームボードがあって、

インディゴo-10
▲底には宝石ですね。以上です!



★タイル抜き!

インディゴo-11
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

インディゴo-12
▲はい完了…!

インディゴo-22
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

一つ一つ見ていきます。

インディゴo-13
ルールブック(原文・全4ページ)
▲英語ではないので、ぼくには読めんです…( ̄▽ ̄;)

インディゴo-14
ゲームボード×1枚
▲たくさんの六角形からなるボードです。
▲大半がですが、中には紺色水色のへクスもあります。

インディゴo-15
ついたて×4枚
▲内側はサマリーになっていますね。
▲外側はプレイヤーカラー別です。

インディゴo-16
チップ×24枚(各色6枚)
▲おそらく、自分の色のチップに宝石を運ぶゲームなんだと思います。

インディゴo-17
宝石×3色
▲サマリーによると、どうやら色ごとに得点が違うみたいですね。

インディゴo-19
紺色タイル×1枚
▲ゲームボードの中央に配置するタイルのようです。
▲ここからスタートするのかな…?

インディゴo-18
水色タイル×6枚
▲ゲームボードの6つの隅に配置するようですが、
▲今のぼくには、どんな役割なのか判りません…。

インディゴo-20
白タイル×たくさん
▲これを配置して道を伸ばして、宝石を運ぶみたいですね。
▲パッと見た感じ、タイルのパターン6種類ほどありました。



★コメント

今回は、妻しーぷが大絶賛のタイトル「インディゴ」です!

星屑は未プレイなんですが、
しーぷは、ここんところボードゲーム会で立て続けにプレイして、
もう何回やっても面白い!と、お気に入りもお気に入り…!

タイルゲームが大好き星屑も、なんちゃ興味がありましたし、
善は急げと9月に入って速攻で注文してみました!

この並行輸入品には日本語説明書がありませんが、
ルールについては妻しーぷが把握しているようですので…、

とりあえず2人でプレイしてみて、
ルール説明がてらのプレイ記を書いてみようと思っています。
(更新は来月上旬くらいになるかも…)

インディゴo-21

初心者にもやさしいルールと聞きましたので、
ウチのボドゲ会のレギュラータイトルになるかもしれんですね!



ボードゲーム記事一覧



【2016/09/06 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 インディゴ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。