RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「ふたつの街の物語」




★開封

ふたつの街-o-01
▲「駿河屋」さんから届いたので、さっそく開封します!


★箱の外観

ふたつの街-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲タイトルの通り、橋をはさんでにふたつの街があります。

ふたつの街-o-03
▲箱のウラ
▲日本版には限定の姫路城トークンが入っているようです。
▲これには城好きの妻しーぷも大喜び…!

ふたつの街-o-04
各種アイコン
▲基本的には3人以上でプレイするゲームですが、
▲1~2人でもプレイできるように、特別ルールが用意されています。



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

ふたつの街-o-05
▲一発目はコマ類カード類ジッパー

ふたつの街-o-06
▲そして、ここにルルブ

ふたつの街-o-07
タイル台紙がドッサリとあって、

ふたつの街-o-08
▲底に得点ボード

ふたつの街-o-09
以上となります!



★タイル抜き!

ふたつの街-o-10
▲それでは、10枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ふたつの街-o-11
▲はい、完了…!

ふたつの街-o-12
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物(基本ルール用)

このゲームには、
3~7人プレイ時基本ルール用のコンポーネントと、
1~2人プレイ時ソロプレイ用コンポーネントがあります。

まずは、
基本ルール用のコンポーネントから見ていきましょう!

ふたつの街-o-13
ルールブック(日本語・全8ページ)
基本ルールが載っている方のルルブです。

ふたつの街-o-15
得点ボード×1枚
▲これは大きくて見やすくて、良い感じですね!

ふたつの街-o-16
都市識別トークン×8種(各2個)
▲おそらく得点ボードに乗っけるんだと思います。
▲右下のがウワサの姫路城トークン…!

ふたつの街-o-17
都市タイル×108枚
▲このタイルを並べて、街をつくっていくみたいですね。
▲タイルの左上にアイコン、下に得点表のようなものがあります。

ふたつの街-o-18
二重都市タイル×24枚
▲都市タイルが2枚つながっているタイプのタイルです。

ふたつの街-o-19
空白タイル×4
▲これは予備なのか、自分で新しいのを作れということなのか…?

ふたつの街-o-20
▲ここからはカード類です。

ふたつの街-o-21
▲カードのサイズ感はこちら。

ふたつの街-o-23
早見表カード×7枚
▲都市タイルの種類ごとの得点表が並んでいます。

ふたつの街-o-22
順番決定カード×15枚
▲テーブルに座る順番を決めるためのカードっぽいですね。
▲シンプルなものから、ユニークなものまで色々あって面白いです…!



★内容物(ソロプレイ用)

続いて、ソロプレイ用のコンポーネントを。

ふたつの街-o-14
ルールブック(日本語・全4ページ)
ソロプレイ用ルールが載っている方のルルブです。

ふたつの街-o-25
オートマカード×20枚
▲ソロプレイ用ルールの肝となるカードのようですね。

ふたつの街-o-24
名前カード×3枚
▲やはり場所決めに使うカードでしょうか。



★コメント

ふたつの街の物語」というタイトルを聞いて、

ふと、福岡県北九州市にある、
街の小さなレストラン 9.9.9.」を思い出しました。

あのお店、何を食べても美味しいんだよなァ…( ̄▽ ̄*)

って、それはさておき……


街づくり系タイルゲーム「ふたつの街の物語」です!!

同じようなジャンルだと、
星屑が持っている中では「シティビルダー」が浮かびましたが、

シティビルダーが自分だけの街をつくっていくのに対して…、

こちらは、自分の両隣のプレイヤーとの間に
それぞれのプレイヤーと協力して街をつくっていくとのこと…!

つまり、自分の左右にひとつずつ…、
合わせて"ふたつの街"が出来上がっていくというわけです!!

そして、得点計算では、
自分の左右の街のうち、より低い方が自分の得点になるとのことで、
バランスの良い街づくりが求められるようですね…。

これは、ちょっとプレイしてみないことには想像つかない系ですので、
さっそくウチのボードゲーム会でプレイしてみたいと思います!



→6人プレイしてみました!

内容はシンプルなドラフトゲームでして……

タイルを受け取って隣に回して…を繰り返して、
自分の両サイドに、4×4マスの正方形の街をつくり上げていくだけ!

ふたつの街は16マスで完成しますが、
それぞれ、自分のタイルは8マスぶんずつ配置して、
残り半分の8マス分は、隣のプレイヤーが配置します。

ふたつの街-o-30

で、このゲームおもしろい!って思ったのが、

両隣のプレイヤーとの絡みです!!

タイルを配置して街をつくるときは、
隣のプレイヤーと相談してOKなんですが…、

「ここを商店を並べるための直線にするのはどうでしょう…?」
「じゃあ、公園商店で分断して2グループつくろうか!!」
工場は、こっちに寄せる感じでいきましょうか」
「てか酒場の四方をオフィスで囲んだら最強じゃね…!?」
「うわ、それヤバイ!!!」
「てか、この街、ぜんぜん住居がないじゃん…!」

てな感じで、めっちゃ会話が弾みます
ものすごく協力してつくり上げてる感があってワクワクします!!

なんか、こう、本当に皆で一緒に楽しめるゲームだと思いました!

ぼくは多人数でのプレイとなりましたが、
3~4人でも同じように盛り上がると思いますし、

いや、これはオススメですよ…!

ふたつの街-o-26
▲この、ものすごい量のタイルに、
▲タイルゲーが大好物な私星屑、ヨダレを垂らさんばかり…!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ふたつの街-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲タイトルの通り、橋をはさんでにふたつの街があります。

ふたつの街-o-03
▲箱のウラ
▲日本版には限定の姫路城トークンが入っているようです。
▲これには城好きの妻しーぷも大喜び…!

ふたつの街-o-04
各種アイコン
▲基本的には3人以上でプレイするゲームですが、
▲1~2人でもプレイできるように、特別ルールが用意されています。



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

ふたつの街-o-05
▲一発目はコマ類カード類ジッパー

ふたつの街-o-06
▲そして、ここにルルブ

ふたつの街-o-07
タイル台紙がドッサリとあって、

ふたつの街-o-08
▲底に得点ボード

ふたつの街-o-09
以上となります!



★タイル抜き!

ふたつの街-o-10
▲それでは、10枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ふたつの街-o-11
▲はい、完了…!

ふたつの街-o-12
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物(基本ルール用)

このゲームには、
3~7人プレイ時基本ルール用のコンポーネントと、
1~2人プレイ時ソロプレイ用コンポーネントがあります。

まずは、
基本ルール用のコンポーネントから見ていきましょう!

ふたつの街-o-13
ルールブック(日本語・全8ページ)
基本ルールが載っている方のルルブです。

ふたつの街-o-15
得点ボード×1枚
▲これは大きくて見やすくて、良い感じですね!

ふたつの街-o-16
都市識別トークン×8種(各2個)
▲おそらく得点ボードに乗っけるんだと思います。
▲右下のがウワサの姫路城トークン…!

ふたつの街-o-17
都市タイル×108枚
▲このタイルを並べて、街をつくっていくみたいですね。
▲タイルの左上にアイコン、下に得点表のようなものがあります。

ふたつの街-o-18
二重都市タイル×24枚
▲都市タイルが2枚つながっているタイプのタイルです。

ふたつの街-o-19
空白タイル×4
▲これは予備なのか、自分で新しいのを作れということなのか…?

ふたつの街-o-20
▲ここからはカード類です。

ふたつの街-o-21
▲カードのサイズ感はこちら。

ふたつの街-o-23
早見表カード×7枚
▲都市タイルの種類ごとの得点表が並んでいます。

ふたつの街-o-22
順番決定カード×15枚
▲テーブルに座る順番を決めるためのカードっぽいですね。
▲シンプルなものから、ユニークなものまで色々あって面白いです…!



★内容物(ソロプレイ用)

続いて、ソロプレイ用のコンポーネントを。

ふたつの街-o-14
ルールブック(日本語・全4ページ)
ソロプレイ用ルールが載っている方のルルブです。

ふたつの街-o-25
オートマカード×20枚
▲ソロプレイ用ルールの肝となるカードのようですね。

ふたつの街-o-24
名前カード×3枚
▲やはり場所決めに使うカードでしょうか。



★コメント

ふたつの街の物語」というタイトルを聞いて、

ふと、福岡県北九州市にある、
街の小さなレストラン 9.9.9.」を思い出しました。

あのお店、何を食べても美味しいんだよなァ…( ̄▽ ̄*)

って、それはさておき……


街づくり系タイルゲーム「ふたつの街の物語」です!!

同じようなジャンルだと、
星屑が持っている中では「シティビルダー」が浮かびましたが、

シティビルダーが自分だけの街をつくっていくのに対して…、

こちらは、自分の両隣のプレイヤーとの間に
それぞれのプレイヤーと協力して街をつくっていくとのこと…!

つまり、自分の左右にひとつずつ…、
合わせて"ふたつの街"が出来上がっていくというわけです!!

そして、得点計算では、
自分の左右の街のうち、より低い方が自分の得点になるとのことで、
バランスの良い街づくりが求められるようですね…。

これは、ちょっとプレイしてみないことには想像つかない系ですので、
さっそくウチのボードゲーム会でプレイしてみたいと思います!



→6人プレイしてみました!

内容はシンプルなドラフトゲームでして……

タイルを受け取って隣に回して…を繰り返して、
自分の両サイドに、4×4マスの正方形の街をつくり上げていくだけ!

ふたつの街は16マスで完成しますが、
それぞれ、自分のタイルは8マスぶんずつ配置して、
残り半分の8マス分は、隣のプレイヤーが配置します。

ふたつの街-o-30

で、このゲームおもしろい!って思ったのが、

両隣のプレイヤーとの絡みです!!

タイルを配置して街をつくるときは、
隣のプレイヤーと相談してOKなんですが…、

「ここを商店を並べるための直線にするのはどうでしょう…?」
「じゃあ、公園商店で分断して2グループつくろうか!!」
工場は、こっちに寄せる感じでいきましょうか」
「てか酒場の四方をオフィスで囲んだら最強じゃね…!?」
「うわ、それヤバイ!!!」
「てか、この街、ぜんぜん住居がないじゃん…!」

てな感じで、めっちゃ会話が弾みます
ものすごく協力してつくり上げてる感があってワクワクします!!

なんか、こう、本当に皆で一緒に楽しめるゲームだと思いました!

ぼくは多人数でのプレイとなりましたが、
3~4人でも同じように盛り上がると思いますし、

いや、これはオススメですよ…!

ふたつの街-o-26
▲この、ものすごい量のタイルに、
▲タイルゲーが大好物な私星屑、ヨダレを垂らさんばかり…!



ボードゲーム記事一覧



【2016/09/12 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ふたつの街の物語  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。