RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ストライク」




★開封&ルール説明

ストライク-o-01
▲amazonのマケプレから届いたので、さっそく開封します!


★箱の外観

ストライク-o-02
日本語説明書包装の外に付属していました。

ストライク-o-16
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲ダイスによって底がひび割れている、迫力のあるジャケットです!

ストライク-o-03
▲箱のウラ
▲なんかこう、同じ出目のダイスは良いっぽくて、
バラバラの出目のダイスはダメっぽい雰囲気の説明があります。

ストライク-o-04
各種アイコン
2~5人で15分と、とてもプレイしやすい感じですね!



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

ストライク-o-05
▲一発目はルルブ

ストライク-o-06
▲その下に大量のダイスがあって…、

ストライク-o-17
▲これはマットでしょうかね。

ストライク-o-07
はこんな感じになっています。



★内容物

一つ一つ見ていきましょう。

ストライク-o-08
ルールブック(原文・全4ページ)
▲まったく読めません。これは日本語説明書に頼るしか…!

ストライク-o-09
アリーナ×1
▲内箱自体がアリーナとなっています。
▲マットは接着剤で底に貼り付けてしまうのもアリなんだとか。

ストライク-o-21
▲ちなみに、アリーナの裏側はこんな感じ。
▲ごく普通のボードゲームの箱の中のトレーと同じような素材です。

ストライク-o-10
6面ダイス×31個
▲全て「」~「」と「×」の目という構成になっています。



★簡単にルール説明!

☆勝利条件

勝利条件は最後までダイスを持っていること

…というのが、このゲーム、自分のターンが回ってきたら、
必ず自分のダイス1個をアリーナに投入しなければなりません

例えば5人プレイのとき、
各プレイヤーはゲーム開始時に6個のダイスを持っていますが、
1ターンに1個ずつ投入していくと…、
6ターン後には全てのダイスがなくなる計算になってしまいます…。

しかしながら、アリーナにダイスを投入したとき、
アリーナ内でダイスのゾロ目ができれば…、
ゾロ目になったダイスを全て回収することができるんです!

こうして、手持ちのダイスが増減していき…、
ダイスがなくなってしまったプレイヤーは脱落
最後まで残ったプレイヤーが勝利となります…!



☆ゲームの準備

・ダイス1個をアリーナ内に振り入れる。

→もし「×」の目が出たら振り直しましょう。
→アリーナ内から出てしまっても振り直しです(アリーナのフチもNG)。


・プレイヤーにダイスを配る。

プレイヤー数によって、配るダイスの数が変わります。

2人プレイ時:9個ずつ
3人プレイ時:8個ずつ
4人プレイ時:7個ずつ
5人プレイ時:6個ずつ


※あまったダイスは使用しません。ゲームから除去しておきましょう。



☆ターンの流れ

自分のターンが回ってきたら……

①アリーナ内のダイスの位置を調整する。(任意)

出目を変えたり、重ねたりしなければ、
アリーナ内のダイスを手で動かすことができます


②自分のダイス1個をアリーナ内に振り入れる。(1度目は必須)

振り入れたダイスをアリーナ内の他のダイスにぶつけることで、
他のダイスの出目を変えても構いません


アリーナ内から出てしまったら、そのダイスはゲームから除去します。
(アリーナのフチに乗ったダイスも除去)

→「×」の出目が出たダイスは、全て即座にゲームから除去します。


③同じ出目のダイスがあるかチェックする。(必須)

・同じ出目のダイスがある場合

同じ出目のダイスを全て受け取り、自分のターンを終える。

・同じ出目のダイスがない場合

ダイスを受け取らずに自分のターンを終える。

または、

①~③をくり返す。

※同じ出目のダイスがない限り、①~③をくり返すことができます。



☆ビッグロール

もし、アリーナ内のダイスが0個の状態でターンが回ってきたら、

そのプレイヤーは、
手持ちのダイス全てを一度にアリーナに投げ入れなければなりません!

投げ入れたダイスの中に、同じ出目のダイスがあれば良いですが、
なければ即座に脱落となってしまう、実にシビアなルールです…!



☆プレイの例

ストライク-o-18
▲いま、アリーナ内には「」「」「」のダイスがあります。
▲この中に自分のダイス1個を投げ入れてみましょう!

えいやっ…!

ストライク-o-12
▲投げ入れた結果、ダイスは「」「」「」「」に…。
同じ出目のダイスがありませんので、
▲さらにダイス1個を投げ入れてみます!

ストライク-o-13
▲まずは、アリーナ内のダイスの位置を調整してから…、

とりゃっ…!

ストライク-o-14
▲このターン2個目のダイスを投入!
▲結果、ダイスの出目は「」「」「」「」「」に!
▲「」が2つに、「」が2つ。
▲なんと、同じ出目が2セットもありました…!

ストライク-o-15
同じ出目のダイスは全て受け取って
▲これでプレイヤーのダイスは差し引き2個増えました!!
(回収したダイス4個投げ入れたダイス2個)
同じ出目のダイスがありましたので、
▲次のプレイヤーにターンが移ります。

てな感じで、どんどんアリーナにダイスを投げ入れていって、
ダイスがなくなったプレイヤーは脱落していき…、

脱落せずに残った1人が勝者となるわけです!



★コメント

なんだか、今月は「ラベンスバーガー社」に縁があるように思います!

月アタマに購入したのが同社の「インディゴ」で、
つい昨日まで更新していたプレイ記が「スコラン・スイス」…。

星屑宅のリビングにはRavensburgerの文字が縦並びですが、
それはさておき……


星屑の周辺で、やたらと「タンブリンダイス」がウケているので、
同じダイス・アクションゲームの「ストライク」も購入してみたんです。

それで、さっそくプレイしてみると…、

これもまた、タンブリンダイスと同じで、
ルールはめちゃくちゃシンプルなのに、
なぜかもう1回やってしまう中毒性を持っています!


どうしてダイス・アクションゲーってのは、こうなるんでしょうか。
もう気が付いたらダイスを振りっぱなしです!

ルールは冗談みたいにシンプルなのに…!
ぶっちゃけ、ただの運ゲーなのに…!

てなわけで、これからちょいちょいボードゲーム会に持ち込みますので、
みんなでダラダラとダイスを投げ入れましょう!( ̄▽ ̄*)

ストライク-o-19
▲たったこれだけのコンポーネントに、
謎の魅力が詰まっているようです…!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ストライク-o-02
日本語説明書包装の外に付属していました。

ストライク-o-16
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲ダイスによって底がひび割れている、迫力のあるジャケットです!

ストライク-o-03
▲箱のウラ
▲なんかこう、同じ出目のダイスは良いっぽくて、
バラバラの出目のダイスはダメっぽい雰囲気の説明があります。

ストライク-o-04
各種アイコン
2~5人で15分と、とてもプレイしやすい感じですね!



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

ストライク-o-05
▲一発目はルルブ

ストライク-o-06
▲その下に大量のダイスがあって…、

ストライク-o-17
▲これはマットでしょうかね。

ストライク-o-07
はこんな感じになっています。



★内容物

一つ一つ見ていきましょう。

ストライク-o-08
ルールブック(原文・全4ページ)
▲まったく読めません。これは日本語説明書に頼るしか…!

ストライク-o-09
アリーナ×1
▲内箱自体がアリーナとなっています。
▲マットは接着剤で底に貼り付けてしまうのもアリなんだとか。

ストライク-o-21
▲ちなみに、アリーナの裏側はこんな感じ。
▲ごく普通のボードゲームの箱の中のトレーと同じような素材です。

ストライク-o-10
6面ダイス×31個
▲全て「」~「」と「×」の目という構成になっています。



★簡単にルール説明!

☆勝利条件

勝利条件は最後までダイスを持っていること

…というのが、このゲーム、自分のターンが回ってきたら、
必ず自分のダイス1個をアリーナに投入しなければなりません

例えば5人プレイのとき、
各プレイヤーはゲーム開始時に6個のダイスを持っていますが、
1ターンに1個ずつ投入していくと…、
6ターン後には全てのダイスがなくなる計算になってしまいます…。

しかしながら、アリーナにダイスを投入したとき、
アリーナ内でダイスのゾロ目ができれば…、
ゾロ目になったダイスを全て回収することができるんです!

こうして、手持ちのダイスが増減していき…、
ダイスがなくなってしまったプレイヤーは脱落
最後まで残ったプレイヤーが勝利となります…!



☆ゲームの準備

・ダイス1個をアリーナ内に振り入れる。

→もし「×」の目が出たら振り直しましょう。
→アリーナ内から出てしまっても振り直しです(アリーナのフチもNG)。


・プレイヤーにダイスを配る。

プレイヤー数によって、配るダイスの数が変わります。

2人プレイ時:9個ずつ
3人プレイ時:8個ずつ
4人プレイ時:7個ずつ
5人プレイ時:6個ずつ


※あまったダイスは使用しません。ゲームから除去しておきましょう。



☆ターンの流れ

自分のターンが回ってきたら……

①アリーナ内のダイスの位置を調整する。(任意)

出目を変えたり、重ねたりしなければ、
アリーナ内のダイスを手で動かすことができます


②自分のダイス1個をアリーナ内に振り入れる。(1度目は必須)

振り入れたダイスをアリーナ内の他のダイスにぶつけることで、
他のダイスの出目を変えても構いません


アリーナ内から出てしまったら、そのダイスはゲームから除去します。
(アリーナのフチに乗ったダイスも除去)

→「×」の出目が出たダイスは、全て即座にゲームから除去します。


③同じ出目のダイスがあるかチェックする。(必須)

・同じ出目のダイスがある場合

同じ出目のダイスを全て受け取り、自分のターンを終える。

・同じ出目のダイスがない場合

ダイスを受け取らずに自分のターンを終える。

または、

①~③をくり返す。

※同じ出目のダイスがない限り、①~③をくり返すことができます。



☆ビッグロール

もし、アリーナ内のダイスが0個の状態でターンが回ってきたら、

そのプレイヤーは、
手持ちのダイス全てを一度にアリーナに投げ入れなければなりません!

投げ入れたダイスの中に、同じ出目のダイスがあれば良いですが、
なければ即座に脱落となってしまう、実にシビアなルールです…!



☆プレイの例

ストライク-o-18
▲いま、アリーナ内には「」「」「」のダイスがあります。
▲この中に自分のダイス1個を投げ入れてみましょう!

えいやっ…!

ストライク-o-12
▲投げ入れた結果、ダイスは「」「」「」「」に…。
同じ出目のダイスがありませんので、
▲さらにダイス1個を投げ入れてみます!

ストライク-o-13
▲まずは、アリーナ内のダイスの位置を調整してから…、

とりゃっ…!

ストライク-o-14
▲このターン2個目のダイスを投入!
▲結果、ダイスの出目は「」「」「」「」「」に!
▲「」が2つに、「」が2つ。
▲なんと、同じ出目が2セットもありました…!

ストライク-o-15
同じ出目のダイスは全て受け取って
▲これでプレイヤーのダイスは差し引き2個増えました!!
(回収したダイス4個投げ入れたダイス2個)
同じ出目のダイスがありましたので、
▲次のプレイヤーにターンが移ります。

てな感じで、どんどんアリーナにダイスを投げ入れていって、
ダイスがなくなったプレイヤーは脱落していき…、

脱落せずに残った1人が勝者となるわけです!



★コメント

なんだか、今月は「ラベンスバーガー社」に縁があるように思います!

月アタマに購入したのが同社の「インディゴ」で、
つい昨日まで更新していたプレイ記が「スコラン・スイス」…。

星屑宅のリビングにはRavensburgerの文字が縦並びですが、
それはさておき……


星屑の周辺で、やたらと「タンブリンダイス」がウケているので、
同じダイス・アクションゲームの「ストライク」も購入してみたんです。

それで、さっそくプレイしてみると…、

これもまた、タンブリンダイスと同じで、
ルールはめちゃくちゃシンプルなのに、
なぜかもう1回やってしまう中毒性を持っています!


どうしてダイス・アクションゲーってのは、こうなるんでしょうか。
もう気が付いたらダイスを振りっぱなしです!

ルールは冗談みたいにシンプルなのに…!
ぶっちゃけ、ただの運ゲーなのに…!

てなわけで、これからちょいちょいボードゲーム会に持ち込みますので、
みんなでダラダラとダイスを投げ入れましょう!( ̄▽ ̄*)

ストライク-o-19
▲たったこれだけのコンポーネントに、
謎の魅力が詰まっているようです…!



ボードゲーム記事一覧



【2016/09/11 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ストライク  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可