RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(0/8)

今回:プレイ記その1(0/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(1/8)


大分県宇佐市で「モンバサ」!

今回は、勅許会社の時代の貿易競争ゲーム「モンバサ」を、
星屑と妻しーぷの2人でプレイしてまいります!

4つの勅許会社に肩入れして、
アフリカ大陸の各地に貿易拠点を展開し、
株を入手し、株を操作し…、

ダイヤモンド資源を保有して、
帳簿処理もきっちりと行って…、

最後にいちばんカネを稼げたプレイヤーは、
はたして、どちらになるのでしょうか…?



★ゲームの準備

まずは、ゲームの準備をしていきます。

わりとやることが多いですので、
一つ一つ、しっかりとチェックしてきましょう!



1.ゲームボードの設置

2.会社ボードの設置

モンバサ-p-1-0-01
▲まず、中央にゲームボードを設置して、
▲その4辺を囲むように、会社ボードを設置します。

会社ボードには「A1」~「D1」のIDがありますので…、

A1モンバサの辺
B1ケープタウンの辺
C1:サン=ルイの辺
D1カイロの辺

以上のように設置しましょう。




3.貿易拠点コマの配置

お家のカタチの貿易拠点コマを配置していきます。

モンバサ-p-1-0-02
▲各勅許会社のスペースに、同じ色の貿易拠点コマを、

モンバサ-p-1-0-03
15個ずつ並べます。

モンバサ-p-1-0-04
▲4社とも並べると…こんな感じになります!



4.アクションカードの準備(1)

プレイヤーが購入することとなる、
アクションカードの山札をつくっていきます。

モンバサ-p-1-0-05
▲44枚のアクションカード右上隅には、
▲「」~「」のアルファベットがありますので…、

モンバサ-p-1-0-06
アルファベットごとに山をつくって、それぞれシャッフルします。

モンバサ-p-1-0-07
▲その後、「」の山の上に「」の山…という並びで重ねていって、
アクションカードの山札をつくりましょう。

その隣に、捨て山もつくっておくとグッドです!



5.アクションカードの準備(2)

つくったばかりのアクションカードの山札の上から
カードをカード公開エリアに並べていきます。

モンバサ-p-1-0-08
▲まず、右列の上段に配置して、

モンバサ-p-1-0-09
上から順に右列を埋めていきます。

モンバサ-p-1-0-10
▲続いて、中列も上から埋めていき…、

モンバサ-p-1-0-11
▲最後に左列を上から埋めたら完了となります!



6.コインの準備(銀行)

モンバサ-p-1-0-12
▲2種類のコインをまとめて、これを銀行とします。



7.コインの準備(ラウンド記録トラック)

ラウンド記録トラックに、コインを配置していきます。

モンバサ-p-1-0-13
ラウンド記録トラックの、「」~「」の上に…、

モンバサ-p-1-0-14
コイン置いていきましょう。

置くコインの枚数ですが、

2人ゲーム:各ラウンド1ポンドずつ
3人ゲーム:(偶数/奇数)ラウンド(2/1)ポンドずつ
4人ゲーム:各ラウンド2ポンドずつ

と、なります。




8.帳簿タイルの準備

帳簿タイルを種類分けしてから、
帳簿タイル公開エリアに配置していきます。

モンバサ-p-1-0-15
▲まず、帳簿タイルランクごとに分けます。
▲このとき、すべて裏向きにしておきましょう。

モンバサ-p-1-0-16
▲続いて、帳簿タイル公開エリアに…、

モンバサ-p-1-0-17
帳簿タイル表向きで配置していきます。
▲このとき、帳簿タイルのランクに気をつけましょう。



9.ボーナスタイルの準備

モンバサ-r-1-42
▲4枚のボーナスタイルを、ボードの脇に置いておきます。



10.プレイヤーごとの準備(受け取り)

モンバサ-p-1-0-18
▲各プレイヤーは、担当する色を決めてから、
以上のものを受け取ります。
(画像、記録マーカーとボーナスマーカーが逆でした!申し訳!)

なお、ボーナスマーカーについては、

2人ゲーム:3個ずつ
3~4人ゲーム:2個ずつ

と、なります。


モンバサ-p-1-0-19
記録マーカーは、4枚ある会社タイルそれぞれの、
▲"最初のマス"に配置します。

モンバサ-p-1-0-20
ダイヤモンドマーカーは、プレイヤーボード上の、
ダイヤモンドのイラストの上に配置します。



11.第1プレイヤーの決定

適当な方法で、
第1プレイヤー(=スタートプレイヤー)を決定します。

モンバサ-p-1-0-21
▲今回は私星屑第1プレイヤーとなり、
第1プレイヤートークンを受け取りました。



12.拠点拡大[1点]カードの分配

モンバサ-p-1-0-22
1点の拠点拡大カードを、1人1枚ずつ受け取ります。

カードの右上隅に「」~「」の数字があり、

第1プレイヤー:右上隅に""のマークがあるカード
第2プレイヤー:右上隅に""のマークがあるカード
(以下同様)

を、それぞれ受け取ります。


モンバサ-p-1-0-23
▲さきほど受け取った初期アクションカードと合わせて、
▲これで初期手札合計10枚となりました。



13.開始タイルの分配

開始タイルを受け取ります。

モンバサ-p-1-0-24
プレイヤーの番手ごとに、受け取るタイルは決まっています。

モンバサ-p-1-0-25
▲受け取った開始タイルは、プレイヤーボードの中央下段に配置します。



14.プレイヤーごとの準備(配置)

さて、開始タイルには4つの項目があって……

モンバサ-p-1-0-26

①特定の開始アクションを示すアイコン3個
モンバサ-p-1-0-28
アイコンで指定された3枚のカードを、手札から抜いて、
▲プレイヤーボード上部の休止カード枠表向きで配置します。


②開始時に所有しているとみなす帳簿タイル
→これが、プレイヤーにとって1枚目の帳簿タイルとなります。


③開始時ボーナス
モンバサ-p-1-0-29
▲指定されたボーナスを受け取ります。
▲今回の場合、モンバサ会社記録トラックを3マス進めます。


④インク壺アイコン
モンバサ-p-1-0-27
▲この場所に、インク壺マーカーを配置します。



モンバサ-p-1-0-30
▲はい、これでゲームの準備が全て完了しました…!


次回から、いよいよゲームスタートとなります!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(1/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲


大分県宇佐市で「モンバサ」!

今回は、勅許会社の時代の貿易競争ゲーム「モンバサ」を、
星屑と妻しーぷの2人でプレイしてまいります!

4つの勅許会社に肩入れして、
アフリカ大陸の各地に貿易拠点を展開し、
株を入手し、株を操作し…、

ダイヤモンド資源を保有して、
帳簿処理もきっちりと行って…、

最後にいちばんカネを稼げたプレイヤーは、
はたして、どちらになるのでしょうか…?



★ゲームの準備

まずは、ゲームの準備をしていきます。

わりとやることが多いですので、
一つ一つ、しっかりとチェックしてきましょう!



1.ゲームボードの設置

2.会社ボードの設置

モンバサ-p-1-0-01
▲まず、中央にゲームボードを設置して、
▲その4辺を囲むように、会社ボードを設置します。

会社ボードには「A1」~「D1」のIDがありますので…、

A1モンバサの辺
B1ケープタウンの辺
C1:サン=ルイの辺
D1カイロの辺

以上のように設置しましょう。




3.貿易拠点コマの配置

お家のカタチの貿易拠点コマを配置していきます。

モンバサ-p-1-0-02
▲各勅許会社のスペースに、同じ色の貿易拠点コマを、

モンバサ-p-1-0-03
15個ずつ並べます。

モンバサ-p-1-0-04
▲4社とも並べると…こんな感じになります!



4.アクションカードの準備(1)

プレイヤーが購入することとなる、
アクションカードの山札をつくっていきます。

モンバサ-p-1-0-05
▲44枚のアクションカード右上隅には、
▲「」~「」のアルファベットがありますので…、

モンバサ-p-1-0-06
アルファベットごとに山をつくって、それぞれシャッフルします。

モンバサ-p-1-0-07
▲その後、「」の山の上に「」の山…という並びで重ねていって、
アクションカードの山札をつくりましょう。

その隣に、捨て山もつくっておくとグッドです!



5.アクションカードの準備(2)

つくったばかりのアクションカードの山札の上から
カードをカード公開エリアに並べていきます。

モンバサ-p-1-0-08
▲まず、右列の上段に配置して、

モンバサ-p-1-0-09
上から順に右列を埋めていきます。

モンバサ-p-1-0-10
▲続いて、中列も上から埋めていき…、

モンバサ-p-1-0-11
▲最後に左列を上から埋めたら完了となります!



6.コインの準備(銀行)

モンバサ-p-1-0-12
▲2種類のコインをまとめて、これを銀行とします。



7.コインの準備(ラウンド記録トラック)

ラウンド記録トラックに、コインを配置していきます。

モンバサ-p-1-0-13
ラウンド記録トラックの、「」~「」の上に…、

モンバサ-p-1-0-14
コイン置いていきましょう。

置くコインの枚数ですが、

2人ゲーム:各ラウンド1ポンドずつ
3人ゲーム:(偶数/奇数)ラウンド(2/1)ポンドずつ
4人ゲーム:各ラウンド2ポンドずつ

と、なります。




8.帳簿タイルの準備

帳簿タイルを種類分けしてから、
帳簿タイル公開エリアに配置していきます。

モンバサ-p-1-0-15
▲まず、帳簿タイルランクごとに分けます。
▲このとき、すべて裏向きにしておきましょう。

モンバサ-p-1-0-16
▲続いて、帳簿タイル公開エリアに…、

モンバサ-p-1-0-17
帳簿タイル表向きで配置していきます。
▲このとき、帳簿タイルのランクに気をつけましょう。



9.ボーナスタイルの準備

モンバサ-r-1-42
▲4枚のボーナスタイルを、ボードの脇に置いておきます。



10.プレイヤーごとの準備(受け取り)

モンバサ-p-1-0-18
▲各プレイヤーは、担当する色を決めてから、
以上のものを受け取ります。
(画像、記録マーカーとボーナスマーカーが逆でした!申し訳!)

なお、ボーナスマーカーについては、

2人ゲーム:3個ずつ
3~4人ゲーム:2個ずつ

と、なります。


モンバサ-p-1-0-19
記録マーカーは、4枚ある会社タイルそれぞれの、
▲"最初のマス"に配置します。

モンバサ-p-1-0-20
ダイヤモンドマーカーは、プレイヤーボード上の、
ダイヤモンドのイラストの上に配置します。



11.第1プレイヤーの決定

適当な方法で、
第1プレイヤー(=スタートプレイヤー)を決定します。

モンバサ-p-1-0-21
▲今回は私星屑第1プレイヤーとなり、
第1プレイヤートークンを受け取りました。



12.拠点拡大[1点]カードの分配

モンバサ-p-1-0-22
1点の拠点拡大カードを、1人1枚ずつ受け取ります。

カードの右上隅に「」~「」の数字があり、

第1プレイヤー:右上隅に""のマークがあるカード
第2プレイヤー:右上隅に""のマークがあるカード
(以下同様)

を、それぞれ受け取ります。


モンバサ-p-1-0-23
▲さきほど受け取った初期アクションカードと合わせて、
▲これで初期手札合計10枚となりました。



13.開始タイルの分配

開始タイルを受け取ります。

モンバサ-p-1-0-24
プレイヤーの番手ごとに、受け取るタイルは決まっています。

モンバサ-p-1-0-25
▲受け取った開始タイルは、プレイヤーボードの中央下段に配置します。



14.プレイヤーごとの準備(配置)

さて、開始タイルには4つの項目があって……

モンバサ-p-1-0-26

①特定の開始アクションを示すアイコン3個
モンバサ-p-1-0-28
アイコンで指定された3枚のカードを、手札から抜いて、
▲プレイヤーボード上部の休止カード枠表向きで配置します。


②開始時に所有しているとみなす帳簿タイル
→これが、プレイヤーにとって1枚目の帳簿タイルとなります。


③開始時ボーナス
モンバサ-p-1-0-29
▲指定されたボーナスを受け取ります。
▲今回の場合、モンバサ会社記録トラックを3マス進めます。


④インク壺アイコン
モンバサ-p-1-0-27
▲この場所に、インク壺マーカーを配置します。



モンバサ-p-1-0-30
▲はい、これでゲームの準備が全て完了しました…!


次回から、いよいよゲームスタートとなります!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(1/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム




【2016/09/16 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可