RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(1/8)

ルール説明(別窓で開きます)

前回:プレイ記その1(0/8)
今回:プレイ記その1(1/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/8)


★第1ラウンド

さあ、ゲームの準備も無事に終わって…、

いよいよ私星屑と妻しーぷは、
アフリカの大地に足を踏み入れてまいります!



1.計画フェイズ

まずは、このラウンドにプレイするアクションを決めていきましょう。

自分の手札から、プレイしたいアクションのカードを選んで、
アクションエリアに配置します。

最初は、3枚までしか配置することができませんが、
ダイヤモンドトラックと、帳簿記録トラックの進み具合で、
最大5枚まで配置することができるようになります。


a)アクションエリアにカードを配置する

モンバサ-p-1-1-01
星屑は、手札から「1コーヒー」「2コーヒー」「2拠点拡大」を選び、

モンバサ-p-1-1-02
裏向きアクションエリアに配置しました。

ちなみに、プレイヤーボード上部の、
すでに表になっている3枚のカードは、
開始タイル」によって指定され、
1ラウンド目では使用できなくなっているカードです。
(1つ前の記事14.プレイヤーごとの準備にて配置済み)


b)カードを表にする

全プレイヤーが、アクションエリアへの配置を終えたら、
一斉にアクションエリアのカードを表にします


星屑「もうオープンしても大丈夫かな?」

しーぷ「いつでもいいよ!」

星屑「じゃあ…、」
星屑「いっせーの、せっ!」クルックルックルッ

モンバサ-p-1-1-03
星屑は、この3枚をオープン。

そして……

モンバサ-p-1-1-04
▲奇遇なことに、
しーぷ全く同じ3枚をオープンしていました!


しーぷ「これは、またキレイに被ったね」

星屑「夫婦ってのは、」
星屑「ボドゲのプレイングまで似てくるもんなんかねぇ…( ̄▽ ̄ )」



2.アクションフェイズ

全員のアクションエリアが公開されたら、
各プレイヤーは、時計回りで1アクションずつプレイしていきます。

なお、アクションをプレイするには、

・アクションエリアのカードを使う(=裏向きにする)

・ボーナスマーカーを使う(=ボード上に配置する)


…の、どちらかをする必要があります。


☆星屑1アクション目

まず星屑は、1つ目のボーナスマーカーを使って…、

モンバサ-p-1-1-06
▲「MAXコーヒー」のアクションをプレイすることにしました。

このボーナススペースの見方ですが、

左の丸枠が、ボーナスマーカーを置く場所であり、
置くための条件でもあります。

一方、右の表は、
条件をクリアした際に獲得できる報酬ですね。

今回の条件となっている"MAXコーヒー"ですが、これは、
自身のアクションエリアに、表向きで出ているコーヒーの数量が、
全プレイヤーの中で最多(同数可)であること
…です。

モンバサ-p-1-1-05
▲現在、星屑のアクションエリアには3コーヒーが出ていて、

モンバサ-p-1-1-50
しーぷ3コーヒーですので、同数となりました。

この場合は、最多タイということで、
条件をクリアしたことになります

報酬を見てみると、
3コーヒー以上で条件をクリアした場合は…、

モンバサ-p-1-1-08
カイロ会社記録トラック3マス前進でした。
▲これで、星屑カイロの勅許会社に少し肩入れしたことになります。


星屑「ところでさ、」

しーぷ「うん?」

星屑「"MAXコーヒー"っていうと、アレを思い出すよね?」

しーぷアレって、えっと…、」
しーぷよく関東で見かけるアレのこと?」

星屑「そう!」
星屑「よく関東で見かける……」

モンバサ-p-1-1-07

星屑マックスコーヒー!」デデーン

しーぷ「え、なんで星屑iPadに」
しーぷ「マックスコーヒーの写真が入ってるの…?」

しーぷ「この辺じゃ見かけないよね、これ」

星屑「うん、千葉県在住の友人に頼んで、」
星屑「仕事帰りにスーパーで買って撮って送ってもらった!」

しーぷ「な、なんて付き合いの良い友人さんなの…!」



☆星屑2アクション目

星屑1アクション目が終わり、
しーぷ1アクション目が終わって…、

星屑2アクション目となります。

今度は星屑アクションエリアのカードを使うことにしました。

モンバサ-p-1-1-09
▲「産物カード」のアクションで、新たなカードを購入します。

産物カードは、1アクションで1種類の使用となりますが、
同じ種類の産物であれば何枚でも使うことができます

星屑は、コーヒーを同時に2枚使用して、その数量を「」とし、
コスト3以下のカードを購入することにしました。

モンバサ-p-1-1-10
星屑が目をつけたのは「ダイヤモンド商人カード」。
▲コストは「」ですので、ジャストです!

モンバサ-p-1-1-11
▲購入したカードは、そのまま自身の手札に入れて…、
▲次のラウンドから、さっそく使えるようになります。

なお、1アクションでのカード購入は1枚までです。

もし、カードコストよりも産物の数量の方が多かった場合、
会社記録トラックを進めることで、差額を消化することになります。

モンバサ-p-1-1-12
▲最後に、使用済みのカード裏向きにしておきます。

☆1アクション目の「MAXコーヒー」のアクションのときは、
あくまでコーヒーの数を参照しただけでしたので、
裏向きにする必要はありませんでした。



☆星屑3アクション目

しーぷが2アクション目をプレイし、
星屑3アクション目となりました。

星屑は2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-1-13
▲「第1プレイヤー」のアクションを行います。

このアクションの条件は、
第1プレイヤーの1アクション目でないこと

現在、星屑第1プレイヤーではありますが、
これが3アクション目ですので、条件をクリアしています。

報酬は、
第1プレイヤートークンと、1帳簿管理ポイントです。

モンバサ-p-1-1-14
▲まず、星屑は次のラウンドでの第1プレイヤーを確定させて、

さらに、1帳簿管理ポイントを使います。

帳簿管理ポイントを使うことで、帳簿トークンを獲得し、
自身の帳簿記録トラックに配置することができ…、

これが帳簿による勝利点につながっていくわけです…!

モンバサ-p-1-1-15
▲帳簿タイル公開エリア左4列が、
1帳簿管理ポイントで得られる帳簿タイルですので…、

モンバサ-p-1-1-16
▲その中の1枚を獲得して、自分の帳簿記録トラックに配置します。

配置する場所はどこでもOKですが、
前から順番に並べた方が、インク壺マーカーを進めやすいですので、
星屑は2番目の場所に配置しておきました。

モンバサ-p-1-1-17
▲こうして、帳簿タイルを獲得したことにより、
帳簿タイル公開エリア空きができたらば…、

モンバサ-p-1-1-18
帳簿タイルの山から、
同じランク(A~C)の帳簿タイルを取って、

モンバサ-p-1-1-19
補充しておきます。



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って…、

モンバサ-p-1-1-20
▲「拠点拡大カード」のアクションをプレイしました。

このアクションでは、
4社ある勅許会社から1社を選んで、
その会社の拠点を、アフリカ内で拡大させることができます。

なお、今回は2拡大ポイントあります。

モンバサ-p-1-1-21
星屑が選んだのはモンバサ
▲このゲームのタイトルにもなっている都市の勅許会社です。

このモンバサに""で隣接する領域のうち、
まずは1ヵ所を選びます。

モンバサ-p-1-1-22
星屑は、モンバサ左下の領域を選択しました。
▲この領域との境は"1本線"ですので、1拡大ポイントを消費。
▲拡大先の領域に、モンバサ貿易拠点コマを配置します。

これで、モンバサの拠点を拡大することができました…!

さらに、もう1拡大ポイントが残っていますので、
続けて拠点を拡大することができます!

今度は、モンバサに隣接する領域か、
モンバサ貿易拠点コマがある領域に隣接する領域か、
どちらでも選ぶことができます。

モンバサ-p-1-1-23
星屑は、配置したばかりの貿易拠点コマ左上の領域を選択して、
▲その境には"1本線"がありますので、やはり1拡大ポイントを消費。
モンバサ貿易拠点コマを置きました。

ちなみに、"2本線"を越える場合は2拡大ポイントが必要となります。

また、選択した領域に、すでに他の会社の貿易拠点コマがある場合は、
さらに追加で1拡大ポイントが必要となります。

…さて、これで星屑は拡大ポイントを使い果たしました。

モンバサ-p-1-1-24
▲貿易拠点コマを置いたことで、モンバサ株価が「」に上昇!
モンバサの株があれば、1株1勝利点となります。

それでは、この拠点拡大による報酬を受け取りましょう!

モンバサ-p-1-1-25
▲今回の報酬は、1ダイヤモンド2コインです。

モンバサ-p-1-1-26
ダイヤモンド記録トラック1マス進めて、
2コインをゲット!!

モンバサ-p-1-1-27
▲最後に、今回のアクションで配置した貿易拠点コマを…、

モンバサ-p-1-1-28
タテからヨコに倒しておきます。
▲こうすることで、すでに配置済みのコマだったのか、
▲それとも置いたばかりのコマなのかを判別できるわけです。

モンバサ-p-1-1-29
▲使ったカードも、忘れずに裏返しておきましょう。



☆星屑5アクション目

星屑は、ラスト3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-1-30
▲「産品+1」のボーナスタイル予約しました。

条件として、1コインを銀行へ支払わなければなりません。

産品+1」を予約したことで、
次のラウンドに、産品カード1枚の数量を+1することができます!



☆アクション終了

アクションエリアのカードがすべて裏返り
3つあったボーナストークン使い切りましたので、
もはや星屑には何もできなくなりました。

星屑は「アクション終了」を実行することになります。


・休止カード配置枠のひとつに積まれているカードすべてを手札に加える

モンバサ-p-1-1-39
▲現在、3枠ある休止カード枠のうち、
どれか1枠のカードをすべて手札に加えます

モンバサ-p-1-1-40
星屑は、左の枠のカードを手札に回収しました。


・アクションカードを表に返して対応する休止カード枠に移す

モンバサ-p-1-1-41
アクションエリアのカード表向きにして、

モンバサ-p-1-1-42
▲そのまま休止カード枠スライドさせます

これで、星屑は全てのアクションを終えました。



3.次ラウンド準備フェイズ

次のラウンドへ向けて、3つの準備をしていきます。


a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-1-31
横並びのコインのうち、いちばん左のコインを…、

モンバサ-p-1-1-32
▲下の丸枠へ移動させます。

これで、次が2ラウンド目だということが表示されました。

また、コインの移動先の帳簿タイルを獲得すると、
オマケで1コインが付いてきて、お得になります!


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-1-34
▲まず、右列のカードは全て捨て札にします。

モンバサ-p-1-1-33
▲その後、全てのカード右詰めにしてから…、

モンバサ-p-1-1-35
中列の上から下左列の上から下…という順番で、
▲山札からカードを補充します。

モンバサ-p-1-1-36
▲これでカードの補充が完了しました!


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-1-37
▲ボード上にある、ボーナスマーカーを各プレイヤーにもどします。

モンバサ-p-1-1-38
▲「産物+1」のボーナスタイルを予約していた星屑は、
▲そちらも手元に持って来ました。



これで、やっとこさ7分の1が終了…!

なんか、もうすでに少し疲れが出てきましたが、
アフリカ開拓は、まだまだ始まったばかりです。( ̄▽ ̄ )


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲


★第1ラウンド

さあ、ゲームの準備も無事に終わって…、

いよいよ私星屑と妻しーぷは、
アフリカの大地に足を踏み入れてまいります!



1.計画フェイズ

まずは、このラウンドにプレイするアクションを決めていきましょう。

自分の手札から、プレイしたいアクションのカードを選んで、
アクションエリアに配置します。

最初は、3枚までしか配置することができませんが、
ダイヤモンドトラックと、帳簿記録トラックの進み具合で、
最大5枚まで配置することができるようになります。


a)アクションエリアにカードを配置する

モンバサ-p-1-1-01
星屑は、手札から「1コーヒー」「2コーヒー」「2拠点拡大」を選び、

モンバサ-p-1-1-02
裏向きアクションエリアに配置しました。

ちなみに、プレイヤーボード上部の、
すでに表になっている3枚のカードは、
開始タイル」によって指定され、
1ラウンド目では使用できなくなっているカードです。
(1つ前の記事14.プレイヤーごとの準備にて配置済み)


b)カードを表にする

全プレイヤーが、アクションエリアへの配置を終えたら、
一斉にアクションエリアのカードを表にします


星屑「もうオープンしても大丈夫かな?」

しーぷ「いつでもいいよ!」

星屑「じゃあ…、」
星屑「いっせーの、せっ!」クルックルックルッ

モンバサ-p-1-1-03
星屑は、この3枚をオープン。

そして……

モンバサ-p-1-1-04
▲奇遇なことに、
しーぷ全く同じ3枚をオープンしていました!


しーぷ「これは、またキレイに被ったね」

星屑「夫婦ってのは、」
星屑「ボドゲのプレイングまで似てくるもんなんかねぇ…( ̄▽ ̄ )」



2.アクションフェイズ

全員のアクションエリアが公開されたら、
各プレイヤーは、時計回りで1アクションずつプレイしていきます。

なお、アクションをプレイするには、

・アクションエリアのカードを使う(=裏向きにする)

・ボーナスマーカーを使う(=ボード上に配置する)


…の、どちらかをする必要があります。


☆星屑1アクション目

まず星屑は、1つ目のボーナスマーカーを使って…、

モンバサ-p-1-1-06
▲「MAXコーヒー」のアクションをプレイすることにしました。

このボーナススペースの見方ですが、

左の丸枠が、ボーナスマーカーを置く場所であり、
置くための条件でもあります。

一方、右の表は、
条件をクリアした際に獲得できる報酬ですね。

今回の条件となっている"MAXコーヒー"ですが、これは、
自身のアクションエリアに、表向きで出ているコーヒーの数量が、
全プレイヤーの中で最多(同数可)であること
…です。

モンバサ-p-1-1-05
▲現在、星屑のアクションエリアには3コーヒーが出ていて、

モンバサ-p-1-1-50
しーぷ3コーヒーですので、同数となりました。

この場合は、最多タイということで、
条件をクリアしたことになります

報酬を見てみると、
3コーヒー以上で条件をクリアした場合は…、

モンバサ-p-1-1-08
カイロ会社記録トラック3マス前進でした。
▲これで、星屑カイロの勅許会社に少し肩入れしたことになります。


星屑「ところでさ、」

しーぷ「うん?」

星屑「"MAXコーヒー"っていうと、アレを思い出すよね?」

しーぷアレって、えっと…、」
しーぷよく関東で見かけるアレのこと?」

星屑「そう!」
星屑「よく関東で見かける……」

モンバサ-p-1-1-07

星屑マックスコーヒー!」デデーン

しーぷ「え、なんで星屑iPadに」
しーぷ「マックスコーヒーの写真が入ってるの…?」

しーぷ「この辺じゃ見かけないよね、これ」

星屑「うん、千葉県在住の友人に頼んで、」
星屑「仕事帰りにスーパーで買って撮って送ってもらった!」

しーぷ「な、なんて付き合いの良い友人さんなの…!」



☆星屑2アクション目

星屑1アクション目が終わり、
しーぷ1アクション目が終わって…、

星屑2アクション目となります。

今度は星屑アクションエリアのカードを使うことにしました。

モンバサ-p-1-1-09
▲「産物カード」のアクションで、新たなカードを購入します。

産物カードは、1アクションで1種類の使用となりますが、
同じ種類の産物であれば何枚でも使うことができます

星屑は、コーヒーを同時に2枚使用して、その数量を「」とし、
コスト3以下のカードを購入することにしました。

モンバサ-p-1-1-10
星屑が目をつけたのは「ダイヤモンド商人カード」。
▲コストは「」ですので、ジャストです!

モンバサ-p-1-1-11
▲購入したカードは、そのまま自身の手札に入れて…、
▲次のラウンドから、さっそく使えるようになります。

なお、1アクションでのカード購入は1枚までです。

もし、カードコストよりも産物の数量の方が多かった場合、
会社記録トラックを進めることで、差額を消化することになります。

モンバサ-p-1-1-12
▲最後に、使用済みのカード裏向きにしておきます。

☆1アクション目の「MAXコーヒー」のアクションのときは、
あくまでコーヒーの数を参照しただけでしたので、
裏向きにする必要はありませんでした。



☆星屑3アクション目

しーぷが2アクション目をプレイし、
星屑3アクション目となりました。

星屑は2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-1-13
▲「第1プレイヤー」のアクションを行います。

このアクションの条件は、
第1プレイヤーの1アクション目でないこと

現在、星屑第1プレイヤーではありますが、
これが3アクション目ですので、条件をクリアしています。

報酬は、
第1プレイヤートークンと、1帳簿管理ポイントです。

モンバサ-p-1-1-14
▲まず、星屑は次のラウンドでの第1プレイヤーを確定させて、

さらに、1帳簿管理ポイントを使います。

帳簿管理ポイントを使うことで、帳簿トークンを獲得し、
自身の帳簿記録トラックに配置することができ…、

これが帳簿による勝利点につながっていくわけです…!

モンバサ-p-1-1-15
▲帳簿タイル公開エリア左4列が、
1帳簿管理ポイントで得られる帳簿タイルですので…、

モンバサ-p-1-1-16
▲その中の1枚を獲得して、自分の帳簿記録トラックに配置します。

配置する場所はどこでもOKですが、
前から順番に並べた方が、インク壺マーカーを進めやすいですので、
星屑は2番目の場所に配置しておきました。

モンバサ-p-1-1-17
▲こうして、帳簿タイルを獲得したことにより、
帳簿タイル公開エリア空きができたらば…、

モンバサ-p-1-1-18
帳簿タイルの山から、
同じランク(A~C)の帳簿タイルを取って、

モンバサ-p-1-1-19
補充しておきます。



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って…、

モンバサ-p-1-1-20
▲「拠点拡大カード」のアクションをプレイしました。

このアクションでは、
4社ある勅許会社から1社を選んで、
その会社の拠点を、アフリカ内で拡大させることができます。

なお、今回は2拡大ポイントあります。

モンバサ-p-1-1-21
星屑が選んだのはモンバサ
▲このゲームのタイトルにもなっている都市の勅許会社です。

このモンバサに""で隣接する領域のうち、
まずは1ヵ所を選びます。

モンバサ-p-1-1-22
星屑は、モンバサ左下の領域を選択しました。
▲この領域との境は"1本線"ですので、1拡大ポイントを消費。
▲拡大先の領域に、モンバサ貿易拠点コマを配置します。

これで、モンバサの拠点を拡大することができました…!

さらに、もう1拡大ポイントが残っていますので、
続けて拠点を拡大することができます!

今度は、モンバサに隣接する領域か、
モンバサ貿易拠点コマがある領域に隣接する領域か、
どちらでも選ぶことができます。

モンバサ-p-1-1-23
星屑は、配置したばかりの貿易拠点コマ左上の領域を選択して、
▲その境には"1本線"がありますので、やはり1拡大ポイントを消費。
モンバサ貿易拠点コマを置きました。

ちなみに、"2本線"を越える場合は2拡大ポイントが必要となります。

また、選択した領域に、すでに他の会社の貿易拠点コマがある場合は、
さらに追加で1拡大ポイントが必要となります。

…さて、これで星屑は拡大ポイントを使い果たしました。

モンバサ-p-1-1-24
▲貿易拠点コマを置いたことで、モンバサ株価が「」に上昇!
モンバサの株があれば、1株1勝利点となります。

それでは、この拠点拡大による報酬を受け取りましょう!

モンバサ-p-1-1-25
▲今回の報酬は、1ダイヤモンド2コインです。

モンバサ-p-1-1-26
ダイヤモンド記録トラック1マス進めて、
2コインをゲット!!

モンバサ-p-1-1-27
▲最後に、今回のアクションで配置した貿易拠点コマを…、

モンバサ-p-1-1-28
タテからヨコに倒しておきます。
▲こうすることで、すでに配置済みのコマだったのか、
▲それとも置いたばかりのコマなのかを判別できるわけです。

モンバサ-p-1-1-29
▲使ったカードも、忘れずに裏返しておきましょう。



☆星屑5アクション目

星屑は、ラスト3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-1-30
▲「産品+1」のボーナスタイル予約しました。

条件として、1コインを銀行へ支払わなければなりません。

産品+1」を予約したことで、
次のラウンドに、産品カード1枚の数量を+1することができます!



☆アクション終了

アクションエリアのカードがすべて裏返り
3つあったボーナストークン使い切りましたので、
もはや星屑には何もできなくなりました。

星屑は「アクション終了」を実行することになります。


・休止カード配置枠のひとつに積まれているカードすべてを手札に加える

モンバサ-p-1-1-39
▲現在、3枠ある休止カード枠のうち、
どれか1枠のカードをすべて手札に加えます

モンバサ-p-1-1-40
星屑は、左の枠のカードを手札に回収しました。


・アクションカードを表に返して対応する休止カード枠に移す

モンバサ-p-1-1-41
アクションエリアのカード表向きにして、

モンバサ-p-1-1-42
▲そのまま休止カード枠スライドさせます

これで、星屑は全てのアクションを終えました。



3.次ラウンド準備フェイズ

次のラウンドへ向けて、3つの準備をしていきます。


a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-1-31
横並びのコインのうち、いちばん左のコインを…、

モンバサ-p-1-1-32
▲下の丸枠へ移動させます。

これで、次が2ラウンド目だということが表示されました。

また、コインの移動先の帳簿タイルを獲得すると、
オマケで1コインが付いてきて、お得になります!


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-1-34
▲まず、右列のカードは全て捨て札にします。

モンバサ-p-1-1-33
▲その後、全てのカード右詰めにしてから…、

モンバサ-p-1-1-35
中列の上から下左列の上から下…という順番で、
▲山札からカードを補充します。

モンバサ-p-1-1-36
▲これでカードの補充が完了しました!


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-1-37
▲ボード上にある、ボーナスマーカーを各プレイヤーにもどします。

モンバサ-p-1-1-38
▲「産物+1」のボーナスタイルを予約していた星屑は、
▲そちらも手元に持って来ました。



これで、やっとこさ7分の1が終了…!

なんか、もうすでに少し疲れが出てきましたが、
アフリカ開拓は、まだまだ始まったばかりです。( ̄▽ ̄ )


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム




【2016/09/17 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可