RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年10月はコレ!

「ワインレーティング」



★amazonでゲームを説明!

ワインレーティング」は……


▲プレイヤーがワインの品評家になり、


▲ワイナリーに評価を付けていくゲームです!


▲また、プレイヤーは投資家でもあり、


▲高評価のワイナリーのオーナーになることによって、
▲得点を稼いでいきます!

自分が有利に、相手が不利になるような評価を付けて、
うまいこと市場を独占し、ワイン王を目指しましょう!



★さらっとゲームの流れ

今月のボドゲ1610-01
▲まず、場には8ヵ所ワイナリーが並んでいます。

今月のボドゲ1610-02
▲そして、その内側にはカード16枚ぶん空きスペースがあります。

プレイヤーは"ワイン品評家"として、この空きスペースに、

今月のボドゲ1610-03
手札から、

今月のボドゲ1610-04
▲「評価カード」を配置することで、

今月のボドゲ1610-05
▲ワイナリーに評価(=点数)を付けていきます。

また、プレイヤーには、
"投資家"としての側面もあり、

今月のボドゲ1610-06
▲高評価(=高得点)を獲得できそうなワイナリーに、
▲自分のコインを投資することで、

今月のボドゲ1610-07
▲そのワイナリーのオーナーになることができます。

自分がオーナーになったワイナリーの点数が、
そのまま自分の得点となります
ので、
目を付けたワイナリーが高評価になるように、
うまく評価カードを配置していきましょう!

ただし、評価カードの中には…、

今月のボドゲ1610-08
マイナス点のカードや、
カードを配置転換してしまうカードもありますので、

評価が高めのワイナリーや、
点数の高いプレイヤーのワイナリーは、
厳しい妨害を受けてしまうかもしれません!

さらに、自分よりも多額の投資をされてしまうと、
ワイナリーのオーナーを他のプレイヤーに成り代わられてしまいます!

こういった困難を乗り切るためには、
とにかくよく考えて、相手の心理を読んで、
他プレイヤーのコイン残数は常にチェックして、
各カードの枚数も、できる限りカウントして、
繊細なプレイングを心がける必要がありそうです…!

今月のボドゲ1610-09
得点トラックの中央にあるカードリストは、
▲しっかりとチェックしておきましょう。

ゲームが進んで、
場に(伏せカード4枚を含む)16枚のカードが並んだら、
得点計算をします。

自分がオーナーのワイナリーの列の評価カードの点数を、
すべて足したものが自分の得点
となります。
(配置によってはマイナス点にもなります)

さらに、同色カード4枚の列のオーナーになれたら、
その列は追加の4点を獲得できますので、
可能ならば狙っていきましょう。

全3ラウンドの全ての得点を足して、
いちばん高得点のプレイヤーが勝利し、
"ワイン王"となります!



★このゲームのポイント!


☆評価付けがおもしろい!

評価カードがいちいちヘンテコでおもしろいです!

今月のボドゲ1610-10
▲この辺なんかは、いかにもワインの評価って感じで、

今月のボドゲ1610-11
▲こちらも、
▲ワインってそういう独特な表現があるよねーって感じですが…、

今月のボドゲ1610-12
▲これは…!( ̄▽ ̄;)

今月のボドゲ1610-13
▲これにいたっては、もはやワインですらなかったりもします…!

で、カードを配置するときに、
この文章を声に出して読み上げると雰囲気が出たり笑えたり!!

そこら辺、詳しくはプレイ記を読んでみてください♪( ̄▽ ̄ )


☆でも内容はシビア!

冗談みたいなカードが並びますので、
ゲームの内容も軽快なものかと思いきや…、

その中身は、ガチガチの陣取りゲームです!

わりと妨害要素が強めで、
特に2人プレイは、真っ向からの殴り合いになりますので、
プレイヤーによってはギスギスしてしまうかもしれません。

ただ、それは逆にいえば、
考えどころが多くて、やりごたえがあるということです!

たった16枚のカードで、とてもシンプルなルールながら、
かなり頭を使わせてくれる内容となっています…!


☆隅々までこだわりを感じる!

評価カードの下部には、ワインに関する豆知識が記されているんです。

今月のボドゲ1610-14
▲こういった、普通にタメになる知識から、

今月のボドゲ1610-15
▲めっちゃ誰かにひけらかしたくなる豆知識まで、

いろいろあって、カードをながめているだけでも楽しめます!

他にも、
箱のジャケットや素材だったり、
スタートプレイヤー用のコルクだったり、
本当に隅の隅まで完成度の高いゲームだと思いました!



…と、いうわけで、

今月のボードゲームは「ワインレーティング」でした!

これプレイしてると、
下戸のぼくまでワインを飲みたくなるんですよねぇ…( ̄▽ ̄ )


さて、次月は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



ワインレーティング 関連記事
プレイ記その1
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★amazonでゲームを説明!

ワインレーティング」は……


▲プレイヤーがワインの品評家になり、


▲ワイナリーに評価を付けていくゲームです!


▲また、プレイヤーは投資家でもあり、


▲高評価のワイナリーのオーナーになることによって、
▲得点を稼いでいきます!

自分が有利に、相手が不利になるような評価を付けて、
うまいこと市場を独占し、ワイン王を目指しましょう!



★さらっとゲームの流れ

今月のボドゲ1610-01
▲まず、場には8ヵ所ワイナリーが並んでいます。

今月のボドゲ1610-02
▲そして、その内側にはカード16枚ぶん空きスペースがあります。

プレイヤーは"ワイン品評家"として、この空きスペースに、

今月のボドゲ1610-03
手札から、

今月のボドゲ1610-04
▲「評価カード」を配置することで、

今月のボドゲ1610-05
▲ワイナリーに評価(=点数)を付けていきます。

また、プレイヤーには、
"投資家"としての側面もあり、

今月のボドゲ1610-06
▲高評価(=高得点)を獲得できそうなワイナリーに、
▲自分のコインを投資することで、

今月のボドゲ1610-07
▲そのワイナリーのオーナーになることができます。

自分がオーナーになったワイナリーの点数が、
そのまま自分の得点となります
ので、
目を付けたワイナリーが高評価になるように、
うまく評価カードを配置していきましょう!

ただし、評価カードの中には…、

今月のボドゲ1610-08
マイナス点のカードや、
カードを配置転換してしまうカードもありますので、

評価が高めのワイナリーや、
点数の高いプレイヤーのワイナリーは、
厳しい妨害を受けてしまうかもしれません!

さらに、自分よりも多額の投資をされてしまうと、
ワイナリーのオーナーを他のプレイヤーに成り代わられてしまいます!

こういった困難を乗り切るためには、
とにかくよく考えて、相手の心理を読んで、
他プレイヤーのコイン残数は常にチェックして、
各カードの枚数も、できる限りカウントして、
繊細なプレイングを心がける必要がありそうです…!

今月のボドゲ1610-09
得点トラックの中央にあるカードリストは、
▲しっかりとチェックしておきましょう。

ゲームが進んで、
場に(伏せカード4枚を含む)16枚のカードが並んだら、
得点計算をします。

自分がオーナーのワイナリーの列の評価カードの点数を、
すべて足したものが自分の得点
となります。
(配置によってはマイナス点にもなります)

さらに、同色カード4枚の列のオーナーになれたら、
その列は追加の4点を獲得できますので、
可能ならば狙っていきましょう。

全3ラウンドの全ての得点を足して、
いちばん高得点のプレイヤーが勝利し、
"ワイン王"となります!



★このゲームのポイント!


☆評価付けがおもしろい!

評価カードがいちいちヘンテコでおもしろいです!

今月のボドゲ1610-10
▲この辺なんかは、いかにもワインの評価って感じで、

今月のボドゲ1610-11
▲こちらも、
▲ワインってそういう独特な表現があるよねーって感じですが…、

今月のボドゲ1610-12
▲これは…!( ̄▽ ̄;)

今月のボドゲ1610-13
▲これにいたっては、もはやワインですらなかったりもします…!

で、カードを配置するときに、
この文章を声に出して読み上げると雰囲気が出たり笑えたり!!

そこら辺、詳しくはプレイ記を読んでみてください♪( ̄▽ ̄ )


☆でも内容はシビア!

冗談みたいなカードが並びますので、
ゲームの内容も軽快なものかと思いきや…、

その中身は、ガチガチの陣取りゲームです!

わりと妨害要素が強めで、
特に2人プレイは、真っ向からの殴り合いになりますので、
プレイヤーによってはギスギスしてしまうかもしれません。

ただ、それは逆にいえば、
考えどころが多くて、やりごたえがあるということです!

たった16枚のカードで、とてもシンプルなルールながら、
かなり頭を使わせてくれる内容となっています…!


☆隅々までこだわりを感じる!

評価カードの下部には、ワインに関する豆知識が記されているんです。

今月のボドゲ1610-14
▲こういった、普通にタメになる知識から、

今月のボドゲ1610-15
▲めっちゃ誰かにひけらかしたくなる豆知識まで、

いろいろあって、カードをながめているだけでも楽しめます!

他にも、
箱のジャケットや素材だったり、
スタートプレイヤー用のコルクだったり、
本当に隅の隅まで完成度の高いゲームだと思いました!



…と、いうわけで、

今月のボードゲームは「ワインレーティング」でした!

これプレイしてると、
下戸のぼくまでワインを飲みたくなるんですよねぇ…( ̄▽ ̄ )


さて、次月は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



ワインレーティング 関連記事
プレイ記その1
開封

ボードゲーム記事一覧



【2016/11/02 07:43】 | その他 【タグ】 ワインレーティング  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可