RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「フードチェーンマグネイト」


☆ルール説明

★フェイズ1:リストラクチャリング

(意味:企業構造の再構築)

各プレイヤーは、手札を〈仕事中〉と〈休暇中〉に分ける。


このフェイズでは、
各プレイヤーが手持ちの従業員カードを、
〈仕事中〉〈休暇中〉に振り分けていきます。

〈仕事中〉の従業員カードは、
カードごとの効果を発揮することができ、

〈休暇中〉の従業員カードは、
教育アクションを施すことで、昇格させることができます。

なお、どちらに振り分けても…、

FCM-r-1-01
札束マークのある従業員カードには、
一律$5の給料を支払わなければなりません。

※給料については、フェイズ5で支払います。



★仕事中

手持ちの従業員カードのうち、
効果を発揮させたいカードは、
〈仕事中〉にしておく必要があります。

ただし、
〈仕事中〉にできるカードの枚数には限りがあり、
プレイヤー自身である「CEO」が抱えられる数までとなっています。


☆枠数

「CEO」が抱えられる従業員カードの枚数のことを、
"枠数"といいます。

CEO」のカードを見てみると…、

FCM-r-1-02
▲このような表示があります。

これは、
CEO」が3枚の従業員カードを抱えられることを表していて、
つまり、"枠数"は「」ということになります。

FCM-r-1-03
▲「CEO」は、このように従業員カードを抱えることができ…、

最初は3枚の従業員カードを〈仕事中〉にできるわけです。



☆枠数を増やす方法

最序盤こそ、手持ちの従業員カードは少ないものですが、
雇用アクションを行うことで、従業員カードは増えていきます。

そうなると、
〈仕事中〉にできる従業員カードがたった3枚では、
ぜんぜん足りませんので…、

"枠数"を増やしていくことを考えなければなりません。

そのために雇う必要があるのが、
【統括部門】の従業員カードです。

FCM-r-1-04
▲統括職の中で、いちばん下っ端の「幹部候補生」。

【統括部門】の従業員カードは、
「CEO」の直下に配置することで、
「CEO」のように従業員カードを抱えることができます。


FCM-r-1-05
統括職は、必ず「CEO」の直下に配置しましょう。

すると…、

FCM-r-1-06
▲このように、枠数を増やすことができます。

さらに、統括職のカードを教育アクションで昇格させれば…、

FCM-r-1-07
▲こんなに枠数を増やすことも可能です!

ちなみに、
この"枠数"を増やしたことで、逆に空きができて、
〈仕事中〉の従業員カードが配置されていない枠数のことを、
"空き枠数"といいます。

FCM-r-1-08

この"空き枠数"が多いほど、
プレイヤー順を決める際の優先度が高くなりますので、
使うににしろ使わないにしろ、
"枠数"を増やしておくことには意味があります。

プレイヤー順の決め方については、
次のフェイズ2:オーダー・オブービジネスで説明します。



★休暇中

〈休暇中〉にできるカードの枚数には、制限はありません

手持ちの従業員カードのうち、
〈仕事中〉にしなかったカードは全て、
〈休暇中〉にしておきましょう。

FCM-r-1-09

また、
教育を施すことで能力を高めたいカードがあれば、
〈休暇中〉にしておく必要があります。



手持ちの従業員カードを〈仕事中〉〈休暇中〉に分けたら、
それぞれをウラ向きの山にしておきます。

全員が振り分けを終えたら、
一斉に〈仕事中〉の従業員カードを公開し、
次のフェイズに進みます。

なお、フェイズ1以外のフェイズ中では、
全員の〈仕事中〉〈休暇中〉の内容はは公開情報です。
(いつでも誰からでも見せてもらうことができます)



「FCM」 関連記事
→次回:フェイズ2:オーダー・オブ・ビジネス
開封

ボードゲーム記事一覧


記事を閉じる▲


このフェイズでは、
各プレイヤーが手持ちの従業員カードを、
〈仕事中〉〈休暇中〉に振り分けていきます。

〈仕事中〉の従業員カードは、
カードごとの効果を発揮することができ、

〈休暇中〉の従業員カードは、
教育アクションを施すことで、昇格させることができます。

なお、どちらに振り分けても…、

FCM-r-1-01
札束マークのある従業員カードには、
一律$5の給料を支払わなければなりません。

※給料については、フェイズ5で支払います。



★仕事中

手持ちの従業員カードのうち、
効果を発揮させたいカードは、
〈仕事中〉にしておく必要があります。

ただし、
〈仕事中〉にできるカードの枚数には限りがあり、
プレイヤー自身である「CEO」が抱えられる数までとなっています。


☆枠数

「CEO」が抱えられる従業員カードの枚数のことを、
"枠数"といいます。

CEO」のカードを見てみると…、

FCM-r-1-02
▲このような表示があります。

これは、
CEO」が3枚の従業員カードを抱えられることを表していて、
つまり、"枠数"は「」ということになります。

FCM-r-1-03
▲「CEO」は、このように従業員カードを抱えることができ…、

最初は3枚の従業員カードを〈仕事中〉にできるわけです。



☆枠数を増やす方法

最序盤こそ、手持ちの従業員カードは少ないものですが、
雇用アクションを行うことで、従業員カードは増えていきます。

そうなると、
〈仕事中〉にできる従業員カードがたった3枚では、
ぜんぜん足りませんので…、

"枠数"を増やしていくことを考えなければなりません。

そのために雇う必要があるのが、
【統括部門】の従業員カードです。

FCM-r-1-04
▲統括職の中で、いちばん下っ端の「幹部候補生」。

【統括部門】の従業員カードは、
「CEO」の直下に配置することで、
「CEO」のように従業員カードを抱えることができます。


FCM-r-1-05
統括職は、必ず「CEO」の直下に配置しましょう。

すると…、

FCM-r-1-06
▲このように、枠数を増やすことができます。

さらに、統括職のカードを教育アクションで昇格させれば…、

FCM-r-1-07
▲こんなに枠数を増やすことも可能です!

ちなみに、
この"枠数"を増やしたことで、逆に空きができて、
〈仕事中〉の従業員カードが配置されていない枠数のことを、
"空き枠数"といいます。

FCM-r-1-08

この"空き枠数"が多いほど、
プレイヤー順を決める際の優先度が高くなりますので、
使うににしろ使わないにしろ、
"枠数"を増やしておくことには意味があります。

プレイヤー順の決め方については、
次のフェイズ2:オーダー・オブービジネスで説明します。



★休暇中

〈休暇中〉にできるカードの枚数には、制限はありません

手持ちの従業員カードのうち、
〈仕事中〉にしなかったカードは全て、
〈休暇中〉にしておきましょう。

FCM-r-1-09

また、
教育を施すことで能力を高めたいカードがあれば、
〈休暇中〉にしておく必要があります。



手持ちの従業員カードを〈仕事中〉〈休暇中〉に分けたら、
それぞれをウラ向きの山にしておきます。

全員が振り分けを終えたら、
一斉に〈仕事中〉の従業員カードを公開し、
次のフェイズに進みます。

なお、フェイズ1以外のフェイズ中では、
全員の〈仕事中〉〈休暇中〉の内容はは公開情報です。
(いつでも誰からでも見せてもらうことができます)



「FCM」 関連記事
→次回:フェイズ2:オーダー・オブ・ビジネス
開封

ボードゲーム記事一覧

【2016/10/23 00:01】 | ルール説明 【タグ】 フードチェーンマグネイト  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可