RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ワインレーティング」




☆プレイ記その1(3/3)

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その1(2/3)
今回:プレイ記その1(3/3)←いまココ


陣取りゲーム「ワインレーティング」の初プレイも、いよいよ大詰め!

第2ラウンド3529と逆転に成功した星屑は、
下戸ながらに勝利を目指します…!



★第3ラウンド

やはり、まずはラウンド前の準備から。

①ワイナリーに置かれている同色のコインを回収する。

ワイレー-p-1-3-11
▲前ラウンドの終了時のワイナリーは、こんな感じでしたので、
各ワイナリーの各色のコインの半数(切り下げ)を除去すると…、

ワイレー-p-1-3-12
▲2枚のコインは1枚に減らし、
▲1枚のコインはそのままとなりました。

各色のコインが同数になったワイナリーは、
もともとオーナーだった色のプレイヤーが、引き続きオーナーとなります。

今回の場合は、
下から3列目の「カリフォルニア」が該当しますね。


②スタート時と同じように、評価カードを配る。

ワイレー-p-1-2-18
▲場に2色2枚ずつの評価カードを配置してから、
▲残りのカードを各プレイヤーに配り…、

ワイレー-p-1-2-19
ドラフトします!

そして星屑第2ラウンドに続き、
このラウンドも「スワリング」を入手できませんでした…( ̄▽ ̄;)


③各プレイヤーは、コインを4枚ずつ補充する。

最後に、このラウンドのコイン4枚を受け取ったら準備完了です!
さあ、最終ラウンドに突入してまいりましょう…!



☆しーぷ1ターン目→星屑1ターン目
ワイレー-p-1-2-20
しーぷは2人のワイナリーが交差する場所に「雄大な広がり」を、
星屑は自分のワイナリーが交差する場所に「バランス良い」を、
▲それぞれ配置しました。


星屑「いきなり"雄大"…?」
星屑「その3点は、しーぷイタリーだけじゃなくって、」
星屑「俺のボルドーにも入る…ってことは、」
星屑しーぷボルドーを奪いにくるつもりかな…?」チラッ

しーぷ「さあ、どうでしょう」…コホン

しーぷ「で、星屑の方は、静かな立ち上がりってわけね」

星屑「ま、まぁ、ラウンドの初手だからね…」

星屑「(ここで大きい数字を置いたら、)」
星屑「(しーぷが持っているであろう「スワリング」で、)」
星屑「(絶対に持っていかれちまうからなァ…)」


自分の「スワリング」が0枚ということは、
相手は「スワリング」を2枚持っているかもしれない…!
(伏せカードの中という可能性も大いにありますが)

終盤戦になるにつれ、
お互い腹の探り合いが加速しはじめます!!



☆しーぷ2ターン目→星屑2ターン目
ワイレー-p-1-2-21
しーぷは「ドイツ」にコイン2枚を投資して、
星屑は自分のワイナリーの交差点に「凝縮感」を配置しました。


しーぷ「ここでタテ列に参入させてもらうね」
しーぷ「ドイツを買収…じゃなかったドイツに投資!」

星屑「ん、なるほど、そう来たか…!」

ワイレー-p-1-3-13

星屑「(ドイツのタテ列の3ヵ所の空きスペースのうち、)」
星屑「(しーぷのヨコ列と交差しているのは1ヵ所で、)」
星屑「(俺のヨコ列と交差しているのは2ヵ所……)」

ワイレー-p-1-3-14

星屑「(俺自身の列に、俺はマイナスカードを置きたくないし、)」
星屑(しーぷの交差点にマイナスカードを置こうものなら、)」
星屑「(それは「スワリング」で配置転換されてしまう……)」

ワイレー-p-1-3-15

星屑「(つまり、このドイツのタテ列に、)」
星屑「(俺はおいそれと評価カードを置けないってわけだ…!)」

星屑「(これぞしーぷ裏必殺技であるところの、)」
星屑「(羊包囲網【シープ・サイクロン】か!)」

星屑「(とはいえ、しーぷの残りコインは2枚になったから、)」
星屑「(どうやら「スワリング」は手札に1枚しかないようだし、)」
星屑「(その1枚はマイナスカード対策に使ってくるはずだから…、)」

星屑「(ここは、ほどほどに自分の点数を上積みしておこう)」

星屑「よし、オーストラリアカリフォルニアに"凝縮感"!!」

しーぷ「自分の交差点に2点カード…控えめね…?」

星屑「(こういう数字に対しては、「スワリング」を使いにくかろう…!)」



☆しーぷ3ターン目→星屑3ターン目
ワイレー-p-1-2-22
しーぷは自分の交差点に「王侯貴族御用達」を配置して、
星屑しーぷの列に「ダシの効いた」を配置しました。


しーぷ「ここはこれしかない!」
しーぷ「"王侯貴族御用達"!!!!」

星屑「(いやに序盤からガンガン飛ばしてくるなァ)」
星屑「(もしかしたらマジで「スワリング」を2枚とも握ってて、)」
星屑「(俺に「スワリング」がないことを知ってるのかも…?)」

星屑「(どのみち、ここからは選択肢も限られてくるし…、)」

星屑「じゃあ、そのヨコ列に"ダシ"を効かせよう」

しーぷ「うーん、そうだよね……」



☆しーぷ4ターン目→星屑4ターン目
ワイレー-p-1-2-23
しーぷは自分の列に「ヴィンテージ」を配置して、
星屑は自分の列に「桃源郷」を配置しました。


しーぷイタリーのワインを"ヴィンテージ"に!」

星屑「(そのタテ列だけ、まだ誰もオーナーになってないんよね)」
星屑「(それにしても、やたら目立つ列になったなァ…!)」

ワイレー-p-1-3-16

星屑「(ここに釣り針を垂らしてみたら、)」
星屑「(しーぷが引っかかってオーナーになるかもしれんぞ…!)」

星屑「じゃあ俺は、カリフォルニアを"桃源郷"にする!」

しーぷ「ほう……」



☆しーぷ5ターン目→星屑5ターン目
ワイレー-p-1-2-24
しーぷは「ヤマナシ」にコイン2枚を投資して、
星屑は自分の交差点に「5月の風と妖精」を配置しました。


しーぷ「そのヤマナシ買った!」

星屑「(よし、釣れた…!)」

星屑「(これでしーぷコインを使い切ったから、)」
星屑「(もはや「スワリング」も投資もできないし…、)」

星屑「(一方の俺はコインを4枚とも温存してるから、)」
星屑「(ヤマナシを強奪することができる!)」

星屑「じゃあ、俺は自分の交差点に"5月の風"を置かせてもらおう!」

しーぷ「え、5点カードを2枚とも持ってたの…!?」

星屑「(その代わり、「スワリング」は0枚だったんだけどね…)」



☆しーぷ6ターン目→星屑6ターン目
ワイレー-p-1-2-25
しーぷは2人の交差点に「ワイン的な何か」を配置して、
星屑は2人の交差点に「酢です」を配置しました。


しーぷ「はい、オーストラリアイタリーは""でした!」

星屑「じゃあ、ドイツスペインは"ワイン的な何か"でした!」


もはや残っている空きスペースは、
いずれも2人のワイナリーの交差点のみです。

このマイナスカードは、痛み分けってことになりますね。



☆しーぷ7ターン目→星屑7ターン目
ワイレー-p-1-2-26
しーぷは2人の交差点に「芳醇」を配置して、
星屑は「ヤマナシ」にコイン2枚を投資しました。

ワイレー-p-1-3-17
▲その「ヤマナシ」ですが、
▲現オーナーのしーぷのコイン数を、
▲後追いの星屑上回れていませんので、
▲この時点では依然としてしーぷがオーナーです。


星屑「(この時点では、ね……)」



☆しーぷ8ターン目→星屑8ターン目
ワイレー-p-1-2-27
しーぷは2人の交差点に「個性的」を配置して、
星屑は立て続けに「ヤマナシ」にコイン2枚を投資しました。

ワイレー-p-1-3-18
▲さあ、これで星屑しーぷのコイン数を上回りましたので、
▲「ヤマナシ」のオーナー星屑になりました!


しーぷ「あー、これは完敗だ…!」

星屑「よし、狙い通りの展開になってくれた!!」



これで全てのターンが終了しましたので、
最後の得点計算に入っていきましょう!

ワイレー-p-1-2-28
伏せカードの内訳はこちら!


星屑しーぷスワリングを持ってると思ってた」

しーぷ星屑スワリングを持ってると思ってた」

星屑「まさか2枚とも伏せカードだったとは…!」

しーぷ「こんなこともあるんだねぇ」


ワイレー-p-1-2-29
▲それではカウントしていきましょう。

星屑は、
タテ列の「ヤマナシ」が9点で、
タテ列の「オーストラリア」が6点で、
タテ列の「ボルドー」が6点で、
ヨコ列の「カリフォルニア」が5点で、
ヨコ列の「スペイン」が6点で、
同色ボーナスが2列で8点でした!

しーぷは、
タテ列の「ドイツ」が-1点で、
ヨコ列の「イタリー」が5点で、
ヨコ列の「ブルゴーニュ」が4点で、
同色ボーナスはありませんでした。

結果は文句なしで…、

ワイレー-p-1-2-30
星屑の勝利です!!


星屑「ところで、」
星屑「この得点トラックって、なんで55点止まりなんだろう?」

しーぷ「"55"って数字に、なにかワイン的な意味があるのかな…?」



はい、というわけで、
ワインレーティング」の初プレイでした!

表面的にはネタ満載の面白ゲームで、
内面的にはガチガチの戦略ゲームで…、

ほんと、たった16枚のカードから溢れ出る"凝縮感"を感じます!

2人プレイでは、真っ向からの殴り合いになりましたが、
3人プレイ以上になると、また違った味わいになりそうですので…、

次はウチのボードゲーム会に持ち込んでみようと……
って、よく考えたら、これ妻が買ったんでしたね。

しーぷに、持ち込んでもらいたいと思います!( ̄▽ ̄*)



今回も、
最後までご覧いただいて、ありがとうございました!


星屑しーぷは、一緒にワインを飲むことはできませんが、
このゲームなら、一緒にプレイしていけそうです…!


管理人・星屑トランペッター



「ワインレーティング」 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


陣取りゲーム「ワインレーティング」の初プレイも、いよいよ大詰め!

第2ラウンド3529と逆転に成功した星屑は、
下戸ながらに勝利を目指します…!



★第3ラウンド

やはり、まずはラウンド前の準備から。

①ワイナリーに置かれている同色のコインを回収する。

ワイレー-p-1-3-11
▲前ラウンドの終了時のワイナリーは、こんな感じでしたので、
各ワイナリーの各色のコインの半数(切り下げ)を除去すると…、

ワイレー-p-1-3-12
▲2枚のコインは1枚に減らし、
▲1枚のコインはそのままとなりました。

各色のコインが同数になったワイナリーは、
もともとオーナーだった色のプレイヤーが、引き続きオーナーとなります。

今回の場合は、
下から3列目の「カリフォルニア」が該当しますね。


②スタート時と同じように、評価カードを配る。

ワイレー-p-1-2-18
▲場に2色2枚ずつの評価カードを配置してから、
▲残りのカードを各プレイヤーに配り…、

ワイレー-p-1-2-19
ドラフトします!

そして星屑第2ラウンドに続き、
このラウンドも「スワリング」を入手できませんでした…( ̄▽ ̄;)


③各プレイヤーは、コインを4枚ずつ補充する。

最後に、このラウンドのコイン4枚を受け取ったら準備完了です!
さあ、最終ラウンドに突入してまいりましょう…!



☆しーぷ1ターン目→星屑1ターン目
ワイレー-p-1-2-20
しーぷは2人のワイナリーが交差する場所に「雄大な広がり」を、
星屑は自分のワイナリーが交差する場所に「バランス良い」を、
▲それぞれ配置しました。


星屑「いきなり"雄大"…?」
星屑「その3点は、しーぷイタリーだけじゃなくって、」
星屑「俺のボルドーにも入る…ってことは、」
星屑しーぷボルドーを奪いにくるつもりかな…?」チラッ

しーぷ「さあ、どうでしょう」…コホン

しーぷ「で、星屑の方は、静かな立ち上がりってわけね」

星屑「ま、まぁ、ラウンドの初手だからね…」

星屑「(ここで大きい数字を置いたら、)」
星屑「(しーぷが持っているであろう「スワリング」で、)」
星屑「(絶対に持っていかれちまうからなァ…)」


自分の「スワリング」が0枚ということは、
相手は「スワリング」を2枚持っているかもしれない…!
(伏せカードの中という可能性も大いにありますが)

終盤戦になるにつれ、
お互い腹の探り合いが加速しはじめます!!



☆しーぷ2ターン目→星屑2ターン目
ワイレー-p-1-2-21
しーぷは「ドイツ」にコイン2枚を投資して、
星屑は自分のワイナリーの交差点に「凝縮感」を配置しました。


しーぷ「ここでタテ列に参入させてもらうね」
しーぷ「ドイツを買収…じゃなかったドイツに投資!」

星屑「ん、なるほど、そう来たか…!」

ワイレー-p-1-3-13

星屑「(ドイツのタテ列の3ヵ所の空きスペースのうち、)」
星屑「(しーぷのヨコ列と交差しているのは1ヵ所で、)」
星屑「(俺のヨコ列と交差しているのは2ヵ所……)」

ワイレー-p-1-3-14

星屑「(俺自身の列に、俺はマイナスカードを置きたくないし、)」
星屑(しーぷの交差点にマイナスカードを置こうものなら、)」
星屑「(それは「スワリング」で配置転換されてしまう……)」

ワイレー-p-1-3-15

星屑「(つまり、このドイツのタテ列に、)」
星屑「(俺はおいそれと評価カードを置けないってわけだ…!)」

星屑「(これぞしーぷ裏必殺技であるところの、)」
星屑「(羊包囲網【シープ・サイクロン】か!)」

星屑「(とはいえ、しーぷの残りコインは2枚になったから、)」
星屑「(どうやら「スワリング」は手札に1枚しかないようだし、)」
星屑「(その1枚はマイナスカード対策に使ってくるはずだから…、)」

星屑「(ここは、ほどほどに自分の点数を上積みしておこう)」

星屑「よし、オーストラリアカリフォルニアに"凝縮感"!!」

しーぷ「自分の交差点に2点カード…控えめね…?」

星屑「(こういう数字に対しては、「スワリング」を使いにくかろう…!)」



☆しーぷ3ターン目→星屑3ターン目
ワイレー-p-1-2-22
しーぷは自分の交差点に「王侯貴族御用達」を配置して、
星屑しーぷの列に「ダシの効いた」を配置しました。


しーぷ「ここはこれしかない!」
しーぷ「"王侯貴族御用達"!!!!」

星屑「(いやに序盤からガンガン飛ばしてくるなァ)」
星屑「(もしかしたらマジで「スワリング」を2枚とも握ってて、)」
星屑「(俺に「スワリング」がないことを知ってるのかも…?)」

星屑「(どのみち、ここからは選択肢も限られてくるし…、)」

星屑「じゃあ、そのヨコ列に"ダシ"を効かせよう」

しーぷ「うーん、そうだよね……」



☆しーぷ4ターン目→星屑4ターン目
ワイレー-p-1-2-23
しーぷは自分の列に「ヴィンテージ」を配置して、
星屑は自分の列に「桃源郷」を配置しました。


しーぷイタリーのワインを"ヴィンテージ"に!」

星屑「(そのタテ列だけ、まだ誰もオーナーになってないんよね)」
星屑「(それにしても、やたら目立つ列になったなァ…!)」

ワイレー-p-1-3-16

星屑「(ここに釣り針を垂らしてみたら、)」
星屑「(しーぷが引っかかってオーナーになるかもしれんぞ…!)」

星屑「じゃあ俺は、カリフォルニアを"桃源郷"にする!」

しーぷ「ほう……」



☆しーぷ5ターン目→星屑5ターン目
ワイレー-p-1-2-24
しーぷは「ヤマナシ」にコイン2枚を投資して、
星屑は自分の交差点に「5月の風と妖精」を配置しました。


しーぷ「そのヤマナシ買った!」

星屑「(よし、釣れた…!)」

星屑「(これでしーぷコインを使い切ったから、)」
星屑「(もはや「スワリング」も投資もできないし…、)」

星屑「(一方の俺はコインを4枚とも温存してるから、)」
星屑「(ヤマナシを強奪することができる!)」

星屑「じゃあ、俺は自分の交差点に"5月の風"を置かせてもらおう!」

しーぷ「え、5点カードを2枚とも持ってたの…!?」

星屑「(その代わり、「スワリング」は0枚だったんだけどね…)」



☆しーぷ6ターン目→星屑6ターン目
ワイレー-p-1-2-25
しーぷは2人の交差点に「ワイン的な何か」を配置して、
星屑は2人の交差点に「酢です」を配置しました。


しーぷ「はい、オーストラリアイタリーは""でした!」

星屑「じゃあ、ドイツスペインは"ワイン的な何か"でした!」


もはや残っている空きスペースは、
いずれも2人のワイナリーの交差点のみです。

このマイナスカードは、痛み分けってことになりますね。



☆しーぷ7ターン目→星屑7ターン目
ワイレー-p-1-2-26
しーぷは2人の交差点に「芳醇」を配置して、
星屑は「ヤマナシ」にコイン2枚を投資しました。

ワイレー-p-1-3-17
▲その「ヤマナシ」ですが、
▲現オーナーのしーぷのコイン数を、
▲後追いの星屑上回れていませんので、
▲この時点では依然としてしーぷがオーナーです。


星屑「(この時点では、ね……)」



☆しーぷ8ターン目→星屑8ターン目
ワイレー-p-1-2-27
しーぷは2人の交差点に「個性的」を配置して、
星屑は立て続けに「ヤマナシ」にコイン2枚を投資しました。

ワイレー-p-1-3-18
▲さあ、これで星屑しーぷのコイン数を上回りましたので、
▲「ヤマナシ」のオーナー星屑になりました!


しーぷ「あー、これは完敗だ…!」

星屑「よし、狙い通りの展開になってくれた!!」



これで全てのターンが終了しましたので、
最後の得点計算に入っていきましょう!

ワイレー-p-1-2-28
伏せカードの内訳はこちら!


星屑しーぷスワリングを持ってると思ってた」

しーぷ星屑スワリングを持ってると思ってた」

星屑「まさか2枚とも伏せカードだったとは…!」

しーぷ「こんなこともあるんだねぇ」


ワイレー-p-1-2-29
▲それではカウントしていきましょう。

星屑は、
タテ列の「ヤマナシ」が9点で、
タテ列の「オーストラリア」が6点で、
タテ列の「ボルドー」が6点で、
ヨコ列の「カリフォルニア」が5点で、
ヨコ列の「スペイン」が6点で、
同色ボーナスが2列で8点でした!

しーぷは、
タテ列の「ドイツ」が-1点で、
ヨコ列の「イタリー」が5点で、
ヨコ列の「ブルゴーニュ」が4点で、
同色ボーナスはありませんでした。

結果は文句なしで…、

ワイレー-p-1-2-30
星屑の勝利です!!


星屑「ところで、」
星屑「この得点トラックって、なんで55点止まりなんだろう?」

しーぷ「"55"って数字に、なにかワイン的な意味があるのかな…?」



はい、というわけで、
ワインレーティング」の初プレイでした!

表面的にはネタ満載の面白ゲームで、
内面的にはガチガチの戦略ゲームで…、

ほんと、たった16枚のカードから溢れ出る"凝縮感"を感じます!

2人プレイでは、真っ向からの殴り合いになりましたが、
3人プレイ以上になると、また違った味わいになりそうですので…、

次はウチのボードゲーム会に持ち込んでみようと……
って、よく考えたら、これ妻が買ったんでしたね。

しーぷに、持ち込んでもらいたいと思います!( ̄▽ ̄*)



今回も、
最後までご覧いただいて、ありがとうございました!


星屑しーぷは、一緒にワインを飲むことはできませんが、
このゲームなら、一緒にプレイしていけそうです…!


管理人・星屑トランペッター



「ワインレーティング」 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧



【2016/10/31 19:10】 | プレイ記 【タグ】 ワインレーティング  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可