RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
TCG「カードファイト!!ヴァンガード
タイトルトライアルデッキ

「刀剣乱舞-ONLINE-」



★開封

久しぶりにヴァンガを購入しましたので、
ちょっくら開封記事を書いてみたいと思います!


★箱の外観

V刀剣-t1-01
▲箱のオモテ

最近のトライアルデッキは、
看板的なカードがハッキリと見えてて良いですね!

V刀剣-t1-02
▲箱のウラ

カードの構成などが書いてあります。

V刀剣-t1-03
▲そして、この「刀剣乱舞」の初回生産分には、
ブースターパックが1パック付属しているようです…!

これ、1パック300円しますからね。
めちゃありがたい♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

V刀剣-t1-04
▲さっそく開けてみましょう!

V刀剣-t1-22
▲デッキ以外の内容物は、
▲特別同梱の「ブースターパック」と、
▲ウラ面が"デッキ解説書"になっている「プレイマット」、
▲そして、ヴァンガードのルールが書かれている「ファーストガイド」。

V刀剣-t1-05
デッキはこちらです!

ここからは、
デッキの内容を1枚ずつ見ていきましょう。



★デッキの内容

☆グレード4

V刀剣-t1-17
▲「髭切(ひげきり)」×4枚

このデッキのGユニット

Gユニットとは、
50枚のメインデッキとは別枠で用意しておいて、
条件が整ったときに助太刀してくれるカードのことです。
(ですので、この商品はカード全"54枚"入りとなっています)

ストライドしたターンの能力は、
ドライブチェックでグレード3がでたら、
リアガード1枚とこのユニットのパワーを+5000する
というもの。

シンプルで分かりやすい能力ですね。
Gユニットはドライブチェックを3回行えますので、
チャンスも多くて良い感じです!


真剣必殺ということで、
発動にはダメージを「3以上」受けている必要がありますが、
そこは上手くダメージコントロールしていきましょう。



☆グレード3

V刀剣-t1-06
▲「小狐丸(こぎつねまる) 特」×4枚

このデッキの軸となるカードです!

このカードがヴァンガードのときに、
Gユニット(「髭切」など)がストライドしたら、
カウンターブラスト1を支払うことで…、

①山札の上から1枚見る。
②見たカードを山札の上か下に置く。
③山札の上から1枚引く。
④ソウルチャージ1枚。


という流れで効果を発揮します。

看板のわりには
なんというか、"便利屋さん"って感じですね。

特に、ソウル不足に陥りがちな「刀剣乱舞」にとって、
ソウルチャージの能力はありがたいと思います!


V刀剣-t1-07
▲「明石国行(あかしくにゆき)」×4枚

このデッキの、もう1種類のグレード3ユニットです。

真剣必殺は、
・相手ヴァンガードにアタックしたときに、
・このユニットがブーストされているなら、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000される
というもの。

こちらは「子狐丸 特」と違って、
リアガードサークル上でも能力を発揮できます。

ただ、条件が多いわりには効果が薄いというか…。

とはいえ、
パワー7000以上のユニットにブーストされれば、
リアガードサークルからパワー21000以上のアタック
仕掛けることができますので…、
しっかりと盤面を整えていきたいところですね!

なお、
このゲームでは"21000"という合計パワーは、
ひとつ重要なラインになっています。



☆グレード2

V刀剣-t1-08
▲「大倶利伽羅(おおくりから)」×3枚

特に能力のない、いわゆる"バニラ"といわれるカードです。
(バニラ=ノンフレーバーという意味)
そのぶん、パワーが高めになっています。

後述の「堀川国広」が能力を使ってブーストしてくれれば、
ちょうど合計パワー21000になって良い感じ。


V刀剣-t1-09
▲「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」×2枚

真剣必殺は、
・ブーストされたとき、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000されて、
さらに、このユニットのアタック終了時、
後列の、真剣必殺の能力を持つユニット1枚を、
手札に戻すことができます。


ユニットを手札に戻すという効果は、
登場時に1回きりしか発動できない能力を持つ、
グレード1の「堀川国広」と特に相性が良くて…、

登場して能力を使った「堀川国広」を、
このユニットで手札に戻してしまえば、
また次のターンに「堀川国広」を登場させて、
能力を再使用できるわけです!

この二振りのコンボは、ぜひ狙ってみたいですね。


V刀剣-t1-10
▲「同田貫正国(どうだぬきまさくに)」×2枚

ぼくが(キャラ的に)好きなカードです。

真剣必殺はシンプルで、
ヴァンガードへのアタックがパワー+3000されるというもの。

単独でグレード3のヴァンガードを攻めることができます!


V刀剣-t1-11
▲「長曽祢虎徹(ながそねこてつ)」×4枚

真剣必殺は、
他のグレード2以下のリアガードがアタックしたとき、
そのターン中、このユニットのパワー+3000される
というもの。

"そのターン中"というのがポイントで、
他のG2以下のリアガードがアタックするたびに、
パワー+3000が累積されていきます!!!

…が、このデッキの中には、
アタック回数を増やせるようなカードがありませんので、
どんなに頑張ってもパワーは3000しかアップしません。

ブースターパックに収録されている、
三日月宗近 特」&「加州清光 特」のコンボと絡めれば、
ちょっと面白そうだったりするんですが…。

ともかく、このユニットは最後にアタックさせてあげましょう!



☆グレード1

V刀剣-t1-12
▲「後藤藤四郎(ごとうとうしろう)」×4枚

グレード1のバニラです。

このデッキでは、あまり活きませんが…、

しいていうならば、
パワー11000のリアガードの後列でブーストすれば、
パワー9000の相手リアガードを駆逐しやすくなります。


V刀剣-t1-13
▲「今剣(いまのつるぎ)」×4枚

Gユニットをサポートするカードです。
これが4枚入っているのはマジでありがたい…!

使い方が2パターンありまして、

パターン1:手札にある場合

これ1枚でストライドのコストを支払えます。

パターン2:リアガードサークルにある場合

このユニットをソウルに置くことで、
Gユニットのパワーを+5000して、
さらに、誉(ほまれ)の能力を付与します。


」というのは、
相手ヴァンガードにアタックをヒットさせた際、
1ターンを通して1度だけ発動できる能力で…、

今剣」が付与するは、
相手ヴァンガードへのアタックがヒットしたとき、
ソウルブラスト1を支払うことで、
カウンターチャージ2を行える
というものです。

カウンターチャージを行うことで、
小狐丸 特」や「堀川国広」のスキル使用回数を
増やすことができますので…、
髭切」がストライドしたターンには、
狙ってみるのも面白いかもしれません!


V刀剣-t1-14
▲「堀川国広(ほりかわくにひろ)」×3枚

和泉守兼定」と相性の良いユニット…というのは、
さきほど少し触れました。

そんな「堀川国広」の真剣必殺は、
・このユニットがリアガードサークルに登場したとき、
・カンターブラスト1を支払うことで、
ソウルチャージ1を行い、
このユニットのパワーを+3000します。


カウンターブラストさえ支払えれば、
登場するだけでスキルを使うことができ、
刀剣乱舞」にとっては貴重なソウルを増やして、
さらに、自身のパワーを11000に底上げできます。

11000というパワーは、
相手のグレード3のユニットに単独でアタックできる数値ですし…、
パワー10000の「大倶利伽羅」をブーストすれば、
合計パワー21000となって強力です!

攻撃にも支援にも回れて、
さらにソウルチャージもできる万能なスキルですが…、
唯一の欠点は、登場時の1ターン限りで使いきりという点。

それを、「和泉守兼定」のスキルを使うことで、
登場回数を増やして補えるというわけなんです…!


V刀剣-t1-15
▲「不動行光(ふどうゆきみつ)」×3枚

ある意味、デッキで最重要なカードですね。

攻撃には全く向きませんが、
守備をさせたら一級品の「守護者(センチネル)」の1枚。

その能力は、
手札からカードを1枚捨てることで、
どんなアタックでも完全に防いでしまう
という、
いわゆる"完全ガード"と呼ばれるものです。

本来、相手の高パワーのアタックを防ぐには、
手札を何枚も何枚も使わなければなりませんが、
この「不動行光」は、たったの2枚でシャットアウトしてくれます!

そんな強力な「守護者」には、いくつか種類がありますが、
守護者」のカードは合わせて4枚までしか、
デッキに投入することができません。

逆に、このデッキには3枚しか「守護者」が入っていませんので、
あと1枚、「物吉貞宗」あたりを補強しておくとよいでしょう。
(その際は、代わりに「後藤藤四郎」を1枚抜くと良いかもです)





☆グレード0

V刀剣-t1-16
▲「博多藤四郎(はかたとうしろう)」×1枚

プレイヤーの最初の分身「ファーストヴァンガード」となる、
グレード0で「先駆」の能力を持つユニットです。

先駆の能力を持つユニットは、
ライドされた際に、リアガードサークルへ移動できます。

さらに、もう1つスキルがあり、
・カウンターブラスト1を支払って、
・このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から5枚見て、
真剣必殺の能力を持つカード1枚を手札に加えて、
1枚加えたら、手札から1枚選んで捨てる
…というものです。

このデッキの大半のカードは、真剣必殺を持っていますので、
選択の幅が広く、そのときに必要なカードをピックアップしやすいです。

カウンターブラスト1と、このユニットと、手札1枚が犠牲になり、
あまり燃費は良くない感じですが…、
それでも、必要なカードがあるときは使ってみましょう!


V刀剣-t1-18
▲クリティカルトリガー「薬研藤四郎(やげんとうしろう)」×4枚
▲ドロートリガー「秋田藤四郎(あきたとうしろう)」×4枚
▲スタンドトリガー「乱藤四郎(みだれとうしろう)」×4枚
▲ヒールトリガー「五虎退(ごこたい)」×4枚

いずれも「トリガーユニット」です。

ヴァンガードのメインデッキには、
トリガーユニット」がちょうど16枚入っていなければなりません。

そして、トリガーユニットには4種類ありますが、
このデッキには4種類が4枚ずつ入っています。

トリガーは、種類ごとに効果が違い、

突破力を重視するなら「クリティカル」、
攻撃回数を重視するなら「スタンド」、
手札を引くチャンスを増やすなら「ドロー」、

…というようなイメージで、新たにカードを買い足して、
デッキ内のトリガーの比率を変えてみるのも面白いです。


(そこら辺のカードショップなら、10円とかで売っていると思います)

なお、ダメージを回復できる「ヒールトリガー」だけは、
4枚までしか入れることができません。
そして、最大の4枚入れておくことを強くオススメします。



★ブースターパック

同梱されていたタイトルブースター「刀剣乱舞-ONLINE- 弐」も、
せっかくですので開けてみましょう!

実は2箱買っていますので、パックも2袋あります!!

V刀剣-t1-19
ドキドキ……

(※画像をクリックで拡大表示されます)

V刀剣-t1-21
1パック目

おおっ、「守護者」の「物吉貞宗」が出ました!
これはラッキーです!!

V刀剣-t1-20
2パック目!!

なんと!
RRR(トリプルレア)の「鶴丸国永 特」が出ました…!
鶴丸国永 特」は2枚1組で使うカードですので、
中古でもう1枚買おうか悩むところですね…( ̄▽ ̄;)



★コメント

ぼく、ボードゲームを始める前は、
この「ヴァンガード」のファイターをしていましたので、
ヴァンガ」には、めちゃめちゃ思い入れが深いんです!

最近ではボードゲームばかりになって、
しばらくヴァンガの方はお休みしていたんですが…、

しーぷが好きな「刀剣乱舞」のトライアルデッキをお店で見かけて、
ついつい勢いでで購入してしまっていました。( ̄▽ ̄ )

それにしても、最近のヴァンガのデッキって、
ほんと1~2箱買えば戦える感じなんですね。

以前は、同じトライアルデッキを4箱買わないと、
まともなデッキを組めませんでしたが…、
この「刀剣乱舞」のトライアルデッキなんかは、
普通に、これ1箱で戦えるデッキになっていてびっくりです!
(「物吉貞宗」だけは、1枚だけ補充した方がいいですが)

せっかくデッキを買いましたので、
しーぷとファイトしてみて、
その模様をプレイ記にしてみようかと思っています。






記事を閉じる▲


★箱の外観

V刀剣-t1-01
▲箱のオモテ

最近のトライアルデッキは、
看板的なカードがハッキリと見えてて良いですね!

V刀剣-t1-02
▲箱のウラ

カードの構成などが書いてあります。

V刀剣-t1-03
▲そして、この「刀剣乱舞」の初回生産分には、
ブースターパックが1パック付属しているようです…!

これ、1パック300円しますからね。
めちゃありがたい♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

V刀剣-t1-04
▲さっそく開けてみましょう!

V刀剣-t1-22
▲デッキ以外の内容物は、
▲特別同梱の「ブースターパック」と、
▲ウラ面が"デッキ解説書"になっている「プレイマット」、
▲そして、ヴァンガードのルールが書かれている「ファーストガイド」。

V刀剣-t1-05
デッキはこちらです!

ここからは、
デッキの内容を1枚ずつ見ていきましょう。



★デッキの内容

☆グレード4

V刀剣-t1-17
▲「髭切(ひげきり)」×4枚

このデッキのGユニット

Gユニットとは、
50枚のメインデッキとは別枠で用意しておいて、
条件が整ったときに助太刀してくれるカードのことです。
(ですので、この商品はカード全"54枚"入りとなっています)

ストライドしたターンの能力は、
ドライブチェックでグレード3がでたら、
リアガード1枚とこのユニットのパワーを+5000する
というもの。

シンプルで分かりやすい能力ですね。
Gユニットはドライブチェックを3回行えますので、
チャンスも多くて良い感じです!


真剣必殺ということで、
発動にはダメージを「3以上」受けている必要がありますが、
そこは上手くダメージコントロールしていきましょう。



☆グレード3

V刀剣-t1-06
▲「小狐丸(こぎつねまる) 特」×4枚

このデッキの軸となるカードです!

このカードがヴァンガードのときに、
Gユニット(「髭切」など)がストライドしたら、
カウンターブラスト1を支払うことで…、

①山札の上から1枚見る。
②見たカードを山札の上か下に置く。
③山札の上から1枚引く。
④ソウルチャージ1枚。


という流れで効果を発揮します。

看板のわりには
なんというか、"便利屋さん"って感じですね。

特に、ソウル不足に陥りがちな「刀剣乱舞」にとって、
ソウルチャージの能力はありがたいと思います!


V刀剣-t1-07
▲「明石国行(あかしくにゆき)」×4枚

このデッキの、もう1種類のグレード3ユニットです。

真剣必殺は、
・相手ヴァンガードにアタックしたときに、
・このユニットがブーストされているなら、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000される
というもの。

こちらは「子狐丸 特」と違って、
リアガードサークル上でも能力を発揮できます。

ただ、条件が多いわりには効果が薄いというか…。

とはいえ、
パワー7000以上のユニットにブーストされれば、
リアガードサークルからパワー21000以上のアタック
仕掛けることができますので…、
しっかりと盤面を整えていきたいところですね!

なお、
このゲームでは"21000"という合計パワーは、
ひとつ重要なラインになっています。



☆グレード2

V刀剣-t1-08
▲「大倶利伽羅(おおくりから)」×3枚

特に能力のない、いわゆる"バニラ"といわれるカードです。
(バニラ=ノンフレーバーという意味)
そのぶん、パワーが高めになっています。

後述の「堀川国広」が能力を使ってブーストしてくれれば、
ちょうど合計パワー21000になって良い感じ。


V刀剣-t1-09
▲「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」×2枚

真剣必殺は、
・ブーストされたとき、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000されて、
さらに、このユニットのアタック終了時、
後列の、真剣必殺の能力を持つユニット1枚を、
手札に戻すことができます。


ユニットを手札に戻すという効果は、
登場時に1回きりしか発動できない能力を持つ、
グレード1の「堀川国広」と特に相性が良くて…、

登場して能力を使った「堀川国広」を、
このユニットで手札に戻してしまえば、
また次のターンに「堀川国広」を登場させて、
能力を再使用できるわけです!

この二振りのコンボは、ぜひ狙ってみたいですね。


V刀剣-t1-10
▲「同田貫正国(どうだぬきまさくに)」×2枚

ぼくが(キャラ的に)好きなカードです。

真剣必殺はシンプルで、
ヴァンガードへのアタックがパワー+3000されるというもの。

単独でグレード3のヴァンガードを攻めることができます!


V刀剣-t1-11
▲「長曽祢虎徹(ながそねこてつ)」×4枚

真剣必殺は、
他のグレード2以下のリアガードがアタックしたとき、
そのターン中、このユニットのパワー+3000される
というもの。

"そのターン中"というのがポイントで、
他のG2以下のリアガードがアタックするたびに、
パワー+3000が累積されていきます!!!

…が、このデッキの中には、
アタック回数を増やせるようなカードがありませんので、
どんなに頑張ってもパワーは3000しかアップしません。

ブースターパックに収録されている、
三日月宗近 特」&「加州清光 特」のコンボと絡めれば、
ちょっと面白そうだったりするんですが…。

ともかく、このユニットは最後にアタックさせてあげましょう!



☆グレード1

V刀剣-t1-12
▲「後藤藤四郎(ごとうとうしろう)」×4枚

グレード1のバニラです。

このデッキでは、あまり活きませんが…、

しいていうならば、
パワー11000のリアガードの後列でブーストすれば、
パワー9000の相手リアガードを駆逐しやすくなります。


V刀剣-t1-13
▲「今剣(いまのつるぎ)」×4枚

Gユニットをサポートするカードです。
これが4枚入っているのはマジでありがたい…!

使い方が2パターンありまして、

パターン1:手札にある場合

これ1枚でストライドのコストを支払えます。

パターン2:リアガードサークルにある場合

このユニットをソウルに置くことで、
Gユニットのパワーを+5000して、
さらに、誉(ほまれ)の能力を付与します。


」というのは、
相手ヴァンガードにアタックをヒットさせた際、
1ターンを通して1度だけ発動できる能力で…、

今剣」が付与するは、
相手ヴァンガードへのアタックがヒットしたとき、
ソウルブラスト1を支払うことで、
カウンターチャージ2を行える
というものです。

カウンターチャージを行うことで、
小狐丸 特」や「堀川国広」のスキル使用回数を
増やすことができますので…、
髭切」がストライドしたターンには、
狙ってみるのも面白いかもしれません!


V刀剣-t1-14
▲「堀川国広(ほりかわくにひろ)」×3枚

和泉守兼定」と相性の良いユニット…というのは、
さきほど少し触れました。

そんな「堀川国広」の真剣必殺は、
・このユニットがリアガードサークルに登場したとき、
・カンターブラスト1を支払うことで、
ソウルチャージ1を行い、
このユニットのパワーを+3000します。


カウンターブラストさえ支払えれば、
登場するだけでスキルを使うことができ、
刀剣乱舞」にとっては貴重なソウルを増やして、
さらに、自身のパワーを11000に底上げできます。

11000というパワーは、
相手のグレード3のユニットに単独でアタックできる数値ですし…、
パワー10000の「大倶利伽羅」をブーストすれば、
合計パワー21000となって強力です!

攻撃にも支援にも回れて、
さらにソウルチャージもできる万能なスキルですが…、
唯一の欠点は、登場時の1ターン限りで使いきりという点。

それを、「和泉守兼定」のスキルを使うことで、
登場回数を増やして補えるというわけなんです…!


V刀剣-t1-15
▲「不動行光(ふどうゆきみつ)」×3枚

ある意味、デッキで最重要なカードですね。

攻撃には全く向きませんが、
守備をさせたら一級品の「守護者(センチネル)」の1枚。

その能力は、
手札からカードを1枚捨てることで、
どんなアタックでも完全に防いでしまう
という、
いわゆる"完全ガード"と呼ばれるものです。

本来、相手の高パワーのアタックを防ぐには、
手札を何枚も何枚も使わなければなりませんが、
この「不動行光」は、たったの2枚でシャットアウトしてくれます!

そんな強力な「守護者」には、いくつか種類がありますが、
守護者」のカードは合わせて4枚までしか、
デッキに投入することができません。

逆に、このデッキには3枚しか「守護者」が入っていませんので、
あと1枚、「物吉貞宗」あたりを補強しておくとよいでしょう。
(その際は、代わりに「後藤藤四郎」を1枚抜くと良いかもです)





☆グレード0

V刀剣-t1-16
▲「博多藤四郎(はかたとうしろう)」×1枚

プレイヤーの最初の分身「ファーストヴァンガード」となる、
グレード0で「先駆」の能力を持つユニットです。

先駆の能力を持つユニットは、
ライドされた際に、リアガードサークルへ移動できます。

さらに、もう1つスキルがあり、
・カウンターブラスト1を支払って、
・このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から5枚見て、
真剣必殺の能力を持つカード1枚を手札に加えて、
1枚加えたら、手札から1枚選んで捨てる
…というものです。

このデッキの大半のカードは、真剣必殺を持っていますので、
選択の幅が広く、そのときに必要なカードをピックアップしやすいです。

カウンターブラスト1と、このユニットと、手札1枚が犠牲になり、
あまり燃費は良くない感じですが…、
それでも、必要なカードがあるときは使ってみましょう!


V刀剣-t1-18
▲クリティカルトリガー「薬研藤四郎(やげんとうしろう)」×4枚
▲ドロートリガー「秋田藤四郎(あきたとうしろう)」×4枚
▲スタンドトリガー「乱藤四郎(みだれとうしろう)」×4枚
▲ヒールトリガー「五虎退(ごこたい)」×4枚

いずれも「トリガーユニット」です。

ヴァンガードのメインデッキには、
トリガーユニット」がちょうど16枚入っていなければなりません。

そして、トリガーユニットには4種類ありますが、
このデッキには4種類が4枚ずつ入っています。

トリガーは、種類ごとに効果が違い、

突破力を重視するなら「クリティカル」、
攻撃回数を重視するなら「スタンド」、
手札を引くチャンスを増やすなら「ドロー」、

…というようなイメージで、新たにカードを買い足して、
デッキ内のトリガーの比率を変えてみるのも面白いです。


(そこら辺のカードショップなら、10円とかで売っていると思います)

なお、ダメージを回復できる「ヒールトリガー」だけは、
4枚までしか入れることができません。
そして、最大の4枚入れておくことを強くオススメします。



★ブースターパック

同梱されていたタイトルブースター「刀剣乱舞-ONLINE- 弐」も、
せっかくですので開けてみましょう!

実は2箱買っていますので、パックも2袋あります!!

V刀剣-t1-19
ドキドキ……

(※画像をクリックで拡大表示されます)

V刀剣-t1-21
1パック目

おおっ、「守護者」の「物吉貞宗」が出ました!
これはラッキーです!!

V刀剣-t1-20
2パック目!!

なんと!
RRR(トリプルレア)の「鶴丸国永 特」が出ました…!
鶴丸国永 特」は2枚1組で使うカードですので、
中古でもう1枚買おうか悩むところですね…( ̄▽ ̄;)



★コメント

ぼく、ボードゲームを始める前は、
この「ヴァンガード」のファイターをしていましたので、
ヴァンガ」には、めちゃめちゃ思い入れが深いんです!

最近ではボードゲームばかりになって、
しばらくヴァンガの方はお休みしていたんですが…、

しーぷが好きな「刀剣乱舞」のトライアルデッキをお店で見かけて、
ついつい勢いでで購入してしまっていました。( ̄▽ ̄ )

それにしても、最近のヴァンガのデッキって、
ほんと1~2箱買えば戦える感じなんですね。

以前は、同じトライアルデッキを4箱買わないと、
まともなデッキを組めませんでしたが…、
この「刀剣乱舞」のトライアルデッキなんかは、
普通に、これ1箱で戦えるデッキになっていてびっくりです!
(「物吉貞宗」だけは、1枚だけ補充した方がいいですが)

せっかくデッキを買いましたので、
しーぷとファイトしてみて、
その模様をプレイ記にしてみようかと思っています。





【2016/12/18 00:01】 | カードゲーム |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可