RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「トレジャーハンター」




★開封

トレハン-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

トレハン-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

苦労してダンジョン最深部のお宝に辿り着いた…!
って感じのジャケットですね。

それにしても、この右側のお宝、なんなんだろう…?( ̄▽ ̄ )

トレハン-o-03
▲箱のウラ面

"リチャード・ガーフィールドが帰ってきた!"

ほんと楽しみです…!

トレハン-o-04
スペック

プレイ人数が2~6人と幅広く、
ボドゲ会で扱いやすそうですね。( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

トレハン-o-05
▲一発目はタイル台紙

トレハン-o-06
▲その下にルルブ

トレハン-o-07
▲さらに早見表があって、

トレハン-o-08
▲ラストがカード類でした!



★タイル抜き!

トレハン-o-09
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

トレハン-o-10
▲はい、完了…!

トレハン-o-29
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

トレハン-o-11
ルールブック(日本語・全6ページ)

トレハン-o-12
早見表(両面)
アクションカード魔法スクロールの説明があります。

トレハン-o-13
ゲーム盤×2枚1セット
▲2枚のボードを連結させるタイプのゲーム盤です。
▲ウラ面は得点ボードになっていて、ゲーム終了時に使うようです。

トレハン-o-14
得点マーカー×6色・各2枚
▲得点ボードに乗っけて使うみたいですね。

トレハン-o-15
コイン(銅貨・銀貨・金貨)×全82枚
▲何かのコストになるのでしょうか。

トレハン-o-16
宝石(価値10・価値20)×全39枚
▲コインの次は宝石です。これが勝利点に絡んでくる感じ…?

トレハン-o-17
ゴブリンタイル×22枚
▲まさかの"ちょんまげゴブリン"です。ちょっとカワイイかも…( ̄▽ ̄*)

トレハン-o-18
▲ここから、全54枚の宝物タイルです。

トレハン-o-19
アーティファクト×30枚
▲内訳は、プラスが25枚でマイナスが5枚。

最高の「20」のタイルのイラストは、
これマジで何なんだろう…?( ̄▽ ̄;)

トレハン-o-20
黄色い魔法スクロール×20枚
▲どうやら、ここでコインを使うことになるようですね。

トレハン-o-21
灰色の魔法スクロール×4枚
▲こちらもコインを使うみたいですが、
▲黄色のとは効果がビミョーに違うんでしょうか…?

トレハン-o-22
▲最後にカード類

トレハン-o-23
▲ウラ面は共通で、このイラストです。

トレハン-o-24
仲間カード(高山ジャングル地底洞穴)×全36枚
▲各色それぞれ「」~「12」まであります。

トレハン-o-25
コインカード(銅貨・銀貨・金貨)×各4枚
番犬カード×12枚
▲頼もしそうなワンちゃんですね。何かから守ってくれるのかな?

トレハン-o-26
アクションカード×15枚
▲「しもべ」にする生き物がすごいっすね…( ̄▽ ̄;)


そして……

トレハン-o-27
▲クイーンズゲームズさんのタイトルカード!

アルハンブラ」といい「キングダムビルダー」といい、
ほんっと名作揃いですよね…!

ちなみに、私星屑は「テーベ」がいちばん好きです!



★コメント

11月は何を買おうかなーっと考えているときに、
ふと目に入ったのが、この「トレジャーハンター」というタイトルでした。

名前からしてワクワクしますし、
よくよく説明を読んでみると、
あの「キング・オブ・トーキョー」や「MTG」で有名な、
リチャード・ガーフィールド」さんのデザインということで、
これは間違いなさそうだと購入を決めた感じです。

また、5~6人の卓ができることの多いウチのオープン会では、
6人までプレイできるゲームというのは本当にありがたいですね。

箱を開けてみると、
タイルやカードの枚数は、そこそこ多いですが、
その内容を見てみると、あまりゴチャゴチャしていなくて、
とっつきやすそうなイメージでした。

トレハン-o-28
▲あとはプレイしてみるだけですね!

とりあえず妻しーぷと2人で軽く回してから、
ボドゲ会に持ち込んでみたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

トレハン-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

苦労してダンジョン最深部のお宝に辿り着いた…!
って感じのジャケットですね。

それにしても、この右側のお宝、なんなんだろう…?( ̄▽ ̄ )

トレハン-o-03
▲箱のウラ面

"リチャード・ガーフィールドが帰ってきた!"

ほんと楽しみです…!

トレハン-o-04
スペック

プレイ人数が2~6人と幅広く、
ボドゲ会で扱いやすそうですね。( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

トレハン-o-05
▲一発目はタイル台紙

トレハン-o-06
▲その下にルルブ

トレハン-o-07
▲さらに早見表があって、

トレハン-o-08
▲ラストがカード類でした!



★タイル抜き!

トレハン-o-09
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

トレハン-o-10
▲はい、完了…!

トレハン-o-29
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

トレハン-o-11
ルールブック(日本語・全6ページ)

トレハン-o-12
早見表(両面)
アクションカード魔法スクロールの説明があります。

トレハン-o-13
ゲーム盤×2枚1セット
▲2枚のボードを連結させるタイプのゲーム盤です。
▲ウラ面は得点ボードになっていて、ゲーム終了時に使うようです。

トレハン-o-14
得点マーカー×6色・各2枚
▲得点ボードに乗っけて使うみたいですね。

トレハン-o-15
コイン(銅貨・銀貨・金貨)×全82枚
▲何かのコストになるのでしょうか。

トレハン-o-16
宝石(価値10・価値20)×全39枚
▲コインの次は宝石です。これが勝利点に絡んでくる感じ…?

トレハン-o-17
ゴブリンタイル×22枚
▲まさかの"ちょんまげゴブリン"です。ちょっとカワイイかも…( ̄▽ ̄*)

トレハン-o-18
▲ここから、全54枚の宝物タイルです。

トレハン-o-19
アーティファクト×30枚
▲内訳は、プラスが25枚でマイナスが5枚。

最高の「20」のタイルのイラストは、
これマジで何なんだろう…?( ̄▽ ̄;)

トレハン-o-20
黄色い魔法スクロール×20枚
▲どうやら、ここでコインを使うことになるようですね。

トレハン-o-21
灰色の魔法スクロール×4枚
▲こちらもコインを使うみたいですが、
▲黄色のとは効果がビミョーに違うんでしょうか…?

トレハン-o-22
▲最後にカード類

トレハン-o-23
▲ウラ面は共通で、このイラストです。

トレハン-o-24
仲間カード(高山ジャングル地底洞穴)×全36枚
▲各色それぞれ「」~「12」まであります。

トレハン-o-25
コインカード(銅貨・銀貨・金貨)×各4枚
番犬カード×12枚
▲頼もしそうなワンちゃんですね。何かから守ってくれるのかな?

トレハン-o-26
アクションカード×15枚
▲「しもべ」にする生き物がすごいっすね…( ̄▽ ̄;)


そして……

トレハン-o-27
▲クイーンズゲームズさんのタイトルカード!

アルハンブラ」といい「キングダムビルダー」といい、
ほんっと名作揃いですよね…!

ちなみに、私星屑は「テーベ」がいちばん好きです!



★コメント

11月は何を買おうかなーっと考えているときに、
ふと目に入ったのが、この「トレジャーハンター」というタイトルでした。

名前からしてワクワクしますし、
よくよく説明を読んでみると、
あの「キング・オブ・トーキョー」や「MTG」で有名な、
リチャード・ガーフィールド」さんのデザインということで、
これは間違いなさそうだと購入を決めた感じです。

また、5~6人の卓ができることの多いウチのオープン会では、
6人までプレイできるゲームというのは本当にありがたいですね。

箱を開けてみると、
タイルやカードの枚数は、そこそこ多いですが、
その内容を見てみると、あまりゴチャゴチャしていなくて、
とっつきやすそうなイメージでした。

トレハン-o-28
▲あとはプレイしてみるだけですね!

とりあえず妻しーぷと2人で軽く回してから、
ボドゲ会に持ち込んでみたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




【2016/11/05 11:19】 | 紹介・開封 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可