RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「デュプリク」




★開封

デュプリク-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

デュプリク-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

"絵心がなくても遊べるお絵かきゲーム"のようです。

ところで"デュプリク"って、どういう意味なんだろう…?

デュプリク-o-03
▲箱の側面

どうやら内容的には、
4ステップで遊べるシンプルなゲームのようです。

デュプリク-o-04
スペック

プレイ人数の上限がないってことは、
もしかしたら何人ででも遊べるゲームなのでしょうか。



★箱をオープン!

デュプリク-o-05
▲上からパカッと開くタイプでした!



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

デュプリク-o-06
ルールブック(日本語・全12ページ)

デュプリク-o-07
▲ノートパッド×1冊

ホワイトボード形式ではなく、ノートパッド形式でした。
これ、使いきりや紛失対策にコピっておこうと思います。

デュプリク-o-08
砂時計(90秒)

お絵かきゲームの基本アイテムですよね。

デュプリク-o-09
10面ダイス

テレストレーション」では、お題を決めるためにダイスを使いますが、
こちらは最初の〈アートディレクター〉を決めるためのダイスのようです。

デュプリク-o-12
▲そして、カード類

デュプリク-o-13
場面カード

ネタバレになるので、1枚だけお見せしておきます。

デュプリク-o-11
赤いカード

場面カードの右側に重ねると、"評価基準"を見ることができます。

デュプリク-o-14
▲実際に重ねてみました。
(※画像をクリックで拡大表示できます)

場面カードには10項目の評価基準があり、
これを満たした絵を描けるかがポイントになるようです。


そして最後に……

デュプリク-o-10
収納袋

デュプリク-o-15
▲内容物を、まるっとのみこんでくれる袋です。
▲コンパクトに持ち運びできそうですね。



★コメント

テレストレーション」といい、「ピクトマニア」といい、
お絵かき系のタイトルがウケているウチのボードゲーム会。

そこに、新たな仲間として加わってくれたのが、
このデュデュ…「デュプリク」です!
ちょっと言いにくい…!( ̄▽ ̄;)

テレストレーション」は伝言ゲームで、
ピクトマニア」は似たようなお題の描き分けゲームで、
…と、お絵かきゲームにはテーマがありますが、

この「デュプリク」は、
"場面"を正確に伝えて、それを描いてもらうのがテーマのようです。


プレイヤーは、
ラウンドごとに交代で〈アートディレクター〉を担当し、
場面カードの絵を見て、その内容を言葉で事細かに説明して、
残りのプレイヤーたちに、自分が説明した絵を描いてもらいます。


制限時間が終わったら答え合わせ。
場面カードの右側に赤いカードを重ねると、
10項目の評価基準が浮かび上がりますので、
それぞれ満たしているかをスコアシートにチェックしていき、
これが得点になります。

全員が1回ずつ〈アートディレクター〉を担当したら、ゲームが終了して、
最高得点のプレイヤーが勝利…という感じのようです。


こう、ルールブックを読んでいると、
すべてが〈アートディレクター〉にかかっているような気がしてきます。
絵心は必要なくとも、観察力伝達力が超必要になりそうな…。

思ったよりクセがあるゲームなのかも。

まぁとりあえず、やってみんことには分からんですので、
来週のウチのボドゲ会でプレイして、
ちょっとレビューしてみたいと思います!( ̄▽ ̄*)

デュプリク-o-16
▲さて、どうなることやら……






記事を閉じる▲


★箱の外観

デュプリク-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

"絵心がなくても遊べるお絵かきゲーム"のようです。

ところで"デュプリク"って、どういう意味なんだろう…?

デュプリク-o-03
▲箱の側面

どうやら内容的には、
4ステップで遊べるシンプルなゲームのようです。

デュプリク-o-04
スペック

プレイ人数の上限がないってことは、
もしかしたら何人ででも遊べるゲームなのでしょうか。



★箱をオープン!

デュプリク-o-05
▲上からパカッと開くタイプでした!



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

デュプリク-o-06
ルールブック(日本語・全12ページ)

デュプリク-o-07
▲ノートパッド×1冊

ホワイトボード形式ではなく、ノートパッド形式でした。
これ、使いきりや紛失対策にコピっておこうと思います。

デュプリク-o-08
砂時計(90秒)

お絵かきゲームの基本アイテムですよね。

デュプリク-o-09
10面ダイス

テレストレーション」では、お題を決めるためにダイスを使いますが、
こちらは最初の〈アートディレクター〉を決めるためのダイスのようです。

デュプリク-o-12
▲そして、カード類

デュプリク-o-13
場面カード

ネタバレになるので、1枚だけお見せしておきます。

デュプリク-o-11
赤いカード

場面カードの右側に重ねると、"評価基準"を見ることができます。

デュプリク-o-14
▲実際に重ねてみました。
(※画像をクリックで拡大表示できます)

場面カードには10項目の評価基準があり、
これを満たした絵を描けるかがポイントになるようです。


そして最後に……

デュプリク-o-10
収納袋

デュプリク-o-15
▲内容物を、まるっとのみこんでくれる袋です。
▲コンパクトに持ち運びできそうですね。



★コメント

テレストレーション」といい、「ピクトマニア」といい、
お絵かき系のタイトルがウケているウチのボードゲーム会。

そこに、新たな仲間として加わってくれたのが、
このデュデュ…「デュプリク」です!
ちょっと言いにくい…!( ̄▽ ̄;)

テレストレーション」は伝言ゲームで、
ピクトマニア」は似たようなお題の描き分けゲームで、
…と、お絵かきゲームにはテーマがありますが、

この「デュプリク」は、
"場面"を正確に伝えて、それを描いてもらうのがテーマのようです。


プレイヤーは、
ラウンドごとに交代で〈アートディレクター〉を担当し、
場面カードの絵を見て、その内容を言葉で事細かに説明して、
残りのプレイヤーたちに、自分が説明した絵を描いてもらいます。


制限時間が終わったら答え合わせ。
場面カードの右側に赤いカードを重ねると、
10項目の評価基準が浮かび上がりますので、
それぞれ満たしているかをスコアシートにチェックしていき、
これが得点になります。

全員が1回ずつ〈アートディレクター〉を担当したら、ゲームが終了して、
最高得点のプレイヤーが勝利…という感じのようです。


こう、ルールブックを読んでいると、
すべてが〈アートディレクター〉にかかっているような気がしてきます。
絵心は必要なくとも、観察力伝達力が超必要になりそうな…。

思ったよりクセがあるゲームなのかも。

まぁとりあえず、やってみんことには分からんですので、
来週のウチのボドゲ会でプレイして、
ちょっとレビューしてみたいと思います!( ̄▽ ̄*)

デュプリク-o-16
▲さて、どうなることやら……





【2016/11/06 07:49】 | 紹介・開封 【タグ】 デュプリク  
|


アゴ
最近更新がありませんが、大丈夫ですか?
冷え込んできましたので体調にもお気を付けて(´ω` )/

変なコメントすみませんでしたm(_ _)m

恐れ入ります!
星屑トランペッター
励ましのコメントありがとうございます♪

ちょっとバタバタしていますが、
できる限りで更新してまいりますので、
どうか今後とも、よろしくお願いします!( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
最近更新がありませんが、大丈夫ですか?
冷え込んできましたので体調にもお気を付けて(´ω` )/

変なコメントすみませんでしたm(_ _)m
2016/11/16(Wed) 11:19 | URL  | アゴ #-[ 編集]
恐れ入ります!
励ましのコメントありがとうございます♪

ちょっとバタバタしていますが、
できる限りで更新してまいりますので、
どうか今後とも、よろしくお願いします!( ̄▽ ̄*)
2016/12/15(Thu) 01:03 | URL  | 星屑トランペッター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可