RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ベア・ヴァレー」




★開封

ベアヴァレ-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

ベアヴァレ-o-02
▲箱の外側に日本語説明書が貼っ付いていました。

ベアヴァレ-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲思わず「ひえっ」とビビってしまいそうなジャケットです…( ̄▽ ̄;)

ベアヴァレ-o-04
▲箱のウラ面
▲ドイツ製ですが、文章は英語でした。

ベアヴァレ-o-05
スペック
▲プレイヤー人数が幅広く、時間は短めのようですね。



★箱をオープン!

ベアヴァレ-o-06
▲一発目はカード類コマ類

ベアヴァレ-o-07
▲その下にルルブがあって、

ベアヴァレ-o-08
▲底にタイル台紙でラストでした。



★タイル抜き!

ベアヴァレ-o-09
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ベアヴァレ-o-10
▲はい、完了…!

ベアヴァレ-o-11
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

ベアヴァレ-o-12
ルールブック(原語・日本語)

ベアヴァレ-o-13
▲このルールブック、原語版は40ページなんですが、
▲日本語版は32ページに納まっています。

ベアヴァレ-o-24
▲すごいですね、ホビージャパンさん。
▲どうまとめたんでしょうか…?( ̄▽ ̄*)

ベアヴァレ-o-15
プレイヤートークン×6個
▲リュックサックを背負った、かわいいコマですね!

ベアヴァレ-o-16
金貨トークン×8個
▲上級ルールで使用する「金貨」です。
▲これを3枚集めると、勝利がグッと近づくんだとか!

ベアヴァレ-o-17
アイテム・トークン×18個
▲こちらも上級ルールで使用するトークン類です。

ベアヴァレ-o-18
▲ここからはカード類

ベアヴァレ-o-19
プレイヤー・カード×6枚
▲プレイヤートークンには、このカードが1枚ずつ対応していて、
▲上級ルールでは各々ボーナス弱点が付与されます!

ベアヴァレ-o-14
対訳表×1枚
▲カードのウラ面に、そのまま貼れる仕様です。

ベアヴァレ-o-20
谷カード×15枚
▲初期配置に使うカードです。

この中のスタート地点から目的地キャンプへと辿り着くのが、
このゲームの目的となります。

ベアヴァレ-o-21
野外カード×79枚
〈調査〉することによって広がっていく、"熊川"周辺の地形です。

ベアヴァレ-o-22
▲中でも、さまざまなイラストがある場所では、
▲アイテムの配置や、熊の出現が発生します…!



★コメント

星屑、"逃げる系"のゲームが好きです!

特に好きなのは、
「ポンペイ滅亡」や「マウナ・ケア」といった、
"溶岩から逃げる系"ですが…、

溶岩が絡まなくても、
「アイランド」のような"脱出系"のゲームも好きで、

その「アイランド」と同じメーカーの、
同じ"脱出系"のタイトルということで、
この「ベア・ヴァレー」を購入してみました!!

ちょっとルルブを読んでみたんですが、

カードをめくって道つないで、
自分のコマを進めていく!


という、分かりやすいルールをベースにしつつ、

1ターンに動けば動くほど、
日没が近づき、道に迷いやすくなってしまったり


山や森といった地形に侵入してしまうと、
そこからの移動が厄介になってしまったり
と、

自然のコワさが、そこかしこに表現されています…!

そして、なんといっても、このゲームの主役は「」!!

なんと、プレイヤーが全員脱落してしまうと、
「熊」の単独勝利になる…なんて展開もあるらしく、
パッケージの表紙どおりの恐怖を味わうことができそうです…!

ベアヴァレ-o-23

箱が小さめなのもポイントですね!

あとは、ややルールが複雑ですので、
コンパクトなサマリーだけ作っておこうと思います。





記事を閉じる▲


★箱の外観

ベアヴァレ-o-02
▲箱の外側に日本語説明書が貼っ付いていました。

ベアヴァレ-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲思わず「ひえっ」とビビってしまいそうなジャケットです…( ̄▽ ̄;)

ベアヴァレ-o-04
▲箱のウラ面
▲ドイツ製ですが、文章は英語でした。

ベアヴァレ-o-05
スペック
▲プレイヤー人数が幅広く、時間は短めのようですね。



★箱をオープン!

ベアヴァレ-o-06
▲一発目はカード類コマ類

ベアヴァレ-o-07
▲その下にルルブがあって、

ベアヴァレ-o-08
▲底にタイル台紙でラストでした。



★タイル抜き!

ベアヴァレ-o-09
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ベアヴァレ-o-10
▲はい、完了…!

ベアヴァレ-o-11
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

ベアヴァレ-o-12
ルールブック(原語・日本語)

ベアヴァレ-o-13
▲このルールブック、原語版は40ページなんですが、
▲日本語版は32ページに納まっています。

ベアヴァレ-o-24
▲すごいですね、ホビージャパンさん。
▲どうまとめたんでしょうか…?( ̄▽ ̄*)

ベアヴァレ-o-15
プレイヤートークン×6個
▲リュックサックを背負った、かわいいコマですね!

ベアヴァレ-o-16
金貨トークン×8個
▲上級ルールで使用する「金貨」です。
▲これを3枚集めると、勝利がグッと近づくんだとか!

ベアヴァレ-o-17
アイテム・トークン×18個
▲こちらも上級ルールで使用するトークン類です。

ベアヴァレ-o-18
▲ここからはカード類

ベアヴァレ-o-19
プレイヤー・カード×6枚
▲プレイヤートークンには、このカードが1枚ずつ対応していて、
▲上級ルールでは各々ボーナス弱点が付与されます!

ベアヴァレ-o-14
対訳表×1枚
▲カードのウラ面に、そのまま貼れる仕様です。

ベアヴァレ-o-20
谷カード×15枚
▲初期配置に使うカードです。

この中のスタート地点から目的地キャンプへと辿り着くのが、
このゲームの目的となります。

ベアヴァレ-o-21
野外カード×79枚
〈調査〉することによって広がっていく、"熊川"周辺の地形です。

ベアヴァレ-o-22
▲中でも、さまざまなイラストがある場所では、
▲アイテムの配置や、熊の出現が発生します…!



★コメント

星屑、"逃げる系"のゲームが好きです!

特に好きなのは、
「ポンペイ滅亡」や「マウナ・ケア」といった、
"溶岩から逃げる系"ですが…、

溶岩が絡まなくても、
「アイランド」のような"脱出系"のゲームも好きで、

その「アイランド」と同じメーカーの、
同じ"脱出系"のタイトルということで、
この「ベア・ヴァレー」を購入してみました!!

ちょっとルルブを読んでみたんですが、

カードをめくって道つないで、
自分のコマを進めていく!


という、分かりやすいルールをベースにしつつ、

1ターンに動けば動くほど、
日没が近づき、道に迷いやすくなってしまったり


山や森といった地形に侵入してしまうと、
そこからの移動が厄介になってしまったり
と、

自然のコワさが、そこかしこに表現されています…!

そして、なんといっても、このゲームの主役は「」!!

なんと、プレイヤーが全員脱落してしまうと、
「熊」の単独勝利になる…なんて展開もあるらしく、
パッケージの表紙どおりの恐怖を味わうことができそうです…!

ベアヴァレ-o-23

箱が小さめなのもポイントですね!

あとは、ややルールが複雑ですので、
コンパクトなサマリーだけ作っておこうと思います。




【2016/12/21 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ベア・ヴァレー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可