RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「たたらばと森」




★開封

たたらば-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

たたらば-o-02
▲まず、箱の包装の外にサマリーが貼り付けてありました。

たたらば-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

なんだろう、めっちゃのどか…( ̄▽ ̄*)
右下のワンちゃんがカワイイですねぇ。

たたらば-o-04
▲箱のウラ面

書いてあることが壮大です…!
でも、やることはシンプルみたいですね。

たたらば-o-05
スペック



★箱をオープン!

たたらば-o-06
▲一発目はルルブ

たたらば-o-07
▲その下にタイル台紙があって、

たたらば-o-08
▲豪華な木製コマの数々…!

たたらば-o-09
▲底にあって、以上となります!



★タイル抜き!

たたらば-o-10
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

たたらば-o-11
▲はい、完了…!

たたらば-o-32
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

それでは、一つ一つ見ていきましょう!

たたらば-o-12
ルールブック(日本語・全8ページ)
▲最終ページに大きめのサマリーがあります。

たたらば-o-13
サマリー×1枚
▲外付けされていたサマリーです。こちらはコンパクトですね。

たたらば-o-14
ボード×6枚
▲これをつなぎ合わせることで、ゲームボードをつくります。

ゲームごとに接続を変えることで、
ちょっと違った盤面でのプレイができるとのことです。

たたらば-o-15
鉄のお金(16枚・8枚)
▲丸い方が1銭で、四角い方が5銭

他のプレイヤーの木を〈伐採〉させてもらうときや、
たたら」を建てるときの支払いに使うようです。

たたらば-o-16
建材(16枚・8枚)

こちらも「たたら」を建てるときに必要とのこと。

たたらば-o-17
足マーカー×16枚

移動の補助に使える使い捨てのマーカーで、
単純に1枚につき移動力が1マスUPするようです。

たたらば-o-18
遷移札×13枚

この札によって、
木が成長したり遷移したりするボードが決まるようです。

たたらば-o-19
スタートプレイヤーマーカー×1個

たたらば-o-20
プレイヤーコマ×4色・各1個
▲このコマがボード上を移動して、植林や伐採を行います。

たたらば-o-21
アカマツのコマ×4色・各4個
▲アカマツは〈伐採〉すると製鉄によって2銭になりますが、
〈伐採〉しないと「クヌギ」に遷移してしまいます。

たたらば-o-22
クヌギのコマ×4色・各4個
▲クヌギは〈伐採〉すると製鉄によって1銭になりますが、
▲なおも〈伐採〉しないでいると、「ブナ」に遷移してしまいます。

※「ブナ」はただの障害物でしかないとのこと…( ̄▽ ̄;)

たたらば-o-23
スギのコマ×4色・各4個ずつ
▲スギは成長がワンテンポ遅いですが、
▲成木を〈伐採〉すれば3建材or1銭になります!
▲やはり〈伐採〉しないでいると、「ブナ」に遷移してしまいます。

たたらば-o-24
たたらコマ×4色・各2個ずつ
▲このコマを配置したマスには、
▲他のプレイヤーは進入できません。

また、2つ目の「たたら」を建設すると、
1ターンのアクション数が「」→「」にアップするようです!

たたらば-o-25
永代たたらコマ×4色・各4個ずつ
▲これを建設することが、ゲームの終了条件となります。
▲また、ゲームの勝利条件にもなっています。

そのコストは、10銭10建材…!
ゴールは遠そうですね。( ̄▽ ̄ )

たたらば-o-26
カシのコマブナのコマ

たたらば-o-27
▲「カシ」は初期配置の時点で、
▲こんなふうにニョキニョキ生えています。( ̄▽ ̄ )

そして、〈伐採〉することによって、
製鉄して1銭にするか、あるいは1建材にできるようです。

一方の「ブナ」は、さきほども少し紹介しましたが、
木々の成れの果てって感じで、〈伐採〉しても何も得られず
ただただ移動の障害にしかなりません…。



★コメント

""がテーマのゲームで、
木製コマ」がふんだんに使われてるって、
ほんとマッチ感がすごいですね!( ̄▽ ̄*)

ぼくは、木については全く分かりませんが…、

どうやら、

たたらば-o-28
〈植林〉して、

たたらば-o-29
幼木から、

たたらば-o-30
成木に成長したところで、

たたらば-o-31
〈伐採〉して「永代たたら」の建設を目指す…!

…そんなゲームのようで、
とてもテーマがわかりやすくて、めっちゃワクワクします!!

これはすぐにでもプレイしてみたいタイトルなんですが、
手元に届いたのが、よりにもよって、
今年最後のウチのボドゲ会が終わった3時間後という…( ̄▽ ̄;)

たたらば-o-33

と、とりあえず妻しーぷと2人プレイしてみようと思います!



ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

たたらば-o-02
▲まず、箱の包装の外にサマリーが貼り付けてありました。

たたらば-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

なんだろう、めっちゃのどか…( ̄▽ ̄*)
右下のワンちゃんがカワイイですねぇ。

たたらば-o-04
▲箱のウラ面

書いてあることが壮大です…!
でも、やることはシンプルみたいですね。

たたらば-o-05
スペック



★箱をオープン!

たたらば-o-06
▲一発目はルルブ

たたらば-o-07
▲その下にタイル台紙があって、

たたらば-o-08
▲豪華な木製コマの数々…!

たたらば-o-09
▲底にあって、以上となります!



★タイル抜き!

たたらば-o-10
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

たたらば-o-11
▲はい、完了…!

たたらば-o-32
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

それでは、一つ一つ見ていきましょう!

たたらば-o-12
ルールブック(日本語・全8ページ)
▲最終ページに大きめのサマリーがあります。

たたらば-o-13
サマリー×1枚
▲外付けされていたサマリーです。こちらはコンパクトですね。

たたらば-o-14
ボード×6枚
▲これをつなぎ合わせることで、ゲームボードをつくります。

ゲームごとに接続を変えることで、
ちょっと違った盤面でのプレイができるとのことです。

たたらば-o-15
鉄のお金(16枚・8枚)
▲丸い方が1銭で、四角い方が5銭

他のプレイヤーの木を〈伐採〉させてもらうときや、
たたら」を建てるときの支払いに使うようです。

たたらば-o-16
建材(16枚・8枚)

こちらも「たたら」を建てるときに必要とのこと。

たたらば-o-17
足マーカー×16枚

移動の補助に使える使い捨てのマーカーで、
単純に1枚につき移動力が1マスUPするようです。

たたらば-o-18
遷移札×13枚

この札によって、
木が成長したり遷移したりするボードが決まるようです。

たたらば-o-19
スタートプレイヤーマーカー×1個

たたらば-o-20
プレイヤーコマ×4色・各1個
▲このコマがボード上を移動して、植林や伐採を行います。

たたらば-o-21
アカマツのコマ×4色・各4個
▲アカマツは〈伐採〉すると製鉄によって2銭になりますが、
〈伐採〉しないと「クヌギ」に遷移してしまいます。

たたらば-o-22
クヌギのコマ×4色・各4個
▲クヌギは〈伐採〉すると製鉄によって1銭になりますが、
▲なおも〈伐採〉しないでいると、「ブナ」に遷移してしまいます。

※「ブナ」はただの障害物でしかないとのこと…( ̄▽ ̄;)

たたらば-o-23
スギのコマ×4色・各4個ずつ
▲スギは成長がワンテンポ遅いですが、
▲成木を〈伐採〉すれば3建材or1銭になります!
▲やはり〈伐採〉しないでいると、「ブナ」に遷移してしまいます。

たたらば-o-24
たたらコマ×4色・各2個ずつ
▲このコマを配置したマスには、
▲他のプレイヤーは進入できません。

また、2つ目の「たたら」を建設すると、
1ターンのアクション数が「」→「」にアップするようです!

たたらば-o-25
永代たたらコマ×4色・各4個ずつ
▲これを建設することが、ゲームの終了条件となります。
▲また、ゲームの勝利条件にもなっています。

そのコストは、10銭10建材…!
ゴールは遠そうですね。( ̄▽ ̄ )

たたらば-o-26
カシのコマブナのコマ

たたらば-o-27
▲「カシ」は初期配置の時点で、
▲こんなふうにニョキニョキ生えています。( ̄▽ ̄ )

そして、〈伐採〉することによって、
製鉄して1銭にするか、あるいは1建材にできるようです。

一方の「ブナ」は、さきほども少し紹介しましたが、
木々の成れの果てって感じで、〈伐採〉しても何も得られず
ただただ移動の障害にしかなりません…。



★コメント

""がテーマのゲームで、
木製コマ」がふんだんに使われてるって、
ほんとマッチ感がすごいですね!( ̄▽ ̄*)

ぼくは、木については全く分かりませんが…、

どうやら、

たたらば-o-28
〈植林〉して、

たたらば-o-29
幼木から、

たたらば-o-30
成木に成長したところで、

たたらば-o-31
〈伐採〉して「永代たたら」の建設を目指す…!

…そんなゲームのようで、
とてもテーマがわかりやすくて、めっちゃワクワクします!!

これはすぐにでもプレイしてみたいタイトルなんですが、
手元に届いたのが、よりにもよって、
今年最後のウチのボドゲ会が終わった3時間後という…( ̄▽ ̄;)

たたらば-o-33

と、とりあえず妻しーぷと2人プレイしてみようと思います!



ボードゲーム記事一覧




【2016/12/12 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 たたらばと森  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可