RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ピクテル・ライト:ホラー」


ピクテル-o-2-18

★開封

ピクテル-o-2-01
▲すごろくやさんから届いたので、開封してみましょう!


★箱の外観

ピクテル-o-2-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ひと箱だけ真っ黒なので、インパクトありますね!

左が「無印ピクテル」、右下が「ファニー」で、
右上にあるのが「ホラー」です!!

ピクテル-o-2-03
▲箱のウラ面

ファニー」が、
"すこしおかしくて楽しげなクリアカード30枚"

だったのに対して、

ホラー」は、
"すこし不思議で不気味なクリアカード30枚"

と、まさに名前どおりな内容になっています…!



★箱をオープン!

ピクテル-o-2-04
▲フタを開けると、一発目が黒いルルブで、

ピクテル-o-2-05
▲その下にカードの束

「ファニー」とまったく同じ構成ですね。



★内容物

ルールシートは「ファニー」の色違い。
その内容も、これまた全く同じでした。

ピクテル-o-2-06
▲そして、お待ちかねのカード類です!

ピクテル-o-2-07
ピクテル-o-2-08
ピクテル-o-2-09
ピクテル-o-2-10
ピクテル-o-2-11
ピクトグラムカード×30枚

またもや"人物"のカードが9枚追加されました!
(約1名、地球人ではなさそうな人もいますが…)

スポーツにしても、職業にしても、
なんやかんや、"人物"が中心になることの多いゲームですので、
"人物"のバリエーションが増えるのはありがたいですね。

で、あとは尖ったのが多いイメージ…!

とても大きくて威圧感のある「怪獣」や、
思わず目を背けたくなる「血だまり」、
不吉な印象の「枯れ木」があったり、
めちゃ薄気味の悪い「仮面」も…。

これは「お題」の選択肢が(コワい方向に)広がりそうです!!!

こうして、30枚のカードを見渡していて、
個人的には「集中線」にビビっと来ました!

全体の中の1ヵ所にスポットを当てたいときに、
すごく重宝してくれそうな気がします。( ̄▽ ̄*)



★コメント

はっきり言って、これはクセがある…というか、
クセしかない30枚に仕上がっていますね!

この30枚だけでゲームをしろと言われたら、
出題者回答者も、これでもかと苦しめられそうです…!

ピクテル-o-2-12

でも逆に、それくらい難易度が高い方が、
やりごたえがあって良いという向きもありますので…、

無印の「ピクテル」の"拡張"として、
使えるカードの幅を広げてやるもよし、

ホラー」を"単体"とみて、
限られたカードでプレイしてみるもよし、

そのときのメンバーによって、
うまいこと使い分けていけたらと思っています!!


で、ぼくが少し気になっていたのが、
3箱の「ピクテル」シリーズのカード全120枚は、
すべて無印の「ピクテル」の箱に納まるのかどうか…?


ピクテル-o-2-13
▲やってみた結果、若干はみ出しはしますが…、

ピクテル-o-2-14
▲フタをすることはできましたので、
ゴムをかければ持ち運ぶことができそうです。



★おまけ

これは知らなかったので、びっくりだったんですが、
すごろくや」さんでのお買い物2,000円ごとに、
ボードゲームカード」のパックがもらえるんですね!

1パックに1枚ずつ、
「ドイツボードゲーム大賞」受賞タイトルのカードが入っていて、
それぞれ店頭購入時に割引券としても使えるようです。

ぼくは九州在住で、東京まで行く機会もなく、
割引券としては利用できそうもありませんが…、
スリーブに入れてコレクションにしたいと思います♪( ̄▽ ̄*)

ピクテル-o-2-15
▲さて、中から何が出てくるのでしょうか…?

ピクテル-o-2-16
▲出てきた6パックぶんのカードは……

ピクテル-o-2-17
▲こちらでした!!!!!!

えっと、すごいダブっちゃった…!
ラミィキューブ」と「ドミニオン」でフルハウスができそう!

エルグランデ」は、ずっと憧れているタイトルですので、
もし使用期限の来年4月30日までに東京に行く用事が
降って湧いたら、買いにいっちゃおうかな…( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

ピクテル-o-2-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ひと箱だけ真っ黒なので、インパクトありますね!

左が「無印ピクテル」、右下が「ファニー」で、
右上にあるのが「ホラー」です!!

ピクテル-o-2-03
▲箱のウラ面

ファニー」が、
"すこしおかしくて楽しげなクリアカード30枚"

だったのに対して、

ホラー」は、
"すこし不思議で不気味なクリアカード30枚"

と、まさに名前どおりな内容になっています…!



★箱をオープン!

ピクテル-o-2-04
▲フタを開けると、一発目が黒いルルブで、

ピクテル-o-2-05
▲その下にカードの束

「ファニー」とまったく同じ構成ですね。



★内容物

ルールシートは「ファニー」の色違い。
その内容も、これまた全く同じでした。

ピクテル-o-2-06
▲そして、お待ちかねのカード類です!

ピクテル-o-2-07
ピクテル-o-2-08
ピクテル-o-2-09
ピクテル-o-2-10
ピクテル-o-2-11
ピクトグラムカード×30枚

またもや"人物"のカードが9枚追加されました!
(約1名、地球人ではなさそうな人もいますが…)

スポーツにしても、職業にしても、
なんやかんや、"人物"が中心になることの多いゲームですので、
"人物"のバリエーションが増えるのはありがたいですね。

で、あとは尖ったのが多いイメージ…!

とても大きくて威圧感のある「怪獣」や、
思わず目を背けたくなる「血だまり」、
不吉な印象の「枯れ木」があったり、
めちゃ薄気味の悪い「仮面」も…。

これは「お題」の選択肢が(コワい方向に)広がりそうです!!!

こうして、30枚のカードを見渡していて、
個人的には「集中線」にビビっと来ました!

全体の中の1ヵ所にスポットを当てたいときに、
すごく重宝してくれそうな気がします。( ̄▽ ̄*)



★コメント

はっきり言って、これはクセがある…というか、
クセしかない30枚に仕上がっていますね!

この30枚だけでゲームをしろと言われたら、
出題者回答者も、これでもかと苦しめられそうです…!

ピクテル-o-2-12

でも逆に、それくらい難易度が高い方が、
やりごたえがあって良いという向きもありますので…、

無印の「ピクテル」の"拡張"として、
使えるカードの幅を広げてやるもよし、

ホラー」を"単体"とみて、
限られたカードでプレイしてみるもよし、

そのときのメンバーによって、
うまいこと使い分けていけたらと思っています!!


で、ぼくが少し気になっていたのが、
3箱の「ピクテル」シリーズのカード全120枚は、
すべて無印の「ピクテル」の箱に納まるのかどうか…?


ピクテル-o-2-13
▲やってみた結果、若干はみ出しはしますが…、

ピクテル-o-2-14
▲フタをすることはできましたので、
ゴムをかければ持ち運ぶことができそうです。



★おまけ

これは知らなかったので、びっくりだったんですが、
すごろくや」さんでのお買い物2,000円ごとに、
ボードゲームカード」のパックがもらえるんですね!

1パックに1枚ずつ、
「ドイツボードゲーム大賞」受賞タイトルのカードが入っていて、
それぞれ店頭購入時に割引券としても使えるようです。

ぼくは九州在住で、東京まで行く機会もなく、
割引券としては利用できそうもありませんが…、
スリーブに入れてコレクションにしたいと思います♪( ̄▽ ̄*)

ピクテル-o-2-15
▲さて、中から何が出てくるのでしょうか…?

ピクテル-o-2-16
▲出てきた6パックぶんのカードは……

ピクテル-o-2-17
▲こちらでした!!!!!!

えっと、すごいダブっちゃった…!
ラミィキューブ」と「ドミニオン」でフルハウスができそう!

エルグランデ」は、ずっと憧れているタイトルですので、
もし使用期限の来年4月30日までに東京に行く用事が
降って湧いたら、買いにいっちゃおうかな…( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧




【2016/12/16 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ピクテル  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可