RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年ボードゲームBEST3

星屑編

対象
2016年に完全日本語版(または日本語説明書つき)が発売されたゲーム


さて、2016年の当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

1位からランキング形式で発表して参ります!



★2016年1位「ふたつの街の物語」

星屑2016年最高のボードゲームは、


▲「ふたつの街の物語」でした!!!

その理由は……


★最初から最後まで会話が途切れない!

こんなにも会話が続くゲームを、ぼくは知りませんでした。

いや、マジですごいんですよ、このゲーム!

プレイ中、どのタイミングでテーブルを見回しても、
常にみんなが会話をしているんです…!

ほとんどのボードゲームは、
ちょちょい会話をはさみながら進行していく感じですが、

このゲームは、全員が、常に、会話をすることになります!

街にタイルを配置するとき、
"2人"で相談して配置するというルールで、
必ず会話が発生するように設計されているんです。

しかも、あーだこーだと色々な可能性を追っていると、
会話がどこまでも続いていって、終わらないほど…!

さらに、ここがポイントなんですが、
初心者と熟練者がごちゃ混ぜの卓であっても、
ちゃんと会話が成立する
のが面白いんです!

初心者初心者では、
手探りの状態で、どんな街をつくっていくか、
ワクワクをふくらませながらの会話になりますし、

熟練者熟練者では、
1タイルあたりの点数を少しでも高くするためには
どうするべきかの飽くなき挑戦が始まりますし、

初心者熟練者では、
初心者熟練者に質問を投げかけたり、
熟練者初心者に点数アップのコツを教えたりと、
これはこれで良い交流の場になります。

どうあっても会話が発生して、
どうあっても会話が続いていく…。

ぼくですね、この「ふたつの街の物語」は、
すごいコミュニケーション・ツールだと思っているんです…!


★1~7人対応という受け皿の広さ!

プレイ人数が6人までというゲームが多い中で、
このタイトルは7人まで同時にプレイできます

この1人の差が大きくって、
ボードゲーム会を主催している身としては、
卓を立てるときに、何度も助けられました!

逆に、人数が少なくなってもプレイできるのも、
このタイトルの良くできているところです。

4~7人プレイでは、ほとんどプレイ感が変わりません

そして、3人プレイでは"三角関係"を味わうことができます。
2人プレイ時は、特別ルールが適用されます。

しまいには、
ソロ用の「オートマカード」まで用意されていて…、
本当に、どこまでも親切設計なゲームだと思いました!


★シンプルゆえに飽きが来ない!

ふたつの街の物語」はシンプルです。

街は、たった14枚のタイルで完成してしまいますし、
タイルの種類も6種類しかありません。

星屑2016-2

おかげでルールの説明が簡単で、
初心者さんにもすんなりと理解してもらいやすいです。

一方で、ゲームに慣れてくると、
6種類のタイルの得点計算のバランスの絶妙さに気付き、
ある一定の点数を超える難しさを知ります。

星屑2016-3

それでも、
ひとつの街の点数を高くすることはできるんですが、
このタイトルの肝は"ふたつの街"…。

ふたつの街の点数を同時に底上げしなければなりませんし、
ふたつの街を全く同じにすることは、まずできません。

ルールはシンプルなんですが、
そのルールひとつひとつが、計算し尽くされている
んですね。

そんな中で、
1点でも2点でも高みを目指して、
隣のプレイヤーと知恵を絞り合いながら、
お互いの考えを出し合いながら、
その時々の最良の街をつくり上げていく…!


星屑2016-1

もう、何回やっても何回やっても飽きがこないどころか、
やるたびに、どんどん楽しくなっていって…、

文句なしで、
これが星屑2016年ナンバーワンでした!



★2016年2位

「ポーション・エクスプロージョン」


星屑2016年2番手のボードゲームは、


▲「ポーション・エクスプロージョン」でした!!

その理由は……


★この手で、落ちものパズルゲーム!

星屑は、テレビゲームの「ぷよぷよ」が好きです。
もっというと「ぷよぷよSUN」が大好きなんですが、
まぁそれは置いといて、

ぷよぷよ」が、
"ぷよ"の消去と落下を利用することで、
〈連鎖〉を発生させるように、

ポーション・エクスプロージョン」も、
落下により、同じ色のビー玉を衝突させることで、
〈連鎖〉を発生させることができます。

ポーエク-k-09

そして、〈連鎖〉によって獲得した大量のビー玉は、
文字通り手中に収めるわけです

ぷよぷよ」のような"落ちものパズル"を、
自分の手で動かして、そして、つかみ取れる…!

なんだか、
テレビの画面に自分の手を突っ込んだような、
そんな不思議な感覚
を味わえるのが…、
この「ポーション・エクスプロージョン」でした!


★初心者にオススメしやすい!

ビー玉のパズルを思いっきり堪能できるように、
周辺のルールはシンプルにまとめられています。

自分のターンにできることは限られていて、
悩みこむことは、あまりありません。

また、
ポーションのレシピは「」によって、
ポーションの効果は「アイコン」によって、
点数表示も、統一された「リボン」によって、
それぞれ一目瞭然になっています。

ポーエク-k-03

総じて、初心者にやさしい設計で、
直接触れるというリアル感も相まって、
ボードゲームを始めたばかりのプレイヤーさんに
もってこいのタイトルです!


ですので、星屑は、
ボードゲーム会を主催するときには、
必ず「ポーション・エクスプロージョン」を持ち込んで…、
飛び入り参加の初心者さんがいらしたら、
まずオススメするタイトルの一つにしています。

自分で胸を張ってオススメできるタイトルということもあって、
ポーション・エクスプロージョン」が2番手に入りました!

ポーエク-k-01



★2016年3位「*該当なし」

星屑の3番手ですが、ありませんでした

1番手・2番手は、もうスパッと決まったんですが、
このワン・ツーに続くタイトルが見当たらず…。

良ゲーは多かったんですが、
箱を抱きしめて眠りたいくらいのゲームは、
2作品までとなりました。



てな感じの、星屑の2016年でした!

4人以下なら「ポーション」が、
5人以上なら「ふたつの街」が、
マジでオススメですので、
未プレイの方は、ぜひ試してみてください…!



2017年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!





記事を閉じる▲


さて、2016年の当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

1位からランキング形式で発表して参ります!



★2016年1位「ふたつの街の物語」

星屑2016年最高のボードゲームは、


▲「ふたつの街の物語」でした!!!

その理由は……


★最初から最後まで会話が途切れない!

こんなにも会話が続くゲームを、ぼくは知りませんでした。

いや、マジですごいんですよ、このゲーム!

プレイ中、どのタイミングでテーブルを見回しても、
常にみんなが会話をしているんです…!

ほとんどのボードゲームは、
ちょちょい会話をはさみながら進行していく感じですが、

このゲームは、全員が、常に、会話をすることになります!

街にタイルを配置するとき、
"2人"で相談して配置するというルールで、
必ず会話が発生するように設計されているんです。

しかも、あーだこーだと色々な可能性を追っていると、
会話がどこまでも続いていって、終わらないほど…!

さらに、ここがポイントなんですが、
初心者と熟練者がごちゃ混ぜの卓であっても、
ちゃんと会話が成立する
のが面白いんです!

初心者初心者では、
手探りの状態で、どんな街をつくっていくか、
ワクワクをふくらませながらの会話になりますし、

熟練者熟練者では、
1タイルあたりの点数を少しでも高くするためには
どうするべきかの飽くなき挑戦が始まりますし、

初心者熟練者では、
初心者熟練者に質問を投げかけたり、
熟練者初心者に点数アップのコツを教えたりと、
これはこれで良い交流の場になります。

どうあっても会話が発生して、
どうあっても会話が続いていく…。

ぼくですね、この「ふたつの街の物語」は、
すごいコミュニケーション・ツールだと思っているんです…!


★1~7人対応という受け皿の広さ!

プレイ人数が6人までというゲームが多い中で、
このタイトルは7人まで同時にプレイできます

この1人の差が大きくって、
ボードゲーム会を主催している身としては、
卓を立てるときに、何度も助けられました!

逆に、人数が少なくなってもプレイできるのも、
このタイトルの良くできているところです。

4~7人プレイでは、ほとんどプレイ感が変わりません

そして、3人プレイでは"三角関係"を味わうことができます。
2人プレイ時は、特別ルールが適用されます。

しまいには、
ソロ用の「オートマカード」まで用意されていて…、
本当に、どこまでも親切設計なゲームだと思いました!


★シンプルゆえに飽きが来ない!

ふたつの街の物語」はシンプルです。

街は、たった14枚のタイルで完成してしまいますし、
タイルの種類も6種類しかありません。

星屑2016-2

おかげでルールの説明が簡単で、
初心者さんにもすんなりと理解してもらいやすいです。

一方で、ゲームに慣れてくると、
6種類のタイルの得点計算のバランスの絶妙さに気付き、
ある一定の点数を超える難しさを知ります。

星屑2016-3

それでも、
ひとつの街の点数を高くすることはできるんですが、
このタイトルの肝は"ふたつの街"…。

ふたつの街の点数を同時に底上げしなければなりませんし、
ふたつの街を全く同じにすることは、まずできません。

ルールはシンプルなんですが、
そのルールひとつひとつが、計算し尽くされている
んですね。

そんな中で、
1点でも2点でも高みを目指して、
隣のプレイヤーと知恵を絞り合いながら、
お互いの考えを出し合いながら、
その時々の最良の街をつくり上げていく…!


星屑2016-1

もう、何回やっても何回やっても飽きがこないどころか、
やるたびに、どんどん楽しくなっていって…、

文句なしで、
これが星屑2016年ナンバーワンでした!



★2016年2位

「ポーション・エクスプロージョン」


星屑2016年2番手のボードゲームは、


▲「ポーション・エクスプロージョン」でした!!

その理由は……


★この手で、落ちものパズルゲーム!

星屑は、テレビゲームの「ぷよぷよ」が好きです。
もっというと「ぷよぷよSUN」が大好きなんですが、
まぁそれは置いといて、

ぷよぷよ」が、
"ぷよ"の消去と落下を利用することで、
〈連鎖〉を発生させるように、

ポーション・エクスプロージョン」も、
落下により、同じ色のビー玉を衝突させることで、
〈連鎖〉を発生させることができます。

ポーエク-k-09

そして、〈連鎖〉によって獲得した大量のビー玉は、
文字通り手中に収めるわけです

ぷよぷよ」のような"落ちものパズル"を、
自分の手で動かして、そして、つかみ取れる…!

なんだか、
テレビの画面に自分の手を突っ込んだような、
そんな不思議な感覚
を味わえるのが…、
この「ポーション・エクスプロージョン」でした!


★初心者にオススメしやすい!

ビー玉のパズルを思いっきり堪能できるように、
周辺のルールはシンプルにまとめられています。

自分のターンにできることは限られていて、
悩みこむことは、あまりありません。

また、
ポーションのレシピは「」によって、
ポーションの効果は「アイコン」によって、
点数表示も、統一された「リボン」によって、
それぞれ一目瞭然になっています。

ポーエク-k-03

総じて、初心者にやさしい設計で、
直接触れるというリアル感も相まって、
ボードゲームを始めたばかりのプレイヤーさんに
もってこいのタイトルです!


ですので、星屑は、
ボードゲーム会を主催するときには、
必ず「ポーション・エクスプロージョン」を持ち込んで…、
飛び入り参加の初心者さんがいらしたら、
まずオススメするタイトルの一つにしています。

自分で胸を張ってオススメできるタイトルということもあって、
ポーション・エクスプロージョン」が2番手に入りました!

ポーエク-k-01



★2016年3位「*該当なし」

星屑の3番手ですが、ありませんでした

1番手・2番手は、もうスパッと決まったんですが、
このワン・ツーに続くタイトルが見当たらず…。

良ゲーは多かったんですが、
箱を抱きしめて眠りたいくらいのゲームは、
2作品までとなりました。



てな感じの、星屑の2016年でした!

4人以下なら「ポーション」が、
5人以上なら「ふたつの街」が、
マジでオススメですので、
未プレイの方は、ぜひ試してみてください…!



2017年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!




【2016/12/31 23:59】 | 今月のボードゲーム |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。