RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
TCG「カードファイト!!ヴァンガード」




星屑のヴァンガード講座その1(3/4)

初回:ヴァンガード講座その1(1/4)

前回:ヴァンガード講座その1(2/4)
今回:ヴァンガード講座その1(3/4)←いまココ
次回:ヴァンガード講座その1(4/4)


★前回のおさらい

☆超越(ストライド)

お互いのヴァンガードが「グレード3」になったら、
ライドフェイズの中で〈超越〉することができます。

〈超越〉とは、

V講座-1-3-99
違う時間軸や次元(=Gデッキ)から、
超強力な助っ人(=Gユニット)を呼んでくることです。

V講座-1-3-91
▲手札を、グレードの合計が3以上になるように捨てて、
(用心棒に報酬を払う的な?)

Gデッキ」から呼んできた「Gユニット」は、

V講座-1-3-92
現在のヴァンガードの上に重ねて、
▲この2枚のカードのパワーは合計されます。

さらに、
Gユニット」は「グレード4」ですので、
ドライブチェックが「トリプルドライブ!!!」になります!

この超強力な一撃で、一気にファイトの流れを引き寄せましょう…!

ただし、〈超越〉一時的なものですので…、

V講座-1-2-44
▲エンドフェイズの終わりに、
▲「Gユニット」は「Gゾーン」に戻っていきます。



☆グレードごとの能力

ヴァンガのユニットには、
グレード0」~「グレード4」までの"グレード"があります。

V講座-1-3-93
グレードが高いユニットは、
▲パワーが高く、シールドが低いです。

V講座-1-3-94
グレードが低いユニットは、
▲パワーが低く、シールドが高いです。

カード左側の数値:パワー
カード左下の数値:シールド


また、各グレードには固有の能力があり…、


・「グレード0&1」→「ブースト」

前衛のユニットがアタックするとき
そのユニットと同じ列の後衛にいる
「グレード0」と「グレード1」のリアガード
は、
支援」を行うことができます。

V講座-1-3-95
▲これが「ブースト」です。

ブーストされたユニットは、
ブーストしたリアガードのパワーを加算
し、
高いパワーのアタックを繰り出すことができます!

なお、
ブーストするときは、アタックするときと同じく、
ユニットをレスト状態にしなければなりません。


・「グレード2」→「インターセプト」

前衛にいる「グレード2」のリアガードは、
攻めのターンでアタックに参加するだけでなく、
守りのターンでも「ガード」に参加することができます。

V講座-1-3-96
▲これが「インターセプト」です。

ガードに参加すると退却してしまいますが、
攻守の要としてバランスの良いグレードとなっています!


・「グレード3」→「ツインドライブ!!」

ヴァンガードの「グレード3」のユニットは、
ドライブチェックで、カードを1枚ではなく2枚めくります。

V講座-1-3-97
▲これが「ツインドライブ!!」です。

ツインドライブ!!」は攻撃の柱となりますので、
できるだけ早く、ヴァンガードを「グレード3」にしましょう!


・「グレード4」→「トリプルドライブ!!!」

ヴァンガードの「グレード4」のユニットは、
ドライブチェックで、カードを1枚ではなく3枚めくります。

V講座-1-3-98
▲これが「トリプルドライブ!!!」です。


各グレードのユニットを上手に使い分けて、
ファイトを有利に進めていきましょう…!




★7ターン目(しーぷのターン)

直前のターンに〈超越〉した星屑に対して…、

しーぷ「じゃあ私も、」

しーぷストライド・ジェネレーション!

V講座-1-3-01
しーぷは「レイブレス」を〈超越〉しました!

そして、バトルです!

V講座-1-3-02
▲パワー26000の「レイブレス」で、
星屑ヴァンガードへのアタック。

V講座-1-3-03
▲この時点での星屑の手札は、こんな感じ。

合計25000のシールドを全て投入すれば、
星屑ヴァンガードのパワーは36000になり…、
しーぷヴァンガードはパワー26000ですので、
しーぷドライブチェックトリガー2枚(+10000)以上
めくらなければ、アタックを防ぐことができます。
(これを"2枚突破"や"2突"といったりします)

とはいえ、
しーぷトリプルドライブ!!!を行いますので、
トリガーを2枚めくられてしまう可能性は多分にあって…、

星屑「(シールドを使い果たしておいて、)」
星屑「(もし、このアタックを防ぎ切れなかったら、)」
星屑「(続くリアガードたちのアタックでやられてしまう…!)」

星屑「(と、なると、ここは…)」

星屑ノーガード!!

星屑は、シールドを温存しておいて、
後続のリアガードたちのアタックを防ぎにいくことにしました。

ヴァンガードのアタックには、ドライブチェックがありますので、
最終的なパワーがいくつになるか未確定です。

それよりも、
不確定要素のないリアガードのアタックを、
確実に防ぎにいこうとしたわけですが…、

しーぷトリプルドライブ!!!

しーぷ「ファースト・チェック!」
しーぷ「トリガーなし」

しーぷ「セカンド・チェック!」

V講座-1-3-04
▲2枚目はクリティカルトリガー

しーぷクリティカルトリガーゲット!

星屑「またクリティカルか…!」

しーぷヴァンガードのクリティカルを+1して、」
しーぷ「パワー+5000ディヴィニティランサーに!」

V講座-1-3-05
▲前のしーぷのターンと同じパターンですね。

これで星屑への2ダメージが確定!
さらに、後続のリアガードもパワー+5000されて、
追撃の準備も万端です…!

しーぷ「サード・チェック!」

V講座-1-3-06
▲3枚目はヒールトリガー!!

しーぷ「……!」
しーぷヒールトリガーゲット!!

星屑「(うへぇ、ほんとにトリガー2枚…!)」
星屑「(やっぱりガードしなくてよかった…)」

とはいえ、
このタイミングでヒールトリガーはマズイ…!

ヒールトリガー」は、
・ユニット1体のパワーを+5000することに加えて、
・トリガーした時点で、トリガーしたファイターのダメージが相手以上なら、ダメージを1点回復します。


V講座-1-3-07
▲トリガーした時点で、
しーぷ4ダメージ星屑3ダメージで、
しーぷのダメージが星屑以上ですので…、

V講座-1-3-08
しーぷダメージゾーンから1枚を、ドロップゾーンに置いて、
▲ダメージを1点回復しました…!
▲そして、リアガードのエリオにパワー+5000

V講座-1-3-09
▲一方の星屑2ダメージを受けて、
2回ダメージチェック

V講座-1-3-10
▲これで星屑5ダメージになり、
▲敗北にリーチがかかってしまいました…!

さっきまで、
しーぷダメージ4星屑ダメージ3でしたが、
このヴァンガードの一撃で、
しーぷダメージ3星屑ダメージ5となり、
あっという間に形勢逆転です!

さらにさらに、
しーぷリアガードによる2回のアタックを残していて、
しかも、それぞれパワーが+5000されています!!

これがヴァンガードのアタックの恐ろしさ!
ツインドライブ!!トリプルドライブ!!!の恐ろしさです…!

ダメージ5まで追い詰められ、
もう1ダメージも受けることができない星屑に、
容赦のないしーぷの追撃が迫ります!!

しーぷディヴィニティランサーヴァンガードにアタック!」

V講座-1-3-11
▲「ディヴィニティランサー」のパワーは、
+5000されて16000

星屑「乱ちゃん(乱藤四郎)でガード!」

V講座-1-3-12
▲ここはシールド10000を張ってガードです!

しーぷ「じゃあ、キマルクスのブーストをつけて、」
しーぷエリオヴァンガードにアタック!!」

星屑「これも通すわけにはいかないっ!」

星屑今剣を2枚と、堀川国広でガード!!」

V講座-1-3-13
▲ただでさえ「キマルクス」の支援がある「エリオ」に、
▲トリガーによるパワー+5000が乗っていましたが…、

星屑は手札のシールドを使い果たすことにより、
なんとか、あと1ダメージを守り通すことができました…!

しーぷ「うーん、あと一歩だったんだけど…」

V講座-1-3-14
▲もしも、前のターンで「今剣」と「堀川国広」を〈コール〉していたら、
▲シールド要員が足りず、このターンを守り切れていなかったでしょう。

攻めと守りのバランス…!
これがヴァンガの醍醐味の一つです!



★8ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「俺のスタンド・アンド・ドロー!」

V講座-1-3-15
▲まずスタンドしてから、

V講座-1-3-16
▲引いたカードは「五虎退」。

星屑「(ぐっ…、)」
星屑「(五虎退はトリガーチェックで引いてきたかった…!)」

五虎退」はヒールトリガーですので、
トリガーチェックでめくれば、ダメージを1点回復できて…。



③ライドフェイズ

星屑のヴァンガードは、すでに「グレード3」ですので、
これ以上はグレードを上げる必要がありません。
(「グレード3からグレード3」にというのも場合によってはありますが)

手札の「グレード3」のカードは、
〈超越〉のコストとして使っていくことにします。

・ストライドステップ

星屑ストライド・ジェネレーション!

V講座-1-3-17
星屑は、手札から「グレード3」のカードを捨てて、
▲「髭切」に〈超越〉しました!

やはりパワー26000トリプルドライブ!!!は強力ですので、
〈超越〉でガンガン攻めていきましょう!!



④メインフェイズ

直前のしーぷのターン、
全力で守りにいきましたので、
星屑の手札は、ほとんど残っていません。

というか、
シールド要員の「五虎退」が1枚あるだけです。

星屑、ここは攻めたくも、
〈コール〉できるカードがないという苦しい状況…。

これ、しーぷサイドからすれば、
まさに"攻撃は最大の防御"となっているわけですね…!



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑「(さて、どっちからアタックを仕掛けるか…)」

ヴァンガードからアタックを仕掛ければ、
もしヴァンガードのアタックを防がれてしまっても、
トリガーの効果をリアガードに乗っけることで、
"二の太刀"を振るうことができます。

一方、リアガードからアタックを仕掛ければ、
続くヴァンガードのドライブチェックで
スタンドトリガーが出たとき、
3回目のアタックを行うことができます。

スタンドトリガーさえ出れば、
アタック回数が1回増える…のは大きいですが、
しかし、そんなに都合よく出るかどうか…。

星屑「(いや、なんか出る気がするんだ…!)」
星屑「(形勢逆転するには、ここに賭けるしかない!!)」

星屑後藤藤四郎のブーストをつけて、」
星屑長曽祢虎徹ヴァンガードにアタック!」

V講座-1-3-18
▲合計パワー17000でのアタック!

しーぷノーガード!

星屑「(あれっ、やけにあっさり受けた…?)」
星屑「(ってことは……)」

V講座-1-3-19
しーぷダメージチェックをして、
4ダメージ目を受けました。


・2回目のアタック

星屑「よし、頼むぞ髭切!」
星屑髭切ヴァンガードにアタック!」

しーぷ「……星屑、悪いけど、」
しーぷそのアタックは通らないよ!

星屑「……!」
星屑「やっぱり持ってたのか!!」

しーぷキャンディス完全ガード!!!」

V講座-1-3-21
しーぷは「キャンディス」でガード!

この「キャンディス」というユニットは、
"完全ガード"という能力を持っています。

"完全ガード"とは、ざっくり説明しますと、
手札から1枚捨てることを条件に、
"無限大"のシールドを張れる
ような感じです。

相手のパワーが11000だろうが、26000だろうが、
仮に100000を超えていようが完全にガードしてしまいます…!

V講座-1-3-20
しーぷは、"完全ガード"のコストとして、
▲手札からカードを1枚を捨て…、

これで、
星屑のパワー26000のアタックは、
ヒットしないことが確定してしまいました…!

ただし、
これはあくまでヒットしなくなるだけであって、
アタックそのものを取り消されるわけではありません

つまり、
トリプルドライブ!!!は通常通り行われます!

星屑スタンドトリガーさえ出れば!
星屑スタンドトリガーさえ出れば…!

しーぷ「……」

星屑トリプルドライブ!!!

星屑「チェック・ファースト!」

V講座-1-3-22
▲1枚目はクリティカルトリガー

星屑「ゲット!」
星屑クリティカルトリガー!

星屑「効果は全て、」
星屑リアガード長曽祢虎徹に!!」

V講座-1-3-23
▲「長曽祢虎徹」のパワーが+5000されて、
▲クリティカルも+1です!!

星屑「まだまだ行くよ!」

星屑「チェック・セカンド!!」

V講座-1-3-24
▲2枚目はドロートリガー!!

星屑「ゲット!」
星屑ドロートリガー!

V講座-1-3-25
▲1枚引いてから、

星屑「パワーアップは、もちろん虎徹に!」

V講座-1-3-26
▲さらにパワー+5000が乗っかり、
▲「長曽祢虎徹」のパワーは合計で+10000!!

しーぷダブル・トリガー!?」

星屑「いや、まだだ…!」

星屑
絶対、最後にスタンドトリガーを引くっ!

パワーとクリティカルがアップしている
リアガードの「長曽祢虎徹」ですが…、
せっかくのパワーアップも、スタンドできなければ
ただの絵に描いた餅となってしまいます…。

星屑「チェック!」
星屑「サード!!!」

星屑……!

V講座-1-3-27
▲3枚目はヒールトリガー…!

星屑「そ、そっち…!?」

V講座-1-3-28
▲ダメージはで、星屑しーぷ以上ですので、

V講座-1-3-29
星屑はダメージを1点回復します。

しーぷ「本当に3枚ともトリガーを当てるとは…!」

星屑「う、うーん…」

トリプル・トリガーを達成しておきながらアレですが、

皮肉すぎる…!

全部で4種類あるトリガーのうち、
よりによって、スタンドトリガーだけ…、
星屑がノドから手が出るほど欲しかった、
スタンドトリガーだけが出ないなんて!!!

もしも、もしも最後の1枚がスタンドトリガーだったらら、

V講座-1-3-30
▲「長曽祢虎徹」の合計パワーは実に24000
▲しかもクリティカル+1

勝ちが見えていただけに、
星屑、落胆の色を隠せません…。

とはいえ、
ヒールトリガーでダメージがに回復し、
さらに手札のシールドは合計で35000

次のターンを守り切れる可能性が出てきましたので、
気持ちを切り替えていくとしましょう…!



⑥エンドフェイズ

このターンも駆けつけてくれた「髭切」をGゾーンに置いて、
しーぷにターンを渡します。



★9ターン目(しーぷのターン)

しーぷ「このターンは、ストライドなしで」

星屑「了解」
星屑「(これは、コストが足りなかったかな?)」

強力な〈超越〉ではありますが、
そのためには、グレードが合計3以上になるように、
手札を捨てなければなりません。

いちばん手っ取り早いのは、
「グレード3」のカードを1枚捨てることですが…、
問題は「グレード3」が手札に無い場合です。

特に、「グレード1」のカード3枚で支払うとしたら、
それはシールド15000を失うことになりますので…、

状況によっては、
〈超越〉したくてもできないということが、ままあるわけです。

V講座-1-3-31
しーぷは、リアガード1体だけコールしました。

そしてバトルに突入します。

しーぷヴァンガードヴァンガードにアタック!」

V講座-1-3-32
しーぷは、「グルグウィント」でアタックしてきました。

さて、このバトルの順番ですが…、

本来、前列にユニットが3体いる場合は、
リアガードヴァンガードリアガードの順がオススメです。

なぜかといいますと、
そう、スタンドトリガーとの兼ね合いがあるからです。

まず、片方のリアガードでアタックして、
次にヴァンガードでアタックします。

このドライブチェックで、
もしスタンドトリガー以外のトリガーが出れば、
それは、まだアタックしていない方のリアガードに与えて、
スタンドトリガーが出れば、
アタック済みのリアガードの方に与える…。

こうすることで、
スタンドトリガーが出ても、それ以外が出ても、
ムダなく対応していくことができるわけです。

しかし、しーぷそうしませんでした

なぜでしょうか?

実は、
しーぷのデッキにはスタンドトリガーが入っていないんです。
(代わりに、クリティカルトリガーが入っています)
※デッキの内容はこちらを参照

ですので、ヴァンガードからアタックして、
トリガーは前衛3ユニットに柔軟に振り分けられるようにした…と、
いうことなんですね。

さて、一番槍のヴァンガードに対して星屑は…、

星屑薬研藤四郎でガード!」

V講座-1-3-33
▲シールド10000を張って、
▲パワーは1100021000に。

その差は10000ですので、
トリガーが2枚乗ればアタックがヒットする状態です。
(いわゆる"2枚突破")

星屑ダメージ4ですので、
クリティカルトリガーが1枚でも出れば負けてしまいます。

かといって、
ここで2枚ともトリガーが出るとは思えませんでしたので…、
トリガー1枚まで耐えられる10000シールドを張ったわけです。

星屑「(ここでダブル・トリガーとか、)」
星屑「(さ、さすがにないよね…?)」

しーぷツインドライブ!!

しーぷ「ファースト・チェック!」
しーぷ「…トリガーなし」

星屑「(よしっ)」

しーぷ「セカンド・チェック!!」

V講座-1-3-34
▲2枚目はヒールトリガー!!

しーぷ「やった!」
しーぷヒールトリガーゲット!

星屑「またヒールか…!」

V講座-1-3-35
▲トリガーした時点で、ダメージは同点ですので、
しーぷのダメージは1点回復します!
(しーぷのダメージが星屑"以上"なら回復)

しーぷ「ダメージを1回復して、」
しーぷディヴィニティランサー+5000!」

V講座-1-3-36
しーぷのダメージは3点になり、
右列のリアガードの合計パワーは24000になってしまいました。

星屑「(ダメージ4から、またダメージ3に…)」

星屑「(いや、とりあえず、」
星屑「(残り2回のアタックをしのがなきゃ…!)」

V講座-1-3-37
▲左列の合計パワー17000に対しては、
▲シールド10000でガード!

V講座-1-3-38
▲右列の合計パワー24000に対しては、
▲シールド15000でガード!!

しーぷ「うーん、またもや一歩届かず…」

星屑「ふぅ…」

星屑、辛くも耐え切ることができましたが、
手札に残っているカードは「今剣」が1枚だけ…。

攻め手に欠く中、
次の攻撃はどうなるでしょうか…?


次回、最終回です!



次回:その1(4/4)





記事を閉じる▲


★前回のおさらい

☆超越(ストライド)

お互いのヴァンガードが「グレード3」になったら、
ライドフェイズの中で〈超越〉することができます。

〈超越〉とは、

V講座-1-3-99
違う時間軸や次元(=Gデッキ)から、
超強力な助っ人(=Gユニット)を呼んでくることです。

V講座-1-3-91
▲手札を、グレードの合計が3以上になるように捨てて、
(用心棒に報酬を払う的な?)

Gデッキ」から呼んできた「Gユニット」は、

V講座-1-3-92
現在のヴァンガードの上に重ねて、
▲この2枚のカードのパワーは合計されます。

さらに、
Gユニット」は「グレード4」ですので、
ドライブチェックが「トリプルドライブ!!!」になります!

この超強力な一撃で、一気にファイトの流れを引き寄せましょう…!

ただし、〈超越〉一時的なものですので…、

V講座-1-2-44
▲エンドフェイズの終わりに、
▲「Gユニット」は「Gゾーン」に戻っていきます。



☆グレードごとの能力

ヴァンガのユニットには、
グレード0」~「グレード4」までの"グレード"があります。

V講座-1-3-93
グレードが高いユニットは、
▲パワーが高く、シールドが低いです。

V講座-1-3-94
グレードが低いユニットは、
▲パワーが低く、シールドが高いです。

カード左側の数値:パワー
カード左下の数値:シールド


また、各グレードには固有の能力があり…、


・「グレード0&1」→「ブースト」

前衛のユニットがアタックするとき
そのユニットと同じ列の後衛にいる
「グレード0」と「グレード1」のリアガード
は、
支援」を行うことができます。

V講座-1-3-95
▲これが「ブースト」です。

ブーストされたユニットは、
ブーストしたリアガードのパワーを加算
し、
高いパワーのアタックを繰り出すことができます!

なお、
ブーストするときは、アタックするときと同じく、
ユニットをレスト状態にしなければなりません。


・「グレード2」→「インターセプト」

前衛にいる「グレード2」のリアガードは、
攻めのターンでアタックに参加するだけでなく、
守りのターンでも「ガード」に参加することができます。

V講座-1-3-96
▲これが「インターセプト」です。

ガードに参加すると退却してしまいますが、
攻守の要としてバランスの良いグレードとなっています!


・「グレード3」→「ツインドライブ!!」

ヴァンガードの「グレード3」のユニットは、
ドライブチェックで、カードを1枚ではなく2枚めくります。

V講座-1-3-97
▲これが「ツインドライブ!!」です。

ツインドライブ!!」は攻撃の柱となりますので、
できるだけ早く、ヴァンガードを「グレード3」にしましょう!


・「グレード4」→「トリプルドライブ!!!」

ヴァンガードの「グレード4」のユニットは、
ドライブチェックで、カードを1枚ではなく3枚めくります。

V講座-1-3-98
▲これが「トリプルドライブ!!!」です。


各グレードのユニットを上手に使い分けて、
ファイトを有利に進めていきましょう…!




★7ターン目(しーぷのターン)

直前のターンに〈超越〉した星屑に対して…、

しーぷ「じゃあ私も、」

しーぷストライド・ジェネレーション!

V講座-1-3-01
しーぷは「レイブレス」を〈超越〉しました!

そして、バトルです!

V講座-1-3-02
▲パワー26000の「レイブレス」で、
星屑ヴァンガードへのアタック。

V講座-1-3-03
▲この時点での星屑の手札は、こんな感じ。

合計25000のシールドを全て投入すれば、
星屑ヴァンガードのパワーは36000になり…、
しーぷヴァンガードはパワー26000ですので、
しーぷドライブチェックトリガー2枚(+10000)以上
めくらなければ、アタックを防ぐことができます。
(これを"2枚突破"や"2突"といったりします)

とはいえ、
しーぷトリプルドライブ!!!を行いますので、
トリガーを2枚めくられてしまう可能性は多分にあって…、

星屑「(シールドを使い果たしておいて、)」
星屑「(もし、このアタックを防ぎ切れなかったら、)」
星屑「(続くリアガードたちのアタックでやられてしまう…!)」

星屑「(と、なると、ここは…)」

星屑ノーガード!!

星屑は、シールドを温存しておいて、
後続のリアガードたちのアタックを防ぎにいくことにしました。

ヴァンガードのアタックには、ドライブチェックがありますので、
最終的なパワーがいくつになるか未確定です。

それよりも、
不確定要素のないリアガードのアタックを、
確実に防ぎにいこうとしたわけですが…、

しーぷトリプルドライブ!!!

しーぷ「ファースト・チェック!」
しーぷ「トリガーなし」

しーぷ「セカンド・チェック!」

V講座-1-3-04
▲2枚目はクリティカルトリガー

しーぷクリティカルトリガーゲット!

星屑「またクリティカルか…!」

しーぷヴァンガードのクリティカルを+1して、」
しーぷ「パワー+5000ディヴィニティランサーに!」

V講座-1-3-05
▲前のしーぷのターンと同じパターンですね。

これで星屑への2ダメージが確定!
さらに、後続のリアガードもパワー+5000されて、
追撃の準備も万端です…!

しーぷ「サード・チェック!」

V講座-1-3-06
▲3枚目はヒールトリガー!!

しーぷ「……!」
しーぷヒールトリガーゲット!!

星屑「(うへぇ、ほんとにトリガー2枚…!)」
星屑「(やっぱりガードしなくてよかった…)」

とはいえ、
このタイミングでヒールトリガーはマズイ…!

ヒールトリガー」は、
・ユニット1体のパワーを+5000することに加えて、
・トリガーした時点で、トリガーしたファイターのダメージが相手以上なら、ダメージを1点回復します。


V講座-1-3-07
▲トリガーした時点で、
しーぷ4ダメージ星屑3ダメージで、
しーぷのダメージが星屑以上ですので…、

V講座-1-3-08
しーぷダメージゾーンから1枚を、ドロップゾーンに置いて、
▲ダメージを1点回復しました…!
▲そして、リアガードのエリオにパワー+5000

V講座-1-3-09
▲一方の星屑2ダメージを受けて、
2回ダメージチェック

V講座-1-3-10
▲これで星屑5ダメージになり、
▲敗北にリーチがかかってしまいました…!

さっきまで、
しーぷダメージ4星屑ダメージ3でしたが、
このヴァンガードの一撃で、
しーぷダメージ3星屑ダメージ5となり、
あっという間に形勢逆転です!

さらにさらに、
しーぷリアガードによる2回のアタックを残していて、
しかも、それぞれパワーが+5000されています!!

これがヴァンガードのアタックの恐ろしさ!
ツインドライブ!!トリプルドライブ!!!の恐ろしさです…!

ダメージ5まで追い詰められ、
もう1ダメージも受けることができない星屑に、
容赦のないしーぷの追撃が迫ります!!

しーぷディヴィニティランサーヴァンガードにアタック!」

V講座-1-3-11
▲「ディヴィニティランサー」のパワーは、
+5000されて16000

星屑「乱ちゃん(乱藤四郎)でガード!」

V講座-1-3-12
▲ここはシールド10000を張ってガードです!

しーぷ「じゃあ、キマルクスのブーストをつけて、」
しーぷエリオヴァンガードにアタック!!」

星屑「これも通すわけにはいかないっ!」

星屑今剣を2枚と、堀川国広でガード!!」

V講座-1-3-13
▲ただでさえ「キマルクス」の支援がある「エリオ」に、
▲トリガーによるパワー+5000が乗っていましたが…、

星屑は手札のシールドを使い果たすことにより、
なんとか、あと1ダメージを守り通すことができました…!

しーぷ「うーん、あと一歩だったんだけど…」

V講座-1-3-14
▲もしも、前のターンで「今剣」と「堀川国広」を〈コール〉していたら、
▲シールド要員が足りず、このターンを守り切れていなかったでしょう。

攻めと守りのバランス…!
これがヴァンガの醍醐味の一つです!



★8ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「俺のスタンド・アンド・ドロー!」

V講座-1-3-15
▲まずスタンドしてから、

V講座-1-3-16
▲引いたカードは「五虎退」。

星屑「(ぐっ…、)」
星屑「(五虎退はトリガーチェックで引いてきたかった…!)」

五虎退」はヒールトリガーですので、
トリガーチェックでめくれば、ダメージを1点回復できて…。



③ライドフェイズ

星屑のヴァンガードは、すでに「グレード3」ですので、
これ以上はグレードを上げる必要がありません。
(「グレード3からグレード3」にというのも場合によってはありますが)

手札の「グレード3」のカードは、
〈超越〉のコストとして使っていくことにします。

・ストライドステップ

星屑ストライド・ジェネレーション!

V講座-1-3-17
星屑は、手札から「グレード3」のカードを捨てて、
▲「髭切」に〈超越〉しました!

やはりパワー26000トリプルドライブ!!!は強力ですので、
〈超越〉でガンガン攻めていきましょう!!



④メインフェイズ

直前のしーぷのターン、
全力で守りにいきましたので、
星屑の手札は、ほとんど残っていません。

というか、
シールド要員の「五虎退」が1枚あるだけです。

星屑、ここは攻めたくも、
〈コール〉できるカードがないという苦しい状況…。

これ、しーぷサイドからすれば、
まさに"攻撃は最大の防御"となっているわけですね…!



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑「(さて、どっちからアタックを仕掛けるか…)」

ヴァンガードからアタックを仕掛ければ、
もしヴァンガードのアタックを防がれてしまっても、
トリガーの効果をリアガードに乗っけることで、
"二の太刀"を振るうことができます。

一方、リアガードからアタックを仕掛ければ、
続くヴァンガードのドライブチェックで
スタンドトリガーが出たとき、
3回目のアタックを行うことができます。

スタンドトリガーさえ出れば、
アタック回数が1回増える…のは大きいですが、
しかし、そんなに都合よく出るかどうか…。

星屑「(いや、なんか出る気がするんだ…!)」
星屑「(形勢逆転するには、ここに賭けるしかない!!)」

星屑後藤藤四郎のブーストをつけて、」
星屑長曽祢虎徹ヴァンガードにアタック!」

V講座-1-3-18
▲合計パワー17000でのアタック!

しーぷノーガード!

星屑「(あれっ、やけにあっさり受けた…?)」
星屑「(ってことは……)」

V講座-1-3-19
しーぷダメージチェックをして、
4ダメージ目を受けました。


・2回目のアタック

星屑「よし、頼むぞ髭切!」
星屑髭切ヴァンガードにアタック!」

しーぷ「……星屑、悪いけど、」
しーぷそのアタックは通らないよ!

星屑「……!」
星屑「やっぱり持ってたのか!!」

しーぷキャンディス完全ガード!!!」

V講座-1-3-21
しーぷは「キャンディス」でガード!

この「キャンディス」というユニットは、
"完全ガード"という能力を持っています。

"完全ガード"とは、ざっくり説明しますと、
手札から1枚捨てることを条件に、
"無限大"のシールドを張れる
ような感じです。

相手のパワーが11000だろうが、26000だろうが、
仮に100000を超えていようが完全にガードしてしまいます…!

V講座-1-3-20
しーぷは、"完全ガード"のコストとして、
▲手札からカードを1枚を捨て…、

これで、
星屑のパワー26000のアタックは、
ヒットしないことが確定してしまいました…!

ただし、
これはあくまでヒットしなくなるだけであって、
アタックそのものを取り消されるわけではありません

つまり、
トリプルドライブ!!!は通常通り行われます!

星屑スタンドトリガーさえ出れば!
星屑スタンドトリガーさえ出れば…!

しーぷ「……」

星屑トリプルドライブ!!!

星屑「チェック・ファースト!」

V講座-1-3-22
▲1枚目はクリティカルトリガー

星屑「ゲット!」
星屑クリティカルトリガー!

星屑「効果は全て、」
星屑リアガード長曽祢虎徹に!!」

V講座-1-3-23
▲「長曽祢虎徹」のパワーが+5000されて、
▲クリティカルも+1です!!

星屑「まだまだ行くよ!」

星屑「チェック・セカンド!!」

V講座-1-3-24
▲2枚目はドロートリガー!!

星屑「ゲット!」
星屑ドロートリガー!

V講座-1-3-25
▲1枚引いてから、

星屑「パワーアップは、もちろん虎徹に!」

V講座-1-3-26
▲さらにパワー+5000が乗っかり、
▲「長曽祢虎徹」のパワーは合計で+10000!!

しーぷダブル・トリガー!?」

星屑「いや、まだだ…!」

星屑
絶対、最後にスタンドトリガーを引くっ!

パワーとクリティカルがアップしている
リアガードの「長曽祢虎徹」ですが…、
せっかくのパワーアップも、スタンドできなければ
ただの絵に描いた餅となってしまいます…。

星屑「チェック!」
星屑「サード!!!」

星屑……!

V講座-1-3-27
▲3枚目はヒールトリガー…!

星屑「そ、そっち…!?」

V講座-1-3-28
▲ダメージはで、星屑しーぷ以上ですので、

V講座-1-3-29
星屑はダメージを1点回復します。

しーぷ「本当に3枚ともトリガーを当てるとは…!」

星屑「う、うーん…」

トリプル・トリガーを達成しておきながらアレですが、

皮肉すぎる…!

全部で4種類あるトリガーのうち、
よりによって、スタンドトリガーだけ…、
星屑がノドから手が出るほど欲しかった、
スタンドトリガーだけが出ないなんて!!!

もしも、もしも最後の1枚がスタンドトリガーだったらら、

V講座-1-3-30
▲「長曽祢虎徹」の合計パワーは実に24000
▲しかもクリティカル+1

勝ちが見えていただけに、
星屑、落胆の色を隠せません…。

とはいえ、
ヒールトリガーでダメージがに回復し、
さらに手札のシールドは合計で35000

次のターンを守り切れる可能性が出てきましたので、
気持ちを切り替えていくとしましょう…!



⑥エンドフェイズ

このターンも駆けつけてくれた「髭切」をGゾーンに置いて、
しーぷにターンを渡します。



★9ターン目(しーぷのターン)

しーぷ「このターンは、ストライドなしで」

星屑「了解」
星屑「(これは、コストが足りなかったかな?)」

強力な〈超越〉ではありますが、
そのためには、グレードが合計3以上になるように、
手札を捨てなければなりません。

いちばん手っ取り早いのは、
「グレード3」のカードを1枚捨てることですが…、
問題は「グレード3」が手札に無い場合です。

特に、「グレード1」のカード3枚で支払うとしたら、
それはシールド15000を失うことになりますので…、

状況によっては、
〈超越〉したくてもできないということが、ままあるわけです。

V講座-1-3-31
しーぷは、リアガード1体だけコールしました。

そしてバトルに突入します。

しーぷヴァンガードヴァンガードにアタック!」

V講座-1-3-32
しーぷは、「グルグウィント」でアタックしてきました。

さて、このバトルの順番ですが…、

本来、前列にユニットが3体いる場合は、
リアガードヴァンガードリアガードの順がオススメです。

なぜかといいますと、
そう、スタンドトリガーとの兼ね合いがあるからです。

まず、片方のリアガードでアタックして、
次にヴァンガードでアタックします。

このドライブチェックで、
もしスタンドトリガー以外のトリガーが出れば、
それは、まだアタックしていない方のリアガードに与えて、
スタンドトリガーが出れば、
アタック済みのリアガードの方に与える…。

こうすることで、
スタンドトリガーが出ても、それ以外が出ても、
ムダなく対応していくことができるわけです。

しかし、しーぷそうしませんでした

なぜでしょうか?

実は、
しーぷのデッキにはスタンドトリガーが入っていないんです。
(代わりに、クリティカルトリガーが入っています)
※デッキの内容はこちらを参照

ですので、ヴァンガードからアタックして、
トリガーは前衛3ユニットに柔軟に振り分けられるようにした…と、
いうことなんですね。

さて、一番槍のヴァンガードに対して星屑は…、

星屑薬研藤四郎でガード!」

V講座-1-3-33
▲シールド10000を張って、
▲パワーは1100021000に。

その差は10000ですので、
トリガーが2枚乗ればアタックがヒットする状態です。
(いわゆる"2枚突破")

星屑ダメージ4ですので、
クリティカルトリガーが1枚でも出れば負けてしまいます。

かといって、
ここで2枚ともトリガーが出るとは思えませんでしたので…、
トリガー1枚まで耐えられる10000シールドを張ったわけです。

星屑「(ここでダブル・トリガーとか、)」
星屑「(さ、さすがにないよね…?)」

しーぷツインドライブ!!

しーぷ「ファースト・チェック!」
しーぷ「…トリガーなし」

星屑「(よしっ)」

しーぷ「セカンド・チェック!!」

V講座-1-3-34
▲2枚目はヒールトリガー!!

しーぷ「やった!」
しーぷヒールトリガーゲット!

星屑「またヒールか…!」

V講座-1-3-35
▲トリガーした時点で、ダメージは同点ですので、
しーぷのダメージは1点回復します!
(しーぷのダメージが星屑"以上"なら回復)

しーぷ「ダメージを1回復して、」
しーぷディヴィニティランサー+5000!」

V講座-1-3-36
しーぷのダメージは3点になり、
右列のリアガードの合計パワーは24000になってしまいました。

星屑「(ダメージ4から、またダメージ3に…)」

星屑「(いや、とりあえず、」
星屑「(残り2回のアタックをしのがなきゃ…!)」

V講座-1-3-37
▲左列の合計パワー17000に対しては、
▲シールド10000でガード!

V講座-1-3-38
▲右列の合計パワー24000に対しては、
▲シールド15000でガード!!

しーぷ「うーん、またもや一歩届かず…」

星屑「ふぅ…」

星屑、辛くも耐え切ることができましたが、
手札に残っているカードは「今剣」が1枚だけ…。

攻め手に欠く中、
次の攻撃はどうなるでしょうか…?


次回、最終回です!



次回:その1(4/4)




【2017/01/07 00:01】 | カードゲーム |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可