RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
TCG「カードファイト!!ヴァンガード」




★星屑のヴァンガード講座その1(4/4)

初回:ヴァンガード講座その1(1/4)

前回:ヴァンガード講座その1(3/4)
今回:ヴァンガード講座その1(4/4)←いまココ


★前回のおさらい

☆4種類のトリガー

ヴァンガでは、デッキをつくるときに、
「トリガーユニット」をジャスト16枚入れなければならない
というルールがあり…、

このトリガーユニットを、
トリガーチェック」のときに引き当てれば、
強力な2つの効果が発動します!!

1つ目パワー+5000の効果で、
ヴァンガードでもリアガードでも、
好きなユニット1体のパワーを+5000できるというもの。

相手の計算を狂わせたり、
相手に余計に手札を使わせたりと、
この+5000は大きなパワーアップです!

そして、
2つ目トリガーの種類ごとの効果
これが全部で4種類ありますので、
1枚ずつ見ていきましょう!


・[治]ヒールトリガー

治トリガー
▲「」のアイコンのヒールトリガーは、

トリガーした時点で、
自分のダメージが、相手のダメージ以上なら、
自分のダメージを1点回復できる
というもの。

ヴァンガでは、
"回復手段"というものが、ほとんどありません

クリティカルをアップさせる手段や、
手札を増やす手段は色々ありますが、
回復する手段というのは、ごくわずかなんです。

ですので、
この「ヒールトリガー」は最重要といっても過言ではなく…、

その証拠に、
ヒールトリガーはデッキに4枚までしか入れられない
(名前が違うカードでも、全部ひっくるめても4枚まで)
というルールがあるほどです。

デッキを組むとき、とりあえずヒールトリガーは、
MAXの4枚を投入することを強くオススメします!
(トライアルデッキなら、ちゃんと4枚封入されています)


・[☆]クリティカルトリガー

☆トリガー
▲「」のアイコンのクリティカルトリガーは、

ヴァンガードでもリアガードでも、
好きなユニット1体の「クリティカル」を+1する
というもの。

クリティカル」とは、
アタックが相手ヴァンガードにヒットしたとき、
相手ファイターに与えるダメージの数
です。

通常のクリティカルは「」で、
相手に与えるダメージは「」になりますが、

クリティカルトリガーによって、
クリティカルが+1されて「」に増えれば、
与えるダメージも「」に増えますし、

運良くクリティカルが「」になろうものなら、
相手に与えるダメージは、なんと「」になります。

6ダメージを与えることが勝利条件という、
ヴァンガのルールにおいて、
クリティカルを増やすことができれば、
それだけ勝利が近いものになるわけです!


・[醒]スタンドトリガー

醒トリガー
▲「」アイコンのスタンドトリガーは、

リアガード1体をスタンド状態にするというもの。

直前にアタックしてレスト状態になったリアガードを
スタンド状態にすれば、ふたたびアタックすることができ、
そのターン中のアタック回数を増やすことができます!


・[引]ドロートリガー

引トリガー
▲「」アイコンのドロートリガーは、

デッキの上からカードを1枚引くというもの。

手札1枚の差で勝負が決まることも多いヴァンガでは、
この効果は攻守ともに役立ってくれます!

ただ、ドロートリガーには"弱点"がありまして、
それはシールドが5000しかないこと。

4種類あるトリガーユニットの中で、
シールドが10000ではないのはドロートリガーのみです。

また、ヴァンガでは、
カードを引きすぎてデッキが尽きてしまうと敗北してしまいます。

ドロートリガーは、
自分のターンでも相手のターンでも活躍できる便利なカードですが、
デッキへの投入枚数には注意しておきましょう。



★10ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「俺のスタンド・アンド・ドロー!」

V講座-1-4-01
スタンドして、

V講座-1-4-02
▲引いたカードは「グレード3」の「明石国行」!

星屑「(ラッキ!)」
星屑「(これで〈超越〉することができる…!)」



③ライドフェイズ

・ストライドステップ

星屑ストライド・ジェネレーション!」

V講座-1-4-03
▲引いたばかりの「グレード3」をコストに、
▲「髭切」を〈超越〉しました!



④メインフェイズ

手札の「今剣」を中央列・後衛〈コール〉すれば、
ヴァンガードの「髭切」をブーストできますが…、

次のしーぷのターンでの守りが心配ですので、
ここも手札を温存しておくことにしましょう。



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑「(よし、このターンもスタンドトリガー狙いだ!)」

星屑後藤藤四郎のブーストをつけて、」
星屑長曽祢虎徹ヴァンガードにアタック!」

V講座-1-4-04
▲合計パワー1700011000

しーぷキュアラブルでガード!」

V講座-1-4-05
▲このアタックは、
▲シールド10000で難なく防がれてしまいました。


・2回目のアタック

星屑「さて、ヴァンガードの髭切で、」
星屑ヴァンガードにアタック!」

V講座-1-4-06
▲パワー2600011000
▲はたしてしーぷガードするのでしょうか…?

しーぷ「ノーガード!」

星屑「(いま、しーぷ3ダメージだから、)」
星屑「(ここでクリティカルトリガー2枚めくれば、)」
星屑「(俺の勝ちが見えてくる…!)」

星屑トリプルドライブ!!!

星屑「チェック・ファースト!」
星屑「チェック・セカンド!!」
星屑「チェック・サード!!!」

星屑「って、ええっ、トリガーなし…だと…!?」

V講座-1-4-07
▲3枚もめくって、トリガーは1枚もありませんでした…。

しーぷ「さっき3枚ともトリガーだったからね」
しーぷ「仕方ないね」

星屑「あのターンで運を使いすぎたのか…!」

V講座-1-4-08
▲アタック自体はヒットしていますので、
しーぷには1点だけダメージが入りました。



⑥エンドフェイズ

髭切」をGゾーンに置いて、
ターンをしーぷに渡します。

V講座-1-4-09
▲このターン、トリガーこそありませんでしたが、
▲幸いにも「完全ガード」の「物吉貞宗」を引けましたので、
▲次のしーぷのターンは、なんとか耐えられそうです。



★11ターン目(しーぷのターン)

V講座-1-4-10
しーぷは、コストを支払って「レイブレス」を〈超越〉してから、

V講座-1-4-11
▲その「レイブレス」で星屑ヴァンガードにアタック!

V講座-1-4-12
▲これを星屑は「物吉貞宗」で「完全ガード」!

しーぷトリプルドライブ!!!は…、

V講座-1-4-13
▲3枚ともトリガーなし…!

しーぷ「私までトリガーに恵まれないなんて!」

星屑「(その上、チェックした3枚中の2枚は、)」
星屑「(シールド0グレード3!!!)」

星屑「(次の俺のターン、しーぷの守りは薄そうだ…!)」

V講座-1-4-14
しーぷの2回目のアタックは、

V講座-1-4-15
▲そのまま受けて、星屑5ダメージ目

しーぷ「あと1ダメージ!」

V講座-1-4-16
しーぷの3回目のアタックは、
▲合計パワー19000でしたが…、

V講座-1-4-17
星屑は、手札からシールド5000の「今剣」を出し、

V講座-1-4-18
▲さらに、前衛の「グレード2」の「長曽祢虎徹」で、

V講座-1-4-19
インターセプト
▲合わせてシールド10000となり、
▲6点目のダメージを防ぎました!

星屑「(次のターンで絶対に決める…!)」



★12ターン目(星屑のターン)

星屑ファイナル・ターン!

しーぷ「あら、ファイナル・ターン宣言?」

"ファイナル・ターン"とは、
このターンでの勝利を予告するときのセリフです。

これは別に、そういうルールがというあるわけではなく、
単に、宣言どおり勝ったらかっこいい!というもので、
ファイターの意気込みや自信の表れとなっています。

さて、5ダメージ目を受け、背水の陣となった星屑は、
なんとしてもファイナル・ターンを成功させたいところ…!


①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「(まずは、ここでグレード1以上を引きたい!)」

星屑の手札は「グレード2」の「和泉守兼定」が1枚のみ。
〈超越〉するためには、グレードの合計が3以上必要ですので、
ここで欲しいのは「グレード1」以上のカードです。

星屑「スタンド・アンド……」

星屑ドロー!

V講座-1-4-20
▲引いたのは…「グレード0」のカード…。
▲これでは〈超越〉に届きません…!

星屑「(仕方ない、)」
星屑「(この戦力で、なんとかしていこう!)」



③ライドフェイズ

星屑〈超越〉できません…!



④メインフェイズ

星屑和泉守兼定〈コール〉!」

V講座-1-4-21
▲最後の最後まで、
▲リアガードを2枚しか展開させられませんでしたが…、

地道に後衛からの支援を続けてくれた「後藤藤四郎」に、
攻守に渡って大活躍してくれた「長曽祢虎徹」、
その後を引き継いでくれた「和泉守兼定」と、
そして、ずっとヴァンガードとして、
刀剣男士たちを引っ張ってきた「明石国行」!

この布陣で、星屑しーぷに挑みます…!

さあ、勝ちにいきましょう!



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑後藤藤四郎のブーストをつけて、」
星屑和泉守兼定ヴァンガードにアタック!」

しーぷキュアラブルでガード!」

V講座-1-4-22
▲合計パワー17000でのアタックは、
▲シールド10000を張られて防がれますが…、


・2回目のアタック

星屑「次こそ!」
星屑明石国行ヴァンガードにアタック!」

しーぷ「残念だけど…、」

星屑「え?」

しーぷフレイム・オブ・ビクトリーと、」
しーぷキマルクスでガード!」

しーぷ"3枚突破"よ!!!」

星屑「な、なんだってえええええ!?」

V講座-1-4-23
しーぷの合計パワーは26000!!!

これを突破するためには、
星屑3枚突破…トリガーを3枚めくる必要があります。

ところが、
〈超越〉していない今回のアタックは、
トリプルドライブ!!!ではなくツインドライブ!!…。

そもそも、めくる枚数が2枚しかありません。

つまり、
このアタックは絶対にヒットしないのです…!


しーぷ「どうやら、ファイナル・ターンは失敗みたいね」

星屑「…いや、まだだ!」

星屑スタンドトリガーを引き当てて、」
星屑「もう1回、アタックのチャンスをつかんでみせる…!」

星屑ツインドライブ!!

星屑「チェック・ファースト!」

星屑「……!」

V講座-1-4-24
▲1枚目はクリティカルトリガー

星屑「ゲット!」

星屑クリティカルトリガー!

星屑「効果は全て、」
星屑「リアガードの和泉守兼定へ!」

V講座-1-4-25
▲これで「和泉守兼定」のパワー+5000
▲そして、クリティカルが+1に…!

さあさあ、お膳立てはできました!

あとは、2枚目でスタンドトリガーを引き当てて、
クリティカルになっている「和泉守兼定」のアタックを
しーぷヴァンガードにヒットさせれば、
しーぷのダメージはになります…!

しーぷ「……」

星屑絶対に引く!
星屑絶対に引くんだ!!

星屑「チェック!」

星屑セカンド!!

V講座-1-4-26
▲2枚目は…スタンドトリガー!!!

星屑ほ、ほんとにキター!!!!!

星屑「スタンドトリガー発動!」
星屑「効果は全て和泉守兼定に!!」

V講座-1-4-28
▲「和泉守兼定」が、ふたたび立ち上がり、
▲その上、パワー+10000クリティカル2!!

冗談みたいです…!
というか信じられない!!


これは勝てる流れが来ているでしょう!!!


・3回目のアタック

星屑「これが正真正銘のラストアタックだ!」

星屑「決めろ兼さん!」
星屑和泉守兼定ヴァンガードにアタック!!!」

V講座-1-4-29
▲パワー19000クリティカル2!!

ヒットすれば、しーぷ6ダメージ

祈るばかりの星屑ですが…、

しーぷ「ごめんけど、終わらせない!」

しーぷ
ラストレスナイトでガード!!

星屑ぎゃあああああ!!!

V講座-1-4-30
しーぷは、しっかりとガード要員を残していました…!

星屑の全身全霊をかけたラストアタックは、
ファイトに終止符を打つことができず…。

星屑「ぐっ、もはやこれまでか…」



⑥エンドフェイズ

ターンをしーぷに渡します。



★13ターン目(しーぷのターン)

しーぷ「では…、」コホン

しーぷファイナル・ターン!

星屑「ひええ……」

V講座-1-4-31
しーぷは「レイブレス」を〈超越〉して、

V講座-1-4-32
▲容赦なく星屑ヴァンガードにアタック!

V講座-1-4-33
▲もはや星屑にできることは、ほとんどなくて…。

この「レイブレス」のアタックをガードせず、
ダメージチェックヒールトリガーをめくり、
残りの2体のリアガードのアタックを、
インターセプトと手札を総動員でガードする…くらいです。

星屑ノーガード…!

しーぷ「じゃあ、トリプルドライブ!!!

しーぷ「ファーストチェック!」
しーぷ「セカンドチェック!!」

しーぷ「…ゲット!」

しーぷクリティカルトリガー!!

星屑ぎゃあああああ

V講座-1-4-34
クリティカルトリガーが発動し…、

V講座-1-4-35
クリティカル2のアタックが星屑にヒットしてしまいました…!

星屑2ダメージを受けて、なお生き残るには、
2回のダメージチェックの両方で、
都合2枚ヒールトリガーをめくらなければなりません!!

星屑終わった……

しーぷ「え?」
しーぷ「まだダメージチェックの結果が出てな…」

星屑「俺のデッキには、ヒールトリガーが…、」

星屑あと1枚しか残ってないんだあああああ!!!

しーぷ「あー……」

V講座-1-4-36
星屑は、ファイト中のドローやトリガーチェックで、
▲すでに3枚ヒールトリガーを出していて、
▲デッキ内のヒールトリガー残り1枚…。
※ヒールトリガーはデッキに4枚までしか投入できません。

つまり、負け確定…!

星屑は、
勝ちの望みゼロダメージチェックを行わなければならないのです…!

星屑「ダメージ…チェック…」

V講座-1-4-37
▲ついに星屑6ダメージ目を受けてしまい…、

この瞬間、
星屑の"霊体"は惑星クレイの大地から消滅し、

しーぷがファイトに勝利しました!!


星屑スタンドトリガーが発動したときは、」
星屑「これは勝ちフラグだと確信したのに…!」

しーぷ「あと一歩だったね」

星屑「でも、いいファイトだった!」
星屑「ありがとう!」

しーぷ「うん、お疲れさまでした!」



…といったところで、
星屑のヴァンガード講座その1」でした!

負けちゃいましたけどね…( ̄▽ ̄ )アチャー

今回は、
ゲームのシステム部分を説明するために、
あえてユニットたちの「能力」を使わずに、
シンプルなファイトをしてみましたが、

次回は、「能力」を解禁して、
思う存分のファイトをする予定です!

これにより、
もっとユニットのパワーをアップさせたり
リアガードを〈コール〉する数を増やしたりと、
できることが増えて…、

ヴァンガはさらに楽しくなります!!

ぜひぜひ、
その2」もご覧いただけたら嬉しいです!



次回:その2





記事を閉じる▲


★前回のおさらい

☆4種類のトリガー

ヴァンガでは、デッキをつくるときに、
「トリガーユニット」をジャスト16枚入れなければならない
というルールがあり…、

このトリガーユニットを、
トリガーチェック」のときに引き当てれば、
強力な2つの効果が発動します!!

1つ目パワー+5000の効果で、
ヴァンガードでもリアガードでも、
好きなユニット1体のパワーを+5000できるというもの。

相手の計算を狂わせたり、
相手に余計に手札を使わせたりと、
この+5000は大きなパワーアップです!

そして、
2つ目トリガーの種類ごとの効果
これが全部で4種類ありますので、
1枚ずつ見ていきましょう!


・[治]ヒールトリガー

治トリガー
▲「」のアイコンのヒールトリガーは、

トリガーした時点で、
自分のダメージが、相手のダメージ以上なら、
自分のダメージを1点回復できる
というもの。

ヴァンガでは、
"回復手段"というものが、ほとんどありません

クリティカルをアップさせる手段や、
手札を増やす手段は色々ありますが、
回復する手段というのは、ごくわずかなんです。

ですので、
この「ヒールトリガー」は最重要といっても過言ではなく…、

その証拠に、
ヒールトリガーはデッキに4枚までしか入れられない
(名前が違うカードでも、全部ひっくるめても4枚まで)
というルールがあるほどです。

デッキを組むとき、とりあえずヒールトリガーは、
MAXの4枚を投入することを強くオススメします!
(トライアルデッキなら、ちゃんと4枚封入されています)


・[☆]クリティカルトリガー

☆トリガー
▲「」のアイコンのクリティカルトリガーは、

ヴァンガードでもリアガードでも、
好きなユニット1体の「クリティカル」を+1する
というもの。

クリティカル」とは、
アタックが相手ヴァンガードにヒットしたとき、
相手ファイターに与えるダメージの数
です。

通常のクリティカルは「」で、
相手に与えるダメージは「」になりますが、

クリティカルトリガーによって、
クリティカルが+1されて「」に増えれば、
与えるダメージも「」に増えますし、

運良くクリティカルが「」になろうものなら、
相手に与えるダメージは、なんと「」になります。

6ダメージを与えることが勝利条件という、
ヴァンガのルールにおいて、
クリティカルを増やすことができれば、
それだけ勝利が近いものになるわけです!


・[醒]スタンドトリガー

醒トリガー
▲「」アイコンのスタンドトリガーは、

リアガード1体をスタンド状態にするというもの。

直前にアタックしてレスト状態になったリアガードを
スタンド状態にすれば、ふたたびアタックすることができ、
そのターン中のアタック回数を増やすことができます!


・[引]ドロートリガー

引トリガー
▲「」アイコンのドロートリガーは、

デッキの上からカードを1枚引くというもの。

手札1枚の差で勝負が決まることも多いヴァンガでは、
この効果は攻守ともに役立ってくれます!

ただ、ドロートリガーには"弱点"がありまして、
それはシールドが5000しかないこと。

4種類あるトリガーユニットの中で、
シールドが10000ではないのはドロートリガーのみです。

また、ヴァンガでは、
カードを引きすぎてデッキが尽きてしまうと敗北してしまいます。

ドロートリガーは、
自分のターンでも相手のターンでも活躍できる便利なカードですが、
デッキへの投入枚数には注意しておきましょう。



★10ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「俺のスタンド・アンド・ドロー!」

V講座-1-4-01
スタンドして、

V講座-1-4-02
▲引いたカードは「グレード3」の「明石国行」!

星屑「(ラッキ!)」
星屑「(これで〈超越〉することができる…!)」



③ライドフェイズ

・ストライドステップ

星屑ストライド・ジェネレーション!」

V講座-1-4-03
▲引いたばかりの「グレード3」をコストに、
▲「髭切」を〈超越〉しました!



④メインフェイズ

手札の「今剣」を中央列・後衛〈コール〉すれば、
ヴァンガードの「髭切」をブーストできますが…、

次のしーぷのターンでの守りが心配ですので、
ここも手札を温存しておくことにしましょう。



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑「(よし、このターンもスタンドトリガー狙いだ!)」

星屑後藤藤四郎のブーストをつけて、」
星屑長曽祢虎徹ヴァンガードにアタック!」

V講座-1-4-04
▲合計パワー1700011000

しーぷキュアラブルでガード!」

V講座-1-4-05
▲このアタックは、
▲シールド10000で難なく防がれてしまいました。


・2回目のアタック

星屑「さて、ヴァンガードの髭切で、」
星屑ヴァンガードにアタック!」

V講座-1-4-06
▲パワー2600011000
▲はたしてしーぷガードするのでしょうか…?

しーぷ「ノーガード!」

星屑「(いま、しーぷ3ダメージだから、)」
星屑「(ここでクリティカルトリガー2枚めくれば、)」
星屑「(俺の勝ちが見えてくる…!)」

星屑トリプルドライブ!!!

星屑「チェック・ファースト!」
星屑「チェック・セカンド!!」
星屑「チェック・サード!!!」

星屑「って、ええっ、トリガーなし…だと…!?」

V講座-1-4-07
▲3枚もめくって、トリガーは1枚もありませんでした…。

しーぷ「さっき3枚ともトリガーだったからね」
しーぷ「仕方ないね」

星屑「あのターンで運を使いすぎたのか…!」

V講座-1-4-08
▲アタック自体はヒットしていますので、
しーぷには1点だけダメージが入りました。



⑥エンドフェイズ

髭切」をGゾーンに置いて、
ターンをしーぷに渡します。

V講座-1-4-09
▲このターン、トリガーこそありませんでしたが、
▲幸いにも「完全ガード」の「物吉貞宗」を引けましたので、
▲次のしーぷのターンは、なんとか耐えられそうです。



★11ターン目(しーぷのターン)

V講座-1-4-10
しーぷは、コストを支払って「レイブレス」を〈超越〉してから、

V講座-1-4-11
▲その「レイブレス」で星屑ヴァンガードにアタック!

V講座-1-4-12
▲これを星屑は「物吉貞宗」で「完全ガード」!

しーぷトリプルドライブ!!!は…、

V講座-1-4-13
▲3枚ともトリガーなし…!

しーぷ「私までトリガーに恵まれないなんて!」

星屑「(その上、チェックした3枚中の2枚は、)」
星屑「(シールド0グレード3!!!)」

星屑「(次の俺のターン、しーぷの守りは薄そうだ…!)」

V講座-1-4-14
しーぷの2回目のアタックは、

V講座-1-4-15
▲そのまま受けて、星屑5ダメージ目

しーぷ「あと1ダメージ!」

V講座-1-4-16
しーぷの3回目のアタックは、
▲合計パワー19000でしたが…、

V講座-1-4-17
星屑は、手札からシールド5000の「今剣」を出し、

V講座-1-4-18
▲さらに、前衛の「グレード2」の「長曽祢虎徹」で、

V講座-1-4-19
インターセプト
▲合わせてシールド10000となり、
▲6点目のダメージを防ぎました!

星屑「(次のターンで絶対に決める…!)」



★12ターン目(星屑のターン)

星屑ファイナル・ターン!

しーぷ「あら、ファイナル・ターン宣言?」

"ファイナル・ターン"とは、
このターンでの勝利を予告するときのセリフです。

これは別に、そういうルールがというあるわけではなく、
単に、宣言どおり勝ったらかっこいい!というもので、
ファイターの意気込みや自信の表れとなっています。

さて、5ダメージ目を受け、背水の陣となった星屑は、
なんとしてもファイナル・ターンを成功させたいところ…!


①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「(まずは、ここでグレード1以上を引きたい!)」

星屑の手札は「グレード2」の「和泉守兼定」が1枚のみ。
〈超越〉するためには、グレードの合計が3以上必要ですので、
ここで欲しいのは「グレード1」以上のカードです。

星屑「スタンド・アンド……」

星屑ドロー!

V講座-1-4-20
▲引いたのは…「グレード0」のカード…。
▲これでは〈超越〉に届きません…!

星屑「(仕方ない、)」
星屑「(この戦力で、なんとかしていこう!)」



③ライドフェイズ

星屑〈超越〉できません…!



④メインフェイズ

星屑和泉守兼定〈コール〉!」

V講座-1-4-21
▲最後の最後まで、
▲リアガードを2枚しか展開させられませんでしたが…、

地道に後衛からの支援を続けてくれた「後藤藤四郎」に、
攻守に渡って大活躍してくれた「長曽祢虎徹」、
その後を引き継いでくれた「和泉守兼定」と、
そして、ずっとヴァンガードとして、
刀剣男士たちを引っ張ってきた「明石国行」!

この布陣で、星屑しーぷに挑みます…!

さあ、勝ちにいきましょう!



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑後藤藤四郎のブーストをつけて、」
星屑和泉守兼定ヴァンガードにアタック!」

しーぷキュアラブルでガード!」

V講座-1-4-22
▲合計パワー17000でのアタックは、
▲シールド10000を張られて防がれますが…、


・2回目のアタック

星屑「次こそ!」
星屑明石国行ヴァンガードにアタック!」

しーぷ「残念だけど…、」

星屑「え?」

しーぷフレイム・オブ・ビクトリーと、」
しーぷキマルクスでガード!」

しーぷ"3枚突破"よ!!!」

星屑「な、なんだってえええええ!?」

V講座-1-4-23
しーぷの合計パワーは26000!!!

これを突破するためには、
星屑3枚突破…トリガーを3枚めくる必要があります。

ところが、
〈超越〉していない今回のアタックは、
トリプルドライブ!!!ではなくツインドライブ!!…。

そもそも、めくる枚数が2枚しかありません。

つまり、
このアタックは絶対にヒットしないのです…!


しーぷ「どうやら、ファイナル・ターンは失敗みたいね」

星屑「…いや、まだだ!」

星屑スタンドトリガーを引き当てて、」
星屑「もう1回、アタックのチャンスをつかんでみせる…!」

星屑ツインドライブ!!

星屑「チェック・ファースト!」

星屑「……!」

V講座-1-4-24
▲1枚目はクリティカルトリガー

星屑「ゲット!」

星屑クリティカルトリガー!

星屑「効果は全て、」
星屑「リアガードの和泉守兼定へ!」

V講座-1-4-25
▲これで「和泉守兼定」のパワー+5000
▲そして、クリティカルが+1に…!

さあさあ、お膳立てはできました!

あとは、2枚目でスタンドトリガーを引き当てて、
クリティカルになっている「和泉守兼定」のアタックを
しーぷヴァンガードにヒットさせれば、
しーぷのダメージはになります…!

しーぷ「……」

星屑絶対に引く!
星屑絶対に引くんだ!!

星屑「チェック!」

星屑セカンド!!

V講座-1-4-26
▲2枚目は…スタンドトリガー!!!

星屑ほ、ほんとにキター!!!!!

星屑「スタンドトリガー発動!」
星屑「効果は全て和泉守兼定に!!」

V講座-1-4-28
▲「和泉守兼定」が、ふたたび立ち上がり、
▲その上、パワー+10000クリティカル2!!

冗談みたいです…!
というか信じられない!!


これは勝てる流れが来ているでしょう!!!


・3回目のアタック

星屑「これが正真正銘のラストアタックだ!」

星屑「決めろ兼さん!」
星屑和泉守兼定ヴァンガードにアタック!!!」

V講座-1-4-29
▲パワー19000クリティカル2!!

ヒットすれば、しーぷ6ダメージ

祈るばかりの星屑ですが…、

しーぷ「ごめんけど、終わらせない!」

しーぷ
ラストレスナイトでガード!!

星屑ぎゃあああああ!!!

V講座-1-4-30
しーぷは、しっかりとガード要員を残していました…!

星屑の全身全霊をかけたラストアタックは、
ファイトに終止符を打つことができず…。

星屑「ぐっ、もはやこれまでか…」



⑥エンドフェイズ

ターンをしーぷに渡します。



★13ターン目(しーぷのターン)

しーぷ「では…、」コホン

しーぷファイナル・ターン!

星屑「ひええ……」

V講座-1-4-31
しーぷは「レイブレス」を〈超越〉して、

V講座-1-4-32
▲容赦なく星屑ヴァンガードにアタック!

V講座-1-4-33
▲もはや星屑にできることは、ほとんどなくて…。

この「レイブレス」のアタックをガードせず、
ダメージチェックヒールトリガーをめくり、
残りの2体のリアガードのアタックを、
インターセプトと手札を総動員でガードする…くらいです。

星屑ノーガード…!

しーぷ「じゃあ、トリプルドライブ!!!

しーぷ「ファーストチェック!」
しーぷ「セカンドチェック!!」

しーぷ「…ゲット!」

しーぷクリティカルトリガー!!

星屑ぎゃあああああ

V講座-1-4-34
クリティカルトリガーが発動し…、

V講座-1-4-35
クリティカル2のアタックが星屑にヒットしてしまいました…!

星屑2ダメージを受けて、なお生き残るには、
2回のダメージチェックの両方で、
都合2枚ヒールトリガーをめくらなければなりません!!

星屑終わった……

しーぷ「え?」
しーぷ「まだダメージチェックの結果が出てな…」

星屑「俺のデッキには、ヒールトリガーが…、」

星屑あと1枚しか残ってないんだあああああ!!!

しーぷ「あー……」

V講座-1-4-36
星屑は、ファイト中のドローやトリガーチェックで、
▲すでに3枚ヒールトリガーを出していて、
▲デッキ内のヒールトリガー残り1枚…。
※ヒールトリガーはデッキに4枚までしか投入できません。

つまり、負け確定…!

星屑は、
勝ちの望みゼロダメージチェックを行わなければならないのです…!

星屑「ダメージ…チェック…」

V講座-1-4-37
▲ついに星屑6ダメージ目を受けてしまい…、

この瞬間、
星屑の"霊体"は惑星クレイの大地から消滅し、

しーぷがファイトに勝利しました!!


星屑スタンドトリガーが発動したときは、」
星屑「これは勝ちフラグだと確信したのに…!」

しーぷ「あと一歩だったね」

星屑「でも、いいファイトだった!」
星屑「ありがとう!」

しーぷ「うん、お疲れさまでした!」



…といったところで、
星屑のヴァンガード講座その1」でした!

負けちゃいましたけどね…( ̄▽ ̄ )アチャー

今回は、
ゲームのシステム部分を説明するために、
あえてユニットたちの「能力」を使わずに、
シンプルなファイトをしてみましたが、

次回は、「能力」を解禁して、
思う存分のファイトをする予定です!

これにより、
もっとユニットのパワーをアップさせたり
リアガードを〈コール〉する数を増やしたりと、
できることが増えて…、

ヴァンガはさらに楽しくなります!!

ぜひぜひ、
その2」もご覧いただけたら嬉しいです!



次回:その2




【2017/01/09 23:59】 | カードゲーム |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可