RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「ダンジョンロール」




★開封

ダンロー-o-02
▲積みゲーを開封していきます!


★箱の外観

ダンロー-o-01
▲箱だけで、すでにワクワクするカタチをしていますね…!

カタチがカタチですので、収納方法で少し悩みますが、
むしろ、インテリアとして飾っておくのもアリかと思いました。

ゲーム中は、実際にこの宝箱の中から、
宝物を取り出すことになります!( ̄▽ ̄*)

なお、スペックは以下の通りです。

・1~4人用
・8歳~
・約15分




★箱をオープン!

宝箱を開ける要領で、箱を開けていきます。

ぼくの頭の中では、
ゼルダ」の"テテテテー♪"という効果音が流れました!( ̄▽ ̄*)

ダンロー-o-03
▲パカッと一発目は盛りだくさんのダイス

ダンロー-o-04
あれっ、これで終わり…?と思いきや、

ダンロー-o-05
▲ダンボール紙の下にタイル台紙と、

ダンロー-o-06
▲ここにルルブがあって、

ダンロー-o-07
▲最後にカード類

ダンロー-o-08
▲これで正真正銘、ラストでした。



★タイル抜き!

ダンロー-o-09
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン!

ダンロー-o-10
▲はい、完了…!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

一つ一つ見ていきます。

ダンロー-o-11
ダンジョン突入の手引書(原語・日本語)

日本語の方は、箱の外に貼り付けられていました。

ダンロー-o-12
英雄の書(原語・日本語)
▲プレイヤーキャラクターの英雄たちの能力が詳しく書かれています。

こちらも日本語の方はベタ付けでした。

ダンロー-o-13
英雄カード×8枚

ダンロー-o-14
日本語シート(英雄カード用)×8枚

各プレイヤーは、
ナイト」や「クルセイダー」といった「英雄」になり、
英雄ごとの〈特技〉〈究極技〉を使うことができます!

さらに、レベルアップ条件を満たすことで、
オカルティスト」→「ネクロマンサー」や、
ミンストレル」→「バード」といった感じで"達人"になり、
より強力な〈特技〉〈究極技〉を使えるようになります!!

ダンロー-o-15
経験値トークン×24枚

ダンジョンに挑んだり、ドラゴンを討伐したり、
あるいは宝物を使わずに残しておいたりすることで
得られるのが、この経験値です。

ゲーム終了時、
経験値が最も高いプレイヤーが勝者となります!

ダンロー-o-16
宝物トークン×36枚

チェストを開けたり、ドラゴンを討伐したりすると、
ランダムで宝箱の中から獲得できるトークンで…、

ダンロー-o-17
モンスター撃破の補助や、

ダンロー-o-18
さまざまな効果を得られる他、

ゲーム終了時まで使わずに残しておけば、
追加の経験値になります。

ダンロー-o-19
パーティーダイス×7個

冒険者(の役のプレイヤー)が使うダイスで、
各面には仲間を表すアイコンが描かれています。

この仲間たちをけしかけることで、
冒険者はモンスターを撃破していくわです…!

ダンロー-o-20
ダンジョンダイス×7個

ダンジョンロード(の役のプレイヤー)が使うダイスです。

ダンジョンロードが振って出した出目によって、
冒険者の前に立ちはだかるモンスターが決まります!

なお、出目はモンスターだけではなくて、
冒険者の役に立つ「チェスト」や「ポーション」もあり、
苦しいばかりではないようになっているようですね。

ダンロー-o-21
レベルダイス(10面)×1個

こちらは振るためのダイスではなくて、
レベル数(=ターン数)を表示するためのダイスです。



★コメント

箱がステキだという理由だけで、
ろくに内容も確認せずに購入したタイトルだったんですが、

これ、シンプルなダイスゲームって感じで気に入りました!

ダイスを振ってパーティーメンバーを決めるので、
ごちゃごちゃ悩まなくて済みますし、

かといって、まったく考える要素がないわけではなく、
どのタイミングで英雄の〈究極技〉を使うかとか、
どのあたりで宿に帰って経験値を確定させるかとか、
ほどよい感じで判断を求められるんです!

そして、なんといっても、
宝物を獲得するときのワクワク感…!( ̄▽ ̄*)
宝箱の中から宝物を取り出すのが楽しいので、
どんどんドラゴンに挑みたくなります!!

また、どの仲間がどのモンスターに強いか、
出目の色が揃えてあることによって一目瞭然で、
とてもプレイヤーに優しい設計だと感じました!

※パーティーダイスとダンジョンダイスを見比べる分かりますが、
戦士ゴブリンに強く、
僧侶スケルトンに強く、
魔道士ウーズに強く、
盗賊チェストを開けられます。

ダンロー-o-22

1人でスコアアタックもできますし、
みんなで盛り上がることもできますし、
これは手に入れてよかったと思いました!!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ダンロー-o-01
▲箱だけで、すでにワクワクするカタチをしていますね…!

カタチがカタチですので、収納方法で少し悩みますが、
むしろ、インテリアとして飾っておくのもアリかと思いました。

ゲーム中は、実際にこの宝箱の中から、
宝物を取り出すことになります!( ̄▽ ̄*)

なお、スペックは以下の通りです。

・1~4人用
・8歳~
・約15分




★箱をオープン!

宝箱を開ける要領で、箱を開けていきます。

ぼくの頭の中では、
ゼルダ」の"テテテテー♪"という効果音が流れました!( ̄▽ ̄*)

ダンロー-o-03
▲パカッと一発目は盛りだくさんのダイス

ダンロー-o-04
あれっ、これで終わり…?と思いきや、

ダンロー-o-05
▲ダンボール紙の下にタイル台紙と、

ダンロー-o-06
▲ここにルルブがあって、

ダンロー-o-07
▲最後にカード類

ダンロー-o-08
▲これで正真正銘、ラストでした。



★タイル抜き!

ダンロー-o-09
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン!

ダンロー-o-10
▲はい、完了…!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

一つ一つ見ていきます。

ダンロー-o-11
ダンジョン突入の手引書(原語・日本語)

日本語の方は、箱の外に貼り付けられていました。

ダンロー-o-12
英雄の書(原語・日本語)
▲プレイヤーキャラクターの英雄たちの能力が詳しく書かれています。

こちらも日本語の方はベタ付けでした。

ダンロー-o-13
英雄カード×8枚

ダンロー-o-14
日本語シート(英雄カード用)×8枚

各プレイヤーは、
ナイト」や「クルセイダー」といった「英雄」になり、
英雄ごとの〈特技〉〈究極技〉を使うことができます!

さらに、レベルアップ条件を満たすことで、
オカルティスト」→「ネクロマンサー」や、
ミンストレル」→「バード」といった感じで"達人"になり、
より強力な〈特技〉〈究極技〉を使えるようになります!!

ダンロー-o-15
経験値トークン×24枚

ダンジョンに挑んだり、ドラゴンを討伐したり、
あるいは宝物を使わずに残しておいたりすることで
得られるのが、この経験値です。

ゲーム終了時、
経験値が最も高いプレイヤーが勝者となります!

ダンロー-o-16
宝物トークン×36枚

チェストを開けたり、ドラゴンを討伐したりすると、
ランダムで宝箱の中から獲得できるトークンで…、

ダンロー-o-17
モンスター撃破の補助や、

ダンロー-o-18
さまざまな効果を得られる他、

ゲーム終了時まで使わずに残しておけば、
追加の経験値になります。

ダンロー-o-19
パーティーダイス×7個

冒険者(の役のプレイヤー)が使うダイスで、
各面には仲間を表すアイコンが描かれています。

この仲間たちをけしかけることで、
冒険者はモンスターを撃破していくわです…!

ダンロー-o-20
ダンジョンダイス×7個

ダンジョンロード(の役のプレイヤー)が使うダイスです。

ダンジョンロードが振って出した出目によって、
冒険者の前に立ちはだかるモンスターが決まります!

なお、出目はモンスターだけではなくて、
冒険者の役に立つ「チェスト」や「ポーション」もあり、
苦しいばかりではないようになっているようですね。

ダンロー-o-21
レベルダイス(10面)×1個

こちらは振るためのダイスではなくて、
レベル数(=ターン数)を表示するためのダイスです。



★コメント

箱がステキだという理由だけで、
ろくに内容も確認せずに購入したタイトルだったんですが、

これ、シンプルなダイスゲームって感じで気に入りました!

ダイスを振ってパーティーメンバーを決めるので、
ごちゃごちゃ悩まなくて済みますし、

かといって、まったく考える要素がないわけではなく、
どのタイミングで英雄の〈究極技〉を使うかとか、
どのあたりで宿に帰って経験値を確定させるかとか、
ほどよい感じで判断を求められるんです!

そして、なんといっても、
宝物を獲得するときのワクワク感…!( ̄▽ ̄*)
宝箱の中から宝物を取り出すのが楽しいので、
どんどんドラゴンに挑みたくなります!!

また、どの仲間がどのモンスターに強いか、
出目の色が揃えてあることによって一目瞭然で、
とてもプレイヤーに優しい設計だと感じました!

※パーティーダイスとダンジョンダイスを見比べる分かりますが、
戦士ゴブリンに強く、
僧侶スケルトンに強く、
魔道士ウーズに強く、
盗賊チェストを開けられます。

ダンロー-o-22

1人でスコアアタックもできますし、
みんなで盛り上がることもできますし、
これは手に入れてよかったと思いました!!



ボードゲーム記事一覧



【2016/12/22 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ダンジョンロール  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。