RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
TCG「カードファイト!!ヴァンガード」




星屑のヴァンガード講座その2(4/5)

前回:ヴァンガード講座その2(3/5)
今回:ヴァンガード講座その2(4/5)←いまココ
次回:ヴァンガード講座その2(5/5)


星屑に差をつけられているしーぷは、
ここから、どう巻き返していくのでしょうか…?

ファイトは中盤から終盤へと差し掛かっています。



★8ターン目(しーぷのターン)

しーぷグルグウィントにライド!」

星屑「おっと、再ライドか…!」

V講座-2-4-01
しーぷは「グレード3」の「ディヴィニティランサー」から、
▲同じく「グレード3」の「グルグウィント」にライドしました!

あまりヴァンガードに向いていない「ディヴィニティランサー」から、
ヴァンガードで大活躍できる「グルグウィント」へと、
乗り換えたカタチですね。

このように、より優秀なユニットにライドしなおすことを、
"再ライド"と言ったりします。


しーぷ「そしてスカージポイント超越!」

しーぷ「このとき、グルグウィント超越ボーナスを発動!!」

V講座-2-4-02
しーぷは「スカージポイント」に超越し、
▲「グルグウィント」の超越ボーナスのスキルを発動しました。

グルグウィント」の超越ボーナスは、
コストとしてカウンターブラスト①を支払うことで、
デッキの上から4枚見て、その中の1枚をコールするというもの!

ゴールドパラディン」が得意とする、
デッキから直接リアガードをコールしてしまうスキルです…!

手札を使わずにリアガードを増やせますので、
そのぶん、手札を守備に回せます。

攻守のバランスがとれた、とてもバランスの良いスキルですね!

しーぷ「じゃあ、4枚を見て…、」
しーぷ「うーん…、」

しーぷ「しょうがない、これにしておこう」

V講座-2-4-03
しーぷはデッキから「グレード1」の「ゴボルドゥク」をコール!

星屑「(あ、4枚の中にグレード2グレード3もなかったんだ…)」

しーぷは、すでにリアガードの「くれすがる」がいた右列・後衛に、
ゴボルドゥク」をコールしました。

これにより、「くれすがる」は退却しなければなりません。
となると、リアガードは1枚増えても1枚減って、トータル±0枚…。

それよりも、空いている左列・前衛にユニットをコールすれば、
単純にリアガードを1枚増やすことができたはずなんですが…、

そうしなかったということは、
しーぷが見た4枚のカードの中には、
前衛向きの「グレード2」や「グレード3」のカードがなかったと、
推測できるわけですね。

低コストでデッキからリアガードをコールできるものの、
コールされるユニットのランダム性が高いところが、
ゴールドパラディンのタマにキズ的な部分となっています。

…とはいえ、
くれすがる」から「ゴボルドゥク」に上書きしたことにより、
単体パワーが6000から7000に上昇し、

さらに、

しーぷスカージポイントのスキル発動!!」

スカージポイント」のスキルは、
デッキから直接、リアガードがコールされたとき
コールされたユニットと、「スカージポイント」自身のパワーを、
それぞれ+5000するというもの!

ここでいう"デッキから直接"というのが、
まさに「グルグウィント」の超越ボーナスのような、
デッキの上から○枚見て、その中の1枚を、そのままコールするという、
通常の手札からのコールとは違う、スキルによるコールのことです。

しーぷゴボルドゥクスカージポイントのパワーが5000ずつアップ!」

V講座-2-4-04
▲合計で10000もパワーアップされてしまいました…!

しーぷ「さらに、カティルスを普通にコール!」

V講座-2-4-05
しーぷ左列・前衛に、
▲「グレード2」の「カティルス」をコールして…、

これで、このターンも2体のリアガードがコールされましたので、
"結束能力"が有効になります!!

カティルス」は結束能力でパワー+3000

しーぷ「さらにさらに、」
しーぷコエル結束能力を発動!」

しーぷコエルソウルに置くことで、」
しーぷ「デッキの上から3枚見て1枚をコールして、」
しーぷ「コールしたユニットのパワー+2000!!」

V講座-2-4-06
しーぷは「コエル」をヴァンガードの下のソウルに置き…、

しーぷ「デッキの上から3枚見て…、」
しーぷ「って、またひどい選択肢…!」

V講座-2-4-07
しーぷはデッキから「フレイム・オブ・ビクトリー」をコールしました。

フレイム・オブ・ビクトリー」はパワー4000の「グレード0」…。
つまり、守備向きのユニットです。

そんなユニットを選ばなければならないということは、
よほどひどい3枚だったのでしょう…。

星屑「(今日のしーぷは、やけに運が悪いなァ…)」

ただ、「グレード0」のユニットも「ブースト」はできますし、

なにより、またデッキからリアガードがコールされたことにより、
スカージポイント」のスキルが発動して、お互いのパワーが+5000!!

V講座-2-4-08
結束の力によってパワーアップしたゴールドパラディン騎士団が、
刀剣男士たちに襲い掛かります…!

しーぷ「バトルフェイズ!」

しーぷフレイム・オブ・ビクトリーのブーストをつけて、」
しーぷスカージポイントでヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-09
しーぷの1回目のアタック!
▲パワーは4700011000

星屑「パワーは…47000!?」
星屑「これはもうノーガードで!!」

しーぷトリプル・ドライブチェック!!!」

しーぷ「ファースト・チェック!」

V講座-2-4-10
▲1枚目はドロートリガー

しーぷ「ドロートリガーゲット!」
しーぷ「1枚引いて、パワーはエリオに!」

しーぷ「セカンド・チェック!!」
しーぷ「サード・チェック!!!」

V講座-2-4-11
▲あとはトリガーなしでした。

星屑ダメージチェック!」

V講座-2-4-12
▲こちらもトリガーなし。
▲これでダメージはになりました。

しーぷ「次はキマルクスのブーストをつけて、」
しーぷカティルスたぬさんにアタック!!」

星屑なにぃぃぃ!?

V講座-2-4-13
しーぷの2回目のアタック!!
▲パワーは200009000
▲このパワー差をガードするのは安くありませんが…、

星屑たぬきだけは絶対に守ってみせるッ!」

星屑今剣乱ちゃん!!」
星屑「なにがなんでも、たぬきを死守するんだ…!」

星屑であえであえ~!

V講座-2-4-14
星屑は手札からシールド15000を出して、
▲これでパワーは2000024000

星屑「ふぅ、なんとかたぬきを守りきれたぞ」

しーぷ「ほんと、なにがそこまで星屑を駆り立ててるんだか…」

しーぷ「まぁいいや、次はエリオでヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-15
しーぷの3回目のアタック!!!
▲パワーは2100011000

星屑「やばい!」
星屑たぬきを守りすぎて手札がピンチだ!」

しーぷ「ちなみに、このアタックがヒットしたら、」
しーぷエリオのスキルで、またデッキからリアガードが登場するよ!」

星屑「は、謀ったな…!?」
星屑「でも、たぬきを守れたんだ、悔いはないッ!」

星屑ノーガード!!」
星屑「そしてダメージチェック!」

V講座-2-4-16
4点目のダメージはドロートリガー

星屑「ゲット・ドロー!」

星屑「1枚引いて、ヴァンガードのパワー+5000!」

しーぷ「じゃあ、エリオのスキル発動で…、」

V講座-2-4-17
しーぷはデッキから「ゴボルドゥク」を右列・前衛にコールしました!
▲ここでも「スカージポイント」のスキルが発動してパワー+5000!!

しーぷゴボルドゥクたぬさんにアタック!」

星屑なにぃぃぃぃぃ!?

V講座-2-4-18
しーぷの4回目のアタック!!!!
▲パワーは120009000

星屑「おぬし、やっぱりたぬきに恨みがあるやろ!?」

しーぷ「いや、だから私は、」
しーぷ「ただ蛍丸が好きなだけの審神者だから…!」

しーぷ「っていうか、ヴァンガードの方にアタックしようにも、」
しーぷ星屑のドロートリガーの効果で、」
しーぷ「ヴァンガードのパワーは16000になっちゃってるじゃん」

星屑「それもそうか」

星屑「じゃあ、まぁ、後藤たぬきをガード!」

V講座-2-4-19
星屑は手札からシールド5000を出して、
▲これでパワーは1200014000


なんとか「同田貫正国」は退却させずに済んだものの、
しーぷの高パワーでの連続アタックに圧倒され…、
ダメージレースはと、1点差にまで迫られてしまいました…!



★9ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「俺のスタンド・アンド・ドロー!」

V講座-2-4-20
▲ユニット5体をスタンドさせて、
▲引いたカードは「今剣」でした。



③ライドフェイズ

・ストライドステップ

星屑「このターンも髭切超越!」

V講座-2-4-21
▲「グレード3」のカードを1枚捨てて、
星屑は「髭切」を超越しました!

星屑「そして、小狐超越ボーナス発動!!」

ここでおさらいしておきましょう。

・「小狐丸」のスキル(超越ボーナス)

[0]「小狐丸」がヴァンガードのときに超越すると発動できる。
[1]コストとしてカウンターブラスト①を支払う。
[2]デッキの上のカードを1枚見る
[3]見たカードをデッキのに戻す
(欲しければ上、欲しくなければ下)
[4]デッキの上のカードを1枚引く
[5]ソウルチャージ①をする。


それでは…、

V講座-2-4-22
カウンターブラスト①を支払って、

V講座-2-4-23
▲デッキの上から1枚を見て

星屑「(ドロートリガー秋田か…、)」
星屑「(これはトリガーチェックで引きたいカードだから…、)」

V講座-2-4-24
▲今回はデッキのに戻しました

そして、改めて…、

V講座-2-4-25
▲デッキの上から1枚引きます。これが…、

星屑「(げっ、ヒールトリガーごこたん!?)」
星屑「(ドロートリガーを返したらヒールトリガーが来るなんて…!)」

V講座-2-4-26
▲最後にソウルチャージ①をしたら完了ですが、
▲ここでソウルに入ったカードは…、

星屑「(クリティカルトリガー薬研…だと…?)」

星屑「(ドローヒールクリティカル……)」
星屑「(これ、小狐超越ボーナスを使わなかったら、)」
星屑「(トリプルドライブ!!!トリガーだらけだったのか…!)」

星屑「(そして、逆にいってしまえば、)」
星屑「(ここからトリガーが出る確率はすごく低い…!)」

その上、ヒールトリガーの「五虎退」を引いたことで…、

V講座-2-4-29
▲「五虎退」は手札2枚と、

V講座-2-4-27
ドロップゾーン1枚と、

V講座-2-4-28
ダメージゾーン1枚…。

これで、
デッキに入っている4枚ヒールトリガー全て出尽くして
もはや星屑には回復手段がなくなってしまいました…!



④メインフェイズ

回復手段がないとなると、
手札には1枚でも多く守備要員を残しておきたいですので、
やみくもにリアガードをコールするのはためらわれます。

さらに、
このターンのトリプルドライブ!!!では、
確率的にトリガーが望めませんので、
攻め切れる気がしません…。

星屑「(と、なると…、)」

この星屑のターンはしーぷの手札を減らすだけにとどめておいて、
次のしーぷのターンをしのいでから、
その後の星屑のターンでのフィニッシュを狙う…!

こういったところで、
星屑の頭の中での作戦会議に結論が出ました!



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑後藤のブーストをつけて、」
星屑たぬきでヴァンガードにアタック!」

星屑「ダメージ以上なので…、」

星屑たぬき真剣必殺!」
星屑「パワー+3000!」

星屑長曽祢真剣必殺で、」
星屑「パワー+3000!」

V講座-2-4-30
▲合計パワーは2000011000

しーぷドナリー2体でガード!!」

V講座-2-4-31
▲これでパワーは2000021000になり、
しーぷのガード成功です!

星屑「またたぬきのアタックを…」

しーぷ「ガードしなきゃ負けちゃうし…!」

星屑「それもそうか」


・2回目のアタック

星屑「ヴァンガードの髭切でヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-32
▲パワーは2600011000トリプルドライブ!!!があります!

しーぷキャンディス完全ガード!!」

星屑「(よし、完ガを使わせることができた!)」
星屑「(これで次の俺のターンに攻めやすくなる…!)」

V講座-2-4-33
しーぷの"完全ガード"によって、
髭切のアタックはヒットしません

とはいえ、ドライブチェックトリガーをめくることができれば、
後続の「長曽祢虎徹」をパワーアップさせられます!

また、「髭切」のスキルは、
ドライブチェックで「グレード3」のカードをめくれば、
リアガード1体自身のパワーを+5000できるというもの。

このメインデッキは全50枚のうち、
トリガーユニット16枚で、
グレード3」のユニットが8枚入っていますので…、

髭切」のドライブチェックでは、
おおよそ2枚に1枚の確率でパワーアップが望めます!!

星屑トリプルドライブ!!!

星屑「ファースト!」

星屑「……」

星屑「セカンド!!」

V講座-2-4-34
▲ここまでトリガーなし。

やはり直前に3枚のトリガーユニットがかたまっていただけあって、
なかなかトリガーは出てきてくれません…!

星屑「サード・チェック!!!」

星屑「(頼む、出てくれトリガーグレード3…!)」

V講座-2-4-35
▲めくったカードは"完全ガード"の「不動行光」!

星屑「(おっ、トリガーグレード3も出なかったけど…、)」
星屑「(これで次のしーぷのターンの守りは万全…!)」


・3回目のアタック

星屑長曽祢でヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-36
真剣必殺によってパワーアップしていますので、
▲合計パワー1900011000

しーぷ「手札からシールド5000を出して、」
しーぷ「さらにインターセプト!!」

V講座-2-4-37
▲これでパワーは1900021000になり、
しーぷは3度のアタックを守り切りました…!



⑥エンドフェイズ

V講座-2-4-38
星屑は「髭切」をGゾーンに置いて…、

ターンをしーぷに渡します。



テクニックに、確率に、…!

さまざまなものが求められるヴァンガのファイトですが、
勝利するためには、そのすべてが必要になります!

星屑は、思惑通り次のしーぷのターンをしのいで、
ファイトに勝利することができるでしょうか…?


次回、最終回です…!



次回:その2(5/5)




記事を閉じる▲


星屑に差をつけられているしーぷは、
ここから、どう巻き返していくのでしょうか…?

ファイトは中盤から終盤へと差し掛かっています。



★8ターン目(しーぷのターン)

しーぷグルグウィントにライド!」

星屑「おっと、再ライドか…!」

V講座-2-4-01
しーぷは「グレード3」の「ディヴィニティランサー」から、
▲同じく「グレード3」の「グルグウィント」にライドしました!

あまりヴァンガードに向いていない「ディヴィニティランサー」から、
ヴァンガードで大活躍できる「グルグウィント」へと、
乗り換えたカタチですね。

このように、より優秀なユニットにライドしなおすことを、
"再ライド"と言ったりします。


しーぷ「そしてスカージポイント超越!」

しーぷ「このとき、グルグウィント超越ボーナスを発動!!」

V講座-2-4-02
しーぷは「スカージポイント」に超越し、
▲「グルグウィント」の超越ボーナスのスキルを発動しました。

グルグウィント」の超越ボーナスは、
コストとしてカウンターブラスト①を支払うことで、
デッキの上から4枚見て、その中の1枚をコールするというもの!

ゴールドパラディン」が得意とする、
デッキから直接リアガードをコールしてしまうスキルです…!

手札を使わずにリアガードを増やせますので、
そのぶん、手札を守備に回せます。

攻守のバランスがとれた、とてもバランスの良いスキルですね!

しーぷ「じゃあ、4枚を見て…、」
しーぷ「うーん…、」

しーぷ「しょうがない、これにしておこう」

V講座-2-4-03
しーぷはデッキから「グレード1」の「ゴボルドゥク」をコール!

星屑「(あ、4枚の中にグレード2グレード3もなかったんだ…)」

しーぷは、すでにリアガードの「くれすがる」がいた右列・後衛に、
ゴボルドゥク」をコールしました。

これにより、「くれすがる」は退却しなければなりません。
となると、リアガードは1枚増えても1枚減って、トータル±0枚…。

それよりも、空いている左列・前衛にユニットをコールすれば、
単純にリアガードを1枚増やすことができたはずなんですが…、

そうしなかったということは、
しーぷが見た4枚のカードの中には、
前衛向きの「グレード2」や「グレード3」のカードがなかったと、
推測できるわけですね。

低コストでデッキからリアガードをコールできるものの、
コールされるユニットのランダム性が高いところが、
ゴールドパラディンのタマにキズ的な部分となっています。

…とはいえ、
くれすがる」から「ゴボルドゥク」に上書きしたことにより、
単体パワーが6000から7000に上昇し、

さらに、

しーぷスカージポイントのスキル発動!!」

スカージポイント」のスキルは、
デッキから直接、リアガードがコールされたとき
コールされたユニットと、「スカージポイント」自身のパワーを、
それぞれ+5000するというもの!

ここでいう"デッキから直接"というのが、
まさに「グルグウィント」の超越ボーナスのような、
デッキの上から○枚見て、その中の1枚を、そのままコールするという、
通常の手札からのコールとは違う、スキルによるコールのことです。

しーぷゴボルドゥクスカージポイントのパワーが5000ずつアップ!」

V講座-2-4-04
▲合計で10000もパワーアップされてしまいました…!

しーぷ「さらに、カティルスを普通にコール!」

V講座-2-4-05
しーぷ左列・前衛に、
▲「グレード2」の「カティルス」をコールして…、

これで、このターンも2体のリアガードがコールされましたので、
"結束能力"が有効になります!!

カティルス」は結束能力でパワー+3000

しーぷ「さらにさらに、」
しーぷコエル結束能力を発動!」

しーぷコエルソウルに置くことで、」
しーぷ「デッキの上から3枚見て1枚をコールして、」
しーぷ「コールしたユニットのパワー+2000!!」

V講座-2-4-06
しーぷは「コエル」をヴァンガードの下のソウルに置き…、

しーぷ「デッキの上から3枚見て…、」
しーぷ「って、またひどい選択肢…!」

V講座-2-4-07
しーぷはデッキから「フレイム・オブ・ビクトリー」をコールしました。

フレイム・オブ・ビクトリー」はパワー4000の「グレード0」…。
つまり、守備向きのユニットです。

そんなユニットを選ばなければならないということは、
よほどひどい3枚だったのでしょう…。

星屑「(今日のしーぷは、やけに運が悪いなァ…)」

ただ、「グレード0」のユニットも「ブースト」はできますし、

なにより、またデッキからリアガードがコールされたことにより、
スカージポイント」のスキルが発動して、お互いのパワーが+5000!!

V講座-2-4-08
結束の力によってパワーアップしたゴールドパラディン騎士団が、
刀剣男士たちに襲い掛かります…!

しーぷ「バトルフェイズ!」

しーぷフレイム・オブ・ビクトリーのブーストをつけて、」
しーぷスカージポイントでヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-09
しーぷの1回目のアタック!
▲パワーは4700011000

星屑「パワーは…47000!?」
星屑「これはもうノーガードで!!」

しーぷトリプル・ドライブチェック!!!」

しーぷ「ファースト・チェック!」

V講座-2-4-10
▲1枚目はドロートリガー

しーぷ「ドロートリガーゲット!」
しーぷ「1枚引いて、パワーはエリオに!」

しーぷ「セカンド・チェック!!」
しーぷ「サード・チェック!!!」

V講座-2-4-11
▲あとはトリガーなしでした。

星屑ダメージチェック!」

V講座-2-4-12
▲こちらもトリガーなし。
▲これでダメージはになりました。

しーぷ「次はキマルクスのブーストをつけて、」
しーぷカティルスたぬさんにアタック!!」

星屑なにぃぃぃ!?

V講座-2-4-13
しーぷの2回目のアタック!!
▲パワーは200009000
▲このパワー差をガードするのは安くありませんが…、

星屑たぬきだけは絶対に守ってみせるッ!」

星屑今剣乱ちゃん!!」
星屑「なにがなんでも、たぬきを死守するんだ…!」

星屑であえであえ~!

V講座-2-4-14
星屑は手札からシールド15000を出して、
▲これでパワーは2000024000

星屑「ふぅ、なんとかたぬきを守りきれたぞ」

しーぷ「ほんと、なにがそこまで星屑を駆り立ててるんだか…」

しーぷ「まぁいいや、次はエリオでヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-15
しーぷの3回目のアタック!!!
▲パワーは2100011000

星屑「やばい!」
星屑たぬきを守りすぎて手札がピンチだ!」

しーぷ「ちなみに、このアタックがヒットしたら、」
しーぷエリオのスキルで、またデッキからリアガードが登場するよ!」

星屑「は、謀ったな…!?」
星屑「でも、たぬきを守れたんだ、悔いはないッ!」

星屑ノーガード!!」
星屑「そしてダメージチェック!」

V講座-2-4-16
4点目のダメージはドロートリガー

星屑「ゲット・ドロー!」

星屑「1枚引いて、ヴァンガードのパワー+5000!」

しーぷ「じゃあ、エリオのスキル発動で…、」

V講座-2-4-17
しーぷはデッキから「ゴボルドゥク」を右列・前衛にコールしました!
▲ここでも「スカージポイント」のスキルが発動してパワー+5000!!

しーぷゴボルドゥクたぬさんにアタック!」

星屑なにぃぃぃぃぃ!?

V講座-2-4-18
しーぷの4回目のアタック!!!!
▲パワーは120009000

星屑「おぬし、やっぱりたぬきに恨みがあるやろ!?」

しーぷ「いや、だから私は、」
しーぷ「ただ蛍丸が好きなだけの審神者だから…!」

しーぷ「っていうか、ヴァンガードの方にアタックしようにも、」
しーぷ星屑のドロートリガーの効果で、」
しーぷ「ヴァンガードのパワーは16000になっちゃってるじゃん」

星屑「それもそうか」

星屑「じゃあ、まぁ、後藤たぬきをガード!」

V講座-2-4-19
星屑は手札からシールド5000を出して、
▲これでパワーは1200014000


なんとか「同田貫正国」は退却させずに済んだものの、
しーぷの高パワーでの連続アタックに圧倒され…、
ダメージレースはと、1点差にまで迫られてしまいました…!



★9ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ
②ドローフェイズ

星屑「俺のスタンド・アンド・ドロー!」

V講座-2-4-20
▲ユニット5体をスタンドさせて、
▲引いたカードは「今剣」でした。



③ライドフェイズ

・ストライドステップ

星屑「このターンも髭切超越!」

V講座-2-4-21
▲「グレード3」のカードを1枚捨てて、
星屑は「髭切」を超越しました!

星屑「そして、小狐超越ボーナス発動!!」

ここでおさらいしておきましょう。

・「小狐丸」のスキル(超越ボーナス)

[0]「小狐丸」がヴァンガードのときに超越すると発動できる。
[1]コストとしてカウンターブラスト①を支払う。
[2]デッキの上のカードを1枚見る
[3]見たカードをデッキのに戻す
(欲しければ上、欲しくなければ下)
[4]デッキの上のカードを1枚引く
[5]ソウルチャージ①をする。


それでは…、

V講座-2-4-22
カウンターブラスト①を支払って、

V講座-2-4-23
▲デッキの上から1枚を見て

星屑「(ドロートリガー秋田か…、)」
星屑「(これはトリガーチェックで引きたいカードだから…、)」

V講座-2-4-24
▲今回はデッキのに戻しました

そして、改めて…、

V講座-2-4-25
▲デッキの上から1枚引きます。これが…、

星屑「(げっ、ヒールトリガーごこたん!?)」
星屑「(ドロートリガーを返したらヒールトリガーが来るなんて…!)」

V講座-2-4-26
▲最後にソウルチャージ①をしたら完了ですが、
▲ここでソウルに入ったカードは…、

星屑「(クリティカルトリガー薬研…だと…?)」

星屑「(ドローヒールクリティカル……)」
星屑「(これ、小狐超越ボーナスを使わなかったら、)」
星屑「(トリプルドライブ!!!トリガーだらけだったのか…!)」

星屑「(そして、逆にいってしまえば、)」
星屑「(ここからトリガーが出る確率はすごく低い…!)」

その上、ヒールトリガーの「五虎退」を引いたことで…、

V講座-2-4-29
▲「五虎退」は手札2枚と、

V講座-2-4-27
ドロップゾーン1枚と、

V講座-2-4-28
ダメージゾーン1枚…。

これで、
デッキに入っている4枚ヒールトリガー全て出尽くして
もはや星屑には回復手段がなくなってしまいました…!



④メインフェイズ

回復手段がないとなると、
手札には1枚でも多く守備要員を残しておきたいですので、
やみくもにリアガードをコールするのはためらわれます。

さらに、
このターンのトリプルドライブ!!!では、
確率的にトリガーが望めませんので、
攻め切れる気がしません…。

星屑「(と、なると…、)」

この星屑のターンはしーぷの手札を減らすだけにとどめておいて、
次のしーぷのターンをしのいでから、
その後の星屑のターンでのフィニッシュを狙う…!

こういったところで、
星屑の頭の中での作戦会議に結論が出ました!



⑤バトルフェイズ

・1回目のアタック

星屑後藤のブーストをつけて、」
星屑たぬきでヴァンガードにアタック!」

星屑「ダメージ以上なので…、」

星屑たぬき真剣必殺!」
星屑「パワー+3000!」

星屑長曽祢真剣必殺で、」
星屑「パワー+3000!」

V講座-2-4-30
▲合計パワーは2000011000

しーぷドナリー2体でガード!!」

V講座-2-4-31
▲これでパワーは2000021000になり、
しーぷのガード成功です!

星屑「またたぬきのアタックを…」

しーぷ「ガードしなきゃ負けちゃうし…!」

星屑「それもそうか」


・2回目のアタック

星屑「ヴァンガードの髭切でヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-32
▲パワーは2600011000トリプルドライブ!!!があります!

しーぷキャンディス完全ガード!!」

星屑「(よし、完ガを使わせることができた!)」
星屑「(これで次の俺のターンに攻めやすくなる…!)」

V講座-2-4-33
しーぷの"完全ガード"によって、
髭切のアタックはヒットしません

とはいえ、ドライブチェックトリガーをめくることができれば、
後続の「長曽祢虎徹」をパワーアップさせられます!

また、「髭切」のスキルは、
ドライブチェックで「グレード3」のカードをめくれば、
リアガード1体自身のパワーを+5000できるというもの。

このメインデッキは全50枚のうち、
トリガーユニット16枚で、
グレード3」のユニットが8枚入っていますので…、

髭切」のドライブチェックでは、
おおよそ2枚に1枚の確率でパワーアップが望めます!!

星屑トリプルドライブ!!!

星屑「ファースト!」

星屑「……」

星屑「セカンド!!」

V講座-2-4-34
▲ここまでトリガーなし。

やはり直前に3枚のトリガーユニットがかたまっていただけあって、
なかなかトリガーは出てきてくれません…!

星屑「サード・チェック!!!」

星屑「(頼む、出てくれトリガーグレード3…!)」

V講座-2-4-35
▲めくったカードは"完全ガード"の「不動行光」!

星屑「(おっ、トリガーグレード3も出なかったけど…、)」
星屑「(これで次のしーぷのターンの守りは万全…!)」


・3回目のアタック

星屑長曽祢でヴァンガードにアタック!」

V講座-2-4-36
真剣必殺によってパワーアップしていますので、
▲合計パワー1900011000

しーぷ「手札からシールド5000を出して、」
しーぷ「さらにインターセプト!!」

V講座-2-4-37
▲これでパワーは1900021000になり、
しーぷは3度のアタックを守り切りました…!



⑥エンドフェイズ

V講座-2-4-38
星屑は「髭切」をGゾーンに置いて…、

ターンをしーぷに渡します。



テクニックに、確率に、…!

さまざまなものが求められるヴァンガのファイトですが、
勝利するためには、そのすべてが必要になります!

星屑は、思惑通り次のしーぷのターンをしのいで、
ファイトに勝利することができるでしょうか…?


次回、最終回です…!



次回:その2(5/5)



【2017/01/28 00:01】 | カードゲーム |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可