RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「チームプレー」




★開封

チームプレー-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

チームプレー-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットの時点で、すでにルール説明がなされています。

手前の役カードと、奥の数字カードを見比べると、
ああ、なるほどって感じですね!( ̄▽ ̄*)

チームプレー-o-03
▲箱のウラ面

"協力型「役コンプリート」カードゲーム"!!

このゲームは、プレイヤーが2人1組で協力して、
手札で役をつくっていこうというものなんです。

チームプレー-o-04
スペック

プレイ人数は3~6人ですが、
推奨は4人または6人です。

奇数人数の場合は、個人戦用ルールが適用されます。

また、8歳以上となっていますが、
足し算ができて、奇数・偶数がわかるなら、
8歳未満でもプレイすることは可能かと思われます。



★箱をオープン!

チームプレー-o-05
▲一発目はルルブ

チームプレー-o-06
▲その下にカード類があって、

チームプレー-o-07
▲以上となります!



★内容物

チームプレー-o-08
ルールブック(日本語・両面)

カードゲームではよくあるパターンの、縦長説明書ですね。
ルールがシンプルですので、書いてあることは少なめです。


チームプレー-o-09
▲ここからカード類


チームプレー-o-10
数字カード×64枚

内訳は、
の「」~「」が各4枚ずつ
の「」~「」が各4枚ずつ

同じ数字は、2色合わせて8枚あるというわけです。


チームプレー-o-11
役カード×46枚

役カードには、
数字カードを揃えてつくる"役"得点が記されています。



★役カード

それでは、
具体的な役のつくり方の例を見ていきましょう。

チームプレー-o-12
▲「」「」「」という役であれば、
赤の並び数字3枚を揃えることで完成します。

同じように…、

チームプレー-o-13
▲「」「」「」「」「」という役であれば、
青の並び数字5枚を揃えることで完成します。

3枚並び3得点だったのに対して、
5枚並び6得点と、相応の得点配分になっていますね。

チームプレー-o-14
▲「」「」「」という役の場合は、
赤のスリーカードを揃えることで完成します。

同じ色の同じ数字は、たった4枚しかありませんので…、
そのうちの3枚を集めるには、相方のフォローが欲しいところです。

チームプレー-o-15
▲やはり、同じ数字を3枚揃えるわけですが、
▲こちらは偶数という指定があり、色の指定はありません

("割り切れる"という意味で一本線が入っています)
(※奇数の場合はギザキザ線です)

チームプレー-o-16
青のカード3枚で足し算を完成させる…という、
▲変化球な役もありますが、視覚的に分かりやすいですね。



★ゲームの流れ

ゲームの流れはシンプルです。

まず、2人1組のチームをつくって、

チームプレー-o-21
▲チームメイト同士が対角線になるように席に着きます。

自分の手番になったら、

①手札が7枚になるように捨てる。

チームプレー-o-22


②場から数字カードを2枚獲得する。

チームプレー-o-23


③チームメイトに数字カードを0~2枚渡す。

チームプレー-o-24

以上で、次のプレイヤーのターンとなります。


各プレイヤーには、
常に役カード1枚ずつ配られていて、
役を完成させるたびに、新たな役カードを受け取ります。
(このとき、使った数字カードは捨て札になります)

チームプレー-o-25

また、場には全員共通の役カード1枚出ていて、
こちらを完成させても得点となります。
(ただし、早い者勝ちです)

そして、これが「チームプレー」の""なんですが、

チームメイト同士での相談は禁止されています!

チームメイトに数字カードを渡すことはできますが、
具体的に何が欲しいかを言ったり、聞いたりはできません

相方の役カードだけではなく、
獲得した数字カードと捨てた数字カードも、よく観察して、
適切な数字カードを差し入れられるようにプレイしましょう!

いずれかのチームが、
チーム内で合わせて8枚目の役を完成させたら、
そこから1周りして、ゲームは終了します。

チームごとに点数計算して、
もっとも得点が高かったチームが勝利です!



★コメント

ありそうでなかったタイプの協力型カードゲーム

"役をつくる"と聞くと、
人によっては難しそうに感じるかもしれませんが…、

この「チームプレー」の役は、
麻雀の役のようなややこしさは一切なくて、
どれもこれも、わかりやすいものばかりとなっています!

そして、それを自分ひとりではなく、、
タイトル通り「チームプレー」で完成させていく…!

"相談禁止"という縛りの中で、

ピタリと息が合って、
必要なカードの受け渡しができることもあれば、

なかなかお互いの思惑がかみ合わず、
渡したカードが返却されてしまう…なんてこともあります。

思わずお互いの顔を見て、
ガッツポーズだったり、苦笑いだったり…、
自分と相方、ふたりだけの"共有"を楽しみましょう!

注意点として、
相談がないということで、
協力型ゲームとしては、会話の盛り上がりが控えめです。

ワイワイガヤガヤ的なのとは、ちょっと違う感じ。

そのぶん、
以心伝心とか目は口ほどにものを言うとか、
そういうのを堪能できるってところをオススメしたいですね!

チームプレー-o-17
▲「チームプレー」をバッグに忍ばせていれば、
▲お手軽に"共有"を楽しむことができますよ…!( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

チームプレー-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットの時点で、すでにルール説明がなされています。

手前の役カードと、奥の数字カードを見比べると、
ああ、なるほどって感じですね!( ̄▽ ̄*)

チームプレー-o-03
▲箱のウラ面

"協力型「役コンプリート」カードゲーム"!!

このゲームは、プレイヤーが2人1組で協力して、
手札で役をつくっていこうというものなんです。

チームプレー-o-04
スペック

プレイ人数は3~6人ですが、
推奨は4人または6人です。

奇数人数の場合は、個人戦用ルールが適用されます。

また、8歳以上となっていますが、
足し算ができて、奇数・偶数がわかるなら、
8歳未満でもプレイすることは可能かと思われます。



★箱をオープン!

チームプレー-o-05
▲一発目はルルブ

チームプレー-o-06
▲その下にカード類があって、

チームプレー-o-07
▲以上となります!



★内容物

チームプレー-o-08
ルールブック(日本語・両面)

カードゲームではよくあるパターンの、縦長説明書ですね。
ルールがシンプルですので、書いてあることは少なめです。


チームプレー-o-09
▲ここからカード類


チームプレー-o-10
数字カード×64枚

内訳は、
の「」~「」が各4枚ずつ
の「」~「」が各4枚ずつ

同じ数字は、2色合わせて8枚あるというわけです。


チームプレー-o-11
役カード×46枚

役カードには、
数字カードを揃えてつくる"役"得点が記されています。



★役カード

それでは、
具体的な役のつくり方の例を見ていきましょう。

チームプレー-o-12
▲「」「」「」という役であれば、
赤の並び数字3枚を揃えることで完成します。

同じように…、

チームプレー-o-13
▲「」「」「」「」「」という役であれば、
青の並び数字5枚を揃えることで完成します。

3枚並び3得点だったのに対して、
5枚並び6得点と、相応の得点配分になっていますね。

チームプレー-o-14
▲「」「」「」という役の場合は、
赤のスリーカードを揃えることで完成します。

同じ色の同じ数字は、たった4枚しかありませんので…、
そのうちの3枚を集めるには、相方のフォローが欲しいところです。

チームプレー-o-15
▲やはり、同じ数字を3枚揃えるわけですが、
▲こちらは偶数という指定があり、色の指定はありません

("割り切れる"という意味で一本線が入っています)
(※奇数の場合はギザキザ線です)

チームプレー-o-16
青のカード3枚で足し算を完成させる…という、
▲変化球な役もありますが、視覚的に分かりやすいですね。



★ゲームの流れ

ゲームの流れはシンプルです。

まず、2人1組のチームをつくって、

チームプレー-o-21
▲チームメイト同士が対角線になるように席に着きます。

自分の手番になったら、

①手札が7枚になるように捨てる。

チームプレー-o-22


②場から数字カードを2枚獲得する。

チームプレー-o-23


③チームメイトに数字カードを0~2枚渡す。

チームプレー-o-24

以上で、次のプレイヤーのターンとなります。


各プレイヤーには、
常に役カード1枚ずつ配られていて、
役を完成させるたびに、新たな役カードを受け取ります。
(このとき、使った数字カードは捨て札になります)

チームプレー-o-25

また、場には全員共通の役カード1枚出ていて、
こちらを完成させても得点となります。
(ただし、早い者勝ちです)

そして、これが「チームプレー」の""なんですが、

チームメイト同士での相談は禁止されています!

チームメイトに数字カードを渡すことはできますが、
具体的に何が欲しいかを言ったり、聞いたりはできません

相方の役カードだけではなく、
獲得した数字カードと捨てた数字カードも、よく観察して、
適切な数字カードを差し入れられるようにプレイしましょう!

いずれかのチームが、
チーム内で合わせて8枚目の役を完成させたら、
そこから1周りして、ゲームは終了します。

チームごとに点数計算して、
もっとも得点が高かったチームが勝利です!



★コメント

ありそうでなかったタイプの協力型カードゲーム

"役をつくる"と聞くと、
人によっては難しそうに感じるかもしれませんが…、

この「チームプレー」の役は、
麻雀の役のようなややこしさは一切なくて、
どれもこれも、わかりやすいものばかりとなっています!

そして、それを自分ひとりではなく、、
タイトル通り「チームプレー」で完成させていく…!

"相談禁止"という縛りの中で、

ピタリと息が合って、
必要なカードの受け渡しができることもあれば、

なかなかお互いの思惑がかみ合わず、
渡したカードが返却されてしまう…なんてこともあります。

思わずお互いの顔を見て、
ガッツポーズだったり、苦笑いだったり…、
自分と相方、ふたりだけの"共有"を楽しみましょう!

注意点として、
相談がないということで、
協力型ゲームとしては、会話の盛り上がりが控えめです。

ワイワイガヤガヤ的なのとは、ちょっと違う感じ。

そのぶん、
以心伝心とか目は口ほどにものを言うとか、
そういうのを堪能できるってところをオススメしたいですね!

チームプレー-o-17
▲「チームプレー」をバッグに忍ばせていれば、
▲お手軽に"共有"を楽しむことができますよ…!( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧



【2017/01/15 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 チームプレー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可