RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ジャングリラ」




★開封

ジャングリラ-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

ジャングリラ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャングリラ」を買った理由は、
このイラストの人の表情だったんです!

なんか、こう謎の吸引力的なものを感じて…!( ̄▽ ̄ )

ジャングリラ-o-03
▲箱のウラ面

"サイコロでジャングルを進み、黄金郷へたどり着け!"

どんなダイスゲームなのでしょうか。ワクワクします!

ジャングリラ-o-04
スペック

プレイ人数は2~5人で、
人数による変更点は、カードの枚数だけみたいです。



★箱をオープン!

ジャングリラ-o-05
▲一発目は大量のチップ類

ジャングリラ-o-06
▲その下にカード類コマ類があって、

ジャングリラ-o-07
サイコロと、シリカゲルも入っていて、

ジャングリラ-o-08
▲底にルルブで、以上となります。



★内容物

ジャングリラ-o-09
ルールブック(日本語・全16ページ)

ページ数は多いですが、
後半は「書状」と「発見物カード」の効果の説明がほとんどです。


ジャングリラ-o-10
プレイヤーコマ×5色

帽子をかぶって歩いている冒険家のコマ、かわいいですね!


ジャングリラ-o-11
サイコロ×10個

まったく同じ6面ダイスが10個あります。
結構な数を振ることになるのかな…?


ジャングリラ-o-12
チップ類×4種

サイコロの出目と同じアイコンですね。
書状」以外は3種類とも"資材"です。


ジャングリラ-o-13
▲ここからカード類


ジャングリラ-o-14
プレイヤーカード×5色

ウラ面がサマリーになっていて、
書状」によるアクションを一覧にしてくれていますね!


ジャングリラ-o-15
スタートカードゴールカード

ゴールカードのイラストは、どこかで見たと思ったら、
外箱のイラストと同じでした。
あれ、ゴールが見えたという場面だったんですね…!


ジャングリラ-o-16
発見物カード×30枚

右上のアイコンが"発見物"の種類で、
左上が発見に必要な資材で、
ど真ん中が、その"発見物"を求めている"支援者"で、
その下が"支援者"から受けられる効果で、
右下が勝利点…とのこと。

このカードを並べることで、ジャングルの""をつくって、
その上をプレイヤーたちのコマが歩いていくんだそうです!


ジャングリラ-o-17
財宝カード×30枚

」のカードは「終了カード」で、
このカードを引いたらゲームは終了へ向かいます。

プレイヤー人数によって、
この終了カードを差し込む位置が変動し、
ゲームの長さが変わる仕組みのようです。


ジャングリラ-o-18
荷馬車アイコン×10枚

"Max+2"という表記があるということは、
このゲームには所持量制限があるのでしょうか…?


ジャングリラ-o-19
スタートプレイヤーカード



★コメント

買うか買うまいか、発売直前まで迷っていたタイトルでしたが、
箱のイラストの人の、謎の吸引力に引き寄せられるカタチで、
結局、最後には入手することにしました!

カード多めのダイスゲームといえば、
まっ先に「王への請願」が思い浮かびましたが、

ダイスを振って入手した資源を使って、
"支援者"のカードを獲得すればするほど、
ダイスを振るときに有利になっていく
…というところが、
あちらとちょっと似てるかなってくらいで、

こちらは、
そもそも"支援者"のカードが"道"になっていたり、
枚数によって様々な効果が受けられる「書状」があったり、
「資材」や「書状」には所持量制限があったりして、

すごくユニークな印象を受けました…!

思ったよりルールがややこしいですが、
そのぶん、しっかり読み込めば楽しいゲームをプレイできそうです!

ジャングリラ-o-20

箱も小さめですので、
次、どこかのボドゲ会に参加するときには、
持っていってみようと思っています。( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ジャングリラ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャングリラ」を買った理由は、
このイラストの人の表情だったんです!

なんか、こう謎の吸引力的なものを感じて…!( ̄▽ ̄ )

ジャングリラ-o-03
▲箱のウラ面

"サイコロでジャングルを進み、黄金郷へたどり着け!"

どんなダイスゲームなのでしょうか。ワクワクします!

ジャングリラ-o-04
スペック

プレイ人数は2~5人で、
人数による変更点は、カードの枚数だけみたいです。



★箱をオープン!

ジャングリラ-o-05
▲一発目は大量のチップ類

ジャングリラ-o-06
▲その下にカード類コマ類があって、

ジャングリラ-o-07
サイコロと、シリカゲルも入っていて、

ジャングリラ-o-08
▲底にルルブで、以上となります。



★内容物

ジャングリラ-o-09
ルールブック(日本語・全16ページ)

ページ数は多いですが、
後半は「書状」と「発見物カード」の効果の説明がほとんどです。


ジャングリラ-o-10
プレイヤーコマ×5色

帽子をかぶって歩いている冒険家のコマ、かわいいですね!


ジャングリラ-o-11
サイコロ×10個

まったく同じ6面ダイスが10個あります。
結構な数を振ることになるのかな…?


ジャングリラ-o-12
チップ類×4種

サイコロの出目と同じアイコンですね。
書状」以外は3種類とも"資材"です。


ジャングリラ-o-13
▲ここからカード類


ジャングリラ-o-14
プレイヤーカード×5色

ウラ面がサマリーになっていて、
書状」によるアクションを一覧にしてくれていますね!


ジャングリラ-o-15
スタートカードゴールカード

ゴールカードのイラストは、どこかで見たと思ったら、
外箱のイラストと同じでした。
あれ、ゴールが見えたという場面だったんですね…!


ジャングリラ-o-16
発見物カード×30枚

右上のアイコンが"発見物"の種類で、
左上が発見に必要な資材で、
ど真ん中が、その"発見物"を求めている"支援者"で、
その下が"支援者"から受けられる効果で、
右下が勝利点…とのこと。

このカードを並べることで、ジャングルの""をつくって、
その上をプレイヤーたちのコマが歩いていくんだそうです!


ジャングリラ-o-17
財宝カード×30枚

」のカードは「終了カード」で、
このカードを引いたらゲームは終了へ向かいます。

プレイヤー人数によって、
この終了カードを差し込む位置が変動し、
ゲームの長さが変わる仕組みのようです。


ジャングリラ-o-18
荷馬車アイコン×10枚

"Max+2"という表記があるということは、
このゲームには所持量制限があるのでしょうか…?


ジャングリラ-o-19
スタートプレイヤーカード



★コメント

買うか買うまいか、発売直前まで迷っていたタイトルでしたが、
箱のイラストの人の、謎の吸引力に引き寄せられるカタチで、
結局、最後には入手することにしました!

カード多めのダイスゲームといえば、
まっ先に「王への請願」が思い浮かびましたが、

ダイスを振って入手した資源を使って、
"支援者"のカードを獲得すればするほど、
ダイスを振るときに有利になっていく
…というところが、
あちらとちょっと似てるかなってくらいで、

こちらは、
そもそも"支援者"のカードが"道"になっていたり、
枚数によって様々な効果が受けられる「書状」があったり、
「資材」や「書状」には所持量制限があったりして、

すごくユニークな印象を受けました…!

思ったよりルールがややこしいですが、
そのぶん、しっかり読み込めば楽しいゲームをプレイできそうです!

ジャングリラ-o-20

箱も小さめですので、
次、どこかのボドゲ会に参加するときには、
持っていってみようと思っています。( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧



【2017/01/17 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ジャングリラ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可