RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キルクス・マクシムス」





★開封

キルクス-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

キルクス-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

迫力のあるジャケットですね!

キルクス-o-03
▲箱のウラ面

ゲームの流れが3ステップで紹介されています。

キルクス-o-04
スペック

一応、プレイ人数は2~6人ですが、
2~3人プレイ時1人2役となります。



★箱をオープン!

キルクス-o-05
▲一発目はゲームボードでした!

キルクス-o-06
▲その下にプレイヤーシートと、

キルクス-o-07
タイル台紙

キルクス-o-08
▲そして、ここにルルブがあって、

キルクス-o-09
▲底にはダイスその他で、以上となります。



★タイル抜き!

キルクス-o-10
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

キルクス-o-11
▲はい、完了…!

キルクス-o-12
▲量のわりに時間がかかってしまいました。
▲全体的に、すごく抜き出しにくかった…( ̄▽ ̄;)

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難■□□易



★内容物

キルクス-o-22
ルールブック(日本語・全8ページ)

項目数は、そんなに多くはないんですが、
1項目ごとに細かく説明されている感じでした。

コマの動かし方の例が、ちょっと分かりにくかったですね。
理解はできましたが…。


キルクス-o-13
両面ボード(A面)

プレイヤーたちの戦車が走ることになるレースコースです。
A面は、特に何もありませんが…、

キルクス-o-14
▲両面ボード(B面)

B面は、コース上に何かがありますね…!
ここには進入できないのか、それともダメージを受けるのか…?
(※進入したら即死だとルルブに書いてありました!)

なお、両面ボードは2分割されていて、
A面とB面を組み合わせることもできるとのこと。


キルクス-o-15
戦車×5

うーん、これは残念な戦車です…。
台紙の質も良くなかったので、仕上がりがビミョーな感じ…。


キルクス-o-16
両面ラウンドカウンター×6

各プレイヤーの周回数を表示するカウンターです。
それにしても、なぜイルカなのでしょうか?
何か意味がありそうですね!


キルクス-o-17
両面戦車ボード×6枚

スピード」「ダメージ」「勝利の女神の恩恵」が示されていて、
戦車ごとに管理していきます。

裏面もありますが、こちらは追加ルールで使うようです。
戦車ごとに性能が違ってくるんだとか。


キルクス-o-18
ポイントクリップ×18

両面戦車ボードに3つ付けるクリップです。
数値が動いたら、クリップの矢印をスライドさせます。


キルクス-o-19
鉄びしマーカー×20

ゲーム中、鉄びしをまいたときに使用するマーカーです。
鉄びしがあるマスに入ると、1ダメージを受けてしまいます…!


キルクス-o-30
ダイス×5

このゲームの専用ダイスです。
レーンの変更」の出目だけは2面あります。



★コメント

とにかく戦車がダサい!!!

星屑、このゲームの戦車には心底ガッカリしました。

プラスチックでも木製コマでも何でも良いので、
厚紙以外で用意して欲しかったです…!

なぜ、このゲームの主役に、
もうちょっと力を入れなかったのか…解せぬ…。

…と、まずは最大の不満要素を吐き出させてもらってから、
とりあえず2プレイしてみた感想を。


良かった点は、妨害要素のバランス感覚です。

ダイスの出目によって、
鉄びし投げ槍による妨害を行えますが、
どちらも与えるのが1ダメージというのが気に入りました。

ダメージが少ないですので、
あまり"妨害された感"がなくて、
妨害がありながらもギスギスしにくい
といいますか、

それでいて、
ダメージは確実に蓄積していきますので、
じわじわと移動に制限がかかり退場が近づき…。

うまいことバランスが取られてるなァと思いました!


そして、戦車の動きが止められないというのも良かったです。

渋滞が発生してしまって、
うしろのプレイヤーは身動きが一切とれずイライラ…とかはなくて、
むしろ前の戦車に突っ込めますし、かわす道もありますし、
常に前進することができて、レースの疾走感が素晴らしい!

そのぶん、カーブでは悩まされるんですがね…( ̄▽ ̄ )


一方で難点は、ダウンタイムの長さでしょうか。

ダイスを振ってからのスピード調整と、ルート決定で悩むことが多く、
1プレイヤーごとのターンは、わりと長くなりがちです。
あまりテンポが良くないなァと感じました。
レースの展開が速いので、尚更そう感じるのかもしれませんが。


総合すると、
クレイジー・カート」の一部のシステムに、
Q-JET」のレース要素を足して、
2で割って水で薄めたような印象。

水で薄めたっていうのは、良い意味でです。
そんなにトゲトゲしくない妨害アリのレースゲームって感じですね。

キルクス-o-21

2人プレイでは、
自分でまいた鉄びしを自分で踏むようなところがクスッとくるくらいで、
1回したら、もういいかな…ってなりました。

5人プレイだと、これがかなり盛り上がりました!!
なんというか、みんなで「マリオカート」をやっているような面白さ…!

そして、5人でわちゃわちゃやっているわりには、
最後はなんだかんだで大接戦に収束するんです!

キルクス-o-31
▲中盤で半周差をつけられていたプレイヤーさんが、

キルクス-o-32
▲最後はトップに躍り出たほどで…!

あらためてゲームバランスの良さを実感できました。

やはり2~3人ではなく、
4人以上でのプレイをオススメしたいタイトルですね!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

キルクス-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

迫力のあるジャケットですね!

キルクス-o-03
▲箱のウラ面

ゲームの流れが3ステップで紹介されています。

キルクス-o-04
スペック

一応、プレイ人数は2~6人ですが、
2~3人プレイ時1人2役となります。



★箱をオープン!

キルクス-o-05
▲一発目はゲームボードでした!

キルクス-o-06
▲その下にプレイヤーシートと、

キルクス-o-07
タイル台紙

キルクス-o-08
▲そして、ここにルルブがあって、

キルクス-o-09
▲底にはダイスその他で、以上となります。



★タイル抜き!

キルクス-o-10
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

キルクス-o-11
▲はい、完了…!

キルクス-o-12
▲量のわりに時間がかかってしまいました。
▲全体的に、すごく抜き出しにくかった…( ̄▽ ̄;)

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難■□□易



★内容物

キルクス-o-22
ルールブック(日本語・全8ページ)

項目数は、そんなに多くはないんですが、
1項目ごとに細かく説明されている感じでした。

コマの動かし方の例が、ちょっと分かりにくかったですね。
理解はできましたが…。


キルクス-o-13
両面ボード(A面)

プレイヤーたちの戦車が走ることになるレースコースです。
A面は、特に何もありませんが…、

キルクス-o-14
▲両面ボード(B面)

B面は、コース上に何かがありますね…!
ここには進入できないのか、それともダメージを受けるのか…?
(※進入したら即死だとルルブに書いてありました!)

なお、両面ボードは2分割されていて、
A面とB面を組み合わせることもできるとのこと。


キルクス-o-15
戦車×5

うーん、これは残念な戦車です…。
台紙の質も良くなかったので、仕上がりがビミョーな感じ…。


キルクス-o-16
両面ラウンドカウンター×6

各プレイヤーの周回数を表示するカウンターです。
それにしても、なぜイルカなのでしょうか?
何か意味がありそうですね!


キルクス-o-17
両面戦車ボード×6枚

スピード」「ダメージ」「勝利の女神の恩恵」が示されていて、
戦車ごとに管理していきます。

裏面もありますが、こちらは追加ルールで使うようです。
戦車ごとに性能が違ってくるんだとか。


キルクス-o-18
ポイントクリップ×18

両面戦車ボードに3つ付けるクリップです。
数値が動いたら、クリップの矢印をスライドさせます。


キルクス-o-19
鉄びしマーカー×20

ゲーム中、鉄びしをまいたときに使用するマーカーです。
鉄びしがあるマスに入ると、1ダメージを受けてしまいます…!


キルクス-o-30
ダイス×5

このゲームの専用ダイスです。
レーンの変更」の出目だけは2面あります。



★コメント

とにかく戦車がダサい!!!

星屑、このゲームの戦車には心底ガッカリしました。

プラスチックでも木製コマでも何でも良いので、
厚紙以外で用意して欲しかったです…!

なぜ、このゲームの主役に、
もうちょっと力を入れなかったのか…解せぬ…。

…と、まずは最大の不満要素を吐き出させてもらってから、
とりあえず2プレイしてみた感想を。


良かった点は、妨害要素のバランス感覚です。

ダイスの出目によって、
鉄びし投げ槍による妨害を行えますが、
どちらも与えるのが1ダメージというのが気に入りました。

ダメージが少ないですので、
あまり"妨害された感"がなくて、
妨害がありながらもギスギスしにくい
といいますか、

それでいて、
ダメージは確実に蓄積していきますので、
じわじわと移動に制限がかかり退場が近づき…。

うまいことバランスが取られてるなァと思いました!


そして、戦車の動きが止められないというのも良かったです。

渋滞が発生してしまって、
うしろのプレイヤーは身動きが一切とれずイライラ…とかはなくて、
むしろ前の戦車に突っ込めますし、かわす道もありますし、
常に前進することができて、レースの疾走感が素晴らしい!

そのぶん、カーブでは悩まされるんですがね…( ̄▽ ̄ )


一方で難点は、ダウンタイムの長さでしょうか。

ダイスを振ってからのスピード調整と、ルート決定で悩むことが多く、
1プレイヤーごとのターンは、わりと長くなりがちです。
あまりテンポが良くないなァと感じました。
レースの展開が速いので、尚更そう感じるのかもしれませんが。


総合すると、
クレイジー・カート」の一部のシステムに、
Q-JET」のレース要素を足して、
2で割って水で薄めたような印象。

水で薄めたっていうのは、良い意味でです。
そんなにトゲトゲしくない妨害アリのレースゲームって感じですね。

キルクス-o-21

2人プレイでは、
自分でまいた鉄びしを自分で踏むようなところがクスッとくるくらいで、
1回したら、もういいかな…ってなりました。

5人プレイだと、これがかなり盛り上がりました!!
なんというか、みんなで「マリオカート」をやっているような面白さ…!

そして、5人でわちゃわちゃやっているわりには、
最後はなんだかんだで大接戦に収束するんです!

キルクス-o-31
▲中盤で半周差をつけられていたプレイヤーさんが、

キルクス-o-32
▲最後はトップに躍り出たほどで…!

あらためてゲームバランスの良さを実感できました。

やはり2~3人ではなく、
4人以上でのプレイをオススメしたいタイトルですね!



ボードゲーム記事一覧



【2017/01/16 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キルクス・マクシムス  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可