RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「アイスクール」




★開封

アイスクール-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

アイスクール-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ひょうきんな顔をしたペンギンがクルクル回っています!
それにしても、右下の表彰の数がすごいですね…!

アイスクール-o-03
▲箱のウラ面

①ペンギンをはじき飛ばせ!

②魚をゲットしろ!

③悪ガキを捕まえろ!

こんな感じでゲームを進めていくようです。

穴をくぐらすとか、他のコマに当てるとか、
そういった要素があるみたいですね。

アイスクール-o-04
スペック

プレイ人数は2~4人で、
2人プレイの場合は、少しだけルールの変更があります。



★箱をオープン!

アイスクール-o-05
▲フタを開けると、こんな感じ!
▲まずカード類コマ類があって、

アイスクール-o-06
▲その下にルルブ

そして、ここから…、

アイスクール-o-07
箱!

アイスクール-o-08
箱!!

アイスクール-o-09
箱!!!

アイスクール-o-10
箱!!!!

アイスクール-o-11
▲まるで"マトリョーシカ"のように、
5つが重なっていました…!



★内容物

アイスクール-o-12
ルールブック(日本語・全12ページ)

ところどころに載っているイラストマンガがかわいいですね!


アイスクール-o-13
プレスチック製ペンギン×4色

底部に重りが入っていて、
"だるま"や"おきあがりこぼし"のように立ち上がるペンギンです。

指ではじくと、独特な挙動を見せてくれます!


アイスクール-o-14
木製魚トークン×5色

自分のペンギンをはじいて、
自分の色の魚トークンがあるドアを通過させられたら、
勝利ポイントを獲得できる仕組み
のようです。

なお、白い魚トークンは部屋を接続するために使います。


アイスクール-o-15
▲ここからカード類


アイスクール-o-16
ペンギン学生証カード×4色

風紀委員のプレイヤーのペンギンに、自分のペンギンが接触すると、
取り上げられてしまうことになる学生証です。

アイスクール-o-17
▲ウラ面はビミョーに顔が違うんですね。凝ってます…!


アイスクール-o-18
プレイヤーカード×4色

各プレイヤーの色を表示するためのカードです。
みんな良い表情をしていますよね…!( ̄▽ ̄*)


アイスクール-o-19
魚カード×45枚

」~「」の得点が記されています。
画像右下は、カードのウラ面です。



★部屋の組み立て!

これがすごく簡単で…、

アイスクール-o-20
同じ色の丸印を、

アイスクール-o-21
▲ピタリと合わせて…、

アイスクール-o-22
このマークの場所に、

アイスクール-o-23
白い魚をかませていけば…、

アイスクール-o-24
▲あっという間に巨大な"スクール"が完成!!

アイスクール-o-25
▲上から見たら、こんな感じです!
(左下にボールペンを置いています)



★ちょっと遊んでみる!

プレイヤーは2つの陣営に分かれます。
1人が「風紀委員」で、残り全員が普通の「生徒」です。

アイスクール-o-26
▲「生徒」のプレイヤーは、自分のペンギンをはじいて、
自分の色の魚があるドアを通過することを目指します。

通過するたびに「魚カード」を獲得して、
これが勝利ポイントになります。


アイスクール-o-27
▲一方で「風紀委員」のプレイヤーは、自分のペンギンをはじいて、
生徒たちのペンギンに当てて捕まえることを目指します。

捕まえたプレイヤーからは「学生証」を取り上げることができて、
これはラウンド終了時に魚カードになります。

そうして、

生徒」の誰かが、
自分の色の魚があるドアを3ヵ所とも通過するか、

風紀委員」が、
全ての生徒を捕まえるか、

どちらかでラウンドが終了して、
全プレイヤーが1度ずつ風紀委員になったら
ゲームは終了し、勝利ポイント数で勝者が決まります!


星屑、さっそく1ラウンドのお試しプレイをしてみましたので、
その動画を貼っておきますね。( ̄▽ ̄*)





★コメント

また私星屑アクション・ゲームが増えました!

ダイスを転がす「タンブリン・ダイス」や、
ボールコマを滑らす「ソーリー!スライダーズ」に続いて、
今度は指でペンギンを弾く「アイスクール」です!

アイスクール」は、ルールこそ簡単なものですが、
とにかく手先の器用さが問われます…!

ペンギンをまっすぐ弾く!
ペンギンを左右に曲げる!!
ペンギンをジャンプさせる!!!


…どれもこれも、すぐに上達するようなものではなく、
ある程度の練習が必要です。

しかしながら、何度も何度も練習していると、
次第に、思い通りにペンギンが動いてくれるようになって…!

いわゆる"やり込み"がアツいタイトルだと思いました!

その代わり、プレイヤーの技量差がハッキリと出ますので、
初心者と熟練者が対戦すると、あまり面白くないかもしれません。

ボードゲーム会などで卓を立てる場合は、
そこら辺のフォローを入れた方がよさげかもですね。


あと星屑は、このゲームの世界観が大好きで…、

細かいところではありますが、

なぜドアに魚があるのか?とか、

アイスクール-o-29
▲こういう理由らしいです。( ̄▽ ̄;)

「アイスクール」の中に「アイスクール」がある!とか、

アイスクール-o-28
▲娯楽室のイラストに…( ̄▽ ̄*)

とにかく隅から隅までワクワクできるタイトルなんです!

アイスクール-o-30

1人のときは、ひたすら練習して、
2人のときは、切磋琢磨で腕を磨いて、
3人以上のときは思いっきり楽しむ…!

そんなイメージで、
この「アイスクール」をプレイしていきたいと思っています!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

アイスクール-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ひょうきんな顔をしたペンギンがクルクル回っています!
それにしても、右下の表彰の数がすごいですね…!

アイスクール-o-03
▲箱のウラ面

①ペンギンをはじき飛ばせ!

②魚をゲットしろ!

③悪ガキを捕まえろ!

こんな感じでゲームを進めていくようです。

穴をくぐらすとか、他のコマに当てるとか、
そういった要素があるみたいですね。

アイスクール-o-04
スペック

プレイ人数は2~4人で、
2人プレイの場合は、少しだけルールの変更があります。



★箱をオープン!

アイスクール-o-05
▲フタを開けると、こんな感じ!
▲まずカード類コマ類があって、

アイスクール-o-06
▲その下にルルブ

そして、ここから…、

アイスクール-o-07
箱!

アイスクール-o-08
箱!!

アイスクール-o-09
箱!!!

アイスクール-o-10
箱!!!!

アイスクール-o-11
▲まるで"マトリョーシカ"のように、
5つが重なっていました…!



★内容物

アイスクール-o-12
ルールブック(日本語・全12ページ)

ところどころに載っているイラストマンガがかわいいですね!


アイスクール-o-13
プレスチック製ペンギン×4色

底部に重りが入っていて、
"だるま"や"おきあがりこぼし"のように立ち上がるペンギンです。

指ではじくと、独特な挙動を見せてくれます!


アイスクール-o-14
木製魚トークン×5色

自分のペンギンをはじいて、
自分の色の魚トークンがあるドアを通過させられたら、
勝利ポイントを獲得できる仕組み
のようです。

なお、白い魚トークンは部屋を接続するために使います。


アイスクール-o-15
▲ここからカード類


アイスクール-o-16
ペンギン学生証カード×4色

風紀委員のプレイヤーのペンギンに、自分のペンギンが接触すると、
取り上げられてしまうことになる学生証です。

アイスクール-o-17
▲ウラ面はビミョーに顔が違うんですね。凝ってます…!


アイスクール-o-18
プレイヤーカード×4色

各プレイヤーの色を表示するためのカードです。
みんな良い表情をしていますよね…!( ̄▽ ̄*)


アイスクール-o-19
魚カード×45枚

」~「」の得点が記されています。
画像右下は、カードのウラ面です。



★部屋の組み立て!

これがすごく簡単で…、

アイスクール-o-20
同じ色の丸印を、

アイスクール-o-21
▲ピタリと合わせて…、

アイスクール-o-22
このマークの場所に、

アイスクール-o-23
白い魚をかませていけば…、

アイスクール-o-24
▲あっという間に巨大な"スクール"が完成!!

アイスクール-o-25
▲上から見たら、こんな感じです!
(左下にボールペンを置いています)



★ちょっと遊んでみる!

プレイヤーは2つの陣営に分かれます。
1人が「風紀委員」で、残り全員が普通の「生徒」です。

アイスクール-o-26
▲「生徒」のプレイヤーは、自分のペンギンをはじいて、
自分の色の魚があるドアを通過することを目指します。

通過するたびに「魚カード」を獲得して、
これが勝利ポイントになります。


アイスクール-o-27
▲一方で「風紀委員」のプレイヤーは、自分のペンギンをはじいて、
生徒たちのペンギンに当てて捕まえることを目指します。

捕まえたプレイヤーからは「学生証」を取り上げることができて、
これはラウンド終了時に魚カードになります。

そうして、

生徒」の誰かが、
自分の色の魚があるドアを3ヵ所とも通過するか、

風紀委員」が、
全ての生徒を捕まえるか、

どちらかでラウンドが終了して、
全プレイヤーが1度ずつ風紀委員になったら
ゲームは終了し、勝利ポイント数で勝者が決まります!


星屑、さっそく1ラウンドのお試しプレイをしてみましたので、
その動画を貼っておきますね。( ̄▽ ̄*)





★コメント

また私星屑アクション・ゲームが増えました!

ダイスを転がす「タンブリン・ダイス」や、
ボールコマを滑らす「ソーリー!スライダーズ」に続いて、
今度は指でペンギンを弾く「アイスクール」です!

アイスクール」は、ルールこそ簡単なものですが、
とにかく手先の器用さが問われます…!

ペンギンをまっすぐ弾く!
ペンギンを左右に曲げる!!
ペンギンをジャンプさせる!!!


…どれもこれも、すぐに上達するようなものではなく、
ある程度の練習が必要です。

しかしながら、何度も何度も練習していると、
次第に、思い通りにペンギンが動いてくれるようになって…!

いわゆる"やり込み"がアツいタイトルだと思いました!

その代わり、プレイヤーの技量差がハッキリと出ますので、
初心者と熟練者が対戦すると、あまり面白くないかもしれません。

ボードゲーム会などで卓を立てる場合は、
そこら辺のフォローを入れた方がよさげかもですね。


あと星屑は、このゲームの世界観が大好きで…、

細かいところではありますが、

なぜドアに魚があるのか?とか、

アイスクール-o-29
▲こういう理由らしいです。( ̄▽ ̄;)

「アイスクール」の中に「アイスクール」がある!とか、

アイスクール-o-28
▲娯楽室のイラストに…( ̄▽ ̄*)

とにかく隅から隅までワクワクできるタイトルなんです!

アイスクール-o-30

1人のときは、ひたすら練習して、
2人のときは、切磋琢磨で腕を磨いて、
3人以上のときは思いっきり楽しむ…!

そんなイメージで、
この「アイスクール」をプレイしていきたいと思っています!



ボードゲーム記事一覧



【2017/01/22 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 アイスクール  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可