RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「コテージ・ガーデン」




☆プレイ記その1(6/6):最終ラウンド

コテガー-p-1-6-14

初回:プレイ記その1(1/6)

前回:プレイ記その1(5/6)
今回:プレイ記その1(6/6)←いまココ


さて、第5ラウンドで少し説明しましたが…、

第6ラウンド最終ラウンドとなり、
これまでのラウンドとは全く違うルールで進行します。


ルールの違いは大きく3つあって、


★花タイルが3枚未満の花壇は、即座に破棄する。

最終ラウンドに入ったタイミングで、
花タイルが3枚未満の花壇は、もれなく破棄されてしまいます。

そして、この"花タイル"には、
植木鉢トークンネコトークンは含まれません。

すべては第5ラウンドまでのプレイング次第となりますが、

最終ラウンドを2枚の花壇で迎えるプレイヤーもいれば、
1枚も花壇を持たずに迎えるプレイヤーも出てくるわけです。


★花壇が完成しても、代わりの花壇は受け取れない。

最終ラウンド中に花壇が完成しても、
代わりの新たな花壇は受け取れません

よって、花壇は減る一方となり、
最後は必ず0枚になります。


★花壇を持つプレイヤーは、自分のターンごとに2点を失う。

1枚でも花壇を持つプレイヤーは、
自分のターンの開始前に、
得点トラックのキューブを後退させて、
2点を失わなければなりません

花壇が1枚でも2枚でも、失うのは2点ですが、
ターンを迎えるたびに失点します

花壇が0枚のプレイヤーは失点せず
庭師フェイズだけを行いながら、
他のプレイヤーが花壇を完成させるのを待ちます。


そして、最終ラウンドの終了条件は、
全員が残りの花壇を全て完成させることです!



★最終ラウンド

そういうわけで…、

コテガー-p-1-6-02
▲最終ラウンドに突入しましたので、

まず、花タイルが3枚未満の花壇破棄されます…!

コテガー-p-1-6-03
右の花壇4枚あるのでセーフですが、
左の花壇1枚しかありませんので…、

コテガー-p-1-6-04
破棄されてしまいました!!

しかし、これは悲観しなくても大丈夫です。

最終ラウンドは、1ターンごとに2点を失いますので、
完成が遠い花壇を残してしまっていると、
ズルズルと長引いて…失点が大きくなってしまいます。

しかも、いったん最終ラウンドに突入すると、
もはや自分の意思で花壇を破棄することはできなくなり…、
花壇を完成させるまでゲームを止められません

それならば、いっそのこと長居は無用と思い直して、
できるだけ短く最終ラウンドを切り上げるのも、
一つの選択肢になってくるわけです。( ̄▽ ̄ )



☆33ターン目

ターンの開始前に、星屑2点を失います。

失点の方法は2通りあって、
橙キューブ2マス後退させるか、
青キューブ1マス後退させるかです。

コテガー-p-1-6-05
星屑青キューブ1つを、

コテガー-p-1-6-06
1マス後退させることで、2点を失いました…。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-6-07
▲この2枚の花タイルを見るに、
▲どうやら、これが最後の植え付けになりそうです…!

コテガー-p-1-6-08
星屑は最後の花壇に、

コテガー-p-1-6-09
▲最後の花タイルを配置して、これを完成させました!!


3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢4つ苗カバー3つがありました。

コテガー-p-1-6-10
星屑は、すでにトラック上にあるキューブを、
▲それぞれ進めて…、

はい、これで星屑の花壇はなくなりましたので、
ゲーム終了となりました!



★得点計算

最後に得点を計算していきましょう。

コテガー-p-1-6-11
終点に到達したキューブは、
20点で、40点

コテガー-p-1-6-12
終点に未到達のキューブは、
8点で、6点

よって星屑の得点は74点となりました!

目標の80点には届きませんでしたが、
ひとつのラインとなっている70点は超えることができましたね♪

なにより、たくさんのステキな花壇を完成させることができて、
星屑は大満足でした!!( ̄▽ ̄*)

コテガー-p-1-6-13



…と、いうわけで「コテージ・ガーデン」だったんですが、

ソロプレイでもバッチリ面白かったです!

自分一人ということで何の気兼ねもなく、どこまでも長考できて、
ひたすら自分の世界に浸って、パズルを楽しむことができました!!

そして、これが2人プレイになると、お互いの思惑が交錯して、
ビミョーに計画が狂いだして、また違った面白さになります…!

さらに、なんといっても、
このゲームは最大で4人プレイまで可能なんですよね。

もうほんと、かなり対応力のあるタイトルですので、
いずれは入手して、自分のボドゲ会の鉄板にしたいと思っています!


こんなに素晴らしいゲームを貸してくれたヤマシタさん
本当にありがとうございました!!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


さて、第5ラウンドで少し説明しましたが…、

第6ラウンド最終ラウンドとなり、
これまでのラウンドとは全く違うルールで進行します。


ルールの違いは大きく3つあって、


★花タイルが3枚未満の花壇は、即座に破棄する。

最終ラウンドに入ったタイミングで、
花タイルが3枚未満の花壇は、もれなく破棄されてしまいます。

そして、この"花タイル"には、
植木鉢トークンネコトークンは含まれません。

すべては第5ラウンドまでのプレイング次第となりますが、

最終ラウンドを2枚の花壇で迎えるプレイヤーもいれば、
1枚も花壇を持たずに迎えるプレイヤーも出てくるわけです。


★花壇が完成しても、代わりの花壇は受け取れない。

最終ラウンド中に花壇が完成しても、
代わりの新たな花壇は受け取れません

よって、花壇は減る一方となり、
最後は必ず0枚になります。


★花壇を持つプレイヤーは、自分のターンごとに2点を失う。

1枚でも花壇を持つプレイヤーは、
自分のターンの開始前に、
得点トラックのキューブを後退させて、
2点を失わなければなりません

花壇が1枚でも2枚でも、失うのは2点ですが、
ターンを迎えるたびに失点します

花壇が0枚のプレイヤーは失点せず
庭師フェイズだけを行いながら、
他のプレイヤーが花壇を完成させるのを待ちます。


そして、最終ラウンドの終了条件は、
全員が残りの花壇を全て完成させることです!



★最終ラウンド

そういうわけで…、

コテガー-p-1-6-02
▲最終ラウンドに突入しましたので、

まず、花タイルが3枚未満の花壇破棄されます…!

コテガー-p-1-6-03
右の花壇4枚あるのでセーフですが、
左の花壇1枚しかありませんので…、

コテガー-p-1-6-04
破棄されてしまいました!!

しかし、これは悲観しなくても大丈夫です。

最終ラウンドは、1ターンごとに2点を失いますので、
完成が遠い花壇を残してしまっていると、
ズルズルと長引いて…失点が大きくなってしまいます。

しかも、いったん最終ラウンドに突入すると、
もはや自分の意思で花壇を破棄することはできなくなり…、
花壇を完成させるまでゲームを止められません

それならば、いっそのこと長居は無用と思い直して、
できるだけ短く最終ラウンドを切り上げるのも、
一つの選択肢になってくるわけです。( ̄▽ ̄ )



☆33ターン目

ターンの開始前に、星屑2点を失います。

失点の方法は2通りあって、
橙キューブ2マス後退させるか、
青キューブ1マス後退させるかです。

コテガー-p-1-6-05
星屑青キューブ1つを、

コテガー-p-1-6-06
1マス後退させることで、2点を失いました…。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-6-07
▲この2枚の花タイルを見るに、
▲どうやら、これが最後の植え付けになりそうです…!

コテガー-p-1-6-08
星屑は最後の花壇に、

コテガー-p-1-6-09
▲最後の花タイルを配置して、これを完成させました!!


3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢4つ苗カバー3つがありました。

コテガー-p-1-6-10
星屑は、すでにトラック上にあるキューブを、
▲それぞれ進めて…、

はい、これで星屑の花壇はなくなりましたので、
ゲーム終了となりました!



★得点計算

最後に得点を計算していきましょう。

コテガー-p-1-6-11
終点に到達したキューブは、
20点で、40点

コテガー-p-1-6-12
終点に未到達のキューブは、
8点で、6点

よって星屑の得点は74点となりました!

目標の80点には届きませんでしたが、
ひとつのラインとなっている70点は超えることができましたね♪

なにより、たくさんのステキな花壇を完成させることができて、
星屑は大満足でした!!( ̄▽ ̄*)

コテガー-p-1-6-13



…と、いうわけで「コテージ・ガーデン」だったんですが、

ソロプレイでもバッチリ面白かったです!

自分一人ということで何の気兼ねもなく、どこまでも長考できて、
ひたすら自分の世界に浸って、パズルを楽しむことができました!!

そして、これが2人プレイになると、お互いの思惑が交錯して、
ビミョーに計画が狂いだして、また違った面白さになります…!

さらに、なんといっても、
このゲームは最大で4人プレイまで可能なんですよね。

もうほんと、かなり対応力のあるタイトルですので、
いずれは入手して、自分のボドゲ会の鉄板にしたいと思っています!


こんなに素晴らしいゲームを貸してくれたヤマシタさん
本当にありがとうございました!!



ボードゲーム記事一覧



【2017/03/13 23:59】 | プレイ記 【タグ】 コテージ・ガーデン  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可