RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キングドミノ」




★開封

キングドミノ-o-01
▲amazonから届いたので、開封していきます!

→プレイ記はこちら


★箱の外観

キングドミノ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

箱は、わりと小さめですね。
とてものどかなイラストが描かれています!

キングドミノ-o-03
▲箱のウラ面

2~4人でのプレイが可能で、所要時間は15分
2人プレイ時のみ、わずかにルール変更があります。

8歳以上となっていますが、
足し算さえできれば、もう少し小さい子でもいけそうです。



★箱をオープン!

キングドミノ-o-04
▲一発目は台紙

キングドミノ-o-05
▲その下にルルブがあって、

キングドミノ-o-06
▲最後がタイルコマ類でした。



★組み立て!

キングたちのキャッスルをビルドっていきましょう!

キングドミノ-o-07
▲こちらを丁寧に切り抜いてから、

それぞれ4枚一組の厚紙をはめ込んでいくと…、

キングドミノ-o-08
▲あっという間にお城が完成しました♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

キングドミノ-o-09
ルールブック(日本語)

ルールがシンプルですので、ページ数は少なめです。
最終ページにはタイルの内訳が載っています。

キングドミノ-o-10
コマ×4色・各2つ

自分のタイルを確保するときに使うコマです。
基本は1プレイヤーにつき1色1個ですが、
2人プレイ時のみ同色を2個使います。

ピンクのコマがあるだけで、
星屑的には入手した価値があったというもの…!( ̄▽ ̄*)

キングドミノ-o-08
お城×4色

初期タイルの上に置いて、自分の色を表示します。

キングドミノ-o-11
初期タイル×4枚

各プレイヤーの王国のスタート地点です。
どんなタイルでも隣接させることができる、
ワイルドカード的な存在でもあります。

キングドミノ-o-12
ドミノタイル×48枚

このゲームの主役となる"ドミノ"です。
タイルのウラ面には「」~「48」の数字がふってあって、
数字が大きいほど有用なタイルとなっています。

キングドミノ-o-13
キングドミノ-o-14

一方で、オモテ面には6種類の土地のイラストが描かれていて、
中には"王冠"があるものもあります。

この王冠があるマスに、同じ種類の土地を隣接させていけば、
得点が伸びていく
…という寸法ですね!( ̄▽ ̄*)



★プレイしてみた!

先日のボードゲーム会で、
星屑、さっそく「キングドミノ」をプレイしてみました!

キングドミノ-o-16
▲各プレイヤーは、自分の王国に配置したいタイルを選び、
▲どんどん王国を拡大させていきます。

キングドミノ-o-17
星屑の途中経過。

これ、うまく同じ種類の土地を連続させられると気持ち良いですね♪

ただし、それだけでは得点することはできず、
しっかりと"王冠"を確保していかなければなりません。

キングドミノ-o-18
▲ゲーム終盤の様子。

最終的に5×5=25マスの正方形の王国にする必要があり、
みんなウンウンうなりながら、ラストの調整をしていました…!

キングドミノ-o-19
▲そうして完成した星屑の王国!

得点は、各土地の「マス数」×「王冠の数」の合計になります。
(例えば右下のであれば、4マス×3王冠12点)

星屑の合計点は33点と、ぼちぼちの結果でしたが、
ちゃんと正方形の王国を完成させられて大満足でした♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

星屑の身近でめちゃくちゃ話題に上がっていたので、
試しに買ってみた「キングドミノ」。

これが評判に違わず、
簡単なルールながらゲーム展開は悩ましいという、
いわゆる"リプレイ性"の非常に高いものでした!

星屑大のタイルゲーム好きというのもありますが、
また星屑の定番タイトルが一つ増えた感じですね。

2~4人の範囲でプレイ人数を選ばず、
たった15分で終わるテンポの良さもありますので、

タイルゲームを人に勧めるときの入門ゲームとして、
愛用していきたいと思っています♪( ̄▽ ̄*)

キングドミノ-o-15
▲箱がコンパクトで持ち運びやすいのもメリットですね!



キングドミノ 関連記事
プレイ記その1(1/3)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

キングドミノ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

箱は、わりと小さめですね。
とてものどかなイラストが描かれています!

キングドミノ-o-03
▲箱のウラ面

2~4人でのプレイが可能で、所要時間は15分
2人プレイ時のみ、わずかにルール変更があります。

8歳以上となっていますが、
足し算さえできれば、もう少し小さい子でもいけそうです。



★箱をオープン!

キングドミノ-o-04
▲一発目は台紙

キングドミノ-o-05
▲その下にルルブがあって、

キングドミノ-o-06
▲最後がタイルコマ類でした。



★組み立て!

キングたちのキャッスルをビルドっていきましょう!

キングドミノ-o-07
▲こちらを丁寧に切り抜いてから、

それぞれ4枚一組の厚紙をはめ込んでいくと…、

キングドミノ-o-08
▲あっという間にお城が完成しました♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

キングドミノ-o-09
ルールブック(日本語)

ルールがシンプルですので、ページ数は少なめです。
最終ページにはタイルの内訳が載っています。

キングドミノ-o-10
コマ×4色・各2つ

自分のタイルを確保するときに使うコマです。
基本は1プレイヤーにつき1色1個ですが、
2人プレイ時のみ同色を2個使います。

ピンクのコマがあるだけで、
星屑的には入手した価値があったというもの…!( ̄▽ ̄*)

キングドミノ-o-08
お城×4色

初期タイルの上に置いて、自分の色を表示します。

キングドミノ-o-11
初期タイル×4枚

各プレイヤーの王国のスタート地点です。
どんなタイルでも隣接させることができる、
ワイルドカード的な存在でもあります。

キングドミノ-o-12
ドミノタイル×48枚

このゲームの主役となる"ドミノ"です。
タイルのウラ面には「」~「48」の数字がふってあって、
数字が大きいほど有用なタイルとなっています。

キングドミノ-o-13
キングドミノ-o-14

一方で、オモテ面には6種類の土地のイラストが描かれていて、
中には"王冠"があるものもあります。

この王冠があるマスに、同じ種類の土地を隣接させていけば、
得点が伸びていく
…という寸法ですね!( ̄▽ ̄*)



★プレイしてみた!

先日のボードゲーム会で、
星屑、さっそく「キングドミノ」をプレイしてみました!

キングドミノ-o-16
▲各プレイヤーは、自分の王国に配置したいタイルを選び、
▲どんどん王国を拡大させていきます。

キングドミノ-o-17
星屑の途中経過。

これ、うまく同じ種類の土地を連続させられると気持ち良いですね♪

ただし、それだけでは得点することはできず、
しっかりと"王冠"を確保していかなければなりません。

キングドミノ-o-18
▲ゲーム終盤の様子。

最終的に5×5=25マスの正方形の王国にする必要があり、
みんなウンウンうなりながら、ラストの調整をしていました…!

キングドミノ-o-19
▲そうして完成した星屑の王国!

得点は、各土地の「マス数」×「王冠の数」の合計になります。
(例えば右下のであれば、4マス×3王冠12点)

星屑の合計点は33点と、ぼちぼちの結果でしたが、
ちゃんと正方形の王国を完成させられて大満足でした♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

星屑の身近でめちゃくちゃ話題に上がっていたので、
試しに買ってみた「キングドミノ」。

これが評判に違わず、
簡単なルールながらゲーム展開は悩ましいという、
いわゆる"リプレイ性"の非常に高いものでした!

星屑大のタイルゲーム好きというのもありますが、
また星屑の定番タイトルが一つ増えた感じですね。

2~4人の範囲でプレイ人数を選ばず、
たった15分で終わるテンポの良さもありますので、

タイルゲームを人に勧めるときの入門ゲームとして、
愛用していきたいと思っています♪( ̄▽ ̄*)

キングドミノ-o-15
▲箱がコンパクトで持ち運びやすいのもメリットですね!



キングドミノ 関連記事
プレイ記その1(1/3)

ボードゲーム記事一覧



【2017/06/02 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キングドミノ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可