RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ダンジョンヒーローマネージャー」




★開封

DHM-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

DHM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ヒーローたちがダンジョンに突入しているイラストです。
戦士や魔法使いっぽい姿が見て取れますね。

DHM-o-03
▲箱のウラ面

ウラ面は、どうやら冒険者募集のビラのようです。
アルバイト募集くらいの軽いノリですが、その内容は…( ̄▽ ̄ )

DHM-o-04
スペック

プレイ人数は、やや広めの2~6人
プレイ時間は60~90分で、人数が増えると伸びる感じ。
6人ともなると結構かかるんじゃないかな…?



★箱をオープン!

それでは開けていきましょう。

DHM-o-05
▲一発目はサマリー

DHM-o-06
ルルブはこの位置で、

DHM-o-07
▲その下にタイル台紙と、

DHM-o-08
ゲームボードがあって、

DHM-o-09
▲最後にカード類その他でした。



★タイル抜き!

DHM-o-10
▲ではでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきます!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

DHM-o-12
▲はい、完了…!

DHM-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

DHM-o-13
ルールブック(日本語・全16ページ)

厚めのページ数に、ぎっしりの文字。
そして正直、読みにくい内容でした…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-14
アイコン効果早見表×2枚(両面)

せっかくのサマリーなんですが、
どうせならゲームの手順を入れて欲しかった…。

DHM-o-15
ゲームボード×1枚

わりと広めのボードです。
上から雇用→街→ダンジョンと3つのフェイズが分かりやすく、
また、カードの配置や効果のアイコンも丁寧に示されています。

ルルブ&サマリーと打って変わって、これは良いものですね!!

DHM-o-16
コイン×3種類

ダンジョンで英雄にモンスターを倒してもらうことで入手でき、
ゲーム終了時にいちばん獲得していたプレイヤーが勝者となります!

DHM-o-17
トークン類

6金を受け取って8金を返済する借金トークンと、
ダイスの出目を±1できる神殿の祝福トークンと、
ゲームボードの中央に置くラウンドマーカーです。

DHM-o-18
賃金マーカー×6個

ゲームボード上段の各酒場に配置して、
酒場ごとの冒険者の賃金を表示します。

DHM-o-19
コマ×6色・各1個

自分が利用する街の建物や、挑戦するダンジョンに置くコマです。
(ぼくの箱は黄色のコマが欠品していました…メールしておこう…)

DHM-o-20
色付きダイス×6色・各1個

プレイヤーたちが1個ずつ持つダイスで、
各フェイズの入札のときに使用します。

DHM-o-21
白ダイス×6個

こちらは普通に振るためのダイスです。
主にモンスターとの戦闘時に使います。


DHM-o-22
▲最後にカード類

DHM-o-23
英雄カード×30枚

プレイヤーが酒場で雇って、ダンジョンに送り込む英雄たちです。
10種類の職業があり、1つの職業につき3枚の色違いがあります。

そして、
彼らが成長すると、カードが裏返えって…、

DHM-o-24
▲新米英雄から熟練英雄にクラスチェンジし、強くなります!!


DHM-o-27
モンスター/罠カード()×15枚

ダンジョンの各部屋に配置して、英雄と戦闘を行うモンスターや罠です。
緑のカードは、その中でも最弱の"ゴブリン族"。

なお、各ダンジョンの最深部には必ず"ラスボス"が待ち構えています…!

DHM-o-28
モンスター/罠カード()×15枚

第3と第4のダンジョンで待ち構えているのが、
赤のカードの"カオスデーモン族"です。

このあたりから、
油断すると簡単に英雄が全滅しだします…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-29
モンスター/罠カード()×15枚

第5と第6のダンジョンで仁王立ちしているのが、
紫のカードの"アンデッド"です。

素人にはオススメできませんので、
しっかりと英雄を強化してから挑みましょう!


DHM-o-25
装備カード×36枚

英雄に持たせることで、追加の能力を付与できる装備品です。

武器防具道具の3種類があって、
1人の英雄につき、それぞれ1枚まで所持させられます。

DHM-o-26
マジックアイテムカード×18枚

より強力な効果を持った装備品です。

使い方は装備カードと同じですが、
装備カードが街の"闇の店"で1ゴールドで売れるのに対して、
マジックアイテムカード3ゴールドで売ることができます。

ラスボス紫ダンジョンで戦闘するとき、
装備が整っていると心強いですよ…!( ̄▽ ̄*)



★コメント

DHM-o-30
▲箱のウラにも明記されているとおり、

プレイヤーは冒険者をダンジョンへと送り込み、
モンスターを倒して、お宝を持ち帰ってもらい、
自分の手は一切汚さずに、その分け前をいただく――


そんな滅茶苦茶な設定のゲームが、
この「ダンジョンヒーローマネージャー」です。

星屑
"自分の手は汚さない"とか、
"他人の犠牲なんざ厭わない"とか、
そういうダークな設定が大好物なもんで、
(あくまで設定だけです。リアルでそんなことはないですよ…?)
ゲームの説明を読んだ瞬間にポチってしまっていました!

それで、わくわくしながらルールブックをめくってみたんですが、

DHM-o-31
▲これはひどいですね!(良い意味で!)

画期的な世界観で、つかみはバッチリ!!

…だったんですが、
実際にプレイしてみると、システムの荒さが目につきました。

雇用フェイズ→街フェイズまではすんなり進むんですが、
ダンジョンフェイズ(=戦闘)になるとルールブック片手に大混乱…。

もうちょっと分かりやすい戦闘にできなかったのかな…?
ヒトコトで言うと"ピンとこない"感じです。

とはいえ、根っこはシンプルにデザインされていますし、
サマリーを自作したら、もっとすんなりいくかも…ということで、
ただいま自作サマリー作成中…。

DHM-o-32
▲せっかく魅力的なカードが多いゲームですので、

この先も可能な限りプレイを重ねて、
なんとかモノにしていきたいと思っています。( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

DHM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ヒーローたちがダンジョンに突入しているイラストです。
戦士や魔法使いっぽい姿が見て取れますね。

DHM-o-03
▲箱のウラ面

ウラ面は、どうやら冒険者募集のビラのようです。
アルバイト募集くらいの軽いノリですが、その内容は…( ̄▽ ̄ )

DHM-o-04
スペック

プレイ人数は、やや広めの2~6人
プレイ時間は60~90分で、人数が増えると伸びる感じ。
6人ともなると結構かかるんじゃないかな…?



★箱をオープン!

それでは開けていきましょう。

DHM-o-05
▲一発目はサマリー

DHM-o-06
ルルブはこの位置で、

DHM-o-07
▲その下にタイル台紙と、

DHM-o-08
ゲームボードがあって、

DHM-o-09
▲最後にカード類その他でした。



★タイル抜き!

DHM-o-10
▲ではでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきます!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

DHM-o-12
▲はい、完了…!

DHM-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

DHM-o-13
ルールブック(日本語・全16ページ)

厚めのページ数に、ぎっしりの文字。
そして正直、読みにくい内容でした…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-14
アイコン効果早見表×2枚(両面)

せっかくのサマリーなんですが、
どうせならゲームの手順を入れて欲しかった…。

DHM-o-15
ゲームボード×1枚

わりと広めのボードです。
上から雇用→街→ダンジョンと3つのフェイズが分かりやすく、
また、カードの配置や効果のアイコンも丁寧に示されています。

ルルブ&サマリーと打って変わって、これは良いものですね!!

DHM-o-16
コイン×3種類

ダンジョンで英雄にモンスターを倒してもらうことで入手でき、
ゲーム終了時にいちばん獲得していたプレイヤーが勝者となります!

DHM-o-17
トークン類

6金を受け取って8金を返済する借金トークンと、
ダイスの出目を±1できる神殿の祝福トークンと、
ゲームボードの中央に置くラウンドマーカーです。

DHM-o-18
賃金マーカー×6個

ゲームボード上段の各酒場に配置して、
酒場ごとの冒険者の賃金を表示します。

DHM-o-19
コマ×6色・各1個

自分が利用する街の建物や、挑戦するダンジョンに置くコマです。
(ぼくの箱は黄色のコマが欠品していました…メールしておこう…)

DHM-o-20
色付きダイス×6色・各1個

プレイヤーたちが1個ずつ持つダイスで、
各フェイズの入札のときに使用します。

DHM-o-21
白ダイス×6個

こちらは普通に振るためのダイスです。
主にモンスターとの戦闘時に使います。


DHM-o-22
▲最後にカード類

DHM-o-23
英雄カード×30枚

プレイヤーが酒場で雇って、ダンジョンに送り込む英雄たちです。
10種類の職業があり、1つの職業につき3枚の色違いがあります。

そして、
彼らが成長すると、カードが裏返えって…、

DHM-o-24
▲新米英雄から熟練英雄にクラスチェンジし、強くなります!!


DHM-o-27
モンスター/罠カード()×15枚

ダンジョンの各部屋に配置して、英雄と戦闘を行うモンスターや罠です。
緑のカードは、その中でも最弱の"ゴブリン族"。

なお、各ダンジョンの最深部には必ず"ラスボス"が待ち構えています…!

DHM-o-28
モンスター/罠カード()×15枚

第3と第4のダンジョンで待ち構えているのが、
赤のカードの"カオスデーモン族"です。

このあたりから、
油断すると簡単に英雄が全滅しだします…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-29
モンスター/罠カード()×15枚

第5と第6のダンジョンで仁王立ちしているのが、
紫のカードの"アンデッド"です。

素人にはオススメできませんので、
しっかりと英雄を強化してから挑みましょう!


DHM-o-25
装備カード×36枚

英雄に持たせることで、追加の能力を付与できる装備品です。

武器防具道具の3種類があって、
1人の英雄につき、それぞれ1枚まで所持させられます。

DHM-o-26
マジックアイテムカード×18枚

より強力な効果を持った装備品です。

使い方は装備カードと同じですが、
装備カードが街の"闇の店"で1ゴールドで売れるのに対して、
マジックアイテムカード3ゴールドで売ることができます。

ラスボス紫ダンジョンで戦闘するとき、
装備が整っていると心強いですよ…!( ̄▽ ̄*)



★コメント

DHM-o-30
▲箱のウラにも明記されているとおり、

プレイヤーは冒険者をダンジョンへと送り込み、
モンスターを倒して、お宝を持ち帰ってもらい、
自分の手は一切汚さずに、その分け前をいただく――


そんな滅茶苦茶な設定のゲームが、
この「ダンジョンヒーローマネージャー」です。

星屑
"自分の手は汚さない"とか、
"他人の犠牲なんざ厭わない"とか、
そういうダークな設定が大好物なもんで、
(あくまで設定だけです。リアルでそんなことはないですよ…?)
ゲームの説明を読んだ瞬間にポチってしまっていました!

それで、わくわくしながらルールブックをめくってみたんですが、

DHM-o-31
▲これはひどいですね!(良い意味で!)

画期的な世界観で、つかみはバッチリ!!

…だったんですが、
実際にプレイしてみると、システムの荒さが目につきました。

雇用フェイズ→街フェイズまではすんなり進むんですが、
ダンジョンフェイズ(=戦闘)になるとルールブック片手に大混乱…。

もうちょっと分かりやすい戦闘にできなかったのかな…?
ヒトコトで言うと"ピンとこない"感じです。

とはいえ、根っこはシンプルにデザインされていますし、
サマリーを自作したら、もっとすんなりいくかも…ということで、
ただいま自作サマリー作成中…。

DHM-o-32
▲せっかく魅力的なカードが多いゲームですので、

この先も可能な限りプレイを重ねて、
なんとかモノにしていきたいと思っています。( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧



【2017/06/08 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ダンジョンヒーローマネージャー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可