RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




★開封

NEメセナ-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

NEメセナ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

星屑「ところで"メセナ"ってどういう意味??」

しーぷ「企業が芸術とか文化とかの活動を支援することだよ」

ヤバイ、まったく知らなかった…( ̄▽ ̄;)ベンキョウ ブソク

NEメセナ-o-03
▲箱のウラ面

前作は"目指すは国民的大企業"でしたが、
今作は"麗しき日々よ来たれ"…と雰囲気が変わっています。

プレイ人数は1~4人で、
プレイ時間は30~45分と、
スペックの方は変更ありません。



★箱をオープン!

NEメセナ-o-04
▲一発目はルルブで、

NEメセナ-o-05
▲その下にカードが4ブロックあって…、

NEメセナ-o-06
▲以上ですね。相変わらずシンプルな構成です!



★内容物

NEメセナ-o-07
説明書×1部(日本語・全30ページ)

ルールに追加要素はありますが変更点はありません
今回も、惚れ惚れするくらい見やすいレイアウトになっています♪

NEメセナ-o-08
▲あとはカード類

NEメセナ-o-09
▲おなじみの小型カードたち。

労働者」が各色5枚に減りました(前作は各色7枚)。
これは、より完成度が高まったということでしょうか…?

NEメセナ-o-10
初期公共職場カード×6枚

NEメセナ-o-11
ラウンドカード×9枚

初期公共職場カードも、ラウンドカードも、
効果は前作と全く同じで、イラストのみ差し変えられています。

NEメセナ-o-12
建物カード×73枚

新カードがズラリと並ぶと、なんだかワクワクしますね…!
おなじみのフレーバーテキストも、ピリリと良い味を出しています。

NEメセナ-o-13
消費財カード×22枚

なるほど、こうきたか!!

前作の"バナナ"のインパクトが忘れられず、
新作はどんな消費財カードになるんだろうと、
楽しみにしていたんですが…これまた期待以上でした!



★前作との違い

さて、ここで前作から何が変わったかをチェックしてみましょう。

NEメセナ-o-14
▲説明書をめくってみると…、

すでに「ナショナルエコノミー」をプレイ済みのプレイヤーは、
最初の見開き2ページさえ読めば大丈夫とのこと。

つまり、この2ページで追加要素が網羅されているわけですね。

その追加要素は、

☆勝利点トークン
☆変動建設コスト


以上2つのようです。


☆勝利点トークン

NEメセナ-o-15
▲今作から新たに加わった「勝利点トークン」。

ど真ん中に「+1」の数字があって、
その下に「3枚=10」の表示があります。

この勝利点トークンは、

NEメセナ-o-16
▲「宮大工」「菜園」「研究所」の職場を使用すると獲得できます!

そして、獲得した勝利点トークンは、

NEメセナ-o-17
▲3枚集めると、1組で10点として扱い、

NEメセナ-o-18
▲3枚に満たないものは、1枚につき1点として扱います。

例えば、
5枚なら10+1+1=12点となり、
7枚なら10+10+1=21点となるわけです。

となると、
できるだけ3枚セットを目指したいですね…!


☆変動建設コスト

一方こちらは、
条件を満たすことで建設コストが安くなるというものです。

NEメセナ-o-19
▲対象は「食品工場」「工業団地」「大聖堂」の3枚。

中でも「大聖堂」は、
同じく追加要素の勝利点トークンが条件になっています。

コスト6で50勝利点は、あまりにも大きいですので…、
いろんなアプローチを考えて、ぜひ狙ってみたいものですね♪( ̄▽ ̄*)



☆前作との互換性

NEメセナ-o-20
建物カードを観察してみると、

左下に"MECENAT"の文字があります。
そして、カードのウラ面は前作と共通です。

ということは、
前作のカードと混ぜてしまっても問題ないということになります。

しかしながら、

本作は拡張セットではありません。
(略)「メセナ」単体で遊べるようになっています。
前作のカードと混ぜてのプレイは推奨しておりません。


- 説明書より


…とのことですので、
あえて自分だけの構築で独自のゲームバランスを目指すのでもなければ、
混ぜずにプレイするのが無難なようですね。



☆消費財カード

NEメセナ-o-13

さて、今作の消費財カードも手が込んでいます!

NEメセナ-o-21
▲なんと、消費財カードだけで4種類の遊びができるんです!!

・消費財神経衰弱
・消費財かるた
・消費財ババ抜き
・消費財おみくじ


本編と合わせて、これ一箱で5つの遊び方があるなんて、
なんてお得なんでしょうか…!

取り急ぎ「消費財かるた」だけプレイしてみたんですが、
これが地味に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)



★星屑のお気に入りカード

最後に、
星屑が"フレーバーテキスト"を気に入った建物カードを、
3枚ほどピックアップしてみたいと思います!

NEメセナ-o-22
▲「鉄道駅

フレーバーテキストは、"駅ビルは駅から徒歩10分"。

星屑、生まれて初めて渋谷駅に降り立ったとき、
脱出するのに長い時間がかかったのは良い(?)思い出です…( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-o-23
▲「会計事務所

フレーバーテキストは、"1+1=任意の整数"。

いわゆる"会計士ジョーク"ですよね。
このゲームだからこその雰囲気が醸し出されていて、たまりません…!

NEメセナ-o-24
▲「博物館

フレーバーテキストは、"ほんとうに売却不可"。

機能の「売却不可」からの、念を押すような流れがツボりました!!
今作のカードの中で、いちばんのお気に入りです♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

まさか続編が出るとは思っていなかったので、
発売に気付いて驚いた「ナショナルエコノミー メセナ」…!

前作には大変お世話になったのもあって、大慌てでポチりました。

箱を開けて、とりあえず、
建物カードのフレーバーテキストを眺めているだけで引き込まれて、
なんだか本でも読んでいるような不思議な心地に…( ̄▽ ̄*)

そして、もちろんゲーム本編もプレイしてみたんですが、
建物カードの一新で、当たり前ですがプレイ感に変化があり、

ベースこそ同じなんですが、
そこに小さな変化がたくさんあるといいますか…、

プレイするごとに自分の成長を感じられるゲームを、
またリフレッシュして一からプレイできる
というのは、
本当にありがたいことです…!

ほんと私星屑、以前は狂ったようにプレイしていてですね、

NEメセナ-o-25
▲トランペットケースと楽譜でもあれば、

NEメセナ-o-26
▲それをテーブル代わりに、どこでも1ゲームやっちゃうほどで…!

ここのところ、ずっと「ナショナルエコノミー」をサボっていましたので、
また新たな気持ちで復帰していきたいと思います!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
前作プレイ記
前作開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

NEメセナ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

星屑「ところで"メセナ"ってどういう意味??」

しーぷ「企業が芸術とか文化とかの活動を支援することだよ」

ヤバイ、まったく知らなかった…( ̄▽ ̄;)ベンキョウ ブソク

NEメセナ-o-03
▲箱のウラ面

前作は"目指すは国民的大企業"でしたが、
今作は"麗しき日々よ来たれ"…と雰囲気が変わっています。

プレイ人数は1~4人で、
プレイ時間は30~45分と、
スペックの方は変更ありません。



★箱をオープン!

NEメセナ-o-04
▲一発目はルルブで、

NEメセナ-o-05
▲その下にカードが4ブロックあって…、

NEメセナ-o-06
▲以上ですね。相変わらずシンプルな構成です!



★内容物

NEメセナ-o-07
説明書×1部(日本語・全30ページ)

ルールに追加要素はありますが変更点はありません
今回も、惚れ惚れするくらい見やすいレイアウトになっています♪

NEメセナ-o-08
▲あとはカード類

NEメセナ-o-09
▲おなじみの小型カードたち。

労働者」が各色5枚に減りました(前作は各色7枚)。
これは、より完成度が高まったということでしょうか…?

NEメセナ-o-10
初期公共職場カード×6枚

NEメセナ-o-11
ラウンドカード×9枚

初期公共職場カードも、ラウンドカードも、
効果は前作と全く同じで、イラストのみ差し変えられています。

NEメセナ-o-12
建物カード×73枚

新カードがズラリと並ぶと、なんだかワクワクしますね…!
おなじみのフレーバーテキストも、ピリリと良い味を出しています。

NEメセナ-o-13
消費財カード×22枚

なるほど、こうきたか!!

前作の"バナナ"のインパクトが忘れられず、
新作はどんな消費財カードになるんだろうと、
楽しみにしていたんですが…これまた期待以上でした!



★前作との違い

さて、ここで前作から何が変わったかをチェックしてみましょう。

NEメセナ-o-14
▲説明書をめくってみると…、

すでに「ナショナルエコノミー」をプレイ済みのプレイヤーは、
最初の見開き2ページさえ読めば大丈夫とのこと。

つまり、この2ページで追加要素が網羅されているわけですね。

その追加要素は、

☆勝利点トークン
☆変動建設コスト


以上2つのようです。


☆勝利点トークン

NEメセナ-o-15
▲今作から新たに加わった「勝利点トークン」。

ど真ん中に「+1」の数字があって、
その下に「3枚=10」の表示があります。

この勝利点トークンは、

NEメセナ-o-16
▲「宮大工」「菜園」「研究所」の職場を使用すると獲得できます!

そして、獲得した勝利点トークンは、

NEメセナ-o-17
▲3枚集めると、1組で10点として扱い、

NEメセナ-o-18
▲3枚に満たないものは、1枚につき1点として扱います。

例えば、
5枚なら10+1+1=12点となり、
7枚なら10+10+1=21点となるわけです。

となると、
できるだけ3枚セットを目指したいですね…!


☆変動建設コスト

一方こちらは、
条件を満たすことで建設コストが安くなるというものです。

NEメセナ-o-19
▲対象は「食品工場」「工業団地」「大聖堂」の3枚。

中でも「大聖堂」は、
同じく追加要素の勝利点トークンが条件になっています。

コスト6で50勝利点は、あまりにも大きいですので…、
いろんなアプローチを考えて、ぜひ狙ってみたいものですね♪( ̄▽ ̄*)



☆前作との互換性

NEメセナ-o-20
建物カードを観察してみると、

左下に"MECENAT"の文字があります。
そして、カードのウラ面は前作と共通です。

ということは、
前作のカードと混ぜてしまっても問題ないということになります。

しかしながら、

本作は拡張セットではありません。
(略)「メセナ」単体で遊べるようになっています。
前作のカードと混ぜてのプレイは推奨しておりません。


- 説明書より


…とのことですので、
あえて自分だけの構築で独自のゲームバランスを目指すのでもなければ、
混ぜずにプレイするのが無難なようですね。



☆消費財カード

NEメセナ-o-13

さて、今作の消費財カードも手が込んでいます!

NEメセナ-o-21
▲なんと、消費財カードだけで4種類の遊びができるんです!!

・消費財神経衰弱
・消費財かるた
・消費財ババ抜き
・消費財おみくじ


本編と合わせて、これ一箱で5つの遊び方があるなんて、
なんてお得なんでしょうか…!

取り急ぎ「消費財かるた」だけプレイしてみたんですが、
これが地味に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)



★星屑のお気に入りカード

最後に、
星屑が"フレーバーテキスト"を気に入った建物カードを、
3枚ほどピックアップしてみたいと思います!

NEメセナ-o-22
▲「鉄道駅

フレーバーテキストは、"駅ビルは駅から徒歩10分"。

星屑、生まれて初めて渋谷駅に降り立ったとき、
脱出するのに長い時間がかかったのは良い(?)思い出です…( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-o-23
▲「会計事務所

フレーバーテキストは、"1+1=任意の整数"。

いわゆる"会計士ジョーク"ですよね。
このゲームだからこその雰囲気が醸し出されていて、たまりません…!

NEメセナ-o-24
▲「博物館

フレーバーテキストは、"ほんとうに売却不可"。

機能の「売却不可」からの、念を押すような流れがツボりました!!
今作のカードの中で、いちばんのお気に入りです♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

まさか続編が出るとは思っていなかったので、
発売に気付いて驚いた「ナショナルエコノミー メセナ」…!

前作には大変お世話になったのもあって、大慌てでポチりました。

箱を開けて、とりあえず、
建物カードのフレーバーテキストを眺めているだけで引き込まれて、
なんだか本でも読んでいるような不思議な心地に…( ̄▽ ̄*)

そして、もちろんゲーム本編もプレイしてみたんですが、
建物カードの一新で、当たり前ですがプレイ感に変化があり、

ベースこそ同じなんですが、
そこに小さな変化がたくさんあるといいますか…、

プレイするごとに自分の成長を感じられるゲームを、
またリフレッシュして一からプレイできる
というのは、
本当にありがたいことです…!

ほんと私星屑、以前は狂ったようにプレイしていてですね、

NEメセナ-o-25
▲トランペットケースと楽譜でもあれば、

NEメセナ-o-26
▲それをテーブル代わりに、どこでも1ゲームやっちゃうほどで…!

ここのところ、ずっと「ナショナルエコノミー」をサボっていましたので、
また新たな気持ちで復帰していきたいと思います!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
前作プレイ記
前作開封記事

ボードゲーム記事一覧



【2017/06/09 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可