RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キャッチ・ザ・ムーン」




★開封

CTM-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

CTM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。


しーぷミステリウムみたいな素敵なイラストね!」

星屑「確かに、俺もディクシットのカードを思い出した!」


CTM-o-03
▲箱のウラ面

簡単なルール説明を見てみると、
つまり変則的なタワー系バランスゲームのようですね。

CTM-o-04
スペック

対象年齢6歳~で、
プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの20分



★箱をオープン!

CTM-o-05
▲一発目はルルブ

CTM-o-06
▲その下に、コマ類ダイスはしごがあって、

CTM-o-07
▲最後に土台が出てきました。

CTM-o-08
▲なお、箱の底部はダイストレイになっているようです。



★内容物

CTM-o-09
ルールブック(全8ページ)

しーぷが「絵本の表紙みたい!」と感嘆の声を上げたルルブですが、
そのページをめくると、中は意外や意外、
すごく和風なデザインになっていて驚きました…!( ̄▽ ̄;)

CTM-o-10
はしご×30本

全部で10種類はしごは、それぞれ3本ずつあります。

CTM-o-11
プラスチック製土台×1つ

ぽつぽつと空いている穴にまっすぐなはしご2本を挿し込んで、
ゲームはスタートするようです。

CTM-o-12
木製の月の涙×7個

"月の涙"という、なんだか日本酒の銘柄っぽいコレは、
はしごを接地させてしまったプレイヤーが受け取ることになります。
そうして最後に月の涙の数が最少のプレイヤーが勝者というわけですね。

CTM-o-13
木製ダイス×1個

3種類の出目が、それぞれ2面ずつある特製ダイス。
自分のターンが回ってきたら、まず振って、
その出目の指示に従ってはしごをかけていきます…!

CTM-o-14
▲もし、はしご2本の出目ならば、

CTM-o-15
他のはしご2本ちょうどに触れるように、

CTM-o-16
新たなはしごを配置しなければなりません。

CTM-o-17
▲もし、はしご1本の出目ならば、

CTM-o-18
他のはしご1本のみに触れるように、
新たなはしごを配置しなければなりません。

CTM-o-19
▲2本以上のはしごに触れない繊細さが求められますね…( ̄▽ ̄ )

CTM-o-20
▲そして、の出目ならば、

CTM-o-21
新たなはしごの一端が全体で最も高い位置に来るように、
▲なおかつ、他のはしご1本か2本のみに触れるように、
▲配置しなければなりません。

こうして次々とはしごを配置していって、
その中で崩さない我慢くらべをするというわけです。( ̄▽ ̄*)



★コメント

さっそく、妻しーぷとお試しプレイをしてみたんですが、

CTM-o-22
▲こんな感じになりました!!

いびつなカタチのはしごを、どう配置したら崩さないですむか…?

これが、意外と大丈夫だったり意外と大丈夫じゃなかったり

はしごが接地しない限り、配置のやり直しがきくというルールのおかげで、
頭の中でのイメージを、どんどん試してみられる面白さがありました!
(そしてあっさり落下して、顔を見合わせて笑って…みたいな)

CTM-o-23

万人受けするかというと、ちょっと分からないですが、
バランスゲームが好きな方にはオススメですね。

星屑なんかは、
さっきから一人で延々とはしごをかけ続けてたり。( ̄▽ ̄*)
(しーぷはというと、あまりにも崩してしまうので諦めてしまいました…)

来月のウチのボドゲ会に持っていきますので、
ぜひぜひ、星屑と月をつかみましょう♪



キャッチ・ザ・ムーン 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

CTM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。


しーぷミステリウムみたいな素敵なイラストね!」

星屑「確かに、俺もディクシットのカードを思い出した!」


CTM-o-03
▲箱のウラ面

簡単なルール説明を見てみると、
つまり変則的なタワー系バランスゲームのようですね。

CTM-o-04
スペック

対象年齢6歳~で、
プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの20分



★箱をオープン!

CTM-o-05
▲一発目はルルブ

CTM-o-06
▲その下に、コマ類ダイスはしごがあって、

CTM-o-07
▲最後に土台が出てきました。

CTM-o-08
▲なお、箱の底部はダイストレイになっているようです。



★内容物

CTM-o-09
ルールブック(全8ページ)

しーぷが「絵本の表紙みたい!」と感嘆の声を上げたルルブですが、
そのページをめくると、中は意外や意外、
すごく和風なデザインになっていて驚きました…!( ̄▽ ̄;)

CTM-o-10
はしご×30本

全部で10種類はしごは、それぞれ3本ずつあります。

CTM-o-11
プラスチック製土台×1つ

ぽつぽつと空いている穴にまっすぐなはしご2本を挿し込んで、
ゲームはスタートするようです。

CTM-o-12
木製の月の涙×7個

"月の涙"という、なんだか日本酒の銘柄っぽいコレは、
はしごを接地させてしまったプレイヤーが受け取ることになります。
そうして最後に月の涙の数が最少のプレイヤーが勝者というわけですね。

CTM-o-13
木製ダイス×1個

3種類の出目が、それぞれ2面ずつある特製ダイス。
自分のターンが回ってきたら、まず振って、
その出目の指示に従ってはしごをかけていきます…!

CTM-o-14
▲もし、はしご2本の出目ならば、

CTM-o-15
他のはしご2本ちょうどに触れるように、

CTM-o-16
新たなはしごを配置しなければなりません。

CTM-o-17
▲もし、はしご1本の出目ならば、

CTM-o-18
他のはしご1本のみに触れるように、
新たなはしごを配置しなければなりません。

CTM-o-19
▲2本以上のはしごに触れない繊細さが求められますね…( ̄▽ ̄ )

CTM-o-20
▲そして、の出目ならば、

CTM-o-21
新たなはしごの一端が全体で最も高い位置に来るように、
▲なおかつ、他のはしご1本か2本のみに触れるように、
▲配置しなければなりません。

こうして次々とはしごを配置していって、
その中で崩さない我慢くらべをするというわけです。( ̄▽ ̄*)



★コメント

さっそく、妻しーぷとお試しプレイをしてみたんですが、

CTM-o-22
▲こんな感じになりました!!

いびつなカタチのはしごを、どう配置したら崩さないですむか…?

これが、意外と大丈夫だったり意外と大丈夫じゃなかったり

はしごが接地しない限り、配置のやり直しがきくというルールのおかげで、
頭の中でのイメージを、どんどん試してみられる面白さがありました!
(そしてあっさり落下して、顔を見合わせて笑って…みたいな)

CTM-o-23

万人受けするかというと、ちょっと分からないですが、
バランスゲームが好きな方にはオススメですね。

星屑なんかは、
さっきから一人で延々とはしごをかけ続けてたり。( ̄▽ ̄*)
(しーぷはというと、あまりにも崩してしまうので諦めてしまいました…)

来月のウチのボドゲ会に持っていきますので、
ぜひぜひ、星屑と月をつかみましょう♪



キャッチ・ザ・ムーン 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/06/28 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 キャッチ・ザ・ムーン  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可