RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(1/5)

NEメセナ-p-1-ec-1

今回:プレイ記その1(1/5)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/5)


大分県宇佐市で「ナショナルエコノミー メセナ」!

さて今回は、
ナショナルエコノミー」の2作目!!
メセナ」を私星屑と妻しーぷでプレイしていきます!

前作からどんな変化をとげたのか、
体当たりで試して参りましょう…!



★ゲームの準備

ゲームの準備は、ほぼ前作と同じですので、
サクサクと進めていきます。


☆テーブル中央の準備

まずは全プレイヤー共通の場の準備から。

NEメセナ-p-1-1-01
建物カードの山札をシャッフルして、
消費財カードはオモテ向きで山にして、
【サプライ】お金労働者を並べて、
▲箱のフタを家計を入れる場所にしましょう。

今回からの変更点として、
【サプライ】に追加で緑色の「勝利点トークン」が入ります。

NEメセナ-p-1-1-02
▲続いて、プレイヤーとプレイヤーの間に、
9枚ラウンドカードをウラ向きで重ねて、
4枚初期公共職場カードを配置しましょう。

ちなみに初期公共職場カードは、
3人プレイ時では「大工」が1枚増えて、
4人プレイ時では「大工」が2枚増えます。


☆各プレイヤーの準備

NEメセナ-p-1-1-03
▲各プレイヤーは労働者カード2枚をオモテ向きで受け取り、
スタートプレイヤーを決めます。


しーぷ「スタプレの決め方って、何だったっけ??」

星屑「(あれ、ぜんぜん覚えてないや…)」
星屑「確か"最近いちばん経済を回した人"じゃなかった?」

しーぷ「だったら私、最近、」
しーぷ「セラムンのオルゴールを買ったよ」

星屑「俺はワールド・モニュメントを買ったなぁ」

星屑「オルゴールはいくらだった?」

しーぷ8千円ぐらい」

星屑「こっちは4千円だったから、」
星屑しーぷの方が経済を回してるね」

しーぷ…本当にこんな決め方だったっけ??

星屑「経済を回すゲームなんだから問題ないっしょ( ̄▽ ̄ )」


※ルールブックには"公平な方法で"とだけ書いてありました!

スタートプレイヤーが決まったら、初期資金をもらいます。

NEメセナ-p-1-1-04
スタートプレイヤーしーぷ$5を、
▲2番手の星屑$6を受け取りました。

ちなみに3番手は$7で4番手は$8です。
(3~4人プレイ時)

NEメセナ-p-1-1-05
▲最後に、建物カードの山札から、

NEメセナ-p-1-1-06
▲各プレイヤーはカードを3枚引いて準備完了となります!

NEメセナ-p-1-1-07
▲なお、星屑の初期手札はこの3枚です。

それにしても初手から、
建物を作ることができる「宮大工」を引けたのはラッキーですね♪

さらに、拡大再生産の要となる「食品工場」まであります!!

これは星屑、幸先の良いスタートを切ることができました…!



★ゲームの目的

プレイヤーは事業家として、
人々を雇い、職場を作り、製品を売って会社を運営します。

具体的には、
自らが雇った労働者たちを、さまざまな職場に配置し、
消費財を産み出したり、新たな職場を建てたりして、
ぐるぐると経済を回していくわけです。

労働者たちには賃金を支払う必要がありますが、
その賃金は、いったん家計に入った後、
お店や施設を通して、ふたたび事業家の元に戻ってきます。

こうしたお金の流れを見極めながら、
適切な職場に、適切なタイミングで労働者を配置して、
いちばんお金を稼ぐことができたプレイヤーが勝者です!

NEメセナ-p-1-1-08
▲それでは、ゲームを始めて参りましょう!!



★第1ラウンド

スタートプレイヤーしーぷですので、
しーぷから順番に、労働者を1人ずつ配置していきます。

NEメセナ-p-1-1-09
しーぷの1手目は「採石場」。

建物カードの山札から1枚引いて、
スタートプレイヤーカードを受け取ります。

しーぷはすでにスタートプレイヤーカードを持っていますが…、


しーぷ「これで第2ラウンドも私が先手ね」

星屑「このゲーム、先手を取られるのツラいっちゃんねぇ…( ̄▽ ̄;)」

NEメセナ-p-1-1-10
星屑の1手目は「大工」。

手札の建物カード1枚を、
コストを支払って自分専用の建物置き場に作ります。

NEメセナ-p-1-1-11
星屑は手札の中から「宮大工」を作ることにしました!

そのコストは、
カードの左肩に書いてある通り「」ですので、
手札からカードを1枚選んで捨てます。

NEメセナ-p-1-1-12
星屑は手札から「旧市街」を捨てました。

旧市街」は、いろいろな属性を持つ便利な建物ですが、
いま星屑に必要なのは「食品工場」の方という判断です。


NEメセナ-p-1-1-13
しーぷの2手目は「鉱山」。

しーぷは、建物カードの山札から1枚引きます。

このゲームのルールでは、
それが自分の労働者でも相手の労働者でも、
すでに労働者が配置されている建物には、
そのラウンド中は新たに労働者を配置できません


ただし、「鉱山」だけは例外で、
何人でも労働者を配置することができるんです。
(そのぶん、効果は「採石場」の下位互換ではありますが…)


NEメセナ-p-1-1-14
星屑の2手目は「学校」。

星屑が雇っている労働者は現在2人ですが、
これを1人増やして、合計3人にします!

NEメセナ-p-1-1-15
【サプライ】から労働者を受け取り、

NEメセナ-p-1-1-16
▲自分の手元に"研修中"の面を上にして置きます。

雇ったばかりの労働者は、
このラウンド中は建物に配置することができませんが、
賃金の支払いはしっかりと発生します



しーぷ「研修中は賃金が少し安くなる…とかはなかったよね?」

星屑「ないんよ!」
星屑「このゲームはシビアやけん…!( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-1-17
▲以上で、しーぷ星屑も全ての労働者を配置し終えましたので…、

NEメセナ-p-1-1-18
▲お互いに自分の労働者を、自らの元へ戻しました。

NEメセナ-p-1-1-19
▲戻ってきた労働者には、
▲ラウンドごとに定められた賃金を支払います。


星屑第1ラウンドは1人につき$2ね」

しーぷ「はーい!」


NEメセナ-p-1-1-20
▲前述の通り、"研修中"の労働者にも満額が必要ですので、
星屑は3人に$2ずつで、合計$6を…、


NEメセナ-p-1-1-21
▲「家計」へ支払いました!
しーぷ$2×2人で$4を支払っています。

NEメセナ-p-1-1-22
▲このとき、間違えて、
【サプライ】に支払わないように気を付けましょう

【サプライ】のお金が動くタイミングは、

・ゲームの準備で初期資金を配るとき
・自分専用の建物を売却したとき
・両替するとき


…のみです。


賃金の支払いは必ず家計へ!

ここ、よくテストに出題されてますよ…!( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-p-1-1-23
▲最後に、ラウンドカードを1枚めくって、
▲新たな公共職場として共通の場に並べます。

登場したのは「露店」で、
手札から1枚捨てて家計から$6を得るという建物です。

たったの1アクションで現金が手に入る有用な建物ですが、
その金額が家計になければ利用できない点に注意しましょう!



建物を作れる「宮大工」を早い段階で確保し、
さらに労働者も1人増やして、
スタートダッシュを決めようとしている星屑ですが、

はたして、序盤の苦しい資金繰りを乗り越え、
無事に事業を軌道に乗せていくことはできるのでしょうか…?


次回に続きます!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


大分県宇佐市で「ナショナルエコノミー メセナ」!

さて今回は、
ナショナルエコノミー」の2作目!!
メセナ」を私星屑と妻しーぷでプレイしていきます!

前作からどんな変化をとげたのか、
体当たりで試して参りましょう…!



★ゲームの準備

ゲームの準備は、ほぼ前作と同じですので、
サクサクと進めていきます。


☆テーブル中央の準備

まずは全プレイヤー共通の場の準備から。

NEメセナ-p-1-1-01
建物カードの山札をシャッフルして、
消費財カードはオモテ向きで山にして、
【サプライ】お金労働者を並べて、
▲箱のフタを家計を入れる場所にしましょう。

今回からの変更点として、
【サプライ】に追加で緑色の「勝利点トークン」が入ります。

NEメセナ-p-1-1-02
▲続いて、プレイヤーとプレイヤーの間に、
9枚ラウンドカードをウラ向きで重ねて、
4枚初期公共職場カードを配置しましょう。

ちなみに初期公共職場カードは、
3人プレイ時では「大工」が1枚増えて、
4人プレイ時では「大工」が2枚増えます。


☆各プレイヤーの準備

NEメセナ-p-1-1-03
▲各プレイヤーは労働者カード2枚をオモテ向きで受け取り、
スタートプレイヤーを決めます。


しーぷ「スタプレの決め方って、何だったっけ??」

星屑「(あれ、ぜんぜん覚えてないや…)」
星屑「確か"最近いちばん経済を回した人"じゃなかった?」

しーぷ「だったら私、最近、」
しーぷ「セラムンのオルゴールを買ったよ」

星屑「俺はワールド・モニュメントを買ったなぁ」

星屑「オルゴールはいくらだった?」

しーぷ8千円ぐらい」

星屑「こっちは4千円だったから、」
星屑しーぷの方が経済を回してるね」

しーぷ…本当にこんな決め方だったっけ??

星屑「経済を回すゲームなんだから問題ないっしょ( ̄▽ ̄ )」


※ルールブックには"公平な方法で"とだけ書いてありました!

スタートプレイヤーが決まったら、初期資金をもらいます。

NEメセナ-p-1-1-04
スタートプレイヤーしーぷ$5を、
▲2番手の星屑$6を受け取りました。

ちなみに3番手は$7で4番手は$8です。
(3~4人プレイ時)

NEメセナ-p-1-1-05
▲最後に、建物カードの山札から、

NEメセナ-p-1-1-06
▲各プレイヤーはカードを3枚引いて準備完了となります!

NEメセナ-p-1-1-07
▲なお、星屑の初期手札はこの3枚です。

それにしても初手から、
建物を作ることができる「宮大工」を引けたのはラッキーですね♪

さらに、拡大再生産の要となる「食品工場」まであります!!

これは星屑、幸先の良いスタートを切ることができました…!



★ゲームの目的

プレイヤーは事業家として、
人々を雇い、職場を作り、製品を売って会社を運営します。

具体的には、
自らが雇った労働者たちを、さまざまな職場に配置し、
消費財を産み出したり、新たな職場を建てたりして、
ぐるぐると経済を回していくわけです。

労働者たちには賃金を支払う必要がありますが、
その賃金は、いったん家計に入った後、
お店や施設を通して、ふたたび事業家の元に戻ってきます。

こうしたお金の流れを見極めながら、
適切な職場に、適切なタイミングで労働者を配置して、
いちばんお金を稼ぐことができたプレイヤーが勝者です!

NEメセナ-p-1-1-08
▲それでは、ゲームを始めて参りましょう!!



★第1ラウンド

スタートプレイヤーしーぷですので、
しーぷから順番に、労働者を1人ずつ配置していきます。

NEメセナ-p-1-1-09
しーぷの1手目は「採石場」。

建物カードの山札から1枚引いて、
スタートプレイヤーカードを受け取ります。

しーぷはすでにスタートプレイヤーカードを持っていますが…、


しーぷ「これで第2ラウンドも私が先手ね」

星屑「このゲーム、先手を取られるのツラいっちゃんねぇ…( ̄▽ ̄;)」

NEメセナ-p-1-1-10
星屑の1手目は「大工」。

手札の建物カード1枚を、
コストを支払って自分専用の建物置き場に作ります。

NEメセナ-p-1-1-11
星屑は手札の中から「宮大工」を作ることにしました!

そのコストは、
カードの左肩に書いてある通り「」ですので、
手札からカードを1枚選んで捨てます。

NEメセナ-p-1-1-12
星屑は手札から「旧市街」を捨てました。

旧市街」は、いろいろな属性を持つ便利な建物ですが、
いま星屑に必要なのは「食品工場」の方という判断です。


NEメセナ-p-1-1-13
しーぷの2手目は「鉱山」。

しーぷは、建物カードの山札から1枚引きます。

このゲームのルールでは、
それが自分の労働者でも相手の労働者でも、
すでに労働者が配置されている建物には、
そのラウンド中は新たに労働者を配置できません


ただし、「鉱山」だけは例外で、
何人でも労働者を配置することができるんです。
(そのぶん、効果は「採石場」の下位互換ではありますが…)


NEメセナ-p-1-1-14
星屑の2手目は「学校」。

星屑が雇っている労働者は現在2人ですが、
これを1人増やして、合計3人にします!

NEメセナ-p-1-1-15
【サプライ】から労働者を受け取り、

NEメセナ-p-1-1-16
▲自分の手元に"研修中"の面を上にして置きます。

雇ったばかりの労働者は、
このラウンド中は建物に配置することができませんが、
賃金の支払いはしっかりと発生します



しーぷ「研修中は賃金が少し安くなる…とかはなかったよね?」

星屑「ないんよ!」
星屑「このゲームはシビアやけん…!( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-1-17
▲以上で、しーぷ星屑も全ての労働者を配置し終えましたので…、

NEメセナ-p-1-1-18
▲お互いに自分の労働者を、自らの元へ戻しました。

NEメセナ-p-1-1-19
▲戻ってきた労働者には、
▲ラウンドごとに定められた賃金を支払います。


星屑第1ラウンドは1人につき$2ね」

しーぷ「はーい!」


NEメセナ-p-1-1-20
▲前述の通り、"研修中"の労働者にも満額が必要ですので、
星屑は3人に$2ずつで、合計$6を…、


NEメセナ-p-1-1-21
▲「家計」へ支払いました!
しーぷ$2×2人で$4を支払っています。

NEメセナ-p-1-1-22
▲このとき、間違えて、
【サプライ】に支払わないように気を付けましょう

【サプライ】のお金が動くタイミングは、

・ゲームの準備で初期資金を配るとき
・自分専用の建物を売却したとき
・両替するとき


…のみです。


賃金の支払いは必ず家計へ!

ここ、よくテストに出題されてますよ…!( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-p-1-1-23
▲最後に、ラウンドカードを1枚めくって、
▲新たな公共職場として共通の場に並べます。

登場したのは「露店」で、
手札から1枚捨てて家計から$6を得るという建物です。

たったの1アクションで現金が手に入る有用な建物ですが、
その金額が家計になければ利用できない点に注意しましょう!



建物を作れる「宮大工」を早い段階で確保し、
さらに労働者も1人増やして、
スタートダッシュを決めようとしている星屑ですが、

はたして、序盤の苦しい資金繰りを乗り越え、
無事に事業を軌道に乗せていくことはできるのでしょうか…?


次回に続きます!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧



【2017/07/05 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可