RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(4/5)

NEメセナ-p-1-ec-4

初回:プレイ記その1(1/5)

前回:プレイ記その1(3/5)
今回:プレイ記その1(4/5)←いまココ
次回:プレイ記その1(5/5)


星屑にとっての「ナショナルエコノミー」は、

序盤:労働者を増やしつつ資金難を乗り越える!
中盤:ハンド(手札)を稼ぐ方法を確立する!!
終盤:ひたすら建物を作りまくる!!!


…といったイメージになっています。
(※あくまで星屑個人のイメージです←予防線)

今回のゲームはスイスイと展開することができて、
第5ラウンド終了時点で、すでに終盤をにらめているような感じに…!

いつもの得点の稼ぎ時は、おおよそ第8~最終9ラウンド目なんですが、
この調子ならば、もう前のめりなプレイングを始めても大丈夫でしょう!



★第6ラウンド

家計の残高:$40

NEメセナ-p-1-4-01
▲前ラウンドから増えた建物は「大学」で、
労働者を5人に増やす効果を持っています。

NEメセナ-p-1-4-02
▲すでに4人の労働者を抱えている星屑しーぷも、
▲どのタイミングで5人目に手を出すか、
▲よく考えなければなりません。


なお、第6ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑しーぷ星屑…となります。

NEメセナ-p-1-4-03
しーぷの1手目は「芋畑」。


星屑「ああ、取られたか…!」

しーぷ「もう芋畑星屑だけのものじゃないからね」

星屑「俺が飼育栽培委員として手塩にかけて育ててた広めの畑に、」
星屑「なぜか学活の一環で、クラス全員で水やりする運びになって、」
星屑「みんなが我が物顔でトマトとかキュウリとか触ってるのを見て、」
星屑「なんか複雑な気分になった小学校時代を思い出した」

しーぷ「…そんな解るような解らないようなエピソードを披露されても、」
しーぷ「この芋畑譲らないんだから!

星屑「じゃあ、せめて大事に食べてくれ…( ̄▽ ̄*)」

しーぷ「これ農業ゲームじゃなくて経済ゲームなんだけど…!」


NEメセナ-p-1-4-04
星屑の1手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-05
▲手札の消費財3枚とも捨てて、
建物カードの山札から6枚引きます!


星屑「よし、計画通り!

星屑星屑超魔術【スターダスト・マギア】!!


NEメセナ-p-1-4-06
建物カード6連ガチャの結果はこちら!

もしもしーぷに「芋畑」が取られていなかったら、
次の手番でコストの「遊園地」を作って、
残りの5枚は「遊園地」のコストとして捨てて、
手札をゼロにしてから「芋畑」…の流れでしたが、
それは諦めるほかありません。

芋畑」を売却していなければ、こうはなりませんでしたが、
売却しないと賃金を支払えなかったですからね…( ̄▽ ̄;)

それよりも、ここから考えるべきは、
消費財を獲得するための第二の手段でしょう…!

星屑の手札:6枚


NEメセナ-p-1-4-07
しーぷの2手目は「スーパーマーケット」。

家計の残高:$22


星屑「どうせ同じ1枚を増やすなら、」
星屑「なんで採石場建物カードの方を取らないのか…と思ったら、」
星屑「ハナから捨てるためのカードだったからなのか…!」

しーぷ「それよりも、星屑への妨害っていう意味合いのが強いかな」
しーぷ「なんだか芋畑を取らせたらヤバそうだったし…」

星屑「おっしゃる通り、おかげで良い流れが一つ潰えたよ…( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-4-08
星屑の2手目は「宮大工」。

良い流れこそなくなりましたが、
遊園地」を作る流れに変更はありません。

NEメセナ-p-1-4-09
星屑は手札を5枚捨てて、

NEメセナ-p-1-4-10
▲コストの「遊園地」を作りました!


星屑「そういえば、」
星屑「別府市の"温泉ジェットコースター"って、もうできたのかな?」

しーぷ「なんか、試運転をするとかしたとかって聞いたよ」

星屑「別府市って、しっかり"おんせん県"やってるよね」

しーぷ宇佐市にも、もうちょい"おんせん県"要素が欲しいよねぇ…」


NEメセナ-p-1-4-46
▲4枚目の勝利点トークンを獲得した星屑は、
勝利点トークンの合計得点が11点になります。

星屑の手札:0枚


NEメセナ-p-1-4-11
しーぷの3手目は「採石場」。


しーぷ「よしスタプレをゲット!」

星屑「やばい、スタプレを取る余裕がまったくない…!」


NEメセナ-p-1-4-12
星屑の3手目は「鉱山」。

星屑の手札:0枚

相対的に非効率な「鉱山」は、あまり使いたくないですが、
残念ながら他に使いたい建物がありませんでした

それでも、内容の良い建物カードが引けさえすれば、
絶対的に結果オーライとなるんですが…、

NEメセナ-p-1-4-13
▲引いたカードは「墓地」…!( ̄▽ ̄;)

実は第4ラウンドにも引いていて、
このゲームでは2ラウンドぶり2度目の登場となります。

ゲーム終了時に手札が0枚なら+8点というのは、
達成することができれば、わりと美味しいんですけどね…。

いま星屑が欲しいのは、
高コストで高価値な建物か、
消費財を引く効果を持つ建物なので、
この「墓地」も他の建物の礎となってもらいましょう。

星屑の手札:1枚


NEメセナ-p-1-4-14
しーぷの4手目は「食堂」。

家計の残高:$14


しーぷ「これで、このラウンドもお給料を払える…!」

星屑「切実な話やねぇ…( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-4-15
星屑の4手目は「大学」。

ワンテンポくらい早い気もしましたが、
いざとなれば、建物を売却して賃金を捻出すればいい星屑は、
このタイミングで労働者を増やしておくことにしました。
NEメセナ-p-1-4-16
▲これで星屑が雇った労働者は5人となり…、

NEメセナ-p-1-4-17
星屑の労働者数はMAXです!


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-4-18
▲このラウンドから、賃金は1人につき$4に上昇…!

NEメセナ-p-1-4-19
星屑には$4×5人で$20の支払いがのしかかります!!

NEメセナ-p-1-4-20
星屑は「食品工場」を売却して、

NEメセナ-p-1-4-21
【サプライ】から$12を調達し、

NEメセナ-p-1-4-22
▲前のラウンドからの繰越金と合わせて、
▲きっちり$20家計に支払いました。



★第7ラウンド

家計の残高:$50

NEメセナ-p-1-4-23
▲前ラウンドから増えた建物は「百貨店」で、
手札4枚を捨てて家計から$24を得る効果を持っています。

なお、第7ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑……しーぷ星屑星屑です。

NEメセナ-p-1-4-24
しーぷの1手目は「採石場」。


星屑「(あれっ、芋畑を取りにこない…?)」


しーぷは1手目に「芋畑」で手札を補充して、
2手目で「造船所」を使う…だろうと予想していた星屑
ちょっと肩透かしをくった気分です…( ̄▽ ̄ )


NEメセナ-p-1-4-25
星屑の1手目は「芋畑」。

星屑の手札:1枚

NEメセナ-p-1-4-26
▲それでは遠慮なく…と、
星屑消費財2枚引いて、手札を3枚させてもらいます。

星屑の手札:3枚


しーぷ「あ、これって私が芋畑を使ってたら、」
しーぷ「そのまま造船所までいけてた流れじゃん」

星屑「いま気付いたんかい!!」
星屑「てっきり、なにか企んでるのかと思ったよ…!」

しーぷ「そんなそんな、企むだなんて、」
しーぷ星屑じゃあるまいし…」

星屑「というか、しーぷはもっと企むくらいでちょうどいいよ…!」


NEメセナ-p-1-4-27
しーぷの2手目は「鉱山」。


しーぷ「もしも芋畑から造船所のルートを通ってたら、」
しーぷ「このタイミングで6枚も引けてたのかぁ…」

星屑「このゲームの1アクションの重みがよく分かるよね」


NEメセナ-p-1-4-28
星屑の2手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-29
星屑は手札を3枚捨てて、

NEメセナ-p-1-4-30
建物カード6枚引きました!


星屑「ちなみに、もししーぷ造船所を使ってたら、」
星屑「技名は何になってたの??」

しーぷ無限羊地獄【エンドレス・シープ】かなァ」

星屑「い、いうほどエンドレスではないよね…( ̄▽ ̄;)」

しーぷ「いや、造船所にはそれくらいのインパクトがあるよ…!」


NEメセナ-p-1-4-31
しーぷの3手目は「食品工場」。


しーぷ造船所はダメだったけど、」
しーぷ「こっちをいただいておきます」

星屑食品工場も中盤は超強力だったけど、」
星屑造船所の前では少し地味に見えるね…」

しーぷ「これが経済の発展ってやつなのかな?」

星屑「ああ、確かに!」

星屑いまこのゲームの醍醐味を味わった気がしたよ…!


NEメセナ-p-1-4-32
星屑の3手目は「宮大工」。

星屑の手札:6枚

少し前から考えていた通り、
ここでは、さらなる消費財の獲得手段を確保しておきます。

NEメセナ-p-1-4-33
星屑の手札には、消費財絡みの建物2種類ありますが、
▲さて、どちらを作ったものでしょうか…?

消費財2枚+勝利点トークン1枚の「菜園」か、
手札に消費財が1枚以上あれば、消費財を3枚引ける「養殖場」か。

手札に最低1枚の消費財を残し続ける限り、
3枚もの消費財を安定供給できる「養殖場」は便利そうですが…、

NEメセナ-p-1-4-34
▲それよりも星屑勝利点トークンの魅力にひかれて、
▲「菜園」の方を作りました!

NEメセナ-p-1-4-36
▲コストの2枚は「投資銀行」と、もう1枚の「菜園」で支払い、

NEメセナ-p-1-4-47
▲さらに「宮大工」の効果で、
▲5枚目の勝利点トークンを受け取ります!

宮大工」と「菜園」の二枚看板で、なんとかゲーム終了までに、
あと4枚は勝利点トークンを集めたいところです…!


NEメセナ-p-1-4-37
しーぷの4手目は「百貨店」。


星屑「そうか、今回も建物を作るためのドローじゃなくて、」
星屑捨てて現金を得るためのドローだったのか!」

しーぷ「少ない手札を食品工場で増やして、」
しーぷ「大金が転がり込む公共職場でドカーンってわけよ…!」


NEメセナ-p-1-4-38
星屑の4手目は、作りたてホヤホヤの「菜園」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-39
消費財2枚引いて、これで星屑の手札は5枚になり、

NEメセナ-p-1-4-48
勝利点カードの方は2セット目のスリーペアが完成しました!!

そして、次がこのラウンドのラストになります。

NEメセナ-p-1-4-40
▲ちらっと家計の残額をチェックしてから…、


NEメセナ-p-1-4-41
星屑は5手目に「遊園地」を使いました!

NEメセナ-p-1-4-42
▲手札を2枚捨てるだけで、

NEメセナ-p-1-4-43
家計から$25が入ってきます…!


しーぷ「え、私は4枚$24だったのに、」
しーぷ2枚$25とかズルくない…!?」

星屑「遊園地だからズルくない!」
星屑ラクテンチ(※別府市の遊園地)は偉大なんだ!!」

しーぷ「どんな理屈よ…!」
しーぷ「ってか、星屑ラクテンチに行ったことすらないでしょ!」

星屑「じゃあベニーランド!」

しーぷ「はいはい、それは次の東北旅行のときに行こうね…!」


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-4-44
▲このラウンドまで、賃金は1人につき$4です。

NEメセナ-p-1-4-45
しーぷ$16を、星屑$20を、
▲それぞれ家計に支払いました。

遊園地」のおかげで現金が手に入った星屑
めずらしく建物を売却しなくて済んでいます♪( ̄▽ ̄*)



お金がグルグルと回りだすと、
やりたいと思ったことが実現できて、楽しくなってきますね。

残る第8ラウンド第9ラウンドで、
いよいよ星屑建設ラッシュを仕掛けていきます…!

星屑たちの事業の結末やいかに!!


次回、最終回です!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(5/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


星屑にとっての「ナショナルエコノミー」は、

序盤:労働者を増やしつつ資金難を乗り越える!
中盤:ハンド(手札)を稼ぐ方法を確立する!!
終盤:ひたすら建物を作りまくる!!!


…といったイメージになっています。
(※あくまで星屑個人のイメージです←予防線)

今回のゲームはスイスイと展開することができて、
第5ラウンド終了時点で、すでに終盤をにらめているような感じに…!

いつもの得点の稼ぎ時は、おおよそ第8~最終9ラウンド目なんですが、
この調子ならば、もう前のめりなプレイングを始めても大丈夫でしょう!



★第6ラウンド

家計の残高:$40

NEメセナ-p-1-4-01
▲前ラウンドから増えた建物は「大学」で、
労働者を5人に増やす効果を持っています。

NEメセナ-p-1-4-02
▲すでに4人の労働者を抱えている星屑しーぷも、
▲どのタイミングで5人目に手を出すか、
▲よく考えなければなりません。


なお、第6ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑しーぷ星屑…となります。

NEメセナ-p-1-4-03
しーぷの1手目は「芋畑」。


星屑「ああ、取られたか…!」

しーぷ「もう芋畑星屑だけのものじゃないからね」

星屑「俺が飼育栽培委員として手塩にかけて育ててた広めの畑に、」
星屑「なぜか学活の一環で、クラス全員で水やりする運びになって、」
星屑「みんなが我が物顔でトマトとかキュウリとか触ってるのを見て、」
星屑「なんか複雑な気分になった小学校時代を思い出した」

しーぷ「…そんな解るような解らないようなエピソードを披露されても、」
しーぷ「この芋畑譲らないんだから!

星屑「じゃあ、せめて大事に食べてくれ…( ̄▽ ̄*)」

しーぷ「これ農業ゲームじゃなくて経済ゲームなんだけど…!」


NEメセナ-p-1-4-04
星屑の1手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-05
▲手札の消費財3枚とも捨てて、
建物カードの山札から6枚引きます!


星屑「よし、計画通り!

星屑星屑超魔術【スターダスト・マギア】!!


NEメセナ-p-1-4-06
建物カード6連ガチャの結果はこちら!

もしもしーぷに「芋畑」が取られていなかったら、
次の手番でコストの「遊園地」を作って、
残りの5枚は「遊園地」のコストとして捨てて、
手札をゼロにしてから「芋畑」…の流れでしたが、
それは諦めるほかありません。

芋畑」を売却していなければ、こうはなりませんでしたが、
売却しないと賃金を支払えなかったですからね…( ̄▽ ̄;)

それよりも、ここから考えるべきは、
消費財を獲得するための第二の手段でしょう…!

星屑の手札:6枚


NEメセナ-p-1-4-07
しーぷの2手目は「スーパーマーケット」。

家計の残高:$22


星屑「どうせ同じ1枚を増やすなら、」
星屑「なんで採石場建物カードの方を取らないのか…と思ったら、」
星屑「ハナから捨てるためのカードだったからなのか…!」

しーぷ「それよりも、星屑への妨害っていう意味合いのが強いかな」
しーぷ「なんだか芋畑を取らせたらヤバそうだったし…」

星屑「おっしゃる通り、おかげで良い流れが一つ潰えたよ…( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-4-08
星屑の2手目は「宮大工」。

良い流れこそなくなりましたが、
遊園地」を作る流れに変更はありません。

NEメセナ-p-1-4-09
星屑は手札を5枚捨てて、

NEメセナ-p-1-4-10
▲コストの「遊園地」を作りました!


星屑「そういえば、」
星屑「別府市の"温泉ジェットコースター"って、もうできたのかな?」

しーぷ「なんか、試運転をするとかしたとかって聞いたよ」

星屑「別府市って、しっかり"おんせん県"やってるよね」

しーぷ宇佐市にも、もうちょい"おんせん県"要素が欲しいよねぇ…」


NEメセナ-p-1-4-46
▲4枚目の勝利点トークンを獲得した星屑は、
勝利点トークンの合計得点が11点になります。

星屑の手札:0枚


NEメセナ-p-1-4-11
しーぷの3手目は「採石場」。


しーぷ「よしスタプレをゲット!」

星屑「やばい、スタプレを取る余裕がまったくない…!」


NEメセナ-p-1-4-12
星屑の3手目は「鉱山」。

星屑の手札:0枚

相対的に非効率な「鉱山」は、あまり使いたくないですが、
残念ながら他に使いたい建物がありませんでした

それでも、内容の良い建物カードが引けさえすれば、
絶対的に結果オーライとなるんですが…、

NEメセナ-p-1-4-13
▲引いたカードは「墓地」…!( ̄▽ ̄;)

実は第4ラウンドにも引いていて、
このゲームでは2ラウンドぶり2度目の登場となります。

ゲーム終了時に手札が0枚なら+8点というのは、
達成することができれば、わりと美味しいんですけどね…。

いま星屑が欲しいのは、
高コストで高価値な建物か、
消費財を引く効果を持つ建物なので、
この「墓地」も他の建物の礎となってもらいましょう。

星屑の手札:1枚


NEメセナ-p-1-4-14
しーぷの4手目は「食堂」。

家計の残高:$14


しーぷ「これで、このラウンドもお給料を払える…!」

星屑「切実な話やねぇ…( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-4-15
星屑の4手目は「大学」。

ワンテンポくらい早い気もしましたが、
いざとなれば、建物を売却して賃金を捻出すればいい星屑は、
このタイミングで労働者を増やしておくことにしました。
NEメセナ-p-1-4-16
▲これで星屑が雇った労働者は5人となり…、

NEメセナ-p-1-4-17
星屑の労働者数はMAXです!


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-4-18
▲このラウンドから、賃金は1人につき$4に上昇…!

NEメセナ-p-1-4-19
星屑には$4×5人で$20の支払いがのしかかります!!

NEメセナ-p-1-4-20
星屑は「食品工場」を売却して、

NEメセナ-p-1-4-21
【サプライ】から$12を調達し、

NEメセナ-p-1-4-22
▲前のラウンドからの繰越金と合わせて、
▲きっちり$20家計に支払いました。



★第7ラウンド

家計の残高:$50

NEメセナ-p-1-4-23
▲前ラウンドから増えた建物は「百貨店」で、
手札4枚を捨てて家計から$24を得る効果を持っています。

なお、第7ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑……しーぷ星屑星屑です。

NEメセナ-p-1-4-24
しーぷの1手目は「採石場」。


星屑「(あれっ、芋畑を取りにこない…?)」


しーぷは1手目に「芋畑」で手札を補充して、
2手目で「造船所」を使う…だろうと予想していた星屑
ちょっと肩透かしをくった気分です…( ̄▽ ̄ )


NEメセナ-p-1-4-25
星屑の1手目は「芋畑」。

星屑の手札:1枚

NEメセナ-p-1-4-26
▲それでは遠慮なく…と、
星屑消費財2枚引いて、手札を3枚させてもらいます。

星屑の手札:3枚


しーぷ「あ、これって私が芋畑を使ってたら、」
しーぷ「そのまま造船所までいけてた流れじゃん」

星屑「いま気付いたんかい!!」
星屑「てっきり、なにか企んでるのかと思ったよ…!」

しーぷ「そんなそんな、企むだなんて、」
しーぷ星屑じゃあるまいし…」

星屑「というか、しーぷはもっと企むくらいでちょうどいいよ…!」


NEメセナ-p-1-4-27
しーぷの2手目は「鉱山」。


しーぷ「もしも芋畑から造船所のルートを通ってたら、」
しーぷ「このタイミングで6枚も引けてたのかぁ…」

星屑「このゲームの1アクションの重みがよく分かるよね」


NEメセナ-p-1-4-28
星屑の2手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-29
星屑は手札を3枚捨てて、

NEメセナ-p-1-4-30
建物カード6枚引きました!


星屑「ちなみに、もししーぷ造船所を使ってたら、」
星屑「技名は何になってたの??」

しーぷ無限羊地獄【エンドレス・シープ】かなァ」

星屑「い、いうほどエンドレスではないよね…( ̄▽ ̄;)」

しーぷ「いや、造船所にはそれくらいのインパクトがあるよ…!」


NEメセナ-p-1-4-31
しーぷの3手目は「食品工場」。


しーぷ造船所はダメだったけど、」
しーぷ「こっちをいただいておきます」

星屑食品工場も中盤は超強力だったけど、」
星屑造船所の前では少し地味に見えるね…」

しーぷ「これが経済の発展ってやつなのかな?」

星屑「ああ、確かに!」

星屑いまこのゲームの醍醐味を味わった気がしたよ…!


NEメセナ-p-1-4-32
星屑の3手目は「宮大工」。

星屑の手札:6枚

少し前から考えていた通り、
ここでは、さらなる消費財の獲得手段を確保しておきます。

NEメセナ-p-1-4-33
星屑の手札には、消費財絡みの建物2種類ありますが、
▲さて、どちらを作ったものでしょうか…?

消費財2枚+勝利点トークン1枚の「菜園」か、
手札に消費財が1枚以上あれば、消費財を3枚引ける「養殖場」か。

手札に最低1枚の消費財を残し続ける限り、
3枚もの消費財を安定供給できる「養殖場」は便利そうですが…、

NEメセナ-p-1-4-34
▲それよりも星屑勝利点トークンの魅力にひかれて、
▲「菜園」の方を作りました!

NEメセナ-p-1-4-36
▲コストの2枚は「投資銀行」と、もう1枚の「菜園」で支払い、

NEメセナ-p-1-4-47
▲さらに「宮大工」の効果で、
▲5枚目の勝利点トークンを受け取ります!

宮大工」と「菜園」の二枚看板で、なんとかゲーム終了までに、
あと4枚は勝利点トークンを集めたいところです…!


NEメセナ-p-1-4-37
しーぷの4手目は「百貨店」。


星屑「そうか、今回も建物を作るためのドローじゃなくて、」
星屑捨てて現金を得るためのドローだったのか!」

しーぷ「少ない手札を食品工場で増やして、」
しーぷ「大金が転がり込む公共職場でドカーンってわけよ…!」


NEメセナ-p-1-4-38
星屑の4手目は、作りたてホヤホヤの「菜園」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-39
消費財2枚引いて、これで星屑の手札は5枚になり、

NEメセナ-p-1-4-48
勝利点カードの方は2セット目のスリーペアが完成しました!!

そして、次がこのラウンドのラストになります。

NEメセナ-p-1-4-40
▲ちらっと家計の残額をチェックしてから…、


NEメセナ-p-1-4-41
星屑は5手目に「遊園地」を使いました!

NEメセナ-p-1-4-42
▲手札を2枚捨てるだけで、

NEメセナ-p-1-4-43
家計から$25が入ってきます…!


しーぷ「え、私は4枚$24だったのに、」
しーぷ2枚$25とかズルくない…!?」

星屑「遊園地だからズルくない!」
星屑ラクテンチ(※別府市の遊園地)は偉大なんだ!!」

しーぷ「どんな理屈よ…!」
しーぷ「ってか、星屑ラクテンチに行ったことすらないでしょ!」

星屑「じゃあベニーランド!」

しーぷ「はいはい、それは次の東北旅行のときに行こうね…!」


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-4-44
▲このラウンドまで、賃金は1人につき$4です。

NEメセナ-p-1-4-45
しーぷ$16を、星屑$20を、
▲それぞれ家計に支払いました。

遊園地」のおかげで現金が手に入った星屑
めずらしく建物を売却しなくて済んでいます♪( ̄▽ ̄*)



お金がグルグルと回りだすと、
やりたいと思ったことが実現できて、楽しくなってきますね。

残る第8ラウンド第9ラウンドで、
いよいよ星屑建設ラッシュを仕掛けていきます…!

星屑たちの事業の結末やいかに!!


次回、最終回です!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(5/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




【2017/07/08 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可