RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「スピンデレラ」




★開封

スピデレ-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

スピデレ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比k…あ。( ̄▽ ̄;)オキ ワスレタ

3匹の悪そうなクモたちが、
木の上から道行くアリたちを狙っていますね…!

スピデレ-o-03
▲箱のウラ面

右上にアイコンがある通り、
このゲームは「ドイツ年間キッズゲーム大賞」作品です!
(同年のノミネート作品に「おしくらモンスター」)

スピデレ-o-34
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの20分
キッズゲーム大賞ということで対象年齢6歳~となっています。



★箱をオープン!

スピデレ-o-04
▲一発目はルルブ

スピデレ-o-05
▲その下にボードがあって、

スピデレ-o-06
▲さらにボードがあり、

スピデレ-o-07
▲底部にパーツ類などがあって、以上でした!



★組み立て!

スピンデレラ」は、
ゲームをプレイするにあたって組み立てを行う必要があります。

といっても、その手順はとても簡単なようですので、
サクッと進めて参りましょう!
スピデレ-o-08
▲まずは内箱から、内容物を全て取り除いて、

スピデレ-o-09
▲その上にレーストラックを乗せます。

スピデレ-o-10
▲次に、箱の四隅にを植えていきましょう。

スピデレ-o-11
▲箱の内外からはさみ込むカタチですので、木には安定感があります。

スピデレ-o-12
▲そして、木の上にクモの巣を乗せ、

スピデレ-o-13
スナップボタンで固定。

スピデレ-o-14
▲さらに、クモの巣の上に2匹のクモを這わせたら、

スピデレ-o-15
▲そのクモに向かって、ウラ側からマグネットを貼り付けましょう。

スピデレ-o-16
▲以上で、組み立ては完了となります!



★内容物

スピデレ-o-17
ルールブック(4ヵ国語・各5ページ)

ドイツ語フランス語イタリア語…そして英語が載っていました!

余談ですが、言語によってクモ2匹の名前が変化していて、
ドイツ語とフランス語の場合はロベルトクラウスで、
イタリア語の場合はロベルトカルロで、
英語の場合はパーカーペーターと名付けられています。

ってことは、日本語だったらタロー&ハナコなのかな…?( ̄▽ ̄*)ナンチャッテ

スピデレ-o-27
スピデレ-o-28
アリのレーストラック(9マス/14マス)

両面のゲームボードです。
ショートコースロングコースを使い分けることで、
プレイ時間を調整することができます。

スピデレ-o-29
クモの巣

セットの天井部分となるボードです。
赤い点は、レーストラックのマスの真上に位置しています。
(場所によっては直下にマスがない点も)


スピデレ-o-18
アイコンダイス(緑)×1

自分のターンに、
どのアクションをプレイするかを決定付けるダイスです。

アリ」が3面、「葉っぱ」が2面、「クモ」が1面あります。

スピデレ-o-19
▲アリのダイス(茶色)×1

アリ」のアクションで参照するダイスです。

出目は「」~「」が1面ずつで、
出目のマス数だけ自分のアリ1匹を進めます。

スピデレ-o-20
クモのダイス(黒)×1

クモ」のアクションで参照するダイスです。

出目は「」と「」が3面ずつで、
出目の数だけクモ1匹を動かします。

スピデレ-o-21
アリ×4色・各3匹

各プレイヤーが競走させるアリです。

ゲームは、
自分のアリを最初に3匹ともゴールさせたプレイヤーの勝利となります!

スピデレ-o-22
クモ(糸なし)×2匹

クモの巣の上を這わせるクモです。

この2匹の移動に連動して、下のクモも動きます…!

スピデレ-o-23
クモ(糸あり)×1匹

2つのマグネットが付いたクモです。

彼女(彼?)こそが、このゲームの主役で、
その名前を"スピンデレラ"と申します!
(この名前はどの言語でも共通)

スピデレ-o-24
切り株×1

葉っぱ」のアクションによって、
レーストラックのマスを"移動する"切り株です。

スピデレ-o-25
▲その内側は空洞になっていて…、

スピデレ-o-26
▲ゲーム中、アリを内側に閉じ込めてしまうことがあります…!

閉じ込められたアリは、切り株が他のマスへと移動するまで、
身動きが取れなくなりますが、クモから捕まえられることもありません。

また、切り株があるマスへの移動は、
ダイスの出目を1マスぶん余計に消費します。



★クモでアリをキャッチ!

このゲームは、
基本的には"アリさんのレースゲーム"です。

しかし、そこに、
"クモで相手のアリを捕まえられる!"という画期的な要素が加わって、
とてもエキサイティングなゲームに仕上がっています…!

せっかくですので、
さっそく、実際にクモでアリをキャッチしてみましょう!!

スピデレ-o-30
▲いま、クモアリの直上に迫っていて、
▲もう少しでキャッチできるという場面…!

この状況で、クモの巣(屋上)のクモを動かすと…、

スピデレ-o-31
▲するするとクモの糸が伸びていって、
クモアリをカチッとキャッチしました!!
(クモにもアリにもマグネットが仕込まれています)

スピデレ-o-32

捕まってしまったアリは、スタート地点に戻されてしまい、
見事にアリを捕まえたプレイヤーは、
ご褒美として自分のアリを進めることができます!

こんな気の抜けない環境の中で、
なんとか自分のアリを進めて、勝利を目指しましょう…!( ̄▽ ̄ )



★コメント

星屑、ゲームセンターではクレーンゲームが好きなんですが、
それに少し近いプレイ感だと聞いて、この「スピンデレラ」に
すごく興味を持っていました。

で、実際にプレイしてみると、
そんなに自由にクモ(=クレーン)を動かせるわけではないんですが、
獲物を掴んだ時の快感は、確かにクレーンゲームのそれに近いというか、
ガッツポーズしたくなるような気持ちにさせてくれますね♪( ̄▽ ̄*)


本格派のゲームというわけではなく、
細部の甘さとかあって、"すごくデキが良い"というわけではないですが、
重いタイトルを消化した後なんかに、リラックスしてプレイすると、
いい歳の大人たちが大笑いしながら楽しむことができます!

これまた余談ですが、
ちょうどセアカゴケグモやらヒアリやらが話題になっていた時期なので、

セアカゴケグモヒアリの頂上決戦か…!

という感じでも盛り上がったり。( ̄▽ ̄ )


そして、なんといっても「キッズ大賞」ということで、
子どもたちには文句ナシの大好評です!!

小学生も中学生も異口同音に「これ面白い♪」と言ってくれて、
星屑の知る限りでは、子どもにウケなかったことがありません…!

スピデレ-o-33

ただ、リプレイ性に難を感じますので、
入手してまでプレイして欲しいとは言いにくいですが、
機会があれば一度プレイしてみて欲しいゲームだと思いました♪( ̄▽ ̄*)



スピンデレラ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

スピデレ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比k…あ。( ̄▽ ̄;)オキ ワスレタ

3匹の悪そうなクモたちが、
木の上から道行くアリたちを狙っていますね…!

スピデレ-o-03
▲箱のウラ面

右上にアイコンがある通り、
このゲームは「ドイツ年間キッズゲーム大賞」作品です!
(同年のノミネート作品に「おしくらモンスター」)

スピデレ-o-34
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの20分
キッズゲーム大賞ということで対象年齢6歳~となっています。



★箱をオープン!

スピデレ-o-04
▲一発目はルルブ

スピデレ-o-05
▲その下にボードがあって、

スピデレ-o-06
▲さらにボードがあり、

スピデレ-o-07
▲底部にパーツ類などがあって、以上でした!



★組み立て!

スピンデレラ」は、
ゲームをプレイするにあたって組み立てを行う必要があります。

といっても、その手順はとても簡単なようですので、
サクッと進めて参りましょう!
スピデレ-o-08
▲まずは内箱から、内容物を全て取り除いて、

スピデレ-o-09
▲その上にレーストラックを乗せます。

スピデレ-o-10
▲次に、箱の四隅にを植えていきましょう。

スピデレ-o-11
▲箱の内外からはさみ込むカタチですので、木には安定感があります。

スピデレ-o-12
▲そして、木の上にクモの巣を乗せ、

スピデレ-o-13
スナップボタンで固定。

スピデレ-o-14
▲さらに、クモの巣の上に2匹のクモを這わせたら、

スピデレ-o-15
▲そのクモに向かって、ウラ側からマグネットを貼り付けましょう。

スピデレ-o-16
▲以上で、組み立ては完了となります!



★内容物

スピデレ-o-17
ルールブック(4ヵ国語・各5ページ)

ドイツ語フランス語イタリア語…そして英語が載っていました!

余談ですが、言語によってクモ2匹の名前が変化していて、
ドイツ語とフランス語の場合はロベルトクラウスで、
イタリア語の場合はロベルトカルロで、
英語の場合はパーカーペーターと名付けられています。

ってことは、日本語だったらタロー&ハナコなのかな…?( ̄▽ ̄*)ナンチャッテ

スピデレ-o-27
スピデレ-o-28
アリのレーストラック(9マス/14マス)

両面のゲームボードです。
ショートコースロングコースを使い分けることで、
プレイ時間を調整することができます。

スピデレ-o-29
クモの巣

セットの天井部分となるボードです。
赤い点は、レーストラックのマスの真上に位置しています。
(場所によっては直下にマスがない点も)


スピデレ-o-18
アイコンダイス(緑)×1

自分のターンに、
どのアクションをプレイするかを決定付けるダイスです。

アリ」が3面、「葉っぱ」が2面、「クモ」が1面あります。

スピデレ-o-19
▲アリのダイス(茶色)×1

アリ」のアクションで参照するダイスです。

出目は「」~「」が1面ずつで、
出目のマス数だけ自分のアリ1匹を進めます。

スピデレ-o-20
クモのダイス(黒)×1

クモ」のアクションで参照するダイスです。

出目は「」と「」が3面ずつで、
出目の数だけクモ1匹を動かします。

スピデレ-o-21
アリ×4色・各3匹

各プレイヤーが競走させるアリです。

ゲームは、
自分のアリを最初に3匹ともゴールさせたプレイヤーの勝利となります!

スピデレ-o-22
クモ(糸なし)×2匹

クモの巣の上を這わせるクモです。

この2匹の移動に連動して、下のクモも動きます…!

スピデレ-o-23
クモ(糸あり)×1匹

2つのマグネットが付いたクモです。

彼女(彼?)こそが、このゲームの主役で、
その名前を"スピンデレラ"と申します!
(この名前はどの言語でも共通)

スピデレ-o-24
切り株×1

葉っぱ」のアクションによって、
レーストラックのマスを"移動する"切り株です。

スピデレ-o-25
▲その内側は空洞になっていて…、

スピデレ-o-26
▲ゲーム中、アリを内側に閉じ込めてしまうことがあります…!

閉じ込められたアリは、切り株が他のマスへと移動するまで、
身動きが取れなくなりますが、クモから捕まえられることもありません。

また、切り株があるマスへの移動は、
ダイスの出目を1マスぶん余計に消費します。



★クモでアリをキャッチ!

このゲームは、
基本的には"アリさんのレースゲーム"です。

しかし、そこに、
"クモで相手のアリを捕まえられる!"という画期的な要素が加わって、
とてもエキサイティングなゲームに仕上がっています…!

せっかくですので、
さっそく、実際にクモでアリをキャッチしてみましょう!!

スピデレ-o-30
▲いま、クモアリの直上に迫っていて、
▲もう少しでキャッチできるという場面…!

この状況で、クモの巣(屋上)のクモを動かすと…、

スピデレ-o-31
▲するするとクモの糸が伸びていって、
クモアリをカチッとキャッチしました!!
(クモにもアリにもマグネットが仕込まれています)

スピデレ-o-32

捕まってしまったアリは、スタート地点に戻されてしまい、
見事にアリを捕まえたプレイヤーは、
ご褒美として自分のアリを進めることができます!

こんな気の抜けない環境の中で、
なんとか自分のアリを進めて、勝利を目指しましょう…!( ̄▽ ̄ )



★コメント

星屑、ゲームセンターではクレーンゲームが好きなんですが、
それに少し近いプレイ感だと聞いて、この「スピンデレラ」に
すごく興味を持っていました。

で、実際にプレイしてみると、
そんなに自由にクモ(=クレーン)を動かせるわけではないんですが、
獲物を掴んだ時の快感は、確かにクレーンゲームのそれに近いというか、
ガッツポーズしたくなるような気持ちにさせてくれますね♪( ̄▽ ̄*)


本格派のゲームというわけではなく、
細部の甘さとかあって、"すごくデキが良い"というわけではないですが、
重いタイトルを消化した後なんかに、リラックスしてプレイすると、
いい歳の大人たちが大笑いしながら楽しむことができます!

これまた余談ですが、
ちょうどセアカゴケグモやらヒアリやらが話題になっていた時期なので、

セアカゴケグモヒアリの頂上決戦か…!

という感じでも盛り上がったり。( ̄▽ ̄ )


そして、なんといっても「キッズ大賞」ということで、
子どもたちには文句ナシの大好評です!!

小学生も中学生も異口同音に「これ面白い♪」と言ってくれて、
星屑の知る限りでは、子どもにウケなかったことがありません…!

スピデレ-o-33

ただ、リプレイ性に難を感じますので、
入手してまでプレイして欲しいとは言いにくいですが、
機会があれば一度プレイしてみて欲しいゲームだと思いました♪( ̄▽ ̄*)



スピンデレラ 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/07/31 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スピンデレラ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可