RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ジャンクアート」




★開封

ジャント-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

ジャント-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ボードゲームでは珍しい"箱の中身を見せていくスタイル"ですね。

空に向かって積みあがっていくジャンクのイラストは、
ブループリント」のジャケットを思い出させてくれます!

ジャント-o-03
▲箱のウラ面

"相手に選んでもらったピースで感動的な作品を作る"という、
どうやら、これもまた積みゲーの一種のようです!

ジャント-o-04
スペック

プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの30分
対象年齢8歳~となっています。

プレイ人数の幅が広く、
かといって2人プレイでも本来のプレイ感を損なうことなく、
アクションゲームの"扱いやすさ"が発揮されていますね♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

ジャント-o-05
▲開けた途端に全てが見通せる配置でした!

外箱のフィルム越しにブロックを見せるために、
あえてルールブックは丸めて入れてあるようですね。

ちなみに、そのルルブの下には、
4袋のジッパーが入っていました。



★内容物

ジャント-o-06
ルールブック(日本語・全12ページ)

ほとんどが都市カードごとのルールの説明に終始しているルルブです。

その10ページ目には、
他タイトル「Flick'em Up」(日本未発売)がないとプレイできない、
"ナッシュビル"のルールが掲載されています。


▲「Flick'em Up」…そのうち日本語版が発売されるのかな?( ̄▽ ̄ )


ジャント-o-07
メジャー×1

作品の高さを競うときに用いるメジャーです。

いまいち使いにくいと感じたら、
百均で小型の巻き取り式を購入するのもアリかも。


ジャント-o-08
ファントークン(黒:5人,白:1人)

都市ごとの目的をクリアすることで得られるトークンです。

3都市を回り終えた時点で、
最もファンの多いプレイヤーが勝者となります!


ジャント-o-09
土台×6人ぶん

全ての作品の土台です。

基本的には、タテでもヨコでも好きな向きで使うことができます。


ジャント-o-10
ジャンクピース×4色・各15個

このゲームの主役となるガラクタたちです。
その形状は全15種類で、それぞれ4色ずつあります。

いずれもクセがあるものばかりですが、
プレイヤーたちは巧く積み上げることができるでしょうか…?( ̄▽ ̄*)


ジャント-o-11
▲最後にカード類

ジャント-o-12
ジャンクアートカード×60枚

全てのジャンクピースに対して1枚ずつあるカードです。

カードの受け取り方は都市によって異なりますが、
受け取ったカードに描かれているピースを使うことには変わりありません。


ジャント-o-13
都市カード×15枚

15の都市それぞれのルールが記載されているカードです。

ゲーム開始時に3枚引いて、
その3都市で"ワールドツアー"を行います。


ジャント-o-14
開始プレイヤー/進行方向カード×1枚
スターカード×1枚
サボテンカード×1枚("ナッシュビル"専用)



★どんなゲーム?


ジャンクアート」は、
さまざまなルールに従ってジャンクピースを積み上げていく、
タワー型バランスゲームです。

ジャント-o-22

同様のゲームは多々ありますが、
このゲームのポイントは遊び方の多彩さで、
実に14種類+αものルールを楽しむことができます!

例えば、

ジャント-o-24
▲じっくり腰を据えて高みを目指す「東京」。

ジャント-o-25
▲とにかく積み上げのスピードが求められる「モナコ」。

ジャント-o-26
▲全員で一つの作品を作り上げていく「ピサ」。

などなど…!

深く考えずに誰でもプレイできるアクションゲームですので、
お気軽にみんなで作品作りに勤しみましょう♪( ̄▽ ̄`)



★コメント

星屑にとって、ここ最近では、
キャッチ・ザ・ムーン」以来のバランスゲームです!

1707まとめ-16
▲あちらも現在進行形で堪能中…!

この手のタワー型ゲームは、
いつでもどこでも誰とでも盛り上がれるので、
バッグに一箱忍ばせておくと重宝しますよね♪( ̄▽ ̄*)
(それでバッグは埋まってしまうけど!)

で、そんなタワーズの一員となった「ジャンクアート」ですが、
その魅力はなんといっても…、

ジャント-o-16

このコンポーネントでしょう!!

見た瞬間に積み上げずにはいられなくなってしまう、
ルールブックすら見ずに積み上げたくなってしまう、
なんというか、おもちゃ箱を開けたときに感じるような、
そこはかとないウキウキ感を醸し出す素晴らしい形状をしています!

さらにさらに、
その遊び方は無限大…とまではいきませんが、
10種類以上もありますので、
取り決め通りにランダムで3種類をプレイしてもよし、
ひたすら好きな遊び方だけをプレイし続けてもよし、
初プレイの人にはコレかな…とピックアップしてみてもよし、
と、遊びの幅が広くリプレイ性が高いです!!

これはタワーズの中でも、
アタマひとつ抜きん出ている気がします…!


ジャント-o-23

芸術の秋はもう少し先ですが…、
ひと足先にアートの世界へ入り浸らせてもらうとしましょう♪( ̄▽ ̄*)



ジャンクアート 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

ジャント-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ボードゲームでは珍しい"箱の中身を見せていくスタイル"ですね。

空に向かって積みあがっていくジャンクのイラストは、
ブループリント」のジャケットを思い出させてくれます!

ジャント-o-03
▲箱のウラ面

"相手に選んでもらったピースで感動的な作品を作る"という、
どうやら、これもまた積みゲーの一種のようです!

ジャント-o-04
スペック

プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの30分
対象年齢8歳~となっています。

プレイ人数の幅が広く、
かといって2人プレイでも本来のプレイ感を損なうことなく、
アクションゲームの"扱いやすさ"が発揮されていますね♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

ジャント-o-05
▲開けた途端に全てが見通せる配置でした!

外箱のフィルム越しにブロックを見せるために、
あえてルールブックは丸めて入れてあるようですね。

ちなみに、そのルルブの下には、
4袋のジッパーが入っていました。



★内容物

ジャント-o-06
ルールブック(日本語・全12ページ)

ほとんどが都市カードごとのルールの説明に終始しているルルブです。

その10ページ目には、
他タイトル「Flick'em Up」(日本未発売)がないとプレイできない、
"ナッシュビル"のルールが掲載されています。


▲「Flick'em Up」…そのうち日本語版が発売されるのかな?( ̄▽ ̄ )


ジャント-o-07
メジャー×1

作品の高さを競うときに用いるメジャーです。

いまいち使いにくいと感じたら、
百均で小型の巻き取り式を購入するのもアリかも。


ジャント-o-08
ファントークン(黒:5人,白:1人)

都市ごとの目的をクリアすることで得られるトークンです。

3都市を回り終えた時点で、
最もファンの多いプレイヤーが勝者となります!


ジャント-o-09
土台×6人ぶん

全ての作品の土台です。

基本的には、タテでもヨコでも好きな向きで使うことができます。


ジャント-o-10
ジャンクピース×4色・各15個

このゲームの主役となるガラクタたちです。
その形状は全15種類で、それぞれ4色ずつあります。

いずれもクセがあるものばかりですが、
プレイヤーたちは巧く積み上げることができるでしょうか…?( ̄▽ ̄*)


ジャント-o-11
▲最後にカード類

ジャント-o-12
ジャンクアートカード×60枚

全てのジャンクピースに対して1枚ずつあるカードです。

カードの受け取り方は都市によって異なりますが、
受け取ったカードに描かれているピースを使うことには変わりありません。


ジャント-o-13
都市カード×15枚

15の都市それぞれのルールが記載されているカードです。

ゲーム開始時に3枚引いて、
その3都市で"ワールドツアー"を行います。


ジャント-o-14
開始プレイヤー/進行方向カード×1枚
スターカード×1枚
サボテンカード×1枚("ナッシュビル"専用)



★どんなゲーム?


ジャンクアート」は、
さまざまなルールに従ってジャンクピースを積み上げていく、
タワー型バランスゲームです。

ジャント-o-22

同様のゲームは多々ありますが、
このゲームのポイントは遊び方の多彩さで、
実に14種類+αものルールを楽しむことができます!

例えば、

ジャント-o-24
▲じっくり腰を据えて高みを目指す「東京」。

ジャント-o-25
▲とにかく積み上げのスピードが求められる「モナコ」。

ジャント-o-26
▲全員で一つの作品を作り上げていく「ピサ」。

などなど…!

深く考えずに誰でもプレイできるアクションゲームですので、
お気軽にみんなで作品作りに勤しみましょう♪( ̄▽ ̄`)



★コメント

星屑にとって、ここ最近では、
キャッチ・ザ・ムーン」以来のバランスゲームです!

1707まとめ-16
▲あちらも現在進行形で堪能中…!

この手のタワー型ゲームは、
いつでもどこでも誰とでも盛り上がれるので、
バッグに一箱忍ばせておくと重宝しますよね♪( ̄▽ ̄*)
(それでバッグは埋まってしまうけど!)

で、そんなタワーズの一員となった「ジャンクアート」ですが、
その魅力はなんといっても…、

ジャント-o-16

このコンポーネントでしょう!!

見た瞬間に積み上げずにはいられなくなってしまう、
ルールブックすら見ずに積み上げたくなってしまう、
なんというか、おもちゃ箱を開けたときに感じるような、
そこはかとないウキウキ感を醸し出す素晴らしい形状をしています!

さらにさらに、
その遊び方は無限大…とまではいきませんが、
10種類以上もありますので、
取り決め通りにランダムで3種類をプレイしてもよし、
ひたすら好きな遊び方だけをプレイし続けてもよし、
初プレイの人にはコレかな…とピックアップしてみてもよし、
と、遊びの幅が広くリプレイ性が高いです!!

これはタワーズの中でも、
アタマひとつ抜きん出ている気がします…!


ジャント-o-23

芸術の秋はもう少し先ですが…、
ひと足先にアートの世界へ入り浸らせてもらうとしましょう♪( ̄▽ ̄*)



ジャンクアート 関連記事


ボードゲーム記事一覧




【2017/08/02 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ジャンクアート  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可