RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ファニーバニー」




★開封

ファニバニ-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

ファニバニ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

巨大ニンジンウサギたち、
そして大根でも収穫したかのような道中の穴…!

イラストからして、すでに全力で"ファニー"ですね!!

ファニバニ-o-03
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
対象年齢はほとんど下限の3歳~

自分で考える余地がほとんどないゲームですので、
マジで3歳でもプレイ可能かと思われます!



★箱をオープン!

ファニバニ-o-04
▲イラストそのままの巨大ニンジンが、そこにはありました…!

なんにせよ、組み立て不要というのはありがたいですね♪



★カード抜き!

今回はタイル抜きではなくカード抜きとなっています。
小学生向け雑誌の付録のタロットを思い出すなぁ…( ̄▽ ̄*)

ファニバニ-o-05
▲それでは、2枚の台紙からカードを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ファニバニ-o-06
▲はい、完了…!

ファニバニ-o-07
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易

カードは破れると致命的ですので、
細心の注意を払って切り抜くことをオススメします。



★内容物

ファニバニ-o-08
ルールブック(英語・全4ページ)

箱に3歳~という表記がありましたが、
ルルブには5~10歳と書いてありますね。
…どっちやねん!( ̄▽ ̄;)

ともかくファミリー向けゲームであることは間違いないようです。


ファニバニ-o-09
カード×4種類・全24枚

内訳はカード抜き!の画像を参照ください。

ウサギの足元にあるのは決して「ジャガイモ」ではなく、
すごろくの「マス」ですのでお間違えなきよう…!


ファニバニ-o-10
ウサギ×4色・各4匹

このゲームの主役を務めるウサギたちです。

1人につき4匹(ゲームに即した言い方をすれば"4機")を受け取って、
緑の丘でのレースに挑みます!

ちなみに、ぼくが入手した箱には、
4匹×4色=16匹のウサギが2セット、
つまり総勢32匹ものウサギが封入されていました。

内容物の項には"16 bunnies in 4 colours"とだけしかないんですが…、
とりあえず半分は予備ということで受け取っておきましょう。
(そして"colour"表記ということは、これイギリス英語ですね)


ファニバニ-o-11
回転ニンジンの丘(ゲームボード)

このゲームの真の主役たる巨大ニンジンが鎮座するボードです。

中央の巨大ニンジンは、カチッカチッと回転させることができ、
そのたびに、いくつかのマスに穴が開きます…!

次にどのマスへ行くべきかは、マスとマスの間に道が掘ってありますので、
それを頼りに進んでいけば、いずれ巨大ニンジンに辿り着けるはずです!
…穴にさえ、落っこちなければね。( ̄▽ ̄ )



★どんなゲーム?

ファニーバニー」は、
ウサちゃんたちによるニンジン争奪レースゲームです!

ファニバニ-o-12
▲誰よりも早く自分のウサギを巨大ニンジンに到達させたら勝利!!

"Family Fun"と銘打っているだけあって、
とても分かりやすいテーマですね♪( ̄▽ ̄*)

プレイヤーは、自分のターンが回ってきたら、
山札からカードを1枚引いて…、

ファニバニ-o-21
▲カードに示されたマス数ぶん、自分のウサギを進めます。
(ハッシュドポテトでもないよ!)

ファニバニ-o-22
▲つまり、2歩のカードだったら2マス進むわけです。

そして、もしも道中に他のウサギ(自分の色も含む)がいたならば、
そのウサギたちのマスは歩数にカウントしません

ファニバニ-o-23
▲例えば、同じ2歩であっても、
▲他のウサギの位置次第では、こんなに進めることも!!

ただし、

ファニバニ-o-24
▲移動先が穴の開いているマスだったらば、
▲そのウサギは管工みたいにロストしてしまいます…。

失ってしまったウサギは、
某ファイアーエムブレムと同じく戻ってきませんので、
自分の他のウサギを動かすことで、うまく回避しましょう。
(それでも落ちるときは落ちますが)

さて、
山札のカードにはもう1種類あって、

ファニバニ-o-13
▲それが「クリック!」のカードです。

このカードを引いたら…、

ファニバニ-o-14
巨大ニンジン1クリックだけカチッと回します!

すると…、

ファニバニ-o-15
▲穴の位置が変化して、
▲間の悪いウサギたちは、もれなくロストしてしまいます!

競走相手を奈落の底へと突き落とすチャンスですね!!

とはいえ、人を呪わば穴二つ…という通り、
自分のウサギも落ちる可能性がありますので、
回す人もハラハラするのが、このゲームの面白いところ…!( ̄▽ ̄*)

ファニバニ-o-16

基本的には、引いたカードに示されるがままに行動し、
どのウサギを動かすかだけの判断しかできない中で、
それでも持ちうる限りのカード運を総動員して、
"巨大ニンジンの上に立つ"という栄冠を目指しましょう!



★コメント

草野仁さんになれるゲームがあると聞いて、
もとい、
好きなだけ"ボッシュート"できるゲームがあると聞いて、

あわててポチったのが、この「ファニーバニー」です!

ウサギたちがニンジンを目指すという自然なテーマと、
ニンジンが回ると地面に穴が開くという不自然なシステム…!

引いたカードで運命が決まり、
選択の余地はほとんどない、
極めて受身なスタイル!!

これは他と明確に一線を画すボードゲームですね!


さて、このゲーム、
ポチった理由は"ボッシュートし放題"というのがほとんどなんですが、

"素材"として見ると、
いろいろと料理しがいがありそう…というのも実はあるんです。

例えば、

本来のルールには手札というものが存在しませんが、
各プレイヤーは常に手札が2枚になるように補充し、
自分のターンで、いずれか片方のカードをプレイする
…とか、
どこかで見たことがあるような追加ルールを導入するだけで、
ほのかに戦略性を高めることができます。

あるいは、

イモムシイモムシ」のルールを適用して、

イモムシ-o-17

バッティング系ゲームにしてしまうのも、
また一興かもしれません。

ストライク」のダイス(×,2,3,4,5,6)を使って、
×」の目ならニンジンを回す…とか、

キャメルアップ」のダイス(1,1,2,2,3,3)を使って、
バッティングしたらニンジンを回す…とか、

いろいろ考えられそうです。

また、せっかく"ボッシュート"ができるので、
"スーパーヒトシ君"的なルールも面白そうですね。

ゲーム中、1人につき1度だけ宣言できて、
そのターンは、カードを引く前に山札をリシャッフルして、
引いたカードがウサギなら歩数が2倍になって、
引いたカードがニンジンならペナルティ…みたいな!

いやはや、あれこれ考えるだけで面白いぞ…!

ファニバニ-o-17

ルールを魔改造することで、
3歳~という対象年齢を、どこまで引き上げることができるか…?

星屑、そんなチャレンジをしてみたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



ファニーバニー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ファニバニ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

巨大ニンジンウサギたち、
そして大根でも収穫したかのような道中の穴…!

イラストからして、すでに全力で"ファニー"ですね!!

ファニバニ-o-03
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
対象年齢はほとんど下限の3歳~

自分で考える余地がほとんどないゲームですので、
マジで3歳でもプレイ可能かと思われます!



★箱をオープン!

ファニバニ-o-04
▲イラストそのままの巨大ニンジンが、そこにはありました…!

なんにせよ、組み立て不要というのはありがたいですね♪



★カード抜き!

今回はタイル抜きではなくカード抜きとなっています。
小学生向け雑誌の付録のタロットを思い出すなぁ…( ̄▽ ̄*)

ファニバニ-o-05
▲それでは、2枚の台紙からカードを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ファニバニ-o-06
▲はい、完了…!

ファニバニ-o-07
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易

カードは破れると致命的ですので、
細心の注意を払って切り抜くことをオススメします。



★内容物

ファニバニ-o-08
ルールブック(英語・全4ページ)

箱に3歳~という表記がありましたが、
ルルブには5~10歳と書いてありますね。
…どっちやねん!( ̄▽ ̄;)

ともかくファミリー向けゲームであることは間違いないようです。


ファニバニ-o-09
カード×4種類・全24枚

内訳はカード抜き!の画像を参照ください。

ウサギの足元にあるのは決して「ジャガイモ」ではなく、
すごろくの「マス」ですのでお間違えなきよう…!


ファニバニ-o-10
ウサギ×4色・各4匹

このゲームの主役を務めるウサギたちです。

1人につき4匹(ゲームに即した言い方をすれば"4機")を受け取って、
緑の丘でのレースに挑みます!

ちなみに、ぼくが入手した箱には、
4匹×4色=16匹のウサギが2セット、
つまり総勢32匹ものウサギが封入されていました。

内容物の項には"16 bunnies in 4 colours"とだけしかないんですが…、
とりあえず半分は予備ということで受け取っておきましょう。
(そして"colour"表記ということは、これイギリス英語ですね)


ファニバニ-o-11
回転ニンジンの丘(ゲームボード)

このゲームの真の主役たる巨大ニンジンが鎮座するボードです。

中央の巨大ニンジンは、カチッカチッと回転させることができ、
そのたびに、いくつかのマスに穴が開きます…!

次にどのマスへ行くべきかは、マスとマスの間に道が掘ってありますので、
それを頼りに進んでいけば、いずれ巨大ニンジンに辿り着けるはずです!
…穴にさえ、落っこちなければね。( ̄▽ ̄ )



★どんなゲーム?

ファニーバニー」は、
ウサちゃんたちによるニンジン争奪レースゲームです!

ファニバニ-o-12
▲誰よりも早く自分のウサギを巨大ニンジンに到達させたら勝利!!

"Family Fun"と銘打っているだけあって、
とても分かりやすいテーマですね♪( ̄▽ ̄*)

プレイヤーは、自分のターンが回ってきたら、
山札からカードを1枚引いて…、

ファニバニ-o-21
▲カードに示されたマス数ぶん、自分のウサギを進めます。
(ハッシュドポテトでもないよ!)

ファニバニ-o-22
▲つまり、2歩のカードだったら2マス進むわけです。

そして、もしも道中に他のウサギ(自分の色も含む)がいたならば、
そのウサギたちのマスは歩数にカウントしません

ファニバニ-o-23
▲例えば、同じ2歩であっても、
▲他のウサギの位置次第では、こんなに進めることも!!

ただし、

ファニバニ-o-24
▲移動先が穴の開いているマスだったらば、
▲そのウサギは管工みたいにロストしてしまいます…。

失ってしまったウサギは、
某ファイアーエムブレムと同じく戻ってきませんので、
自分の他のウサギを動かすことで、うまく回避しましょう。
(それでも落ちるときは落ちますが)

さて、
山札のカードにはもう1種類あって、

ファニバニ-o-13
▲それが「クリック!」のカードです。

このカードを引いたら…、

ファニバニ-o-14
巨大ニンジン1クリックだけカチッと回します!

すると…、

ファニバニ-o-15
▲穴の位置が変化して、
▲間の悪いウサギたちは、もれなくロストしてしまいます!

競走相手を奈落の底へと突き落とすチャンスですね!!

とはいえ、人を呪わば穴二つ…という通り、
自分のウサギも落ちる可能性がありますので、
回す人もハラハラするのが、このゲームの面白いところ…!( ̄▽ ̄*)

ファニバニ-o-16

基本的には、引いたカードに示されるがままに行動し、
どのウサギを動かすかだけの判断しかできない中で、
それでも持ちうる限りのカード運を総動員して、
"巨大ニンジンの上に立つ"という栄冠を目指しましょう!



★コメント

草野仁さんになれるゲームがあると聞いて、
もとい、
好きなだけ"ボッシュート"できるゲームがあると聞いて、

あわててポチったのが、この「ファニーバニー」です!

ウサギたちがニンジンを目指すという自然なテーマと、
ニンジンが回ると地面に穴が開くという不自然なシステム…!

引いたカードで運命が決まり、
選択の余地はほとんどない、
極めて受身なスタイル!!

これは他と明確に一線を画すボードゲームですね!


さて、このゲーム、
ポチった理由は"ボッシュートし放題"というのがほとんどなんですが、

"素材"として見ると、
いろいろと料理しがいがありそう…というのも実はあるんです。

例えば、

本来のルールには手札というものが存在しませんが、
各プレイヤーは常に手札が2枚になるように補充し、
自分のターンで、いずれか片方のカードをプレイする
…とか、
どこかで見たことがあるような追加ルールを導入するだけで、
ほのかに戦略性を高めることができます。

あるいは、

イモムシイモムシ」のルールを適用して、

イモムシ-o-17

バッティング系ゲームにしてしまうのも、
また一興かもしれません。

ストライク」のダイス(×,2,3,4,5,6)を使って、
×」の目ならニンジンを回す…とか、

キャメルアップ」のダイス(1,1,2,2,3,3)を使って、
バッティングしたらニンジンを回す…とか、

いろいろ考えられそうです。

また、せっかく"ボッシュート"ができるので、
"スーパーヒトシ君"的なルールも面白そうですね。

ゲーム中、1人につき1度だけ宣言できて、
そのターンは、カードを引く前に山札をリシャッフルして、
引いたカードがウサギなら歩数が2倍になって、
引いたカードがニンジンならペナルティ…みたいな!

いやはや、あれこれ考えるだけで面白いぞ…!

ファニバニ-o-17

ルールを魔改造することで、
3歳~という対象年齢を、どこまで引き上げることができるか…?

星屑、そんなチャレンジをしてみたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



ファニーバニー 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/08/03 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ファニーバニー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可