RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「フォレロッテ(トゥット)」




★開封

TUTTO-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

TUTTO-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

フォレロッテ」という商品を注文したら、
トゥット」という商品が届いて驚きました…!

トゥット」はイタリア語で"全部"という意味で、
フォレロッテ」も同じじゃないけど似たようなニュアンスらしいです。
  (千葉ロッテマリーンズは関係ありません)

で、名前は違うけど、ニセモノでもなく内容は同じとのこと。

なんだかウコンターメリックみたいな関係ですね!

TUTTO-o-03
▲箱のウラ面

ドイツ語なので読めませんが、
ダイスを振る→その出目によって得点→さらに…?
というような雰囲気は伝わってきます。

TUTTO-o-04
スペック

プレイ人数はかなり広い2~10人で、
プレイ時間はやや短めの30分
対象年齢8歳~です。

それにしても2~10人って、すごい範囲ですね!
ぼくの望遠レンズ並の対応力じゃなかろうか…?( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

TUTTO-o-05
▲一発目はカード類と…ピンクのダイス!!

ピンクのダイス…だと…!?

箱にはのポケモン色なダイスが描かれていたので、
てっきり、その3色が入っているものだと思ってたら…、

まさかのピンク!!!

ピンク好きの私星屑、これは嬉しい大誤算です…!

TUTTO-o-06
▲そして、その下にはルルブと、

TUTTO-o-07
▲なんかPRカードっぽいのが入っていました!



★内容物

TUTTO-o-08
ルールブック(ドイツ語/英語・各4ページ)

箱のウラに書いてある通り、英語ルールも封入されています。

そして、このゲームのタイトルはイタリア語なのに、
イタリア語ルールは無いんですね…!( ̄▽ ̄ )チョット フシギ

TUTTO-o-09
ダイス×6個

出目については、ごくごく普通な「123456」の6面ダイスですが、
しかし色がピンクです!!

この6個のピンクダイスだけで、
すでに星屑的には1,380円を払った価値がありました♪( ̄▽ ̄*)
(色付きダイスって地味に高いですからね…)

TUTTO-o-10
▲続いてカード類

TUTTO-o-11
TUTTO-o-12
ゲームカード(7種類・全56枚)

6個のダイスを振る前に、必ず1枚めくることになるカードです。

その内訳は、

5枚:ボーナスカード(200点)
5枚:ボーナスカード(300点)
5枚:ボーナスカード(400点)
5枚:ボーナスカード(500点)
5枚:ボーナスカード(600点)
5枚:×2カード
5枚:±カード
5枚:ストレートカード
5枚:花火カード
1枚四つ葉のクローバーカード
10枚ストップカード


…となっています!

TUTTO-o-13
▲最後に…オマケ

TUTTO-o-14

どうやら、
ANNO DOMINI」というゲームのプロモーションカードのようですが、
ドイツ語なので全く読めませんでした…( ̄▽ ̄;)ザンネン





★どんなゲーム?


フォレロッテ」は、
ダイスを振って「役」を作るバースト系ゲームです。

誰かが6000点以上になったラウンドを最後まで行い、
最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します!


さて、自分のターンが回ってきたら、

TUTTO-o-15
▲まず山札の上から1枚めくりましょう。

めくったカードは、
これから振る6個のダイスに対してボーナスをもたらします!
(もたらさなかったり、むしろ振らせてくれなかったりもします)

TUTTO-o-16
▲その後、ダイス6個を一気に振りましょう。

そして、この出目の中から1つ以上の「」を作ります。

」と聞くと、なにやら覚えるのが大変そうなイメージがありますが…、

TUTTO-o-99
▲このゲームの「」は、たったこれだけ!

まとめてしまうと、

「5」の出目×1個(1個につき50点)

☆「1」の出目×1個(1個につき100点)

☆同じ出目×3個(1セットにつき出目×100点)
※「」の出目×3個は1セットで1000点!


…の、いずれかというわけです。簡単でしょ??( ̄▽ ̄*)

TUTTO-o-16
▲今回の出目は「」「」「」「」「」「」でしたので、

TUTTO-o-17
▲2つの役を作ることができました!!
(「1」×1個同じ出目×3個のセット)

で、ここで振るのを止めれば、
600点(100点+500点)を獲得することができます。

しかし、もっと得点が欲しいならば…、

TUTTO-o-91
▲続けて、残りのダイス全部を振ることもできます…!

せっかくなので振ってみましょう。えいやっ!

TUTTO-o-18
▲幸いにも、出目の中には「」がありました!

TUTTO-o-19
▲おかげで新たに役を1つ作ることができて、これで650点!!

やはり、ここで振るのを止めて650点確定させてもいいですし、

TUTTO-o-92
▲あるいは、ラスト1個を振ることもできます。

ラスイチを振った結果、

TUTTO-o-20
▲役を作ることができなければ(出目が「1」か「5」以外)、
▲このターンの得点は水泡に帰して0点になりますが、

TUTTO-o-21
▲もしも役を作ることができれば(出目が「1」か「5」)、
▲ゲームのタイトルでもある"TUTTO(トゥット)"となって…、
※前述の通りTUTTO="全部"

TUTTO-o-22
6個のダイス全部から得点が発生する上に、

TUTTO-o-23
ボーナスカードから追加点を得られます!!
(ダイス6個で750点+ボーナス400点=1150点!)

今回の場合、

ラスト1個のダイスを振らなければ確定650点

ラスト1個のダイスを振ったら、
3分の1の確率1100点or1150点ですが、
3分の2の確率0点…。

さあ、どうしましょう…?( ̄▽ ̄*)

と、いうのがゲームの流れです!

さらにさらに、
6個のダイス全部で役を作って"TUTTO"になれば、
1枚目のカードから追加点がもらえるだけでなく、

TUTTO-o-24
▲山札から"おかわり"のカードをめくって、
▲自分のターンを続行し、新たに6個のダイスを振ることもできます!!

ただし、

TUTTO-o-28
▲振ったダイスで1つも役を作れなければ…、

そのターンの点数は0点になってしまいますので、ご注意ください…!


そして、山札には「ボーナスカード」以外にも、
さまざまな効果を持ったカードが眠っています。

例えば、

TUTTO-o-25
▲「±カード

このカードをめくった後に振る6個のダイスでは、
必ず"TUTTO"を目指さなければなりません!
(途中でダイスを振るのを止められない)

"TUTTO"に失敗したら0点ですが、
"TUTTO"を達成することができれば、
自分はダイスの出目を無視して+1000点となり、
その時点でトップのプレイヤーは-1000点となります…!

TUTTO-o-26
▲「ストレートカード

このカードをめくった後に振る6個のダイスでは、
」「」「」「」「」「」を、
それぞれ1個ずつ出さなければなりません!

6個中の5個まで出せたとしても、
残り1個が揃う確率は6分の1と厳しめですが、
成功すれば+2000点となります!!

TUTTO-o-27
▲「ストップカード

引いちゃダメなカードです。

というのも、引いた瞬間に自分のターンが強制終了し、
そのターンの0点が確定してしまいます!!

次のターンが回ってきたら、ほぼ勝ち確…なんて、
淡い算段も一気に吹っ飛びますので、
大きな逆転要素になりうることでしょう…!



★コメント

小箱タイプのゲームには、あまり手を出さない私星屑ですが、
先日の福岡市城南区でのボードゲーム会にて、
とある方から小箱ゲームの醍醐味を教えていただいたのがキッカケで、
さっそくとばかり1箱ポチってみました!

そしたら、これが大当たり!!!

ルールが簡単だし
サクサク進むし

なにより、星屑必殺技であるところの、

星屑大暴走【キャント・ストップ】!!

…を、気兼ねなく発動できるのが素晴らしいですね♪( ̄▽ ̄*)

そうなんです。
このゲームってば、プレイ感が「キャント・ストップ」にそっくり!!



あちらが好きな方であれば、
こちらも間違いなく楽しめると思います!

そして、逆もまた然りで、
こちらが好きなら「キャント・ストップ」もオススメです…!

TUTTO-o-29

得点計算用のメモor電卓(スマホ)が必要なことには注意が必要ですが、

2人以上だったらおおよそ何人でもOKで、
目標点を下げることでの時間調整も容易で…とくれば、
ボードゲーム会での"つなぎ"にもってこいでしょう!

小箱で持ち運びも楽ですので、
これまた星屑必携の一箱となりそうです♪( ̄▽ ̄*)



フォレロッテ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

TUTTO-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

フォレロッテ」という商品を注文したら、
トゥット」という商品が届いて驚きました…!

トゥット」はイタリア語で"全部"という意味で、
フォレロッテ」も同じじゃないけど似たようなニュアンスらしいです。
  (千葉ロッテマリーンズは関係ありません)

で、名前は違うけど、ニセモノでもなく内容は同じとのこと。

なんだかウコンターメリックみたいな関係ですね!

TUTTO-o-03
▲箱のウラ面

ドイツ語なので読めませんが、
ダイスを振る→その出目によって得点→さらに…?
というような雰囲気は伝わってきます。

TUTTO-o-04
スペック

プレイ人数はかなり広い2~10人で、
プレイ時間はやや短めの30分
対象年齢8歳~です。

それにしても2~10人って、すごい範囲ですね!
ぼくの望遠レンズ並の対応力じゃなかろうか…?( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

TUTTO-o-05
▲一発目はカード類と…ピンクのダイス!!

ピンクのダイス…だと…!?

箱にはのポケモン色なダイスが描かれていたので、
てっきり、その3色が入っているものだと思ってたら…、

まさかのピンク!!!

ピンク好きの私星屑、これは嬉しい大誤算です…!

TUTTO-o-06
▲そして、その下にはルルブと、

TUTTO-o-07
▲なんかPRカードっぽいのが入っていました!



★内容物

TUTTO-o-08
ルールブック(ドイツ語/英語・各4ページ)

箱のウラに書いてある通り、英語ルールも封入されています。

そして、このゲームのタイトルはイタリア語なのに、
イタリア語ルールは無いんですね…!( ̄▽ ̄ )チョット フシギ

TUTTO-o-09
ダイス×6個

出目については、ごくごく普通な「123456」の6面ダイスですが、
しかし色がピンクです!!

この6個のピンクダイスだけで、
すでに星屑的には1,380円を払った価値がありました♪( ̄▽ ̄*)
(色付きダイスって地味に高いですからね…)

TUTTO-o-10
▲続いてカード類

TUTTO-o-11
TUTTO-o-12
ゲームカード(7種類・全56枚)

6個のダイスを振る前に、必ず1枚めくることになるカードです。

その内訳は、

5枚:ボーナスカード(200点)
5枚:ボーナスカード(300点)
5枚:ボーナスカード(400点)
5枚:ボーナスカード(500点)
5枚:ボーナスカード(600点)
5枚:×2カード
5枚:±カード
5枚:ストレートカード
5枚:花火カード
1枚四つ葉のクローバーカード
10枚ストップカード


…となっています!

TUTTO-o-13
▲最後に…オマケ

TUTTO-o-14

どうやら、
ANNO DOMINI」というゲームのプロモーションカードのようですが、
ドイツ語なので全く読めませんでした…( ̄▽ ̄;)ザンネン





★どんなゲーム?


フォレロッテ」は、
ダイスを振って「役」を作るバースト系ゲームです。

誰かが6000点以上になったラウンドを最後まで行い、
最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します!


さて、自分のターンが回ってきたら、

TUTTO-o-15
▲まず山札の上から1枚めくりましょう。

めくったカードは、
これから振る6個のダイスに対してボーナスをもたらします!
(もたらさなかったり、むしろ振らせてくれなかったりもします)

TUTTO-o-16
▲その後、ダイス6個を一気に振りましょう。

そして、この出目の中から1つ以上の「」を作ります。

」と聞くと、なにやら覚えるのが大変そうなイメージがありますが…、

TUTTO-o-99
▲このゲームの「」は、たったこれだけ!

まとめてしまうと、

「5」の出目×1個(1個につき50点)

☆「1」の出目×1個(1個につき100点)

☆同じ出目×3個(1セットにつき出目×100点)
※「」の出目×3個は1セットで1000点!


…の、いずれかというわけです。簡単でしょ??( ̄▽ ̄*)

TUTTO-o-16
▲今回の出目は「」「」「」「」「」「」でしたので、

TUTTO-o-17
▲2つの役を作ることができました!!
(「1」×1個同じ出目×3個のセット)

で、ここで振るのを止めれば、
600点(100点+500点)を獲得することができます。

しかし、もっと得点が欲しいならば…、

TUTTO-o-91
▲続けて、残りのダイス全部を振ることもできます…!

せっかくなので振ってみましょう。えいやっ!

TUTTO-o-18
▲幸いにも、出目の中には「」がありました!

TUTTO-o-19
▲おかげで新たに役を1つ作ることができて、これで650点!!

やはり、ここで振るのを止めて650点確定させてもいいですし、

TUTTO-o-92
▲あるいは、ラスト1個を振ることもできます。

ラスイチを振った結果、

TUTTO-o-20
▲役を作ることができなければ(出目が「1」か「5」以外)、
▲このターンの得点は水泡に帰して0点になりますが、

TUTTO-o-21
▲もしも役を作ることができれば(出目が「1」か「5」)、
▲ゲームのタイトルでもある"TUTTO(トゥット)"となって…、
※前述の通りTUTTO="全部"

TUTTO-o-22
6個のダイス全部から得点が発生する上に、

TUTTO-o-23
ボーナスカードから追加点を得られます!!
(ダイス6個で750点+ボーナス400点=1150点!)

今回の場合、

ラスト1個のダイスを振らなければ確定650点

ラスト1個のダイスを振ったら、
3分の1の確率1100点or1150点ですが、
3分の2の確率0点…。

さあ、どうしましょう…?( ̄▽ ̄*)

と、いうのがゲームの流れです!

さらにさらに、
6個のダイス全部で役を作って"TUTTO"になれば、
1枚目のカードから追加点がもらえるだけでなく、

TUTTO-o-24
▲山札から"おかわり"のカードをめくって、
▲自分のターンを続行し、新たに6個のダイスを振ることもできます!!

ただし、

TUTTO-o-28
▲振ったダイスで1つも役を作れなければ…、

そのターンの点数は0点になってしまいますので、ご注意ください…!


そして、山札には「ボーナスカード」以外にも、
さまざまな効果を持ったカードが眠っています。

例えば、

TUTTO-o-25
▲「±カード

このカードをめくった後に振る6個のダイスでは、
必ず"TUTTO"を目指さなければなりません!
(途中でダイスを振るのを止められない)

"TUTTO"に失敗したら0点ですが、
"TUTTO"を達成することができれば、
自分はダイスの出目を無視して+1000点となり、
その時点でトップのプレイヤーは-1000点となります…!

TUTTO-o-26
▲「ストレートカード

このカードをめくった後に振る6個のダイスでは、
」「」「」「」「」「」を、
それぞれ1個ずつ出さなければなりません!

6個中の5個まで出せたとしても、
残り1個が揃う確率は6分の1と厳しめですが、
成功すれば+2000点となります!!

TUTTO-o-27
▲「ストップカード

引いちゃダメなカードです。

というのも、引いた瞬間に自分のターンが強制終了し、
そのターンの0点が確定してしまいます!!

次のターンが回ってきたら、ほぼ勝ち確…なんて、
淡い算段も一気に吹っ飛びますので、
大きな逆転要素になりうることでしょう…!



★コメント

小箱タイプのゲームには、あまり手を出さない私星屑ですが、
先日の福岡市城南区でのボードゲーム会にて、
とある方から小箱ゲームの醍醐味を教えていただいたのがキッカケで、
さっそくとばかり1箱ポチってみました!

そしたら、これが大当たり!!!

ルールが簡単だし
サクサク進むし

なにより、星屑必殺技であるところの、

星屑大暴走【キャント・ストップ】!!

…を、気兼ねなく発動できるのが素晴らしいですね♪( ̄▽ ̄*)

そうなんです。
このゲームってば、プレイ感が「キャント・ストップ」にそっくり!!



あちらが好きな方であれば、
こちらも間違いなく楽しめると思います!

そして、逆もまた然りで、
こちらが好きなら「キャント・ストップ」もオススメです…!

TUTTO-o-29

得点計算用のメモor電卓(スマホ)が必要なことには注意が必要ですが、

2人以上だったらおおよそ何人でもOKで、
目標点を下げることでの時間調整も容易で…とくれば、
ボードゲーム会での"つなぎ"にもってこいでしょう!

小箱で持ち運びも楽ですので、
これまた星屑必携の一箱となりそうです♪( ̄▽ ̄*)



フォレロッテ 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/08/04 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 フォレロッテ  トゥット  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可