FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ケルト・タイル」




★開封

ケルトタイル-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

ケルトタイル-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

クローバーのシンプルなイラストです。
よく見てみると、石にはクローバーの模様が刻まれていますね。

ケルトタイル-o-03
▲箱のウラ面

が並べられています。

色ごとの数字の並び順を下から追っていくと、
このゲームのルールの一部がお分かりいただけるかもしれません。

ケルトタイル-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの15分
対象年齢7歳~となっています。

なお、プレイ人数が変わってもルールは全く同じです。



★箱をオープン!

ケルトタイル-o-05
▲一発目はルルブ

ケルトタイル-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

ケルトタイル-o-07
▲以上でした!



★タイル抜き!

ケルトタイル-o-08
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ケルトタイル-o-09
▲はい、完了…!

ケルトタイル-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

ケルトタイル-o-11
ルールブック(ドイツ語・全6ページ)

ドイツ語です。
星屑、例によって読めません…( ̄▽ ̄;)
(ルールは知っているので問題なし)

ケルトタイル-o-12
得点サマリー×1枚

左右で内容が分かれているサマリーです。

左側が色ごとの石の枚数による得失点を、
右側が願い石」の数による得失点を、
それぞれ表しています。

ケルトタイル-o-13
ケルトタイル-o-14
ケルトタイル-o-15
ケルトタイル-o-16
ケルトタイル-o-17
石タイル×5色・各11枚

全部で55枚の石タイルです。

どの色も「」~「10」まであって、
タイルによっては「アイコン」が付いています。



★どんなゲーム?

ケルト・タイル」は、
石を拾って→石を並べて→得点するゲームです。

石の並べ方はルールでガッチリ決められていますので、
どの石を拾うか、あるいは拾わないかがポイント!

自分のターンが回ってきたら、
オモテ向きの石を1つ拾うか、
ウラ向きの石を1つめくって拾うか、
ウラ向きの石を1つめくって拾わないか、
…の、3択からアクションを選択することになります。


☆石を拾う

各プレイヤーは、自分のターンに、

ケルトタイル-o-18
共通の場から石を拾ったり拾わなかったりします。

前述の通り、

ケルトタイル-o-19
オモテ向きの石を、そのまま拾うか、

または、

ケルトタイル-o-20
ウラ向きの石を…、

ケルトタイル-o-21
▲めくってから、拾うか、拾わないか。
(めくって内容を見てから決められます)

自分の石のコレクションと相談しながら、
拾う石を選定していきましょう…!


☆石を並べる

拾わなかった石は、共通の場に残り、
拾った石は、自分の前に並べていきます。

ケルトタイル-o-22
▲まず、各色の1つ目の石は、自分の前の最下段に並べましょう。

そして、例えば、
ここに「黄色の5」の石を拾ってきたら…、

ケルトタイル-o-23
黄色の列の上に並べる必要があります。

加えて、「4→5」と並べましたので、
その次は昇順で「6~10」のいずれかしか並べられません。

さらに、
ここで「緑の4」の石を拾ってきたら…、

ケルトタイル-o-24
▲やはり緑の列の上に並べる必要があり、

6→4」と並べましたので、
その次は降順で「3~0」のいずれかしか並べられません。

この状況で…、

ケルトタイル-o-25
▲もしも「緑の2」の石をめくった場合、

拾えば緑の石が3つ目となりますが、
その後では「緑の3」がめくられても拾えなくなります…!
(6→4→2の後はor)

しかし、後で拾おうとスルーしたとして、
他のプレイヤーが「緑の0」や「緑の1」を持っていようものなら、
先に「緑の2」を拾われてしまうかもしれない…!!
(自分が降順のとき、他人が昇順ということは大いにある)

…なんて悩みに悩みながら、
拾うか拾わないかを決めていくわけですね♪( ̄▽ ̄*)


☆アイコンの効果

石を拾うか拾わないかを決める基準の一つとして、
3種類の「アイコン」の存在があります。

ケルトタイル-o-27
▲「クローバー

クローバー付きの石を拾うと、
追加の1ターンを得ます。
(連続でクローバーを拾えば、さらに追加ターン)

ケルトタイル-o-28
▲「勝利点

勝利点付きの石を拾うと、
ゲーム終了時の得点計算で、
額面通りの勝利点を得られます。
(「1」なら1点/「3」なら3点)

ケルトタイル-o-29
▲「願い石

願い石付きの石は、
ゲーム終了時に拾った枚数を合計して…、

ケルトタイル-o-30
▲以上のような得失点となります。

2つ未満ではマイナス点になってしまい、
逆に、上は10点で打ち止めです。


☆得点計算

最後のウラ向きの石がめくられると、
そのターンでゲームは終了し、得点計算となります。

得点計算は、
アイコンの「勝利点」と「願い石」に加えて、
色ごとの石の枚数」によって算出されます。

ケルトタイル-o-26

注目すべきは、0枚なら0点というところ…!
中途半端に1枚や2枚を拾ってマイナス点になるくらいなら、
いっそのこと拾わない色があってもよいのかもしれません。

また、
3枚→4枚では1点アップですが、
4枚→5枚では3点アップで、
5枚→6枚では4点アップと、
上がり幅は大きくなっていきます。

とはいえ、
3人プレイでも各色11枚を3で割れば、
1人あたりの平均は4枚弱の計算…。
そんな中で5枚を拾うというのは、
なかなか難しい話になります…!( ̄▽ ̄;)



★コメント

先日の福岡市城南区でのボードゲーム会にて、
よかぜさんに教えていただいたのが、この「ケルト・タイル」です!

(敬称略)
よかぜ星屑さんタイルゲームがお好きとのことですが、」
よかぜ「それでは、なぜ、」
よかぜケルト・タイルをスルーしているのでしょう…?」

星屑「(知らなかった!)」
星屑「(あのケルトタイルがあるなんて知らなかった…!)」


ケルト」といえば、2008年のドイツ年間ゲーム大賞タイトル!

そのタイル版ということで、さっそくプレイさせてもらったところ、
これが実に面白くて…!!

ケルトタイル-o-31
▲27勝利点で星屑初勝利の図♪( ̄▽ ̄*)

よかぜさんが、

ボードゲームの様々な要素が詰まった作品

…と、おっしゃる通りで、

シンプルなルールながら、
セットコレクションジレンマ駆け引きから、
次に何がめくられるかのワクワク感まで、
しっかりと堪能できるゲームでした!!

そして、これもよかぜさんの受け売りですが、
全プレイヤーの手の内が公開されるゲームですので、
初めてプレイするプレイヤーさんに、
状況を説明しながらのプレイができるところも美点です!

というか、星屑自身、
よかぜさんに解説してもらって、
なるほどなるほど…と勉強しながらプレイしたので、
このゲームの良さを十二分に理解できた感があります♪( ̄▽ ̄*)

(で、その直後、ボドゲ会の最中にポチりました)

ケルトタイル-o-32

よかぜさんのおかげで、
フォレロッテ」に続いて、
また"小箱ゲーム"の幅が広がりました…!

よかぜさん、ありがとうございます!!

初心者さんにもすんなり理解してもらえそうですので、
ウチのボードゲーム会に常備しておこうと思います!



ケルト・タイル 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ケルトタイル-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

クローバーのシンプルなイラストです。
よく見てみると、石にはクローバーの模様が刻まれていますね。

ケルトタイル-o-03
▲箱のウラ面

が並べられています。

色ごとの数字の並び順を下から追っていくと、
このゲームのルールの一部がお分かりいただけるかもしれません。

ケルトタイル-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの15分
対象年齢7歳~となっています。

なお、プレイ人数が変わってもルールは全く同じです。



★箱をオープン!

ケルトタイル-o-05
▲一発目はルルブ

ケルトタイル-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

ケルトタイル-o-07
▲以上でした!



★タイル抜き!

ケルトタイル-o-08
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ケルトタイル-o-09
▲はい、完了…!

ケルトタイル-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

ケルトタイル-o-11
ルールブック(ドイツ語・全6ページ)

ドイツ語です。
星屑、例によって読めません…( ̄▽ ̄;)
(ルールは知っているので問題なし)

ケルトタイル-o-12
得点サマリー×1枚

左右で内容が分かれているサマリーです。

左側が色ごとの石の枚数による得失点を、
右側が願い石」の数による得失点を、
それぞれ表しています。

ケルトタイル-o-13
ケルトタイル-o-14
ケルトタイル-o-15
ケルトタイル-o-16
ケルトタイル-o-17
石タイル×5色・各11枚

全部で55枚の石タイルです。

どの色も「」~「10」まであって、
タイルによっては「アイコン」が付いています。



★どんなゲーム?

ケルト・タイル」は、
石を拾って→石を並べて→得点するゲームです。

石の並べ方はルールでガッチリ決められていますので、
どの石を拾うか、あるいは拾わないかがポイント!

自分のターンが回ってきたら、
オモテ向きの石を1つ拾うか、
ウラ向きの石を1つめくって拾うか、
ウラ向きの石を1つめくって拾わないか、
…の、3択からアクションを選択することになります。


☆石を拾う

各プレイヤーは、自分のターンに、

ケルトタイル-o-18
共通の場から石を拾ったり拾わなかったりします。

前述の通り、

ケルトタイル-o-19
オモテ向きの石を、そのまま拾うか、

または、

ケルトタイル-o-20
ウラ向きの石を…、

ケルトタイル-o-21
▲めくってから、拾うか、拾わないか。
(めくって内容を見てから決められます)

自分の石のコレクションと相談しながら、
拾う石を選定していきましょう…!


☆石を並べる

拾わなかった石は、共通の場に残り、
拾った石は、自分の前に並べていきます。

ケルトタイル-o-22
▲まず、各色の1つ目の石は、自分の前の最下段に並べましょう。

そして、例えば、
ここに「黄色の5」の石を拾ってきたら…、

ケルトタイル-o-23
黄色の列の上に並べる必要があります。

加えて、「4→5」と並べましたので、
その次は昇順で「6~10」のいずれかしか並べられません。

さらに、
ここで「緑の4」の石を拾ってきたら…、

ケルトタイル-o-24
▲やはり緑の列の上に並べる必要があり、

6→4」と並べましたので、
その次は降順で「3~0」のいずれかしか並べられません。

この状況で…、

ケルトタイル-o-25
▲もしも「緑の2」の石をめくった場合、

拾えば緑の石が3つ目となりますが、
その後では「緑の3」がめくられても拾えなくなります…!
(6→4→2の後はor)

しかし、後で拾おうとスルーしたとして、
他のプレイヤーが「緑の0」や「緑の1」を持っていようものなら、
先に「緑の2」を拾われてしまうかもしれない…!!
(自分が降順のとき、他人が昇順ということは大いにある)

…なんて悩みに悩みながら、
拾うか拾わないかを決めていくわけですね♪( ̄▽ ̄*)


☆アイコンの効果

石を拾うか拾わないかを決める基準の一つとして、
3種類の「アイコン」の存在があります。

ケルトタイル-o-27
▲「クローバー

クローバー付きの石を拾うと、
追加の1ターンを得ます。
(連続でクローバーを拾えば、さらに追加ターン)

ケルトタイル-o-28
▲「勝利点

勝利点付きの石を拾うと、
ゲーム終了時の得点計算で、
額面通りの勝利点を得られます。
(「1」なら1点/「3」なら3点)

ケルトタイル-o-29
▲「願い石

願い石付きの石は、
ゲーム終了時に拾った枚数を合計して…、

ケルトタイル-o-30
▲以上のような得失点となります。

2つ未満ではマイナス点になってしまい、
逆に、上は10点で打ち止めです。


☆得点計算

最後のウラ向きの石がめくられると、
そのターンでゲームは終了し、得点計算となります。

得点計算は、
アイコンの「勝利点」と「願い石」に加えて、
色ごとの石の枚数」によって算出されます。

ケルトタイル-o-26

注目すべきは、0枚なら0点というところ…!
中途半端に1枚や2枚を拾ってマイナス点になるくらいなら、
いっそのこと拾わない色があってもよいのかもしれません。

また、
3枚→4枚では1点アップですが、
4枚→5枚では3点アップで、
5枚→6枚では4点アップと、
上がり幅は大きくなっていきます。

とはいえ、
3人プレイでも各色11枚を3で割れば、
1人あたりの平均は4枚弱の計算…。
そんな中で5枚を拾うというのは、
なかなか難しい話になります…!( ̄▽ ̄;)



★コメント

先日の福岡市城南区でのボードゲーム会にて、
よかぜさんに教えていただいたのが、この「ケルト・タイル」です!

(敬称略)
よかぜ星屑さんタイルゲームがお好きとのことですが、」
よかぜ「それでは、なぜ、」
よかぜケルト・タイルをスルーしているのでしょう…?」

星屑「(知らなかった!)」
星屑「(あのケルトタイルがあるなんて知らなかった…!)」


ケルト」といえば、2008年のドイツ年間ゲーム大賞タイトル!

そのタイル版ということで、さっそくプレイさせてもらったところ、
これが実に面白くて…!!

ケルトタイル-o-31
▲27勝利点で星屑初勝利の図♪( ̄▽ ̄*)

よかぜさんが、

ボードゲームの様々な要素が詰まった作品

…と、おっしゃる通りで、

シンプルなルールながら、
セットコレクションジレンマ駆け引きから、
次に何がめくられるかのワクワク感まで、
しっかりと堪能できるゲームでした!!

そして、これもよかぜさんの受け売りですが、
全プレイヤーの手の内が公開されるゲームですので、
初めてプレイするプレイヤーさんに、
状況を説明しながらのプレイができるところも美点です!

というか、星屑自身、
よかぜさんに解説してもらって、
なるほどなるほど…と勉強しながらプレイしたので、
このゲームの良さを十二分に理解できた感があります♪( ̄▽ ̄*)

(で、その直後、ボドゲ会の最中にポチりました)

ケルトタイル-o-32

よかぜさんのおかげで、
フォレロッテ」に続いて、
また"小箱ゲーム"の幅が広がりました…!

よかぜさん、ありがとうございます!!

初心者さんにもすんなり理解してもらえそうですので、
ウチのボードゲーム会に常備しておこうと思います!



ケルト・タイル 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/08/16 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ケルト  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可