FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「カルタヘナ」




★開封

カルタヘナ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

カルタヘナ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

海賊たちが脱獄して船を目指しているイラストです。

カルタヘナ-o-03
▲箱のウラ面

基本ゲームに加えて、拡張ルールも封入されています。

カルタヘナ-o-04
スペック

プレイ人数はやや広めの2~5人で、
プレイ時間30~45分
対象年齢8歳以上です。

ルールが極めてシンプルですので、
小学校低学年からプレイ可能かと思われます。



★箱をオープン!

カルタヘナ-o-05
▲一発目はルルブ

カルタヘナ-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

カルタヘナ-o-07
▲最後がコマ類カード類でした。



★タイル抜き!

カルタヘナ-o-08
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

カルタヘナ-o-09
▲はい、完了…!

カルタヘナ-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

カルタヘナ-o-11
ルールブック(全6ページ・日本語)

表紙が1ページ、基本ルールが2ページ、
そして拡張ルールが3ページという内訳でした。

カルタヘナ-o-12
ゲームボード×8枚

数枚を組み合わせることで完成するゲームボードです。
(使用する枚数でゲームの長さを調整可能)

片面が"地下通路"に、
片面が"島のジャングルの道"に、
それぞれなっています。

道中には6種類のアイコンが描かれていて、
これがすごろくでいうところのマスですね。

カルタヘナ-o-13
船ボード×2枚
カルタヘナ-o-14
牢獄ボード×1枚
カルタヘナ-o-15
海賊の入り江ボード×1枚

いずれもスタート地点ゴール地点に配置するボードです。

地下通路の面か、ジャングルの面かで、
使用するボードを使い分けます。

カルタヘナ-o-16
海賊コマ×5色・各6個

各プレイヤーが動かすコマです。

1人につき6個を受け持ち、
最初に全てのコマを脱獄させたプレイヤーが勝者となります。

カルタヘナ-o-17
▲そして、カード類

カルタヘナ-o-18
カルタヘナ-o-19
カード×102枚

カードは全部で6種類で、
アイコンはゲームボードに描かれているものに対応しています。

早い話が、
出したカードのアイコンのマスに、自分の海賊コマを進める
…というルールです。

背景が黒いカードは、
手札の枚数制限を課す追加ルール導入時にのみ使用し、
制限をオーバーした手札を捨てさせるトリガーとなります。

また、他の追加ルールでは、
カードの種類ごとに特殊効果が付与されます。

カルタヘナ-o-20
宝箱トークン×8枚

追加ルールを導入し、
宝箱のカード特殊効果を発動させたときに獲得できるトークンです。

運が良ければ1~3枚のカードを引けますが、
ヘビが出てしまうと、自分の海賊コマを後退させなければなりません…!



★どんなゲーム?

カルタヘナ」は、カードを使用するレースゲームです!

カルタヘナ-o-21
▲各プレイヤーは6個の海賊コマ全てを、
▲誰よりも早くゴールさせるべく立ち回ります。

自分のターンにできることは、

・カードをプレイして海賊を前進させる

・海賊を後退させてカードを引く

…の2種類です。

この2種類から、1~3アクション(任意)をプレイします!


・カードをプレイして海賊を前進させる

手札からカード1枚を出すことで、
出したカードと同じアイコンの、
いちばん近いマスに海賊コマを前進させられる。

もしも、そのマスに他の海賊コマがあったら、
その次の同じアイコンのマスへ前進させる。


カルタヘナ-o-22
▲例えば、手札から宝箱のカードを出したら、

カルタヘナ-o-23
▲いちばん近い宝箱のマスに、

カルタヘナ-o-24
▲自分の海賊コマ1個を前進させます。

カルタヘナ-o-25
▲あるいは、ランタンのカードを出したら、

カルタヘナ-o-26
▲いちばん近いランタンのマスへ前進となります。

そして…、

カルタヘナ-o-27
▲ここで、もう1枚宝箱のカードを出した場合、

カルタヘナ-o-28
▲いちばん近い宝箱のマスには、すでに他の海賊コマがありますので、

カルタヘナ-o-29
▲1つ目の宝箱のマスは飛び越えて、
2つ目の宝箱のマスまで前進します!

さらにさらに、この状況で…、

カルタヘナ-o-30
次のプレイヤー宝箱のカードを出したら、
▲宝箱のマスは1つ目も2つ目も埋まっていますので、
▲一気に3つ目の宝箱のマスまで前進することができます…!
(うまくいけば1移動でゴールできてしまうことも)

しかし、こうしてカードを出すばかりでは、
手札は減っていく一方ですので…、


・海賊を後退させてカードを引く

自分の海賊コマ1個を、
海賊コマが1~2個あるマスへ後退させることで、
(条件を満たすいちばん近いマスに限る)
カードを1~2枚引くことができる。

後退先のマスの海賊コマの個数が、
1個なら1枚、2個なら2枚のカードを引く。


カルタヘナ-o-31
▲自分の海賊コマを1個選んで、
▲海賊コマが1個or2個あるマスへと、

カルタヘナ-o-32
▲後退させることによって、

カルタヘナ-o-33
▲カードを補充することができます。
(上の画像の場合、後退先の海賊コマが1個なので1枚引く)

カルタヘナ-o-34
▲こちらの後退の場合、赤プレイヤーはカードを2枚引けるわけですね。
※後退先に海賊コマが2個()あるため

このように、
前進後退をくり返すことによって…、

カルタヘナ-o-35
▲いち早く、自分の全ての海賊コマをゴールさせましょう!

カルタヘナ-o-36
▲なお、地下通路だけで満足できなければ、
▲続けてジャングルでの逃亡劇も楽しむことができます。



★コメント

軽くプレイしてみた感想ですが…、
ちょっとシンプルすぎるように感じました。

イメージが近いところでいうと、
いわゆる"ダイヤモンドゲーム"をプレイしている感じ。



言ってしまうと、もの足りないんです…( ̄▽ ̄;)

3歩進んで2歩下がるという展開も、
もっさりしてしまって、常に息苦しさがつきまといました


しかしながら、このゲームには、
いくつかの追加ルールがあって…、

ブラック・マジック・ウーマン」のルールを導入すれば、
カードごとの多彩な特殊効果を発動させることができるようになり、
選択肢が格段に広がりますし、

海賊モーガン」のルールを導入すれば、
他のプレイヤーのコマを前進させることで、
自分のコマを後退させずに済むようになります。

こんな風に、
ルールのカスタマイズができる親切設計ですので、
容易に不満点を補うことができるわけです。

そもそも、基本ルールがシンプルということは、
初心者さんやお子さんに優しいということでもありますよね♪( ̄▽ ̄*)

カルタヘナ-o-37

…ですが、
星屑には、やはりもうひと押し足りません

同じカード系レースゲームであれば、
ファニーバニー」の方が目をひきますし、

同じカード系海賊ゲームであれば、
デッド・マンズ・ドロー」の方がワクワクできますし、

なんというか、拡張要素のアピールは良いのですが、
肝心のゲーム"自体"のインパクトが弱いと思いました。

これはこのままお蔵入りかな…( ̄▽ ̄;)



カルタヘナ 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

カルタヘナ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

海賊たちが脱獄して船を目指しているイラストです。

カルタヘナ-o-03
▲箱のウラ面

基本ゲームに加えて、拡張ルールも封入されています。

カルタヘナ-o-04
スペック

プレイ人数はやや広めの2~5人で、
プレイ時間30~45分
対象年齢8歳以上です。

ルールが極めてシンプルですので、
小学校低学年からプレイ可能かと思われます。



★箱をオープン!

カルタヘナ-o-05
▲一発目はルルブ

カルタヘナ-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

カルタヘナ-o-07
▲最後がコマ類カード類でした。



★タイル抜き!

カルタヘナ-o-08
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

カルタヘナ-o-09
▲はい、完了…!

カルタヘナ-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

カルタヘナ-o-11
ルールブック(全6ページ・日本語)

表紙が1ページ、基本ルールが2ページ、
そして拡張ルールが3ページという内訳でした。

カルタヘナ-o-12
ゲームボード×8枚

数枚を組み合わせることで完成するゲームボードです。
(使用する枚数でゲームの長さを調整可能)

片面が"地下通路"に、
片面が"島のジャングルの道"に、
それぞれなっています。

道中には6種類のアイコンが描かれていて、
これがすごろくでいうところのマスですね。

カルタヘナ-o-13
船ボード×2枚
カルタヘナ-o-14
牢獄ボード×1枚
カルタヘナ-o-15
海賊の入り江ボード×1枚

いずれもスタート地点ゴール地点に配置するボードです。

地下通路の面か、ジャングルの面かで、
使用するボードを使い分けます。

カルタヘナ-o-16
海賊コマ×5色・各6個

各プレイヤーが動かすコマです。

1人につき6個を受け持ち、
最初に全てのコマを脱獄させたプレイヤーが勝者となります。

カルタヘナ-o-17
▲そして、カード類

カルタヘナ-o-18
カルタヘナ-o-19
カード×102枚

カードは全部で6種類で、
アイコンはゲームボードに描かれているものに対応しています。

早い話が、
出したカードのアイコンのマスに、自分の海賊コマを進める
…というルールです。

背景が黒いカードは、
手札の枚数制限を課す追加ルール導入時にのみ使用し、
制限をオーバーした手札を捨てさせるトリガーとなります。

また、他の追加ルールでは、
カードの種類ごとに特殊効果が付与されます。

カルタヘナ-o-20
宝箱トークン×8枚

追加ルールを導入し、
宝箱のカード特殊効果を発動させたときに獲得できるトークンです。

運が良ければ1~3枚のカードを引けますが、
ヘビが出てしまうと、自分の海賊コマを後退させなければなりません…!



★どんなゲーム?

カルタヘナ」は、カードを使用するレースゲームです!

カルタヘナ-o-21
▲各プレイヤーは6個の海賊コマ全てを、
▲誰よりも早くゴールさせるべく立ち回ります。

自分のターンにできることは、

・カードをプレイして海賊を前進させる

・海賊を後退させてカードを引く

…の2種類です。

この2種類から、1~3アクション(任意)をプレイします!


・カードをプレイして海賊を前進させる

手札からカード1枚を出すことで、
出したカードと同じアイコンの、
いちばん近いマスに海賊コマを前進させられる。

もしも、そのマスに他の海賊コマがあったら、
その次の同じアイコンのマスへ前進させる。


カルタヘナ-o-22
▲例えば、手札から宝箱のカードを出したら、

カルタヘナ-o-23
▲いちばん近い宝箱のマスに、

カルタヘナ-o-24
▲自分の海賊コマ1個を前進させます。

カルタヘナ-o-25
▲あるいは、ランタンのカードを出したら、

カルタヘナ-o-26
▲いちばん近いランタンのマスへ前進となります。

そして…、

カルタヘナ-o-27
▲ここで、もう1枚宝箱のカードを出した場合、

カルタヘナ-o-28
▲いちばん近い宝箱のマスには、すでに他の海賊コマがありますので、

カルタヘナ-o-29
▲1つ目の宝箱のマスは飛び越えて、
2つ目の宝箱のマスまで前進します!

さらにさらに、この状況で…、

カルタヘナ-o-30
次のプレイヤー宝箱のカードを出したら、
▲宝箱のマスは1つ目も2つ目も埋まっていますので、
▲一気に3つ目の宝箱のマスまで前進することができます…!
(うまくいけば1移動でゴールできてしまうことも)

しかし、こうしてカードを出すばかりでは、
手札は減っていく一方ですので…、


・海賊を後退させてカードを引く

自分の海賊コマ1個を、
海賊コマが1~2個あるマスへ後退させることで、
(条件を満たすいちばん近いマスに限る)
カードを1~2枚引くことができる。

後退先のマスの海賊コマの個数が、
1個なら1枚、2個なら2枚のカードを引く。


カルタヘナ-o-31
▲自分の海賊コマを1個選んで、
▲海賊コマが1個or2個あるマスへと、

カルタヘナ-o-32
▲後退させることによって、

カルタヘナ-o-33
▲カードを補充することができます。
(上の画像の場合、後退先の海賊コマが1個なので1枚引く)

カルタヘナ-o-34
▲こちらの後退の場合、赤プレイヤーはカードを2枚引けるわけですね。
※後退先に海賊コマが2個()あるため

このように、
前進後退をくり返すことによって…、

カルタヘナ-o-35
▲いち早く、自分の全ての海賊コマをゴールさせましょう!

カルタヘナ-o-36
▲なお、地下通路だけで満足できなければ、
▲続けてジャングルでの逃亡劇も楽しむことができます。



★コメント

軽くプレイしてみた感想ですが…、
ちょっとシンプルすぎるように感じました。

イメージが近いところでいうと、
いわゆる"ダイヤモンドゲーム"をプレイしている感じ。



言ってしまうと、もの足りないんです…( ̄▽ ̄;)

3歩進んで2歩下がるという展開も、
もっさりしてしまって、常に息苦しさがつきまといました


しかしながら、このゲームには、
いくつかの追加ルールがあって…、

ブラック・マジック・ウーマン」のルールを導入すれば、
カードごとの多彩な特殊効果を発動させることができるようになり、
選択肢が格段に広がりますし、

海賊モーガン」のルールを導入すれば、
他のプレイヤーのコマを前進させることで、
自分のコマを後退させずに済むようになります。

こんな風に、
ルールのカスタマイズができる親切設計ですので、
容易に不満点を補うことができるわけです。

そもそも、基本ルールがシンプルということは、
初心者さんやお子さんに優しいということでもありますよね♪( ̄▽ ̄*)

カルタヘナ-o-37

…ですが、
星屑には、やはりもうひと押し足りません

同じカード系レースゲームであれば、
ファニーバニー」の方が目をひきますし、

同じカード系海賊ゲームであれば、
デッド・マンズ・ドロー」の方がワクワクできますし、

なんというか、拡張要素のアピールは良いのですが、
肝心のゲーム"自体"のインパクトが弱いと思いました。

これはこのままお蔵入りかな…( ̄▽ ̄;)



カルタヘナ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




【2017/08/30 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 カルタヘナ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可