FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-2-00

★ルール確認

前回:ゲームの準備
今回:ゲームの概要←いまココ
次回:コマの配置(その1)


前回の記事でゲームの準備についてはバッチリですので、
今回はゲームの概要をチェックしていきたいと思います!

で、まるっと"概要"なんてコトバでまとめちゃいましたけど、
具体的に何の話かというと申しますと、

★ゲームの終了条件

★ゲームの勝利条件&得点方法

★ターンの流れ

★〈接続〉と〈隣接不可〉について


…以上の4項目です!

まずは表面的なところをサラッと流してから、
順次、細かいところを掘り下げて参ります!



★終了条件


メディナ」の終了条件は、

誰もコマを置けないことです。


メディナ-r-2-01
持ち駒がなくなってしまった

あるいは、
コマが残っていても、置けるマスがなかったすると、
そのプレイヤーのターンは飛ばされます

こうして、コマを置けるプレイヤーだけが残っていき、
最後に、誰もコマを置けなくなったタイミングで、
ゲームは終了するというわけです。



★勝利条件&得点方法


メディナ」の勝者は、

いちばん勝利点の高いプレイヤーです。


そして、その勝利点の獲得方法は、
コマによるものと、タイルによるもの2種類があります。

コマによる勝利点は、
自分の宮殿を構成する建物コマ小屋コマに加えて、
自分の宮殿に隣接する城壁コマ商人コマから獲得します。

タイルによる勝利点は、
ゲーム終了時に保持していたタイルから獲得します。

ここでは、
実際に並べたコマを見ながら、
得点計算の方法をチェックしてみましょう!


☆建物コマ

メディナ-r-2-02
▲自分の色の屋根コマが乗っている、ひと続きの建物コマは、
1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-03
▲この場合、建物コマが5つ連なっていますので、
赤プレイヤー5勝利点を獲得します。
(屋根の下の建物コマのカウントも忘れずに!)


☆小屋コマ

メディナ-r-2-04
▲自分の色の屋根コマが乗っている、ひと続きの建物コマに、
タテヨコで接続している小屋コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-05
▲この場合、3つの小屋コマが接続していますので、
赤プレイヤー3勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③)


※重要※

ひとカタマリの建物コマ小屋コマを、
まとめて"宮殿"と呼称します。

メディナ-r-2-06
建物コマだけでなく、
小屋コマも含めて"宮殿"です!

この"宮殿"というキーワードは、
以降、ちょいちょい登場しますので、
しっかり押さえておきましょう…!



☆城壁コマ

メディナ-r-2-07
▲自分の色の屋根コマが乗っている宮殿(建物コマ&小屋コマ)に、
タテヨコで隣接している城壁コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-08
▲この場合、宮殿には3つの城壁コマが隣接していますので、
赤プレイヤー3勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③+城壁コマ③)


☆商人コマ

メディナ-r-2-09
▲自分の色の屋根コマが乗っている宮殿(建物コマ&屋根コマ)に、
タテヨコで隣接している商人コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-10
▲この場合、

メディナ-r-2-11
▲宮殿には6つの商人コマが隣接していますので、
赤プレイヤー6勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③+城壁コマ③+商人コマ⑥)

結果、赤プレイヤーは、この紫の宮殿から、
5+3+3+6=17勝利点を獲得したわけですね!


☆宮殿タイル&塔タイル

一方、タイルの得点計算は、よりシンプルで…、

メディナ-r-2-12
▲単純に、タイルの数字どおりの勝利点を獲得します。

つまり、
」と記されているタイルは2勝利点ですし、
」と記されているタイルは4勝利点というわけです。

タイルは、ゲーム中に持ち主がコロコロと変わり、
最終的には、ゲーム終了時に保持していたプレイヤーのものとなります。



★ターンの流れ


自分のターンが回ってきたら、

手持ちのコマを2つ配置しなければなりません。


これは強制で、
例え、敵に塩を送ることになってしまうとしても
必ず手持ちのコマ2つを、ゲームボードに置く必要があります。

ただし、
手持ちのコマが残り1つの場合や、
ルール上、どうしても1つしか置けない場合は、
1つだけ置けばOKです。

メディナ-r-2-13

コマを2つ配置するにあたって、
2つのコマの組み合わせは自由となっています。

メディナ-r-2-14
▲全く同じコマを2つでもOKですし、

メディナ-r-2-15
▲色ちがいのコマを1つずつでもOKですし、

メディナ-r-2-16
▲種類ちがいのコマを1つずつでもOKです。

コマを2つ置いたら、
時計回りで次のプレイヤーのターンとなります。



★〈接続〉と〈隣接不可〉について

この記事のラストになりますが、
ここで、ちょっと大事なことを説明しておきます。

次回の記事からは、
コマごとの配置方法をチェックしていくんですが、
その前提として、

〈接続〉と〈隣接不可〉

…について、知っておいてもらいたいのです。

〈接続〉とは、
コマとコマをつなげることを指して、

〈隣接不可〉とは、
つなげられないコマとコマのことを指します。

ここに、大きなポイントがあって、

〈接続〉の場合は、
タテヨコのみであるのに対して、

〈隣接不可〉の場合は、
タテヨコに加えてナナメまで含むんです!

と、コトバで説明しても伝わりにくいですので、
以下、画像を交えて解説していきましょう。


☆〈接続〉はタテ・ヨコ

コマを配置する際、他のコマに接続する場合は、
タテヨコでしか接続できません。

メディナ-r-2-17
▲ボード上にある、紫の建物コマに、
▲新たな紫の建物コマを接続する場合、

メディナ-r-2-18
タテヨコには接続できますが、

メディナ-r-2-19
ナナメには接続できません

…と、これはボードゲームのルールではよく見かける話。

問題はここからです…!


☆〈隣接不可〉はタテ・ヨコ・ナナメ

詳細は後に回しますが、「メディナ」では、
異なる宮殿どうしは〈隣接不可〉というルールがあります。

メディナ-r-2-20
▲例えば、紫の宮殿灰色の宮殿は、
隣接させることができません

ここでいう〈隣接不可〉というのが、
タテヨコで隣接させられないだけでなく、
ナナメでの隣接も不可となっているのです!

少し、例を見てみましょう。

紫の宮殿にごく近い灰色の宮殿に、
新たな灰色の建物を接続するという状況で…、

メディナ-r-2-21
▲この場合、×のマスに灰色の建物コマを置くと、
紫の建物コマタテで隣接してしまいます。
(ので、×のマスには配置できません)

加えて…、

メディナ-r-2-22
▲こちらの×のマスに灰色の建物コマを置いても、
紫の建物コマナナメで隣接してしまいますので…、

メディナ-r-2-23
灰色の建物コマを接続できるのは、
▲こののマスのみというわけなんです。

ちなみに、
"ナナメ隣接不可ルール"に沿って、建物コマの配置を続けると…、

メディナ-r-2-24
▲このような感じになり、
▲宮殿と宮殿の間に"路地裏"が形成され…、

メディナ-r-2-25
▲"路地裏"には、商人コマで"商店街"をつくることができます。

メディナ-r-2-26
▲もしも、宮殿のナナメでの隣接がアリだったらば、
▲せっかくの"路地裏"が分断されてしまいますので…、

メディナ-r-2-27
▲どうやら、それを防ぐために、
ナナメでの隣接は不可というルールにしているようですね。



以上を踏まえた上で、
次回からはコマごとの配置方法をチェックしていきたいと思います!



メディナ 関連記事
→次回:コマの配置(その1)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


前回の記事でゲームの準備についてはバッチリですので、
今回はゲームの概要をチェックしていきたいと思います!

で、まるっと"概要"なんてコトバでまとめちゃいましたけど、
具体的に何の話かというと申しますと、

★ゲームの終了条件

★ゲームの勝利条件&得点方法

★ターンの流れ

★〈接続〉と〈隣接不可〉について


…以上の4項目です!

まずは表面的なところをサラッと流してから、
順次、細かいところを掘り下げて参ります!



★終了条件


メディナ」の終了条件は、

誰もコマを置けないことです。


メディナ-r-2-01
持ち駒がなくなってしまった

あるいは、
コマが残っていても、置けるマスがなかったすると、
そのプレイヤーのターンは飛ばされます

こうして、コマを置けるプレイヤーだけが残っていき、
最後に、誰もコマを置けなくなったタイミングで、
ゲームは終了するというわけです。



★勝利条件&得点方法


メディナ」の勝者は、

いちばん勝利点の高いプレイヤーです。


そして、その勝利点の獲得方法は、
コマによるものと、タイルによるもの2種類があります。

コマによる勝利点は、
自分の宮殿を構成する建物コマ小屋コマに加えて、
自分の宮殿に隣接する城壁コマ商人コマから獲得します。

タイルによる勝利点は、
ゲーム終了時に保持していたタイルから獲得します。

ここでは、
実際に並べたコマを見ながら、
得点計算の方法をチェックしてみましょう!


☆建物コマ

メディナ-r-2-02
▲自分の色の屋根コマが乗っている、ひと続きの建物コマは、
1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-03
▲この場合、建物コマが5つ連なっていますので、
赤プレイヤー5勝利点を獲得します。
(屋根の下の建物コマのカウントも忘れずに!)


☆小屋コマ

メディナ-r-2-04
▲自分の色の屋根コマが乗っている、ひと続きの建物コマに、
タテヨコで接続している小屋コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-05
▲この場合、3つの小屋コマが接続していますので、
赤プレイヤー3勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③)


※重要※

ひとカタマリの建物コマ小屋コマを、
まとめて"宮殿"と呼称します。

メディナ-r-2-06
建物コマだけでなく、
小屋コマも含めて"宮殿"です!

この"宮殿"というキーワードは、
以降、ちょいちょい登場しますので、
しっかり押さえておきましょう…!



☆城壁コマ

メディナ-r-2-07
▲自分の色の屋根コマが乗っている宮殿(建物コマ&小屋コマ)に、
タテヨコで隣接している城壁コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-08
▲この場合、宮殿には3つの城壁コマが隣接していますので、
赤プレイヤー3勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③+城壁コマ③)


☆商人コマ

メディナ-r-2-09
▲自分の色の屋根コマが乗っている宮殿(建物コマ&屋根コマ)に、
タテヨコで隣接している商人コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-10
▲この場合、

メディナ-r-2-11
▲宮殿には6つの商人コマが隣接していますので、
赤プレイヤー6勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③+城壁コマ③+商人コマ⑥)

結果、赤プレイヤーは、この紫の宮殿から、
5+3+3+6=17勝利点を獲得したわけですね!


☆宮殿タイル&塔タイル

一方、タイルの得点計算は、よりシンプルで…、

メディナ-r-2-12
▲単純に、タイルの数字どおりの勝利点を獲得します。

つまり、
」と記されているタイルは2勝利点ですし、
」と記されているタイルは4勝利点というわけです。

タイルは、ゲーム中に持ち主がコロコロと変わり、
最終的には、ゲーム終了時に保持していたプレイヤーのものとなります。



★ターンの流れ


自分のターンが回ってきたら、

手持ちのコマを2つ配置しなければなりません。


これは強制で、
例え、敵に塩を送ることになってしまうとしても
必ず手持ちのコマ2つを、ゲームボードに置く必要があります。

ただし、
手持ちのコマが残り1つの場合や、
ルール上、どうしても1つしか置けない場合は、
1つだけ置けばOKです。

メディナ-r-2-13

コマを2つ配置するにあたって、
2つのコマの組み合わせは自由となっています。

メディナ-r-2-14
▲全く同じコマを2つでもOKですし、

メディナ-r-2-15
▲色ちがいのコマを1つずつでもOKですし、

メディナ-r-2-16
▲種類ちがいのコマを1つずつでもOKです。

コマを2つ置いたら、
時計回りで次のプレイヤーのターンとなります。



★〈接続〉と〈隣接不可〉について

この記事のラストになりますが、
ここで、ちょっと大事なことを説明しておきます。

次回の記事からは、
コマごとの配置方法をチェックしていくんですが、
その前提として、

〈接続〉と〈隣接不可〉

…について、知っておいてもらいたいのです。

〈接続〉とは、
コマとコマをつなげることを指して、

〈隣接不可〉とは、
つなげられないコマとコマのことを指します。

ここに、大きなポイントがあって、

〈接続〉の場合は、
タテヨコのみであるのに対して、

〈隣接不可〉の場合は、
タテヨコに加えてナナメまで含むんです!

と、コトバで説明しても伝わりにくいですので、
以下、画像を交えて解説していきましょう。


☆〈接続〉はタテ・ヨコ

コマを配置する際、他のコマに接続する場合は、
タテヨコでしか接続できません。

メディナ-r-2-17
▲ボード上にある、紫の建物コマに、
▲新たな紫の建物コマを接続する場合、

メディナ-r-2-18
タテヨコには接続できますが、

メディナ-r-2-19
ナナメには接続できません

…と、これはボードゲームのルールではよく見かける話。

問題はここからです…!


☆〈隣接不可〉はタテ・ヨコ・ナナメ

詳細は後に回しますが、「メディナ」では、
異なる宮殿どうしは〈隣接不可〉というルールがあります。

メディナ-r-2-20
▲例えば、紫の宮殿灰色の宮殿は、
隣接させることができません

ここでいう〈隣接不可〉というのが、
タテヨコで隣接させられないだけでなく、
ナナメでの隣接も不可となっているのです!

少し、例を見てみましょう。

紫の宮殿にごく近い灰色の宮殿に、
新たな灰色の建物を接続するという状況で…、

メディナ-r-2-21
▲この場合、×のマスに灰色の建物コマを置くと、
紫の建物コマタテで隣接してしまいます。
(ので、×のマスには配置できません)

加えて…、

メディナ-r-2-22
▲こちらの×のマスに灰色の建物コマを置いても、
紫の建物コマナナメで隣接してしまいますので…、

メディナ-r-2-23
灰色の建物コマを接続できるのは、
▲こののマスのみというわけなんです。

ちなみに、
"ナナメ隣接不可ルール"に沿って、建物コマの配置を続けると…、

メディナ-r-2-24
▲このような感じになり、
▲宮殿と宮殿の間に"路地裏"が形成され…、

メディナ-r-2-25
▲"路地裏"には、商人コマで"商店街"をつくることができます。

メディナ-r-2-26
▲もしも、宮殿のナナメでの隣接がアリだったらば、
▲せっかくの"路地裏"が分断されてしまいますので…、

メディナ-r-2-27
▲どうやら、それを防ぐために、
ナナメでの隣接は不可というルールにしているようですね。



以上を踏まえた上で、
次回からはコマごとの配置方法をチェックしていきたいと思います!



メディナ 関連記事
→次回:コマの配置(その1)

ボードゲーム記事一覧



【2017/09/07 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可