FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「キョンシー」




★開封

キョンシー-o-01
▲今回は福岡市のイエサブさんで購入しました!


★箱の外観

キョンシー-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

キョンシーとトレジャーハンターたちのイラストです。
それにしても、ずいぶんと可愛らしいハンターさんっすね…( ̄▽ ̄*)

キョンシー-o-03
▲箱のウラ面

右側に、ハンターがキョンシーによって捕まえられている図があります。
中央に貼り付けてあるのは日本語説明書ですね。

キョンシー-o-04
スペック

プレイ人数2~5人で、
プレイ時間20分
対象年齢8歳~です。

なお、
2人プレイ時は専用ルールを採用することになります(1人2役的な)。



★箱をオープン!

キョンシー-o-05
▲一発目はチラシ

キョンシー-o-06
▲ここにルルブですね。

キョンシー-o-07
▲その下にボードがあって、

キョンシー-o-08
▲さらにボードと、カード類トークン類

キョンシー-o-09
▲底部にダイスマグネットがありました。

このゲームは、箱自体も使用するだけあって、
内箱が特徴的なカタチになっています…!( ̄▽ ̄*)



★内容物

キョンシー-o-10
チラシ×1部

有名なタイトルも、初めて見るタイトルも載って、
さらに、それらのロゴが中国語になっていて面白いです!

キョンシー-o-11
ルールブック(中国語&英語)

"THE STORY"は"故事"になるのかぁ…てな感じで、
これまた比較してみると面白いルルブになっています。

キョンシー-o-12
マグネットボード×1枚

内箱の中央に"挿し込む"ボードです。

ボード自体がマグネットになっていて、
磁石をくっつけることができます。

キョンシー-o-13
カバーボード×2枚

マグネットボードの両サイドに配置するボードです。

入口のボードがトレジャーハンター側で、
仮面のボードがキョンシー側になります。

キョンシー-o-14
キョンシーコマ×1セット

マグネットボードにくっつけるコマです。
ボードを挟み込むカタチで、大小2つのコマをくっつけます。

キョンシー-o-15
▲木製コマの反対側はマグネット

キョンシー-o-16
トレジャーハンターコマ×4

キョンシーコマと同じく、マグネットになっているコマです。
こちらはトレジャーハンターたちが使用します。

キョンシー-o-17
ライフトークン×4色・各3枚

4色のトレジャーハンターコマに対応しているトークンです。

ハンターがキョンシーに捕まると奪われてしまい、
これがキョンシーの勝利条件となります。

キョンシー-o-18
キョンシーダイス×1

」~「」の目があるダイスです。

キョンシーのターンに振って、
キョンシーの移動マス数を決定します。

キョンシー-o-19
トレジャーハンターダイス×5個

」~「」と「矢印」と「キョンシー」の目があるダイスです。

各トレジャーハンターのターンに振って、
やはり移動マス数を決定します。

何度でも振り直しが可能ですが、
キョンシー」の目が出ると、そのダイスはロックされてしまい、
解除する際に、キョンシーの割込ターンが発生してしまいます…!

キョンシー-o-20
▲最後にカード類

キョンシー-o-21
ミッションカード×23枚

トレジャーハンターの勝利条件となるカードです。

ゲーム開始時、
各ハンターは1色につき1枚(計5枚)のカードを引いて、
盗み出すべきお宝を決定し、
それら全てのマスに到達できたらゲームに勝利します!



★組み立て

組み立てといっても、なんちゃなくて、

キョンシー-o-22
マグネットボードを内箱に挿し込んで、

キョンシー-o-23
▲そのサイドにカバーボードをかぶせたら完成!



★どんなゲーム?

キョンシー」は、
プレイヤーのうち1人が"キョンシー"に、
残り全員が"トレジャーハンター"になり、
非対称戦をくり広げるゲームです。

キョンシー-o-24
▲トレジャーハンターたちとキョンシーは、
▲マグネットボードを挟んで向かい合い…、

キョンシー-o-26
▲各トレジャーハンターは、
▲ダイスを振ってコマを動かし、

キョンシー-o-25
▲自分のミッションカードに示された5ヵ所のマス全てに、
▲到達することを目指します。

キョンシー-o-27
▲一方のキョンシーは、コマを動かすことで、

キョンシー-o-28
▲ハンターたちを規定回数、捕まえることを目指します。
▲ただし、キョンシー側からは、
▲ハンターたちの姿は全く見えません…!

これ一見、「スコラン」みたいな協力型ゲームっぽいですが、
基本的にハンター勢も個人戦なんですね。



★コメント

名作「呪いのミイラ」のリメイク版という触れ込みを見て、
手に取らずにはいられなかったタイトルです!

なにぶん、あちらは散々迷った挙句に買い逃してしまい、
じわじわとプレ値になってしまったもので…( ̄▽ ̄;)


それで、ワクワクしながらルールブックを読んでみると、
なんというか"逆スコットランドヤード"という印象を受けました。

スコットランドヤードでいえば、
ミスターXのコマが常に見えていて、
刑事たちのコマが隠れてしまう感じですね。

刑事たちは、各々の目的地を巡り、
ミスターXは、その動きを予想して捕まえて回るって流れです。

とはいえ、こちらにはダイスがありますので、
プレイ感は全く違うでしょうね。


どうでもいいけど、このゲームのキョンシーを見てると、
ラグナロクオンライン」のフェイヨンダンジョンを思い出すなぁ…。

それはともかく、このゲームは3人以上でのプレイが良さげですので、
とりあえず今週末のボドゲ会に持ち込んでみたいと思います!



キョンシー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

キョンシー-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

キョンシーとトレジャーハンターたちのイラストです。
それにしても、ずいぶんと可愛らしいハンターさんっすね…( ̄▽ ̄*)

キョンシー-o-03
▲箱のウラ面

右側に、ハンターがキョンシーによって捕まえられている図があります。
中央に貼り付けてあるのは日本語説明書ですね。

キョンシー-o-04
スペック

プレイ人数2~5人で、
プレイ時間20分
対象年齢8歳~です。

なお、
2人プレイ時は専用ルールを採用することになります(1人2役的な)。



★箱をオープン!

キョンシー-o-05
▲一発目はチラシ

キョンシー-o-06
▲ここにルルブですね。

キョンシー-o-07
▲その下にボードがあって、

キョンシー-o-08
▲さらにボードと、カード類トークン類

キョンシー-o-09
▲底部にダイスマグネットがありました。

このゲームは、箱自体も使用するだけあって、
内箱が特徴的なカタチになっています…!( ̄▽ ̄*)



★内容物

キョンシー-o-10
チラシ×1部

有名なタイトルも、初めて見るタイトルも載って、
さらに、それらのロゴが中国語になっていて面白いです!

キョンシー-o-11
ルールブック(中国語&英語)

"THE STORY"は"故事"になるのかぁ…てな感じで、
これまた比較してみると面白いルルブになっています。

キョンシー-o-12
マグネットボード×1枚

内箱の中央に"挿し込む"ボードです。

ボード自体がマグネットになっていて、
磁石をくっつけることができます。

キョンシー-o-13
カバーボード×2枚

マグネットボードの両サイドに配置するボードです。

入口のボードがトレジャーハンター側で、
仮面のボードがキョンシー側になります。

キョンシー-o-14
キョンシーコマ×1セット

マグネットボードにくっつけるコマです。
ボードを挟み込むカタチで、大小2つのコマをくっつけます。

キョンシー-o-15
▲木製コマの反対側はマグネット

キョンシー-o-16
トレジャーハンターコマ×4

キョンシーコマと同じく、マグネットになっているコマです。
こちらはトレジャーハンターたちが使用します。

キョンシー-o-17
ライフトークン×4色・各3枚

4色のトレジャーハンターコマに対応しているトークンです。

ハンターがキョンシーに捕まると奪われてしまい、
これがキョンシーの勝利条件となります。

キョンシー-o-18
キョンシーダイス×1

」~「」の目があるダイスです。

キョンシーのターンに振って、
キョンシーの移動マス数を決定します。

キョンシー-o-19
トレジャーハンターダイス×5個

」~「」と「矢印」と「キョンシー」の目があるダイスです。

各トレジャーハンターのターンに振って、
やはり移動マス数を決定します。

何度でも振り直しが可能ですが、
キョンシー」の目が出ると、そのダイスはロックされてしまい、
解除する際に、キョンシーの割込ターンが発生してしまいます…!

キョンシー-o-20
▲最後にカード類

キョンシー-o-21
ミッションカード×23枚

トレジャーハンターの勝利条件となるカードです。

ゲーム開始時、
各ハンターは1色につき1枚(計5枚)のカードを引いて、
盗み出すべきお宝を決定し、
それら全てのマスに到達できたらゲームに勝利します!



★組み立て

組み立てといっても、なんちゃなくて、

キョンシー-o-22
マグネットボードを内箱に挿し込んで、

キョンシー-o-23
▲そのサイドにカバーボードをかぶせたら完成!



★どんなゲーム?

キョンシー」は、
プレイヤーのうち1人が"キョンシー"に、
残り全員が"トレジャーハンター"になり、
非対称戦をくり広げるゲームです。

キョンシー-o-24
▲トレジャーハンターたちとキョンシーは、
▲マグネットボードを挟んで向かい合い…、

キョンシー-o-26
▲各トレジャーハンターは、
▲ダイスを振ってコマを動かし、

キョンシー-o-25
▲自分のミッションカードに示された5ヵ所のマス全てに、
▲到達することを目指します。

キョンシー-o-27
▲一方のキョンシーは、コマを動かすことで、

キョンシー-o-28
▲ハンターたちを規定回数、捕まえることを目指します。
▲ただし、キョンシー側からは、
▲ハンターたちの姿は全く見えません…!

これ一見、「スコラン」みたいな協力型ゲームっぽいですが、
基本的にハンター勢も個人戦なんですね。



★コメント

名作「呪いのミイラ」のリメイク版という触れ込みを見て、
手に取らずにはいられなかったタイトルです!

なにぶん、あちらは散々迷った挙句に買い逃してしまい、
じわじわとプレ値になってしまったもので…( ̄▽ ̄;)


それで、ワクワクしながらルールブックを読んでみると、
なんというか"逆スコットランドヤード"という印象を受けました。

スコットランドヤードでいえば、
ミスターXのコマが常に見えていて、
刑事たちのコマが隠れてしまう感じですね。

刑事たちは、各々の目的地を巡り、
ミスターXは、その動きを予想して捕まえて回るって流れです。

とはいえ、こちらにはダイスがありますので、
プレイ感は全く違うでしょうね。


どうでもいいけど、このゲームのキョンシーを見てると、
ラグナロクオンライン」のフェイヨンダンジョンを思い出すなぁ…。

それはともかく、このゲームは3人以上でのプレイが良さげですので、
とりあえず今週末のボドゲ会に持ち込んでみたいと思います!



キョンシー 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/10/11 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 キョンシー  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。