RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キャメルアップ」




★開封

キャメル-o-01
▲両親からのドイツ土産その2♪♪( ̄▽ ̄*)


★箱の外観

キャメル-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ラクダにラクダが乗っている、相変わらずなイラストですね!
後方にはピラミッドがそびえ立っています。

キャメル-o-03
▲箱のウラ面

しっかりとプレイ風景を収めた写真です。
下部にはドイツ年間ゲーム大賞のロゴがありますね!

キャメル-o-04
日本語版とのサイズ比較。

全く同じサイズです。
スペックだけ見やすくなっていますね。

キャメル-o-05
スペック

プレイ人数は、かなり広い2~8人で、
プレイ時間は、短めの20~30分
対象年齢8歳~です。

なお、拡張の「スーパーカップ」を買い足すことで、
最大10人までプレイ可能となります!



★箱をオープン!

キャメル-o-06
▲一発目はタイル台紙

キャメル-o-07
▲さらにタイル台紙があって、

キャメル-o-08
ルルブはここにありました。

キャメル-o-09
▲その下にゲームボードと、

キャメル-o-10
カード類ダイスコマがあって、以上となります。



★タイル抜き!

キャメル-o-11
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

キャメル-o-12
▲はい、完了…!

キャメル-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□□■□楽

ぬきやすさ
:難□□□■□易



★ピラミッドの組み立て!

さて、お次は、
台紙から抜き出したピラミッドのパーツを組み立てていきましょう!

キャメル-o-14
▲お手本はルールブックに図解されています。

キャメル-o-15
▲まず、外側のパーツを広げてから、
▲その上に、内側のパーツを立てます。

キャメル-o-16
▲次に、外側のパーツで、
▲内側のパーツを包み込んでいきます。

キャメル-o-17
▲ヨコ→タテの順で四方すべてを包み込んだら、

キャメル-o-18
▲タテのツマミにひっかかるように、輪ゴムを掛けます。

キャメル-o-19
▲最後に、レバーを挿し込んで、
▲レバーの2ヵ所の凹部(画像左側)に輪ゴムを掛けたら…、

キャメル-o-20
▲ピラミッドの完成です!



★内容物

キャメル-o-21
ルールブック(全4ページ)

この箱には、ドイツ語英語のルルブが入っていました。

キャメル-o-22
チラシ×1部

いつの間にかアプリになっていたんですね…!( ̄▽ ̄ )シランカッタ

キャメル-o-23
ゲームボード×1枚

ラクダが走るレースコースと、
タイルやカードの配置場所を兼ね揃えたボードです。

左側の正方形の空き地には、
ピラミッドを置くことになります。

キャメル-o-24
ラクダ×5体

レースコースを走るラクダたちです。

キャメル-o-25
ダイス×5個

ラクダたちは、
自分と同じ色のダイスの出目によって前進していきます。

つまり、
青ダイスで「」の目が出たら、
青ラクダが1マス進む…という感じですね。

なお、5色のダイスの目は全て同じで、
」「」「」「」「」「」の6面となっています。

キャメル-o-26
レグ投票タイル×5色・各3枚

やはりラクダと同じ5色の、投票タイルです。

このタイルを取ることによって、
レースの途中経過を予想します。

キャメル-o-27
ピラミッドタイル×5枚

1エジプトポンドの表示があるタイルです。

このタイルを取ったら、
ピラミッドを使ってダイスを振り、
ラクダを動かします。

キャメル-o-28
砂漠タイル×8枚

8人のキャラクターに加えて、
蜃気楼とオアシスのイラストが描かれているタイルです。

これをレースコース上に置くことで、
ラクダの歩数を変動させることができます。

キャメル-o-29
スタートプレイヤーマーカー×1枚
エジプトポンドコイン(1&5)

このゲームでの通貨は"エジプトポンド"です。

1エジプトポンド」「5エジプトポンド」…と呼称します。

キャメル-o-30
▲最後にカード類

キャメル-o-31
エジプトポンドカード(10&20)

エジプトポンドのお札です。

これが持てるくらい稼げたらいいなぁ…( ̄▽ ̄*)

キャメル-o-32
レース投票カード×8人ぶん・各5枚

各プレイヤーに5枚ずつ配られて、
レースの最終結果を予想するのに使うカードです。

なお、1位のラクダだけではなく、
最下位のラクダも予想対象になります。

キャメル-o-33
予備の輪ゴム(2本)

これを忘れていました。

ピラミッドは、老朽化すると輪ゴムが切れてしまいますので、
そのときに掛け直しましょう。

逆に、擦り切れるくらいプレイできたというのは、
ある種の勲章になりそうですね!( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?

キャメルアップ」は、
競馬ならぬ"競ラクダ"ゲームです!

キャメル-o-34
▲ピラミッドに5色のダイスを投入し、

キャメル-o-35
▲ピラミッド内でダイスをシャッフルした後、

キャメル-o-36
▲出てきたダイスの色と数字によって、

キャメル-o-37
▲同色のラクダが、

キャメル-o-38
▲数字ぶんの歩数、前進します。

以上が基本的な動きなんですが、
このゲームのユニークなポイントとして…、

ラクダどうしは、同じマスでは何体でも重なるんです!

キャメル-o-39
▲いま、白ラクダが1マス前進するところですが、
▲移動先のマスには、すでに黄ラクダがいますので…、

キャメル-o-40
▲背負っている青ラクダごと、
黄ラクダの上に乗ってしまいました…!

このあと、黄ラクダが動けば、
上の白ラクダ青ラクダも一緒に…となるわけです!!

こうして1マスに固まっているラクダたちのことを、
キャメルアップでは"ラクダ集団"と呼称されます。

キャメル-o-41
▲レース中、5体でのラクダ集団が発生すると、
▲ものすごく盛り上がるんですが…、

さて、こんな感じでハチャメチャなレース、
うまく勝ちラクダを的中させることができるでしょうか…?



★コメント

両親からのドイツ土産・第2弾は、
キングドミノ」と同じくドイツ年間ゲーム大賞作品の…、

キャメル-o-44
▲「キャメルアップ」でした!

思いがけず2017年と2014年の大賞が揃い踏み!!

っていうか、もうキャメルアップって3年前の作品なんですね…。

2014年っていうと、このブログを立ち上げた年で、
星屑はといえば、まだまだ駆け出しのボードゲーマーでしたが、
キャメルアップは初心者にも優しいゲームでしたので、
何度も何度もプレイした記憶があります。

当時の記事

しかしながら、
2015年に「コルト・エクスプレス」が発売されて、
そちらばかりプレイするようになり、
キャメルアップの卓を立てる頻度は
だんだんと減っていきました。

こうして、ご無沙汰状態が続いていたんですが…、

そんな折、今年の7月だったでしょうか、
福岡市で開催された「ボードゲームフェスタ」にて、
キャメルアップをインストする機会があり、
これがキッカケで星屑キャメル熱が再燃…!

久しぶりに、自分のボドゲ会でもキャメル卓を立てようと、
所有している日本語版の箱を久々に開けて…開けて…、
あ、あれ、内容物の一部が足りない…!?

せっかくキャメル熱が再燃したのに、
痛恨のコンポーネント紛失で、
キャメル卓を立てられず…( ̄▽ ̄;)

星屑不完全燃焼プスプスってな感じに陥っておりました。

そこに!
そこにですよ!

キャメル-o-43

意図せず2箱目のキャメルアップが舞い込んできてくれて、
なにか、こう運命のようなものを感じずにはいられません…!

キャメル-o-42

ボードゲーム会においても、
プレイ人数の融通が利いて時間も短めで
初心者さんからベテランさんまでフェアで楽しめて
と、かなり扱いやすい部類のタイトルですので、
ここからフル活用させてもらいたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



キャメルアップ 関連記事
拡張開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

キャメル-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ラクダにラクダが乗っている、相変わらずなイラストですね!
後方にはピラミッドがそびえ立っています。

キャメル-o-03
▲箱のウラ面

しっかりとプレイ風景を収めた写真です。
下部にはドイツ年間ゲーム大賞のロゴがありますね!

キャメル-o-04
日本語版とのサイズ比較。

全く同じサイズです。
スペックだけ見やすくなっていますね。

キャメル-o-05
スペック

プレイ人数は、かなり広い2~8人で、
プレイ時間は、短めの20~30分
対象年齢8歳~です。

なお、拡張の「スーパーカップ」を買い足すことで、
最大10人までプレイ可能となります!



★箱をオープン!

キャメル-o-06
▲一発目はタイル台紙

キャメル-o-07
▲さらにタイル台紙があって、

キャメル-o-08
ルルブはここにありました。

キャメル-o-09
▲その下にゲームボードと、

キャメル-o-10
カード類ダイスコマがあって、以上となります。



★タイル抜き!

キャメル-o-11
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

キャメル-o-12
▲はい、完了…!

キャメル-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□□■□楽

ぬきやすさ
:難□□□■□易



★ピラミッドの組み立て!

さて、お次は、
台紙から抜き出したピラミッドのパーツを組み立てていきましょう!

キャメル-o-14
▲お手本はルールブックに図解されています。

キャメル-o-15
▲まず、外側のパーツを広げてから、
▲その上に、内側のパーツを立てます。

キャメル-o-16
▲次に、外側のパーツで、
▲内側のパーツを包み込んでいきます。

キャメル-o-17
▲ヨコ→タテの順で四方すべてを包み込んだら、

キャメル-o-18
▲タテのツマミにひっかかるように、輪ゴムを掛けます。

キャメル-o-19
▲最後に、レバーを挿し込んで、
▲レバーの2ヵ所の凹部(画像左側)に輪ゴムを掛けたら…、

キャメル-o-20
▲ピラミッドの完成です!



★内容物

キャメル-o-21
ルールブック(全4ページ)

この箱には、ドイツ語英語のルルブが入っていました。

キャメル-o-22
チラシ×1部

いつの間にかアプリになっていたんですね…!( ̄▽ ̄ )シランカッタ

キャメル-o-23
ゲームボード×1枚

ラクダが走るレースコースと、
タイルやカードの配置場所を兼ね揃えたボードです。

左側の正方形の空き地には、
ピラミッドを置くことになります。

キャメル-o-24
ラクダ×5体

レースコースを走るラクダたちです。

キャメル-o-25
ダイス×5個

ラクダたちは、
自分と同じ色のダイスの出目によって前進していきます。

つまり、
青ダイスで「」の目が出たら、
青ラクダが1マス進む…という感じですね。

なお、5色のダイスの目は全て同じで、
」「」「」「」「」「」の6面となっています。

キャメル-o-26
レグ投票タイル×5色・各3枚

やはりラクダと同じ5色の、投票タイルです。

このタイルを取ることによって、
レースの途中経過を予想します。

キャメル-o-27
ピラミッドタイル×5枚

1エジプトポンドの表示があるタイルです。

このタイルを取ったら、
ピラミッドを使ってダイスを振り、
ラクダを動かします。

キャメル-o-28
砂漠タイル×8枚

8人のキャラクターに加えて、
蜃気楼とオアシスのイラストが描かれているタイルです。

これをレースコース上に置くことで、
ラクダの歩数を変動させることができます。

キャメル-o-29
スタートプレイヤーマーカー×1枚
エジプトポンドコイン(1&5)

このゲームでの通貨は"エジプトポンド"です。

1エジプトポンド」「5エジプトポンド」…と呼称します。

キャメル-o-30
▲最後にカード類

キャメル-o-31
エジプトポンドカード(10&20)

エジプトポンドのお札です。

これが持てるくらい稼げたらいいなぁ…( ̄▽ ̄*)

キャメル-o-32
レース投票カード×8人ぶん・各5枚

各プレイヤーに5枚ずつ配られて、
レースの最終結果を予想するのに使うカードです。

なお、1位のラクダだけではなく、
最下位のラクダも予想対象になります。

キャメル-o-33
予備の輪ゴム(2本)

これを忘れていました。

ピラミッドは、老朽化すると輪ゴムが切れてしまいますので、
そのときに掛け直しましょう。

逆に、擦り切れるくらいプレイできたというのは、
ある種の勲章になりそうですね!( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?

キャメルアップ」は、
競馬ならぬ"競ラクダ"ゲームです!

キャメル-o-34
▲ピラミッドに5色のダイスを投入し、

キャメル-o-35
▲ピラミッド内でダイスをシャッフルした後、

キャメル-o-36
▲出てきたダイスの色と数字によって、

キャメル-o-37
▲同色のラクダが、

キャメル-o-38
▲数字ぶんの歩数、前進します。

以上が基本的な動きなんですが、
このゲームのユニークなポイントとして…、

ラクダどうしは、同じマスでは何体でも重なるんです!

キャメル-o-39
▲いま、白ラクダが1マス前進するところですが、
▲移動先のマスには、すでに黄ラクダがいますので…、

キャメル-o-40
▲背負っている青ラクダごと、
黄ラクダの上に乗ってしまいました…!

このあと、黄ラクダが動けば、
上の白ラクダ青ラクダも一緒に…となるわけです!!

こうして1マスに固まっているラクダたちのことを、
キャメルアップでは"ラクダ集団"と呼称されます。

キャメル-o-41
▲レース中、5体でのラクダ集団が発生すると、
▲ものすごく盛り上がるんですが…、

さて、こんな感じでハチャメチャなレース、
うまく勝ちラクダを的中させることができるでしょうか…?



★コメント

両親からのドイツ土産・第2弾は、
キングドミノ」と同じくドイツ年間ゲーム大賞作品の…、

キャメル-o-44
▲「キャメルアップ」でした!

思いがけず2017年と2014年の大賞が揃い踏み!!

っていうか、もうキャメルアップって3年前の作品なんですね…。

2014年っていうと、このブログを立ち上げた年で、
星屑はといえば、まだまだ駆け出しのボードゲーマーでしたが、
キャメルアップは初心者にも優しいゲームでしたので、
何度も何度もプレイした記憶があります。

当時の記事

しかしながら、
2015年に「コルト・エクスプレス」が発売されて、
そちらばかりプレイするようになり、
キャメルアップの卓を立てる頻度は
だんだんと減っていきました。

こうして、ご無沙汰状態が続いていたんですが…、

そんな折、今年の7月だったでしょうか、
福岡市で開催された「ボードゲームフェスタ」にて、
キャメルアップをインストする機会があり、
これがキッカケで星屑キャメル熱が再燃…!

久しぶりに、自分のボドゲ会でもキャメル卓を立てようと、
所有している日本語版の箱を久々に開けて…開けて…、
あ、あれ、内容物の一部が足りない…!?

せっかくキャメル熱が再燃したのに、
痛恨のコンポーネント紛失で、
キャメル卓を立てられず…( ̄▽ ̄;)

星屑不完全燃焼プスプスってな感じに陥っておりました。

そこに!
そこにですよ!

キャメル-o-43

意図せず2箱目のキャメルアップが舞い込んできてくれて、
なにか、こう運命のようなものを感じずにはいられません…!

キャメル-o-42

ボードゲーム会においても、
プレイ人数の融通が利いて時間も短めで
初心者さんからベテランさんまでフェアで楽しめて
と、かなり扱いやすい部類のタイトルですので、
ここからフル活用させてもらいたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



キャメルアップ 関連記事
拡張開封記事

ボードゲーム記事一覧



【2017/10/14 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 キャメルアップ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可