FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ルート・アイランド」




★開封

ルーアイ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

ルーアイ-o-02
▲まず、外装の外に日本語説明書

ルーアイ-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

洞窟の中から、舞台となる島を覗く構図のイラストですね。
手前には宝箱がありますが、クモの巣が張ってあり、
もう長らく放置されていることが伺えます…!

ルーアイ-o-04
▲箱のウラ面

プレイ中のイメージ図を見るに、
ゲームボードの周りにカードを配置するゲームのようです。

ルーアイ-o-05
スペック

プレイ人数2~5人で、
プレイ時間30~60分
対象年齢10歳~となっています。

基本的には5人ゲームが標準となっていて、
3~4人プレイ時には使用するカードの枚数が減り、
2人プレイ時は専用ルールを適用するようです。



★箱をオープン!

ルーアイ-o-06
▲一発目はルルブ

ルーアイ-o-07
▲その下にシール…、
▲あ、これ面倒くさいヤツや…( ̄▽ ̄;)

ルーアイ-o-08
▲さらにタイル台紙があって、

ルーアイ-o-09
ゲームボードと、

ルーアイ-o-10
カード類コマ類

ルーアイ-o-11
▲底にカード類ジッパースコアシートがあって、
▲以上でした!



★タイル抜き!

ルーアイ-o-12
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ルーアイ-o-13
▲はい、完了…!

ルーアイ-o-14
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲タイルはたったの8枚なので、あっという間でしたね♪( ̄▽ ̄*)

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★シール貼り!

ルーアイ-o-15
▲続いて、全15個ディスクの両面に、
方位磁針のシールを貼っていきます。

せーの、ぺたぺたぺたぺた……

ルーアイ-o-16
▲は、はい終わり…!
▲30枚とはいえ、慎重さが求められるシール貼りは、
▲やたらと肩がこりました…( ̄▽ ̄;)



★内容物

ルーアイ-o-17
ルールブック(3ヵ国語・各16ページ)

英語フランス語オランダ語での3冊のルルブです。

各所に、しっかりとプレイの例が示されていて、
とても親切な印象を受けました♪( ̄▽ ̄*)

ルーアイ-o-24
得点パッド×1冊

財宝の種類ごとの得点と、
その他の得失点の欄が並ぶスコアシートです。

わりと得点計算が複雑っぽいですね。

ルーアイ-o-18
ゲームボード×1枚

ゲームの舞台となる島が描かれたボードです。

東西南北の各辺には、それぞれ2ヵ所の"上陸地"があり、
各辺の間には、船のコマを置くスペースがあります。

ルーアイ-o-19
×1つ

ゲームボードの、四角い枠に配置する船のコマです。

この船はラウンドごとに移動して、
舳先が向いている辺の上陸地を探検し、
プレイヤーたちは財宝を探すことになります。

ルーアイ-o-20
方位磁針ディスク×5色・各3個

各プレイヤーが3個ずつ持つディスクです。

任意の上陸地に、地図カードと一緒に配置して、
財宝獲得の権利を示すために使います。

ルーアイ-o-21
呪いキューブ×80個

財宝のオマケで受け取ることになる"呪い"です。
(一部の財宝は、逆に解呪してくれることも)

この呪いの数に応じて、
ゲーム終了時に財宝の価値が下がる(=勝利点が減る)可能性があり、
また、13個以上持ったままでゲームを終えてしまうと、
ゲームから退場させられてしまいます…!

ルーアイ-o-22
開始プレイヤータイル×1枚

現在のスタートプレイヤーが誰かを示すタイルです。

各ラウンドで、
最初にアクションをパスしたプレイヤーが受け取り、
次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

加えて、ゲーム終了時に開始プレイヤータイルを保持していれば、
報酬として金貨5(=5勝利点)を得ることができます!

ルーアイ-o-23
小島タイル×7枚

ゲームボードの隣に並べるタイルです。

上陸地に方位磁針ディスクや地図カードを配置する代わりに、
小島タイルを使用することで、特別なアクションをプレイすることができます。

ルーアイ-o-25
▲最後にカード類。だいぶ分厚いですね…!

ルーアイ-o-26
人物カード×5枚

各プレイヤーを表すカードです。

人物ごとの特殊能力などは特になく、
各プレイヤーの色だけを示しています。

ルーアイ-o-27
早見表カード×5枚

各プレイヤーに配るサマリーです。

財宝の種類ごとの得点計算方法や、
略奪品を捨てた際のメリットが記載されています。

ルーアイ-o-28
地図カード×88枚

財宝を探すための、宝の地図の断片です。

プレイヤーたちが、この地図カードを出していくことによって、
上陸地を探検した際に、財宝を発見することができます!

カードの色は4色、そして数字は「1~10」と「」があり、
地図カードを出すにあたっては、

・同じ色をフォローしなければならない
・すでに出ている数字以上でなければならない

…といったルールを守らなければなりません。

ルーアイ-o-29
財宝カード×74枚

このゲームでの得点源となる、お宝の数々です。

ただし、大半の財宝カードの右肩には呪いのアイコンがあって、
財宝と一緒に呪いキューブも受け取らなければなりません…!

ルーアイ-o-30
イベントカード×18枚

ラウンドごとに発生するイベントを示すカードです。

このゲームは全5ラウンドですので、
1ゲームで使用するイベントカードも5枚となります。

ルーアイ-o-31
呪術師カード×14枚

ゲーム終了時に、1人につき1枚を受け取ることになるカードです。
(呪いキューブを持っていないプレイヤーは免除)

島で受けた呪いを解くために、
呪術師に提示されたコストを支払わなければなりません。
(支払えなければゲームから退場)



★どんなゲーム?

ルート・アイランド」は、
協力&出し抜き型のカードゲームです!

気高く男前のトレジャーハンター(あなた)として、
インド洋に浮かぶ曰く付きの島に降り立ち、
手にした古の地図の断片を組み合わせて、
"略奪品の島(ルート・アイランド)"から、
さまざまな財宝を見つけ出しましょう…!

ルーアイ-o-32
▲プレイヤーは各"上陸地"に、

ルーアイ-o-33
▲自分の方位磁針ディスクを置き、
▲さらに地図カードを重ねていきます。

こうして…、

ルーアイ-o-34
▲地図カードが合わせて6枚以上ある上陸地にが着いたら、

ルーアイ-o-35
探検によって、宝箱アイコンの数に応じた財宝を発見することができ、
▲これを皆で山分けするわけです!!

ただし、分け前をもらえるのは、
その上陸地に方位磁針ディスクがあるプレイヤーだけで、
さらに、分け前をもらう順番は、
より下にディスクを置いているプレイヤーからとなります…!

ここら辺、協力とか駆け引きとかが交錯しそうですね!!

ルーアイ-o-36
▲また、島のほとんどの財宝には呪いがかかっていて、
▲この呪いを浄化していかないと…、

ルーアイ-o-37
▲ゲーム終了時、大変なことになってしまうかもしれません…( ̄▽ ̄;)

さてさて、
うまく呪いをかわしつつ、
協力と競争のバランスをとり、
最高の財宝を手に入れるのは誰でしょうか…?



★コメント

星屑、「トバゴ」というボードゲームが大好きです。

トバゴは、

161023大分-03
▲そのまま"トバゴ島"が舞台の、

161023大分-04
宝の地図の切れ端を頼りに、
宝探しをするゲームなんですが、

そのトバゴに、なんだかテーマが似てるなぁと思って、
今回の「ルート・アイランド」を購入してみました!

それで、ルールブックを読んでみると、
やっぱり雰囲気が似ていますね…!

みんなで宝の地図の断片を持ち寄って、
一つの地図を完成させ、そして宝を山分けする。


違いは何かというと、
ルート・アイランドは、かなりコンパクトです。

地図の断片を組み合わせるといっても、
場所の条件に矛盾がないように…なんてややこしいことはなく、
ただ色と数字のルールさえクリアしていればOKですし、

ほとんどカードが主体になっていますので、
フィールドワークなんかもありません

シンプル…というには、ルールブックのページ数がやや多いですが、
要素が絞り込まれているのは間違いないですね。

わりと"ガチ"な部類のゲームではなかろうかと思われます。

…と、なんだかトバゴとの比較に終始してしまいましたが、

恐らく、いろいろと"ウケ"が良いのが「トバゴ」で、
がっつりと競技性を求めるなら「ルート・アイランド」に、
なるんじゃないかなぁというのが、ルルブを読んだ星屑の感想です。

ルーアイ-o-38

ここまで、あくまでイメージですので、
実際に遊んでみたら印象が変わるかもしれません。

とにもかくにも、
今週末のボドゲ会で試してみたいと思います…!



ルート・アイランド 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

ルーアイ-o-02
▲まず、外装の外に日本語説明書

ルーアイ-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

洞窟の中から、舞台となる島を覗く構図のイラストですね。
手前には宝箱がありますが、クモの巣が張ってあり、
もう長らく放置されていることが伺えます…!

ルーアイ-o-04
▲箱のウラ面

プレイ中のイメージ図を見るに、
ゲームボードの周りにカードを配置するゲームのようです。

ルーアイ-o-05
スペック

プレイ人数2~5人で、
プレイ時間30~60分
対象年齢10歳~となっています。

基本的には5人ゲームが標準となっていて、
3~4人プレイ時には使用するカードの枚数が減り、
2人プレイ時は専用ルールを適用するようです。



★箱をオープン!

ルーアイ-o-06
▲一発目はルルブ

ルーアイ-o-07
▲その下にシール…、
▲あ、これ面倒くさいヤツや…( ̄▽ ̄;)

ルーアイ-o-08
▲さらにタイル台紙があって、

ルーアイ-o-09
ゲームボードと、

ルーアイ-o-10
カード類コマ類

ルーアイ-o-11
▲底にカード類ジッパースコアシートがあって、
▲以上でした!



★タイル抜き!

ルーアイ-o-12
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ルーアイ-o-13
▲はい、完了…!

ルーアイ-o-14
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲タイルはたったの8枚なので、あっという間でしたね♪( ̄▽ ̄*)

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★シール貼り!

ルーアイ-o-15
▲続いて、全15個ディスクの両面に、
方位磁針のシールを貼っていきます。

せーの、ぺたぺたぺたぺた……

ルーアイ-o-16
▲は、はい終わり…!
▲30枚とはいえ、慎重さが求められるシール貼りは、
▲やたらと肩がこりました…( ̄▽ ̄;)



★内容物

ルーアイ-o-17
ルールブック(3ヵ国語・各16ページ)

英語フランス語オランダ語での3冊のルルブです。

各所に、しっかりとプレイの例が示されていて、
とても親切な印象を受けました♪( ̄▽ ̄*)

ルーアイ-o-24
得点パッド×1冊

財宝の種類ごとの得点と、
その他の得失点の欄が並ぶスコアシートです。

わりと得点計算が複雑っぽいですね。

ルーアイ-o-18
ゲームボード×1枚

ゲームの舞台となる島が描かれたボードです。

東西南北の各辺には、それぞれ2ヵ所の"上陸地"があり、
各辺の間には、船のコマを置くスペースがあります。

ルーアイ-o-19
×1つ

ゲームボードの、四角い枠に配置する船のコマです。

この船はラウンドごとに移動して、
舳先が向いている辺の上陸地を探検し、
プレイヤーたちは財宝を探すことになります。

ルーアイ-o-20
方位磁針ディスク×5色・各3個

各プレイヤーが3個ずつ持つディスクです。

任意の上陸地に、地図カードと一緒に配置して、
財宝獲得の権利を示すために使います。

ルーアイ-o-21
呪いキューブ×80個

財宝のオマケで受け取ることになる"呪い"です。
(一部の財宝は、逆に解呪してくれることも)

この呪いの数に応じて、
ゲーム終了時に財宝の価値が下がる(=勝利点が減る)可能性があり、
また、13個以上持ったままでゲームを終えてしまうと、
ゲームから退場させられてしまいます…!

ルーアイ-o-22
開始プレイヤータイル×1枚

現在のスタートプレイヤーが誰かを示すタイルです。

各ラウンドで、
最初にアクションをパスしたプレイヤーが受け取り、
次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

加えて、ゲーム終了時に開始プレイヤータイルを保持していれば、
報酬として金貨5(=5勝利点)を得ることができます!

ルーアイ-o-23
小島タイル×7枚

ゲームボードの隣に並べるタイルです。

上陸地に方位磁針ディスクや地図カードを配置する代わりに、
小島タイルを使用することで、特別なアクションをプレイすることができます。

ルーアイ-o-25
▲最後にカード類。だいぶ分厚いですね…!

ルーアイ-o-26
人物カード×5枚

各プレイヤーを表すカードです。

人物ごとの特殊能力などは特になく、
各プレイヤーの色だけを示しています。

ルーアイ-o-27
早見表カード×5枚

各プレイヤーに配るサマリーです。

財宝の種類ごとの得点計算方法や、
略奪品を捨てた際のメリットが記載されています。

ルーアイ-o-28
地図カード×88枚

財宝を探すための、宝の地図の断片です。

プレイヤーたちが、この地図カードを出していくことによって、
上陸地を探検した際に、財宝を発見することができます!

カードの色は4色、そして数字は「1~10」と「」があり、
地図カードを出すにあたっては、

・同じ色をフォローしなければならない
・すでに出ている数字以上でなければならない

…といったルールを守らなければなりません。

ルーアイ-o-29
財宝カード×74枚

このゲームでの得点源となる、お宝の数々です。

ただし、大半の財宝カードの右肩には呪いのアイコンがあって、
財宝と一緒に呪いキューブも受け取らなければなりません…!

ルーアイ-o-30
イベントカード×18枚

ラウンドごとに発生するイベントを示すカードです。

このゲームは全5ラウンドですので、
1ゲームで使用するイベントカードも5枚となります。

ルーアイ-o-31
呪術師カード×14枚

ゲーム終了時に、1人につき1枚を受け取ることになるカードです。
(呪いキューブを持っていないプレイヤーは免除)

島で受けた呪いを解くために、
呪術師に提示されたコストを支払わなければなりません。
(支払えなければゲームから退場)



★どんなゲーム?

ルート・アイランド」は、
協力&出し抜き型のカードゲームです!

気高く男前のトレジャーハンター(あなた)として、
インド洋に浮かぶ曰く付きの島に降り立ち、
手にした古の地図の断片を組み合わせて、
"略奪品の島(ルート・アイランド)"から、
さまざまな財宝を見つけ出しましょう…!

ルーアイ-o-32
▲プレイヤーは各"上陸地"に、

ルーアイ-o-33
▲自分の方位磁針ディスクを置き、
▲さらに地図カードを重ねていきます。

こうして…、

ルーアイ-o-34
▲地図カードが合わせて6枚以上ある上陸地にが着いたら、

ルーアイ-o-35
探検によって、宝箱アイコンの数に応じた財宝を発見することができ、
▲これを皆で山分けするわけです!!

ただし、分け前をもらえるのは、
その上陸地に方位磁針ディスクがあるプレイヤーだけで、
さらに、分け前をもらう順番は、
より下にディスクを置いているプレイヤーからとなります…!

ここら辺、協力とか駆け引きとかが交錯しそうですね!!

ルーアイ-o-36
▲また、島のほとんどの財宝には呪いがかかっていて、
▲この呪いを浄化していかないと…、

ルーアイ-o-37
▲ゲーム終了時、大変なことになってしまうかもしれません…( ̄▽ ̄;)

さてさて、
うまく呪いをかわしつつ、
協力と競争のバランスをとり、
最高の財宝を手に入れるのは誰でしょうか…?



★コメント

星屑、「トバゴ」というボードゲームが大好きです。

トバゴは、

161023大分-03
▲そのまま"トバゴ島"が舞台の、

161023大分-04
宝の地図の切れ端を頼りに、
宝探しをするゲームなんですが、

そのトバゴに、なんだかテーマが似てるなぁと思って、
今回の「ルート・アイランド」を購入してみました!

それで、ルールブックを読んでみると、
やっぱり雰囲気が似ていますね…!

みんなで宝の地図の断片を持ち寄って、
一つの地図を完成させ、そして宝を山分けする。


違いは何かというと、
ルート・アイランドは、かなりコンパクトです。

地図の断片を組み合わせるといっても、
場所の条件に矛盾がないように…なんてややこしいことはなく、
ただ色と数字のルールさえクリアしていればOKですし、

ほとんどカードが主体になっていますので、
フィールドワークなんかもありません

シンプル…というには、ルールブックのページ数がやや多いですが、
要素が絞り込まれているのは間違いないですね。

わりと"ガチ"な部類のゲームではなかろうかと思われます。

…と、なんだかトバゴとの比較に終始してしまいましたが、

恐らく、いろいろと"ウケ"が良いのが「トバゴ」で、
がっつりと競技性を求めるなら「ルート・アイランド」に、
なるんじゃないかなぁというのが、ルルブを読んだ星屑の感想です。

ルーアイ-o-38

ここまで、あくまでイメージですので、
実際に遊んでみたら印象が変わるかもしれません。

とにもかくにも、
今週末のボドゲ会で試してみたいと思います…!



ルート・アイランド 関連記事


ボードゲーム記事一覧



【2017/12/12 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ルート・アイランド  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可